ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 805876 全員に公開 雪山ハイキング中国山地西部

広見山北尾根(亀井谷出合より)

日程 2016年01月31日(日) [日帰り]
メンバー MtYamaguchi
天候くもり(山頂付近は雪)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
県道307の路肩に駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間51分
休憩
7分
合計
8時間58分
Sスタート地点06:4712:40広見山12:4715:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

尾根の末端部。(裏側から取り付いたが、民家があり3匹の犬にがんがん吠えられるので手前から取り付いた方が良いかもしれない。)
2016年01月31日 06:57撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の末端部。(裏側から取り付いたが、民家があり3匹の犬にがんがん吠えられるので手前から取り付いた方が良いかもしれない。)
5
尾根上の様子。
2016年01月31日 07:26撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根上の様子。
有刺鉄線の柵が標高500m付近まで断続的に伸びている。
2016年01月31日 07:44撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有刺鉄線の柵が標高500m付近まで断続的に伸びている。
1
亀井谷方面。恐羅漢はガスに包まれている。
2016年01月31日 09:38撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
亀井谷方面。恐羅漢はガスに包まれている。
2
細めの尾根で支尾根の分岐も明瞭なので進む方向がわかりやすい。
2016年01月31日 11:02撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
細めの尾根で支尾根の分岐も明瞭なので進む方向がわかりやすい。
3
雲間から時折太陽が覗く。
2016年01月31日 11:11撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲間から時折太陽が覗く。
1
1035ピーク付近より広見山方面。ここで旧羅漢〜広見山へと続く稜線と合流する。旧羅漢方面へ少し行けばジョシのキビレ。
2016年01月31日 11:26撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1035ピーク付近より広見山方面。ここで旧羅漢〜広見山へと続く稜線と合流する。旧羅漢方面へ少し行けばジョシのキビレ。
2
1035ピーク付近より旧羅漢方面。
2016年01月31日 11:27撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1035ピーク付近より旧羅漢方面。
1
1035ピーク〜1140台ピーク間は特に雪の多い区間だが、例年と比べると今年はやはり少な目。
2016年01月31日 11:58撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1035ピーク〜1140台ピーク間は特に雪の多い区間だが、例年と比べると今年はやはり少な目。
1
旧羅漢より続く稜線。
2016年01月31日 12:03撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧羅漢より続く稜線。
辿ってきた尾根を振り返る。奥には岩倉山。
2016年01月31日 12:03撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
辿ってきた尾根を振り返る。奥には岩倉山。
1
1140台ピークへ続く雪の稜線。
2016年01月31日 12:04撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1140台ピークへ続く雪の稜線。
2
広見山はガスの中。
2016年01月31日 12:05撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広見山はガスの中。
2
1140台ピーク。晴れていれば360度近い大展望だが、ガスで何も望めず。
2016年01月31日 12:13撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1140台ピーク。晴れていれば360度近い大展望だが、ガスで何も望めず。
1
小雪の舞うなか広見山へ。
2016年01月31日 12:28撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小雪の舞うなか広見山へ。
1
山頂付近は不思議と無風だった。
2016年01月31日 12:37撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂付近は不思議と無風だった。
3
広見山山頂。山頂標識が露出していた。
2016年01月31日 12:40撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広見山山頂。山頂標識が露出していた。
5
1140台ピーク。帰りの展望に賭けたがガスは濃くなる一方。
2016年01月31日 13:06撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1140台ピーク。帰りの展望に賭けたがガスは濃くなる一方。
1
帰りは半分滑りながら下った。(登りは6時間近く掛かったが、下りは3時間程度だった。)
2016年01月31日 13:11撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは半分滑りながら下った。(登りは6時間近く掛かったが、下りは3時間程度だった。)
道川へ下山。
2016年01月31日 15:31撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道川へ下山。
1
亀井谷へ続く林道は未除雪。わかんのトレースが付いていた。
2016年01月31日 15:27撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
亀井谷へ続く林道は未除雪。わかんのトレースが付いていた。
1

感想/記録

匹見の下道川地区から広見山を目指した。
北尾根を通して歩いた記録が見つからず若干の不安を覚えたが
特に難所もなく無事山頂にたどり着くことが出来た。
訪問者数:180人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/10/12
投稿数: 644
2016/2/2 12:40
 ご立派!
昨年の冬、このコースの様子を見るため倉渡瀬橋に行きましたが、一目見て断念。今回この記録を見て行かなくて良かったと思ってます
 このコースは、確か「あの山、この山」さんが歩かれたコースと記憶していますが(勘違いかも?)、考えてみれば、「あの山、この山」さんと偶然違う雪山で一度ご一緒させていただいたときには、スノーシューで深雪を歩くスピードが早くて三番手でも付いて行くのがやっとだった情けない記憶があります。今では行かなくて良かったと思ってます。
登録日: 2015/1/13
投稿数: 22
2016/2/3 3:27
 Re: ご立派!
やっぱ皆さん目をつけるところは同じ?
地形図見てるとやはり気になりますよね、この尾根。

今回は雪が腐ってて登りで苦労しましたが、
状態が良ければ快適な登路になり得ると思いました。
機会があればぜひ挑戦してみてください!

「あの山、この山」さんの記録見てみましたが、
途中の急峻な支尾根から登られてるようでした(ある意味すごい)
同サイトは検索でよく引っ掛かるので参考にすることが多いのですが、
サイト全体をまとめてチェックしたことはありませんでした。
「山歩きのページ」さん同様、この方も中国山地を縦横無尽に歩かれてますね〜
記録を見てると行きたいルートが増えて困ります

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 林道 道迷い 出合 支尾根
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ