ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 805633 全員に公開 雪山ハイキング大台ケ原・大杉谷・高見山

三峰山

日程 2016年01月31日(日) [日帰り]
メンバー midori28, その他メンバー8人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
名古屋6:45−みつえ青少年旅行村第5駐車場8:55
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

みつえ青少年旅行村第5P9:15−三峰山登山口9:18ー不動滝9:45ー避難小屋10:40〜55ー山頂11:20〜25ー八丁平11:35ー三畝峠11:45ー新道峠12:10ー林道12:40ー旅行村管理棟13:15〜30ー第5P13:40
コース状況/
危険箇所等
所々雪で滑りやすいので軽アイゼンを持参のこと。
その他周辺情報日帰り入浴:みつえ温泉姫石の湯 700円
      車に挟んであった割引券使用で600円に。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

みつえ青少年旅行村第5駐車場。バスが満員の登山者を乗せ何台も上がってくる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みつえ青少年旅行村第5駐車場。バスが満員の登山者を乗せ何台も上がってくる。
3
三峰山登山口から入山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三峰山登山口から入山。
2
580mで登尾コース組と分かれ、685mで山道に入る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
580mで登尾コース組と分かれ、685mで山道に入る。
1
間も無く不動滝。みそぎ場なのか、脱衣場があった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間も無く不動滝。みそぎ場なのか、脱衣場があった。
1
杉の植林の中をジグザグ登って避難小屋に到着。登尾コース組と合流し頂上を目指す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉の植林の中をジグザグ登って避難小屋に到着。登尾コース組と合流し頂上を目指す。
1
山頂に近づくにつれ霧氷が現れる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に近づくにつれ霧氷が現れる。
8
三峰山山頂。多くの登山者で賑わっていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三峰山山頂。多くの登山者で賑わっていた。
8
青空に霧氷が映える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空に霧氷が映える。
4
室生山地の山々が見える。正面のひと際立派な山は倶留尊山だそうだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
室生山地の山々が見える。正面のひと際立派な山は倶留尊山だそうだ。
4
八丁平。雪が全く積もってないのに素晴らしい霧氷に歓声が上がる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丁平。雪が全く積もってないのに素晴らしい霧氷に歓声が上がる。
6
「吉野の桜のよう…」という声も。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「吉野の桜のよう…」という声も。
7
新道峠に向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新道峠に向かう。
2
新道峠までの道では霧氷は見られなかったが、人が少なくなり、ちょっとホッとする。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新道峠までの道では霧氷は見られなかったが、人が少なくなり、ちょっとホッとする。
2
峠から30分足らずで林道に出た。ここから駐車場までの林道歩きが長かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峠から30分足らずで林道に出た。ここから駐車場までの林道歩きが長かった。
1

感想/記録

2月に行われる山岳会の定例山行の下見に混ぜていただき、三峰山に登った。この山域は全く初めてで、どんな山かも知らなかったので、登山者が多くて驚いた。聞けば霧氷で有名な山とのこと。大阪や名古屋から近鉄を利用すると、榛原駅でこの時期だけ運行する奈良交通のバス(霧氷号、土日祝日運行)に乗り継げるらしい。
不動滝コースと登尾コースに分かれたが、私は不動滝コース。避難小屋までは杉の植林の中の単調なジグザグ登りだったが、避難小屋を過ぎると素晴らしい霧氷が見られて感激した。
所々滑りやすく、特に下りでは神経を使ったが、結局1度もアイゼンを付けなかった。この日の登山者のアイゼン装着率は50パーセントぐらいだっただろうか。
訪問者数:345人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ