ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 805086 全員に公開 雪山ハイキング甲斐駒・北岳

入笠山 − 大展望のゆるふわスノーハイク −

日程 2016年01月31日(日) [日帰り]
メンバー piazzolla, その他メンバー1人
天候○ 天気 : 快晴。
○ 風速 : 普通(5m程度)。
○ 気温 : 山頂で-5℃くらい。 ※この時季にしては暖かめ
○ 視程 : 普通。 ※冬にしては短め
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー、 ケーブルカー等
○ 往路
 ・JR中央線/06:01 {最寄駅} - 06:26 八王子
 ・JR中央本線/06:35 八王子 - 09:10 富士見
 ・タクシー/09:15 富士見駅 - 09:35 沢入登山口
  ※乗車賃3000円を相乗りのハイカー含み3人で割り勘しました。

○ 復路
 ・富士見パノラマリゾートロープウェイ/14:20 山頂駅 - 14:30 山麓駅
  ※片道1050円/人
 ・富士見パノラマリゾート無料送迎バス/15:00 スキー場 - 15:10 富士見駅
  ※参考HP : http://www.fujimipanorama.com/snow/access/#sogebus
 ・JR中央本線/15:59 富士見 - 17:40 立川 ※特急利用
 ・JR中央線/17:43 立川 - 18:01 {最寄駅}
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間40分
休憩
1時間55分
合計
4時間35分
S沢入登山口09:4010:40入笠湿原10:5210:57山彦荘11:1411:27マナスル山荘11:2811:31御所平登山口11:58入笠山12:3713:06御所平登山口13:1113:14マナスル山荘13:5514:01山彦荘14:05入笠湿原14:15富士見パノラマリゾートゴンドラ山頂G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
○ CT(標準) : 2時間00分 ※夏道
○ CT(実績) : 2時間40分 (休憩含まず)
コース状況/
危険箇所等
【沢入登山口〜入笠湿原】
○ 緩い登り。トレースあり(外れると踏み抜きます)。
○ 適度にハイカーが歩いてます。

【入笠湿原〜御所平峠】
○ ほとんどアップダウンの無いほぼ平坦な道。
○ ここからはゴンドラ利用のハイカーと合流するのでかなり賑わってます。

【御所平峠〜山頂】
○ 上述と比較するとやや斜度のある登り(急登と呼ぶほどではないです)。
○ 一部凍結箇所があるので、アイゼンがあると安心です。
○ 僕らは、登りはツボ足で、下りのみ(御所平峠まで)アイゼンを履きました。

【全般】
○ 積雪50〜60cm程度(山頂はうっすら)。
○ スノーシュー率が高かったです。あと何故か犬を連れた方が多かったです(笑)。
○ 山頂直下の凍結箇所(上述)を除き、特に危険箇所はありません。
○ 道標もよく整備されています。
その他周辺情報(1) トイレ
 確認した限りでは、コース中の以下にありました。
   沢入登山口駐車場 ※冬季閉鎖中
   入笠湿原 ※冬季閉鎖中
   御所平峠(マナスル山荘の向かい側)

(2) 登山ポスト
 見つけられませんでした。

(3) 温泉施設
 行ってませんが、スキー場から徒歩15分のところにある、
 「ゆ〜とろん水神の湯」が気になりました。
 無料送迎バスは電車のアクセスが悪いので、この日帰り温泉に寄ると、
 電車の時間が良い塩梅になりそうです(温泉施設から駅までは要タクシーですが)。
  ※参考HP : http://yuutoron.com/
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 ザック アイゼン 昼ご飯 行動食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ ファーストエイドキット 常備薬 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

中央本線の鈍行に揺られること約3時間!この時季車中はとっても寒いです。
2016年01月31日 08:50撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央本線の鈍行に揺られること約3時間!この時季車中はとっても寒いです。
1
富士見駅に到着後、タクシーで沢入登山口まで移動しました。久しぶりの雪山ハイク、スタートです!
2016年01月31日 09:55撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見駅に到着後、タクシーで沢入登山口まで移動しました。久しぶりの雪山ハイク、スタートです!
1
まず目指すのは入笠湿原。先行者のトレースをありがたく使わせて頂きます。凍結もなく、しばらくはツボ足で大丈夫そうです。
2016年01月31日 10:01撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まず目指すのは入笠湿原。先行者のトレースをありがたく使わせて頂きます。凍結もなく、しばらくはツボ足で大丈夫そうです。
1
でもスノーシューのトレース(登山道になっていないところの直登)はちょっと急です。
2016年01月31日 10:12撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でもスノーシューのトレース(登山道になっていないところの直登)はちょっと急です。
4
カラマツでしょうか。明るい冬枯れの樹林帯の中をトラバース気味に進んでいきます。
2016年01月31日 10:45撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カラマツでしょうか。明るい冬枯れの樹林帯の中をトラバース気味に進んでいきます。
入笠湿原への鹿避け用のゲートを抜けると、、、
2016年01月31日 10:59撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入笠湿原への鹿避け用のゲートを抜けると、、、
一気に視界が開けました。ってか、超いい天気!
2016年01月31日 11:00撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一気に視界が開けました。ってか、超いい天気!
1
ここからはゴンドラ利用のハイカーと合流するので、かなり賑やかになります。
2016年01月31日 11:01撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからはゴンドラ利用のハイカーと合流するので、かなり賑やかになります。
ゴンドラだと物足りないのではと思って今回のルートを選んだ割りに、意外とあっさり入笠湿原に到着してしまいました。ここで、しばしおにぎり休憩。
2016年01月31日 11:03撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴンドラだと物足りないのではと思って今回のルートを選んだ割りに、意外とあっさり入笠湿原に到着してしまいました。ここで、しばしおにぎり休憩。
1
風もほとんどなく、陽光が心地良いくらいでした。
2016年01月31日 11:08撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風もほとんどなく、陽光が心地良いくらいでした。
1
沢入登山口までタクシーを相乗りしたハイカーの方のご好意に預かり、一応記念撮影も。感謝です。
2016年01月31日 11:17撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢入登山口までタクシーを相乗りしたハイカーの方のご好意に預かり、一応記念撮影も。感謝です。
5
入笠湿原の全景。ちなみに、奥にある鉄塔?のあたりが帰りに利用する予定のゴンドラの山頂駅です。
2016年01月31日 11:23撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入笠湿原の全景。ちなみに、奥にある鉄塔?のあたりが帰りに利用する予定のゴンドラの山頂駅です。
ここから山頂を目指します。といっても、夏山でCT20分程度の緩い感じです。
2016年01月31日 11:25撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから山頂を目指します。といっても、夏山でCT20分程度の緩い感じです。
なんとなくランドネ風な写真。
2016年01月31日 11:28撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとなくランドネ風な写真。
2
夏の花畑は広闊でなだらかな雪原と化してました♪
2016年01月31日 11:33撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏の花畑は広闊でなだらかな雪原と化してました♪
2
これはいったい。。。気になって撮ってみたものの、家に帰ってから拡大してじっくり見ると結構グロテスクでした。
2016年01月31日 11:37撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これはいったい。。。気になって撮ってみたものの、家に帰ってから拡大してじっくり見ると結構グロテスクでした。
御所平峠から先はちょっとだけ斜度が増します。ひゃー、一部凍ってる!こりゃ、下りはアイゼン履かないとなぁ。
2016年01月31日 11:47撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御所平峠から先はちょっとだけ斜度が増します。ひゃー、一部凍ってる!こりゃ、下りはアイゼン履かないとなぁ。
1
樹氷ゾーンに入りました。氷をまとった木々が陽光に輝く様はまさに銀世界そのもの。
2016年01月31日 11:51撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹氷ゾーンに入りました。氷をまとった木々が陽光に輝く様はまさに銀世界そのもの。
1
岩場コースと迂回コースの分岐点に着きました。ってか、もっと緩い山かと思ってましたが、岩場があるんですね(笑)。
2016年01月31日 11:53撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場コースと迂回コースの分岐点に着きました。ってか、もっと緩い山かと思ってましたが、岩場があるんですね(笑)。
1
もちろん岩場コースのほうを進むと(笑)、鎖場も現れました(全然大したことないです)。
2016年01月31日 12:01撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もちろん岩場コースのほうを進むと(笑)、鎖場も現れました(全然大したことないです)。
1
ほどなく、青空が広くなりました!
2016年01月31日 12:07撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほどなく、青空が広くなりました!
1
ヤター、山頂到着!!
2016年01月31日 12:08撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤター、山頂到着!!
6
入笠山の山頂は風の通り道となっているため、普段は強風で(晴れていても)寒いことが多いそうですが、この日はほとんど風もなく残雪期のようなポカポカ陽気♪
2016年01月31日 12:10撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入笠山の山頂は風の通り道となっているため、普段は強風で(晴れていても)寒いことが多いそうですが、この日はほとんど風もなく残雪期のようなポカポカ陽気♪
1
そしてこの大観!左から、富士山、鳳凰三山、甲斐駒、鋸岳、北岳、仙丈ヶ岳。
2016年01月31日 12:11撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてこの大観!左から、富士山、鳳凰三山、甲斐駒、鋸岳、北岳、仙丈ヶ岳。
1
こちらは金峰山など奥秩父方面。さすがに五丈岩は見えないか。。。
2016年01月31日 12:11撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは金峰山など奥秩父方面。さすがに五丈岩は見えないか。。。
1
でもやっぱり個人的には、近くの八ヶ岳方面の展望が一番かなー。
2016年01月31日 12:13撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でもやっぱり個人的には、近くの八ヶ岳方面の展望が一番かなー。
1
「あれは何山?」と嫁が指した先には、中央アルプスの峰々と木曾御嶽山が。
2016年01月31日 12:32撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「あれは何山?」と嫁が指した先には、中央アルプスの峰々と木曾御嶽山が。
1
唯一、北アルプス方面だけはやや曇り勝ち。それでも時折槍穂と思しき白い頂が光るのが見えました。
2016年01月31日 12:34撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唯一、北アルプス方面だけはやや曇り勝ち。それでも時折槍穂と思しき白い頂が光るのが見えました。
1
入笠山からは百名山が22座も見られるらしいですが、この日はそのうち19座を見ることができました。噂に違わぬ展望の山でした。
2016年01月31日 12:32撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入笠山からは百名山が22座も見られるらしいですが、この日はそのうち19座を見ることができました。噂に違わぬ展望の山でした。
2
さすがに下りは(さっきの凍結箇所が)怖いので、アイゼン(10本爪)を履きます。
2016年01月31日 12:48撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さすがに下りは(さっきの凍結箇所が)怖いので、アイゼン(10本爪)を履きます。
1
いざ、下山!
2016年01月31日 12:49撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いざ、下山!
綺麗な樹氷。突き抜ける空の濃い青色。
2016年01月31日 12:50撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗な樹氷。突き抜ける空の濃い青色。
1
下り出しは八ヶ岳の雄大な裾野を眺めながら進みます。
2016年01月31日 12:52撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り出しは八ヶ岳の雄大な裾野を眺めながら進みます。
ただそれも束の間。すぐに樹林帯へ入り、惜しむらくは素晴らしい大観も見納めとなりました。
2016年01月31日 12:53撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ただそれも束の間。すぐに樹林帯へ入り、惜しむらくは素晴らしい大観も見納めとなりました。
1
花畑まで下りてきました。昼下がりの柔らかな光に包まれた一面雪の世界。
2016年01月31日 13:09撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花畑まで下りてきました。昼下がりの柔らかな光に包まれた一面雪の世界。
2
そして、ここでゆるふわ滑落停止訓練(笑)。
2016年01月31日 13:07撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、ここでゆるふわ滑落停止訓練(笑)。
2
すぐとなりをキャーキャー言いながら勢いよく滑降していくヒップソリを横目に羨ましがる嫁。
2016年01月31日 13:10撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐとなりをキャーキャー言いながら勢いよく滑降していくヒップソリを横目に羨ましがる嫁。
1
触発されたのか、このあとシリセードを試みるも、斜度が足りずにあえなく断念。。。今度ヒップソリ買おうね。
2016年01月31日 13:11撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
触発されたのか、このあとシリセードを試みるも、斜度が足りずにあえなく断念。。。今度ヒップソリ買おうね。
2
下山の前に、マナスル山荘に寄って遅めの昼食を取ります。山荘を建てた当初、名前を何にしようと悩んでいたところへ、日本隊がマナスルに初登頂したニュースが話題になり、その波に乗って付けた名前だそうです。
2016年01月31日 13:16撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山の前に、マナスル山荘に寄って遅めの昼食を取ります。山荘を建てた当初、名前を何にしようと悩んでいたところへ、日本隊がマナスルに初登頂したニュースが話題になり、その波に乗って付けた名前だそうです。
1
三元豚のソースカツ丼(ハーフ)を頂きました。フルが1300円で、ハーフが1100円と、割に合わない価格設定。と思いきや、ご飯がハーフなだけで具はフルとのことでした(笑)。明らかに販売機会ロスが多そうなネーミングですが、美味でした。
2016年01月31日 13:45撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三元豚のソースカツ丼(ハーフ)を頂きました。フルが1300円で、ハーフが1100円と、割に合わない価格設定。と思いきや、ご飯がハーフなだけで具はフルとのことでした(笑)。明らかに販売機会ロスが多そうなネーミングですが、美味でした。
2
ちょっとゆっくりし過ぎました(笑)。無料シャトルバスの時間(15:00)が迫ってきていたため、早歩きで入笠湿原まで戻ってきました。
2016年01月31日 14:11撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとゆっくりし過ぎました(笑)。無料シャトルバスの時間(15:00)が迫ってきていたため、早歩きで入笠湿原まで戻ってきました。
1
湿原からゴンドラの山頂駅へ向かうこの登りが、何気に本日一番の急登だったかも?
2016年01月31日 14:13撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湿原からゴンドラの山頂駅へ向かうこの登りが、何気に本日一番の急登だったかも?
1
ほどなくゲレンデ(ゴンドラの山頂駅)に到着。そんなに大きなスキー場ではないと思いますが、スキー客達でごった返してました。当然、登山客はアウェー。ふんっ、こっちのが楽しかったもんねー!
2016年01月31日 14:26撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほどなくゲレンデ(ゴンドラの山頂駅)に到着。そんなに大きなスキー場ではないと思いますが、スキー客達でごった返してました。当然、登山客はアウェー。ふんっ、こっちのが楽しかったもんねー!
1
ゴンドラに乗ってあっという間に下界へ。お疲れ様でした。楽しかったー♪
2016年01月31日 14:31撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴンドラに乗ってあっという間に下界へ。お疲れ様でした。楽しかったー♪
1
撮影機材:

感想/記録

2016年の初登りは入笠山(雪山)にしようと決めてから、
暖冬によりなかなか積もらない雪を待っているうちに、
大分時間が経ってしまいました(※)。

 ※当初は1/9に登る予定でしたが、積雪していなかったため中止。
  以降もなかなか積雪せず見合わせていたところ、
  気が付けば月末になっていました(汗)。

あわや今月はもう無理かと諦めかけていたところでしたが、
滑り込みセーフで1月中の山行が叶いました。

いや〜、(雪を)待った甲斐がありました。
昨年3月に登った谷川岳以来、久しぶりに雪を踏みしめる感触を確かめつつ、
入笠山ならではのゆる〜い傾斜を嫁と一緒にのんびり歩いていると、
「ゆるふわ」の文字が浮かびました。

晴天にも恵まれ、ほとんど風もなくぽかぽか陽気。
こういうところに出るもんですよね。日頃の行いの良さが。。。
(すみません、調子に乗りました)

山頂からの眺めもうわさの通りで、嫁曰く
「今までで一番沢山の山が見えた山頂かも」だそうです。
それ、ついこの前に登った山でも聞いたセリフな気がしますが(笑)。

犬とスノーシューがやたら多いのも、この山ならではでしょう。

なにはともあれ、久々の雪山を堪能し、全身の細胞が入れ替わりました。
なので、仕方ない、明日からまた仕事を頑張ろう。
訪問者数:767人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ