ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 805869 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

(新)穂高から槍は見えるか? <炭ヶ谷〜シェール道〜掬星台>

日程 2016年01月31日(日) [日帰り]
メンバー notung
天候終日快晴 山上気温7℃前後 
日陰は肌寒いが、ほぼ無風。日なたは暖かさを感じました
アクセス
利用交通機関
電車ケーブルカー等
〇往路:JR神戸線 摂津本山 → 三ノ宮
    〜 市営地下鉄・北神急行 三ノ宮 → 谷上(180+540=\720)
○復路:ロープウェイ 星の駅 → 虹の駅(所要5分)
    ケーブルカー 虹の駅 → ケーブル下駅(所要10分・年パス利用)
    神戸市バス(18系統)摩耶ケーブル → 阪急六甲(所要10分 \210)
    阪急神戸線 阪急六甲 → 岡本(\160)〜自宅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間15分
休憩
3分
合計
3時間18分
S神鉄谷上08:1808:41炭ヶ谷入口08:4409:09炭焼窯跡09:33終点三叉路09:38西六甲DW出合09:43かわうそ池10:00シェール道合流10:19穂高湖周遊路分岐10:27徳川道出合10:30新穂高(東側)登り口10:50小尾根で引き返す11:05登り口11:09徳川道出合11:14奥摩耶DW11:36掬星台(昼食〜ビール休憩)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
(昼食〜ビール休憩 84min 1時間24分)
ビューライン星の駅乗車13:00発

登高合計(神鉄谷上〜掬星台)
156min 2時間36分 純歩行 153min 2時間33分
周回合計(徳川道分岐←→新穂高) 42min
行動総計 198min 3時間18分 純歩行総計 195min 3時間15分
山行総計 282min 4時間42分
コース状況/
危険箇所等
○神鉄谷上〜炭ヶ谷入口
 駅出口(北側)を出てすぐ東(三田)方向へ線路沿いを進む。
 すぐのガードを潜って(看板あり)住宅地を道なりまっすぐ。
 老人ホームの先の、山際の階段を上がった歩道から
 阪神高速・北神戸線の高架をくぐったところが谷道の入口。
○炭ヶ谷道
 谷道に入って直ぐの分岐は堰堤の先で間もなく合流します。
 もう一つダブル堰堤を巻き上がった先で小さく徒渉すれば、
 この先、谷の源頭部までず〜っと堰堤はありません。
 >まったく快適!
 途中一箇所のみ、つづらを切って谷を離れる場面がありますが
 それ以外は忠実に谷筋に沿って高度を稼いで行きます。
 炭焼窯跡(案内板あり)がちょうど中間点。ほどなく細まった谷床を
 直接歩くようになれば終点の源頭部は近い。
 (最後、木道ふうに板が敷かれていますが、雨後など滑りやすいので
 外して歩いた方が良いと思います)
○炭ヶ谷源頭〜西六甲DW〜かわうそ池〜まむし谷〜シェール道出合
 谷を登り詰めてしばらく行った先が三(四)叉路になっていて
 道標と案内板が立っています。
 右に取れば烏帽子岩〜石楠花山方面、
 左がドライブウェイ〜かわうそ池方面になります。
 すぐに西六甲DWに合流、これを右折してしばらく車道沿いに進む。
 車道に出てから5分ほどで、かわうそ池〜まむし谷へ進むハイキング道が
 左に分岐。ここからシェール道との合流まで、まむし谷の渓流沿いを20分。
 新堰堤を大きく高巻くアップダウンが少し歩きにくいですが、ほかは快適。
○シェール道〜穂高湖周遊路〜徳川道出合
 しばらくシェール道を進み(徒渉あり)、小広い林道に出て数分で
 (穂高堰堤に突き当たる手前)右に「穂高湖周遊路」の道標と分岐(写真)。
 >徳川道へショートカットするためこの道を辿りましたが
 >ルートを逆に歩く形になるので、ここから穂高湖には行き当たりません。
 >その意味で、この道標に「穂高湖」と書くのはチョット紛らわしいですね。
 10分ほどで徳川道に行き当たれば右折して、3分ほど少し下る。
○新穂高(東側)登り口〜新穂高(途中で引き返した)〜東側登り口
 出合から下って行くと、すぐに両側から山裾が迫った
 狭い「切り通し」状の場所に行き当たります。
 ここが新穂高ピークへ向かう東側の登り口。
 徳川道から下り方向で右の山裾へ、笹藪を急登する踏跡に取り付く。
 >以前はここに「新穂高」と書いた手書の看板がありましたが
 >今日はキレイサッパリ無くなっていました。
 >知っている人なら判りやすい場所ですが、
 >初めての方には笹藪も繁茂していて少々難解かも??
 >「いったい誰だ、看板取っ払ったのは!」
 薄い踏跡を辿り、急登数分で尾根状の箇所に取り付くと北西に方向転換。
 あとは踏跡もハッキリしてくるので、そのままトレースすればOK。
 地形図通り、この小尾根を一旦大きく下って登り返した先が新穂高のピーク。
 >今日は時間切れのためピーク手前で、元の東側登り口に引き返しました。
 >ピークを過ぎて、西側の登り口へ降りる場合は
 >かなりの急傾斜(激下り)になるので要注意です。
○東側登り口〜徳川道出合〜奥摩耶DW〜掬星台
 徳川道に戻り、すぐの三叉路を「すぐまや」の道標に従って西へ折り返す。
 ほどなくドライブウェイ上に出るので、あとは歩道伝いに掬星台へ。
 >今日はシンドイのでアゴニー坂は経由せず。
その他周辺情報掬星台・星の駅2Fの「マヤテラス702」
軽食メニューも豊富で手頃、いつも立ち寄っています。
冬季は生ビールはお休み、缶ビールのみ。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 厚手ウール混紡肌着 防風ソフトシェル ダウン中間着(停滞時も着用せず) サポートタイツ ソフトシェルパンツ トレランシューズ(走りませんが) ウールソックス(P6薄手) 防寒帽 チェーンスパイク(念のため携行。使用せず)

写真

住宅地を離れ、ここから山道へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
住宅地を離れ、ここから山道へ
4
息を整えて・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
息を整えて・・
1
ここに何があるんだ、NHK!
(帰って調べたら、隣の双子山にアンテナがあるそうです)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここに何があるんだ、NHK!
(帰って調べたら、隣の双子山にアンテナがあるそうです)
4
これを渉って、あとはもう堰堤なし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これを渉って、あとはもう堰堤なし。
1
快適な谷沿いを進めば
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快適な谷沿いを進めば
2
パァっと冬の陽が差し込む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パァっと冬の陽が差し込む
2
樹間の日だまり。気持ちが和みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹間の日だまり。気持ちが和みます
いやぁ、ムード満点ですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いやぁ、ムード満点ですね
4
渓床を直に歩くようになれば終盤
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渓床を直に歩くようになれば終盤
2
名残の氷、ひとかけら
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名残の氷、ひとかけら
4
「復照青苔上」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「復照青苔上」
3
0933 炭ヶ谷終点三叉路
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0933 炭ヶ谷終点三叉路
4
「北区に逆戻り?」何度通っても違和感の標識
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「北区に逆戻り?」何度通っても違和感の標識
2
DWを離れて、かわうそ池
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
DWを離れて、かわうそ池
2
無風の水面に青空が映えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無風の水面に青空が映えます
6
好きなレトロ道標。わざわざ「ェー」を書き足さなくても良かったのに・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
好きなレトロ道標。わざわざ「ェー」を書き足さなくても良かったのに・・
5
まむし谷からシェール道へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まむし谷からシェール道へ
2
結構登らされます。こんな上を巻かんでも・・と愚痴グチ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構登らされます。こんな上を巻かんでも・・と愚痴グチ
1
1000 シェール道に合流
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1000 シェール道に合流
3
目指す新穂高を西から仰ぐ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指す新穂高を西から仰ぐ
2
いつも水量豊富な渓を渉って
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつも水量豊富な渓を渉って
4
冬枯れの道中、何度歩いても飽きない・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬枯れの道中、何度歩いても飽きない・・
3
大好きなシェール道から離れて
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大好きなシェール道から離れて
3
今日はここから右へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はここから右へ
1
逆に歩くので、穂高湖には突き当たりませんが
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
逆に歩くので、穂高湖には突き当たりませんが
4
この道中もなかなか良いムード
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この道中もなかなか良いムード
5
1027 徳川道出合。赤線方向へ(黄線は掬星台方面)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1027 徳川道出合。赤線方向へ(黄線は掬星台方面)
3
徳川道を3分ほど下ったところ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳川道を3分ほど下ったところ
2
1030 ここが、新穂高の(東側)登り口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1030 ここが、新穂高の(東側)登り口
2
以前はここに看板があったんですが・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以前はここに看板があったんですが・・
1
踏み跡、お判りでしょうか・・?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡、お判りでしょうか・・?
・・こんな感じです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
・・こんな感じです
4
ガツガツっと
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガツガツっと
登って数分、小尾根に乗る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登って数分、小尾根に乗る
1
樹間にピーク
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹間にピーク
2
さて・・ここから(シェール)槍が見えるか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて・・ここから(シェール)槍が見えるか?
1
13.08.15 逆に、これが槍から見た穂高の勇姿。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13.08.15 逆に、これが槍から見た穂高の勇姿。
3
おッ、槍・・見えましたね。小さな目的完遂(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おッ、槍・・見えましたね。小さな目的完遂(笑)
10
ここは西にも nice view
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは西にも nice view
4
惜しくも時間切れ。穂高登頂はまた今度・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
惜しくも時間切れ。穂高登頂はまた今度・・
7
徳川道に戻って
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳川道に戻って
1
そんなに「すぐ」じゃないんですけど
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そんなに「すぐ」じゃないんですけど
4
今日はアゴニースルーで
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はアゴニースルーで
2
1136 みそ玉ラーメン(?)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1136 みそ玉ラーメン(?)
7
「マヤテラス702」今日の肴はスモークチーズ。
呑んじまったんで、今日は(も?)下山はズルします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「マヤテラス702」今日の肴はスモークチーズ。
呑んじまったんで、今日は(も?)下山はズルします。
7
虹の駅ケーブル発車待ち。○ヤ○ン越しの長峰山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
虹の駅ケーブル発車待ち。○ヤ○ン越しの長峰山
4
スッキリと灘〜御影の眺望
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スッキリと灘〜御影の眺望
5
愉しい半日ハイク、これにて終了
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愉しい半日ハイク、これにて終了
4

感想/記録
by notung

もちろん(シェール)槍から(新)穂高は真正面にドン!と見えますが
以前、その逆はどうしても植生が邪魔で見えなかった記憶。
樹間が透いて見えやすい冬季に再確認してみたかった。
結果は・・ピーク手前でクッキリと(あっさりと?)望むことが出来ました。
小さな目標完遂して小さく満足の半日ハイクでした。
訪問者数:256人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 林道 堰堤 出合 踏跡 道標 木道 渓流
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ