ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 805972 全員に公開 沢登り祖母・傾

サマン谷

日程 2016年01月31日(日) [日帰り]
メンバー Lynn_Kato(SL), その他メンバー1人
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 2.8〜2.9(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間42分
休憩
3分
合計
3時間45分
S尾平鉱山P11:1711:26宮原分岐(吊り橋)11:2714:46宮原分岐(吊り橋)14:4815:02尾平鉱山PG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
フェルトで遡行しましたが、アクアのほうが良さそうです。カム類持参推奨。F1上にリングボルトいくつかあり。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

出発!左手に鉱山跡を見ながら祖母山に向かう。前方のポコポコのどれかが祖母山らしい。
2016年01月31日 11:19撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発!左手に鉱山跡を見ながら祖母山に向かう。前方のポコポコのどれかが祖母山らしい。
2
河原に降りて吊り橋をくぐる。帰りはこの吊り橋を通る予定。ほどなく右側にサマン谷の入口があるので渡渉して入渓。
2016年01月31日 11:26撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河原に降りて吊り橋をくぐる。帰りはこの吊り橋を通る予定。ほどなく右側にサマン谷の入口があるので渡渉して入渓。
F1。つるつるで滝身は登れないので、右側のスラブから。
2016年01月31日 11:49撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F1。つるつるで滝身は登れないので、右側のスラブから。
F1。釜の水深は太腿位。この一歩目が超ハイステップで女性には厳しい。そのあとはフレークを掴めばOK。
2016年01月31日 11:58撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F1。釜の水深は太腿位。この一歩目が超ハイステップで女性には厳しい。そのあとはフレークを掴めばOK。
F1を登り切ったあとの横トラバース3m。ジワった。ツルツルの壁で、同じドボンするにしても滝ツボを越してからじゃないと下まで行ってしまう(;・∀・) 
2016年01月31日 12:10撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F1を登り切ったあとの横トラバース3m。ジワった。ツルツルの壁で、同じドボンするにしても滝ツボを越してからじゃないと下まで行ってしまう(;・∀・) 
1
そこから上はツルツルの滝ツボと滝が続く連瀑帯。冬の低温+日照で珪藻類(つまり茶苔)が大繁殖しており、夏より難しくなってるそう。まったく歯が立ちません。
2016年01月31日 13:18撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこから上はツルツルの滝ツボと滝が続く連瀑帯。冬の低温+日照で珪藻類(つまり茶苔)が大繁殖しており、夏より難しくなってるそう。まったく歯が立ちません。
側壁トラバースを試みるも、ツルツル・・・・
2016年01月31日 12:19撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
側壁トラバースを試みるも、ツルツル・・・・
2
ドボーンw このあと、CLの足を私の手で支える階段方式で突破しました。上に倒木あったから突破できたが、あれがなくなるとすごく難しくなりそう。(;・∀・)
2016年01月31日 12:19撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドボーンw このあと、CLの足を私の手で支える階段方式で突破しました。上に倒木あったから突破できたが、あれがなくなるとすごく難しくなりそう。(;・∀・)
1
滝つぼの落ち口トラバースも慎重に這いますw
2016年01月31日 12:37撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝つぼの落ち口トラバースも慎重に這いますw
1
ツルツルドボンだから最初から泳いでいったりとかw
2016年01月31日 14:24撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツルツルドボンだから最初から泳いでいったりとかw
1
この滝は苦労しました。最初は右側の傾斜の緩いところから上に上がろうとしたのだが、ツルツルで足が上がらず。(行けば行けるんだろうけど、滑って落ちると、足をくじきそうなので怖い。)
2016年01月31日 12:44撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この滝は苦労しました。最初は右側の傾斜の緩いところから上に上がろうとしたのだが、ツルツルで足が上がらず。(行けば行けるんだろうけど、滑って落ちると、足をくじきそうなので怖い。)
投げ縄30分トライしてダメだったので、滝の奥のクラックと倒木利用を提唱。ただしシャワーです。(;・∀・)
2016年01月31日 12:49撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
投げ縄30分トライしてダメだったので、滝の奥のクラックと倒木利用を提唱。ただしシャワーです。(;・∀・)
釜は深いのだがいい具合に倒木がはさまっていて、足場があった。私の手だと小さすぎて手が決まらないのでCLに交代したが、足がでかすぎて足が決まらないというw ので、この後、私が水流を浴びながらCLの足を支えて登ってもらった。(こんなんばかりw)
2016年01月31日 13:14撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釜は深いのだがいい具合に倒木がはさまっていて、足場があった。私の手だと小さすぎて手が決まらないのでCLに交代したが、足がでかすぎて足が決まらないというw ので、この後、私が水流を浴びながらCLの足を支えて登ってもらった。(こんなんばかりw)
2
おー、行った行った!良かった!この滝の突破に超時間がかかった。(;・∀・)
2016年01月31日 13:16撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おー、行った行った!良かった!この滝の突破に超時間がかかった。(;・∀・)
かなり離れてる感じのブリッジングなので不安になる汗
2016年01月31日 14:29撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり離れてる感じのブリッジングなので不安になる汗
4
最後の核心、CSの滝。
2016年01月31日 13:32撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の核心、CSの滝。
1
岩も小さく、水深も浅くみえたが、
2016年01月31日 13:33撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩も小さく、水深も浅くみえたが、
3
岩はこんなに大きくて、しかも水深は首まであった。両側に足を張ると体は止まるが、長時間の維持は不可能。1歩目が超ハイステップで、長身のCLでやっと。つっぱりから体を返すのにおしりを押す必要があり、首まで水に浸かりながら支えましたw
2016年01月31日 13:35撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩はこんなに大きくて、しかも水深は首まであった。両側に足を張ると体は止まるが、長時間の維持は不可能。1歩目が超ハイステップで、長身のCLでやっと。つっぱりから体を返すのにおしりを押す必要があり、首まで水に浸かりながら支えましたw
1
その後も楽しいトイ状が続き、
2016年01月31日 13:45撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後も楽しいトイ状が続き、
色々な方法で突っ張りながら進む。
2016年01月31日 14:46撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色々な方法で突っ張りながら進む。
5
見事なまでのゴルジュだが、魚はいない。
2016年01月31日 13:46撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見事なまでのゴルジュだが、魚はいない。
2
このトイ状を登って
2016年01月31日 13:50撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このトイ状を登って
2
ナメ地帯に入り(これがまた滑るので気を抜けないw)
2016年01月31日 13:55撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナメ地帯に入り(これがまた滑るので気を抜けないw)
滝を2つまとめて大き目に巻いた先のナメ(堰堤のあるところ)で終了。昼食休憩後、横のルンゼを登り、林道へ。
2016年01月31日 14:04撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝を2つまとめて大き目に巻いた先のナメ(堰堤のあるところ)で終了。昼食休憩後、横のルンゼを登り、林道へ。
林道から途中登山道に乗り換えて、無事に降りてきました。
2016年01月31日 14:47撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道から途中登山道に乗り換えて、無事に降りてきました。
右側に鉱山の鉱毒処理施設がある。銀、錫、亜鉛に水晶が採れたらしい。きれいな沢なのに魚影が走らないのはそういうミネラル分のせいなのかな。
2016年01月31日 14:51撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側に鉱山の鉱毒処理施設がある。銀、錫、亜鉛に水晶が採れたらしい。きれいな沢なのに魚影が走らないのはそういうミネラル分のせいなのかな。
振りかえると悪魔の山みたいな祖母山。妙義に似てるイメージ。楽しかった♡
2016年01月31日 14:53撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振りかえると悪魔の山みたいな祖母山。妙義に似てるイメージ。楽しかった♡
2

感想/記録

別府に行ったので、現地の友人に沢登りに連れて行ってもらいました。
泳ぎ系の沢なのでウェットスーツ着用といえど、先日の大雪のこともあるし、寒いんじゃないかと不安でしたが、とても暖かい日で、気温11度、水温も7.6度と、十分泳げましたw
冬場は日当たりの良い沢はどこも茶苔が大発生しますが、ここも例外ではありませんでした。つるっつるで面白かったけど、悔しかったw 夏場にアクアを履いてまた来たいと思いました。(最後巻いた2つの滝登りたいw) 楽しかったー♡(^^)
訪問者数:270人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 渡渉 倒木 ゴルジュ 堰堤 ルンゼ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ