ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 805629 全員に公開 アルパインクライミング八ヶ岳・蓼科

八ヶ岳 裏同心ルンゼ〜大同心稜継続 & アイスキャンディフェスティバル

日程 2016年01月30日(土) 〜 2016年01月31日(日)
メンバー peco1978, その他メンバー2人
天候30日 曇り
31日 晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
往路
3:30大阪→→(名神・中央道)→→諏訪南IC→→09:00美濃戸

復路
18:30美濃戸→→諏訪南IC→→(中央道・名神)→→24:00大阪

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
1時間20分
休憩
10分
合計
1時間30分
Sやまのこ村09:4009:40赤岳山荘10:20堰堤広場10:3011:10赤岳鉱泉
2日目
山行
7時間30分
休憩
1時間35分
合計
9時間5分
赤岳鉱泉06:3006:45裏同心ルンゼ分岐06:3006:30F1取り付き06:30F506:30大同心基部10:40稜線合流点11:40硫黄岳12:0012:45赤岳鉱泉14:0014:40堰堤広場15:20赤岳山荘15:20やまのこ村G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
裏同心ルンゼ
F1〜F3は出ているが、ほぼ雪稜。
フリーでクリア。
F5は出ていたが、氷がもろく怖い。
アックスの穴から水がでた。

大同心稜
裏同心ルンゼからラッセルしてトラバースし、大同心稜に継続。
大同心基部バンドから上部岩稜をぬけ、稜線へ。
上部岩稜はベルクラが多く、大同心稜の割にちょっとやらしかった。

稜線へでてからは、硫黄岳経由で下山。
状況は、一般道に付き省略。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 アックス(2) クランポン ハーネス ヘルメット ガチャ1式
共同装備 ロープ アイススクリュー

写真

いつもの美濃戸を出発。
2016年01月30日 09:32撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもの美濃戸を出発。
1
サクッと赤岳鉱泉到着。
今年も来ましたよ〜♪
2016年01月30日 11:22撮影 by SC-01H, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サクッと赤岳鉱泉到着。
今年も来ましたよ〜♪
1
お昼はバーベキューです!
ただ飯です!
2016年01月30日 12:53撮影 by SC-01H, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お昼はバーベキューです!
ただ飯です!
6
食っては登り、食っては登り。
2016年01月30日 12:53撮影 by SC-01H, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
食っては登り、食っては登り。
4
わがチームのエース。
ムーブがカッコイイ!
2016年01月30日 13:38撮影 by SC-01H, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わがチームのエース。
ムーブがカッコイイ!
2
僕もバーチカル頑張りますよ〜♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
僕もバーチカル頑張りますよ〜♪
2
キャンディで遊んだあとは、裏同心ルンゼへ偵察へいきます。
2016年01月30日 15:07撮影 by SC-01H, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンディで遊んだあとは、裏同心ルンゼへ偵察へいきます。
1
裏同心ルンゼF1前にて。バカ二人組。
2016年01月30日 15:30撮影 by SC-01H, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏同心ルンゼF1前にて。バカ二人組。
2
夜はビーフシチューでした。
久しぶりにステーキ外れた(笑)
2016年01月30日 16:34撮影 by SC-01H, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜はビーフシチューでした。
久しぶりにステーキ外れた(笑)
6
今回の一番のお楽しみ。
このために来たと言っても過言ではない。
花谷泰広さんのヒマラヤンキャンプ報告会です。
熱い話を聞かせて頂きました。
2016年01月30日 20:58撮影 by SC-01H, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の一番のお楽しみ。
このために来たと言っても過言ではない。
花谷泰広さんのヒマラヤンキャンプ報告会です。
熱い話を聞かせて頂きました。
2
2日目の朝。
いざ出発〜♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目の朝。
いざ出発〜♪
2
いってきます〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いってきます〜。
1
赤岳鉱泉をでて、硫黄岳方面へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉をでて、硫黄岳方面へ。
1
裏同心ルンゼ分岐から望む大同心。
あそこまで登ります。
2016年01月31日 06:22撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏同心ルンゼ分岐から望む大同心。
あそこまで登ります。
1
F1手前。
雪崩れ跡のデブリ多し。
2016年01月31日 06:49撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F1手前。
雪崩れ跡のデブリ多し。
2
F1の上から振り返ると、夜明けの絶景。
2016年01月31日 07:01撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F1の上から振り返ると、夜明けの絶景。
3
F2、ナメ3段40m。半分埋まってます。
アイスじゃなくて、雪稜登攀やね。
2016年01月31日 07:07撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F2、ナメ3段40m。半分埋まってます。
アイスじゃなくて、雪稜登攀やね。
2
F3かな?
フリーで抜けますよ。
2016年01月31日 07:13撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F3かな?
フリーで抜けますよ。
2
このルートの核心は、アイスではなくラッセルです!笑
2016年01月31日 07:18撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このルートの核心は、アイスではなくラッセルです!笑
4
すっかり埋まってしまったF4。
2016年01月31日 07:24撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すっかり埋まってしまったF4。
2
F4をこえ、さらにルンゼを詰めます。
大岩を回り込むと・・・
2016年01月31日 07:34撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F4をこえ、さらにルンゼを詰めます。
大岩を回り込むと・・・
2
大同心がどーん!
2016年01月31日 07:37撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大同心がどーん!
4
F5に到着!
氷もろし。
2016年01月31日 07:42撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F5に到着!
氷もろし。
2
ここから大同心稜にトラバース。
深いところは腰ラッセルです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから大同心稜にトラバース。
深いところは腰ラッセルです。
2
大同心稜に乗りました。
阿弥陀岳がお出迎え。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大同心稜に乗りました。
阿弥陀岳がお出迎え。
3
大同心と小同心がそびえます!
2016年01月31日 09:09撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大同心と小同心がそびえます!
2
大同心基部に向かって、岩稜帯をひと登り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大同心基部に向かって、岩稜帯をひと登り。
2
大同心基部に到着しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大同心基部に到着しました。
4
いつ見てもカッコイイ大同心!
この正面壁を登れる日は、はたして来るのか!笑
2016年01月31日 09:25撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつ見てもカッコイイ大同心!
この正面壁を登れる日は、はたして来るのか!笑
3
大同心基部バンドをトラバース。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大同心基部バンドをトラバース。
3
こうやって見ると、高度感ありますね〜。
2016年01月31日 09:43撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こうやって見ると、高度感ありますね〜。
2
基部バンドをトラバースした後、ルンゼをつめます。
2016年01月31日 09:46撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
基部バンドをトラバースした後、ルンゼをつめます。
2
大同心稜上部のミックス帯を登攀します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大同心稜上部のミックス帯を登攀します。
3
本日の核心部。
上部岩稜帯ルンゼ状。
2016年01月31日 10:11撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の核心部。
上部岩稜帯ルンゼ状。
2
氷が薄く、手が悪いです。
2016年01月31日 10:11撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷が薄く、手が悪いです。
5
フリーで抜けました。
2週間前より状況悪し!(同行者談)
2016年01月31日 10:11撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フリーで抜けました。
2週間前より状況悪し!(同行者談)
3
核心部を抜けて、ほっと一息。
至福の時間です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
核心部を抜けて、ほっと一息。
至福の時間です。
2
大同心稜上部に抜けると、この絶景がお出迎え!
これだから、雪山はやめられません♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大同心稜上部に抜けると、この絶景がお出迎え!
これだから、雪山はやめられません♪
4
ここからさらに、稜線に向けてもうひと頑張り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからさらに、稜線に向けてもうひと頑張り。
3
太陽に向かって登れ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太陽に向かって登れ!
2
あと一息で縦走路に合流だ!
ガンバ〜!
2016年01月31日 10:36撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと一息で縦走路に合流だ!
ガンバ〜!
2
横岳の縦走路に合流しました。
すごいエビのしっぽ。
2016年01月31日 10:36撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳の縦走路に合流しました。
すごいエビのしっぽ。
2
ここからは、プラプラと空中散歩。
絶景の中を硫黄岳に向かいます。
2016年01月31日 10:36撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは、プラプラと空中散歩。
絶景の中を硫黄岳に向かいます。
2
最後の登り返し。
疲れた体にこたえますね〜(笑)
2016年01月31日 11:12撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の登り返し。
疲れた体にこたえますね〜(笑)
1
硫黄岳山頂から、稜線を振り返ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳山頂から、稜線を振り返ります。
1
やっと冬山らしくなった八ヶ岳の雄姿。
こうやって見ると、赤岳主稜とかすごい斜度だな〜。
よく登ったもんだ(笑)
2016年01月31日 11:44撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと冬山らしくなった八ヶ岳の雄姿。
こうやって見ると、赤岳主稜とかすごい斜度だな〜。
よく登ったもんだ(笑)
4
おまけ。硫黄岳の爆裂火口。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おまけ。硫黄岳の爆裂火口。
1
無事に赤岳鉱泉に戻ってきました。
2016年01月31日 13:52撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に赤岳鉱泉に戻ってきました。
1
赤岳鉱泉でお昼ごはん。
いつもは定番の味噌ラーメンですが、同行者の勧めで、はじめてパスタを頂きました。
これ、めっちゃうまい!
つぎからはこれが定番かな^^
2016年01月31日 12:53撮影 by SC-01H, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉でお昼ごはん。
いつもは定番の味噌ラーメンですが、同行者の勧めで、はじめてパスタを頂きました。
これ、めっちゃうまい!
つぎからはこれが定番かな^^
5
さようなら八ヶ岳。
またすぐに来るよ〜。
2016年01月31日 13:56撮影 by SC-01H, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さようなら八ヶ岳。
またすぐに来るよ〜。
2
下山後は、美濃戸口に新しくできたカフェへ。
八ヶ岳プリン、美味しく頂きました^^
2016年01月31日 16:16撮影 by SC-01H, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後は、美濃戸口に新しくできたカフェへ。
八ヶ岳プリン、美味しく頂きました^^
2

感想/記録

毎年恒例、赤岳鉱泉のアイスキャンディフェスティバルに行ってきました。
周りを見渡せば、見知った顔や懐かしい顔がたくさんです。
1年ぶりに会う友人や、やっと会えた遠方の人達。
ここにはたくさんの人が集まります。
普段の山行とは違いますが、こういったお祭りもいいものですね^^

初日は、終日アイスキャンディフェスに参加しました。
アイスキャンディでクライミング、花谷泰広さんの講演会、バーベキュー、ライブ・・・。
いろいろ盛りだくさんで、充実した時間を過ごすことができました。

2日目はお祭りを抜けだし、仲間と近くのバリルートへ。
まずは、前日に偵察しておいた裏同心ルンゼに向かいます。
例年だと、この時期はもう滝が雪で埋まってしまい、アイスには遅いのですが、今年の暖冬の影響を受け、数日前でも登れたとの情報でした。
いざ向かってみると・・・、やっぱり微妙〜(笑)
F1〜F3は出ていたのでフリーで抜け、F4は雪の下。
F5は、前日までの雨で氷が痩せてしまい、もろくなっていました。

F5からは、お隣の大同心稜に向かって、ラッセルラッセル!
腰ラッセルを繰り返し、なんとか大同心の基部へ。
大同心稜の上部岩稜帯も、ベルクラがつき、アックスが効きづらく、なんともやらしい状況でした。
大同心稜といえど、落ちたら死にます。
雪やベルクラを丁寧にはがして、ドライで慎重に登ります。

大同心稜上部から振り返ると、目の前にそびえる大迫力の大同心と、遠く北アルプスまで見渡せる絶景が広がります。
この景色とロケーションを貸切とは、なんと贅沢なんでしょう!
雪の上に大の字に寝転がり、至福の時間を楽しみました。
稜線に抜けると、青空と雪の富士山がお出迎え。
やっと雪化粧をまとった八ヶ岳の絶景の中、冬山らしい登山を楽しめました♪

しかし、今年は暖冬の影響か、どこのルート状況も良くないようですね。
同日に中山尾根に行った友人達も、かなり状況が悪く、まさかの苦戦をしたと話していました。
登山は、自然を相手にするスポーツです。
どんな状況下でも対応できるよう、しっかりと力を付けたいと思います。
訪問者数:892人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/2/4
投稿数: 921
2016/2/1 20:53
 クッソ楽しそう!!
こんばんは!
いいですね〜アイスキャンディーフェスティバル!!
お祭り感、ばっちし伝わってきましたよ!!!花谷さんのお話、聞きたかった〜
いつかはデビューしようとたくらんでいますが、なかなか実現せず・・・・
アイスもいつかは本格的に初めてみたいですし・・・・・
なんとも刺激の強いレコです(笑)
登録日: 2011/8/10
投稿数: 390
2016/2/2 7:38
 Re: クッソ楽しそう!!
>noruくん

ありがとうございます(^^)
クッソ楽しかったですよ!笑

アイスキャンディフェスティバルは、毎年参加の恒例にしてます。
noruくんなら、バーチカルアイスでもすぐに登れそう!
よければ、次は一緒に行きましょう♪

裏同心ルンゼは、もう少し早い時期の方が、いい状態でアイスを楽しめそうです。
大同心稜に継続すれば、充実のルートになりますよ!
こちらも、是非次回は一緒にいきたいですね(^_^)v
登録日: 2012/9/2
投稿数: 49
2016/2/3 18:11
 いい笑顔がいっぱい!
お疲れさまでした!
pecoさんのアルバムって、毎回良い笑顔で皆楽しそうです。実際にお会いしてみても本当に気持ち良さそうな笑顔で、周りの人を楽しい気分にさせてくれますね。

楽しい2日間、山の縁でつながる仲間に癒され刺激を受けました。
ありがとうございました!
登録日: 2011/8/10
投稿数: 390
2016/2/3 22:26
 Re: いい笑顔がいっぱい!
ありがとうございます♪
山にいると、楽しくて自然ににやけますよね(笑)
バタバタの二日間でしたが、次回は是非一緒に登りましょう!
今後ともよろしくお願いします。
まずは西穂ですかね(^_^)v
登録日: 2013/12/26
投稿数: 970
2016/2/5 12:47
 こんにちわー(*^_^*)
コメントありがとうございました。
とてもありがたかったですm(__)m

絶好の天気でしたね♪ お疲れ様でした(*^_^*)
あの日、硫黄岳から横岳を目指している最中、トレースもなく、誰とも会わなかったので、大同心を登って来られた方達が見えた時は、ちょっと嬉しかったです。
アイスの事は正直、よくわかりませんが、高度感のあるトラバースの写真や、そのあとのミックスの登り、ああゆう所を安全に通過出来る技術は身に付けていきたいなーっと思いました。
でも、写真見ると、超恐いですねー…(^_^;)
登録日: 2011/8/10
投稿数: 390
2016/2/6 0:22
 Re: こんにちわー(*^_^*)
こんにちは!
僕らが大同心を抜けたとき、上の稜線にソロのかたが見えてましたが、時間的にsoyano999さんですね(^^)
春山のような陽気で、快適な登山日和でした。
冬山はやるなら、覚えなければいけないこと、身に付けなければならない技術がたくさんです。
お互い、安全第一で楽しみましょう!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ