ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 805612 全員に公開 ゲレンデ滑走甲信越

やぶはら高原スキー場と立ヶ峰

日程 2016年01月31日(日) [日帰り]
メンバー henatyoko
天候晴れ 時々 曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
やぶはら高原スキー場駐車場
長野は駐車料金が要らないスキー場が多いな‥。美濃・飛騨と違う。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間8分
休憩
0分
合計
7時間8分
Sスタート地点09:3916:47ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
パノラマコースが滑走できず。
山頂から下ってみたけど、カッチカチ斜面と轍で初心者には厳しかった(x_x)
その他周辺情報■温泉
せせらぎの四季 700円 循環なのが残念である。

写真

良い天気だ
2016年01月31日 09:49撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良い天気だ
1
が、標高の高い山は雲がかかっていた。
2016年01月31日 11:12撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
が、標高の高い山は雲がかかっていた。
1
木曽駒方面
2016年01月31日 13:59撮影 by DMC-TZ20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木曽駒方面
1
経ヶ岳ら辺かな
2016年01月31日 14:00撮影 by DMC-TZ20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
経ヶ岳ら辺かな
1
蓼科山が見えた
2016年01月31日 14:00撮影 by DMC-TZ20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓼科山が見えた
1
南ア。すっかり冬山らしく真っ白になりましたね。
2016年01月31日 14:00撮影 by DMC-TZ20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南ア。すっかり冬山らしく真っ白になりましたね。
1
立が峰から御嶽山
2016年01月31日 14:00撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立が峰から御嶽山
2
御嶽方面
2016年01月31日 14:00撮影 by DMC-TZ20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽方面
1
中アと南ア引いて撮影
2016年01月31日 14:00撮影 by DMC-TZ20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中アと南ア引いて撮影
1
パノラマコース方面。鉢盛山ら辺かな。
2016年01月31日 14:00撮影 by DMC-TZ20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パノラマコース方面。鉢盛山ら辺かな。
2
山頂の社の姿
2016年01月31日 14:01撮影 by DMC-TZ20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の社の姿
2
最後にボードも。
2016年01月31日 15:05撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後にボードも。
2

感想/記録

天気よさそうで登山しようかと思ったが、友人と約束していたのでまたスキー。
しかし、当日朝になり、風邪ひいたとのことでリタイア。
残念だが当日朝から登山に切り替えるのもなぁ‥。ということで、単独でスキーへ。
五輪サッカーみてたので超絶寝不足だったが、気合で19号を北上。
おんたけ2240に吸い込まれそうになるが、予定どおりのやぶはら高原へ。

駐車場はけっこう混んでいた。下からリフトで移動。
晴天のためかやや混雑しており、下リフトはけっこう待ち時間がある。
朝は晴れていたようだが徐々に雲がかかり、稜線はあまり見れなかった。
雪の量も雨のせいで減ったのか、一部コースが閉鎖していた。
まぁヘタクソなのでまだどのコースも自信を持って滑る技量はない。
今回はザックを背負ってみた。バッカンするなら慣れておいた方が良いだろう。
あとは、とにかく体力に任せてひたすら滑った(こけた)。

昼過ぎ、足がガクガクになってきたが、ゲレンデトップまであがり、スキーで山頂まで。
最後の坂はきつくて板を脱いで担いで登った。
南ア綺麗だったが、中アと御嶽は山頂付近は曇っていた。
パノラマコースを滑ってみるが、閉鎖中のため整地されていないし、
スノーモービルか何かの轍がカッチカチで苦労した。

そのまま下まで下り、スノーボードに切り替え。
前回の御嶽で少しコツをつかんだ気がしたので‥。
昨年ザックを背負って滑ってみたらコケまくったが、少し修練度が上がったのか?
ターンすることができた。が、カリカリアイスバーンではうまくターンできない。

スキーもボードもまだまだであり、一本に絞るべきなのだろう。
が、どちらにも楽しさがあるので、引き続き両方やることにする。
しかし、そろそろ普通の登山でテント背負ってラッセルしないと体が鈍るかな‥。
今シーズン、まだ雪の中でテント張ってないんだよなぁ。
訪問者数:272人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ