ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 806276 全員に公開 ハイキング東海

鳩吹山・西山・カタクリ登山口から周回

日程 2016年02月02日(火) [日帰り]
メンバー miya_sekkei
天候晴れ、風が無いので暖かい日差し。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
R41の大脇交差点を左折し、湯の華ハイランドの先の可児川下流自然公園の駐車場を利用。
公衆トイレ・東屋があり、登山ポスト見当たらず。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間0分
休憩
50分
合計
6時間50分
Sカタクリ登山口08:1008:20鳩吹山カタクリ群生地08:30氷場08:4010:00一休さん10:20西山10:40天神山10:50川平ルート 入口11:10栗栖神社11:30せせらぎルート入口12:40西山休憩舎13:2014:20鳩吹山14:50カタクリ登山口15:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
 氷場から鳩吹山稜線尾根間は急登の岩稜帯でつまづき・車石による転倒滑落に要注意です。
 これ以外のルートは遊歩道でよく整備されているので路迷いの心配もありません。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 地形図(S=1/25000) コンパスは必携

写真

河児川下流自然公園の駐車場、左側はトイレ・東屋。
2016年02月02日 08:22撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河児川下流自然公園の駐車場、左側はトイレ・東屋。
登山口入口、整備の行き届いた木橋と遊歩道。
2016年02月02日 08:25撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口入口、整備の行き届いた木橋と遊歩道。
カタクリは大寒で熟睡中、下草の手入れに感謝。
2016年02月02日 08:29撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カタクリは大寒で熟睡中、下草の手入れに感謝。
カタクリの開花に合わせて来れば大入り満員か?
2016年02月02日 08:31撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カタクリの開花に合わせて来れば大入り満員か?
カタクリ広場の先は雄大な木曽川の清流。
2016年02月02日 08:34撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カタクリ広場の先は雄大な木曽川の清流。
氷場の看板、良く分かりますが地球温暖化で想像するのが無理。
2016年02月02日 08:40撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷場の看板、良く分かりますが地球温暖化で想像するのが無理。
氷製造工場、貴重な大正時代の歴史遺産。
2016年02月02日 08:40撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷製造工場、貴重な大正時代の歴史遺産。
木曽川の雄大な流れ。
2016年02月02日 08:49撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木曽川の雄大な流れ。
大脇湊に向かいます、これから先は断崖絶壁で登山道なし。
2016年02月02日 08:51撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大脇湊に向かいます、これから先は断崖絶壁で登山道なし。
大脇湊の日本ラインの発祥地、木曽川の左岸は絶壁。
2016年02月02日 08:45撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大脇湊の日本ラインの発祥地、木曽川の左岸は絶壁。
1
淵の老朽化した岸壁は渡船場か?
2016年02月02日 08:46撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
淵の老朽化した岸壁は渡船場か?
これから先は立派なバリルート。
2016年02月02日 08:53撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから先は立派なバリルート。
木曽川と可児市街、御嶽遠望。
2016年02月02日 09:02撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木曽川と可児市街、御嶽遠望。
御嶽遠望
2016年02月02日 09:03撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽遠望
2
木曽川の激流と可児市街を俯瞰。
2016年02月02日 09:03撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木曽川の激流と可児市街を俯瞰。
1
道は明瞭、岩稜帯は緊張と慎重で登攀。
2016年02月02日 09:07撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道は明瞭、岩稜帯は緊張と慎重で登攀。
道は明瞭、岩稜帯は緊張と慎重で登攀。
2016年02月02日 09:08撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道は明瞭、岩稜帯は緊張と慎重で登攀。
この危険結界から先は自己責任、緊張と慎重に行動。
2016年02月02日 09:11撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この危険結界から先は自己責任、緊張と慎重に行動。
道は明瞭な沢をウオーキング、V字谷が深く幽玄な世界。
2016年02月02日 09:18撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道は明瞭な沢をウオーキング、V字谷が深く幽玄な世界。
三叉路で左折して尾根に取り付く、左側は眺望抜群の展望台。
2016年02月02日 09:20撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三叉路で左折して尾根に取り付く、左側は眺望抜群の展望台。
木曽川を俯瞰、左岸側はかなりの急傾斜。
2016年02月02日 09:27撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木曽川を俯瞰、左岸側はかなりの急傾斜。
1
木曽川を俯瞰、左岸側はかなりの急傾斜。
2016年02月02日 09:27撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木曽川を俯瞰、左岸側はかなりの急傾斜。
1
鳩吹山尾根に合流、ここからは遊歩道で一安心。
2016年02月02日 09:42撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳩吹山尾根に合流、ここからは遊歩道で一安心。
1
左側が西山と右側が一休さん。
2016年02月02日 09:46撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左側が西山と右側が一休さん。
1
西山の分岐の親切な絵看板、現在位置を確認、西山ピストン。
2016年02月02日 09:50撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西山の分岐の親切な絵看板、現在位置を確認、西山ピストン。
遊歩道の危険喚起の看板。
2016年02月02日 09:50撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遊歩道の危険喚起の看板。
木橋の架け替え中、登山道が良く整備されており感謝です。
2016年02月02日 09:54撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木橋の架け替え中、登山道が良く整備されており感謝です。
振りかえって、登攀した氷場から鳩吹山稜線尾根。
2016年02月02日 10:01撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振りかえって、登攀した氷場から鳩吹山稜線尾根。
一休さんの県境尾根は危険のため立ち入り禁止表示看板。
2016年02月02日 10:11撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一休さんの県境尾根は危険のため立ち入り禁止表示看板。
一休さん、山頂なので”山”ではないの?
2016年02月02日 10:12撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一休さん、山頂なので”山”ではないの?
能郷白山とのことです、常連の方に教えてもらいました。
2016年02月02日 10:14撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
能郷白山とのことです、常連の方に教えてもらいました。
4
右折して栗栖川平遊歩道に向かいます、道は明瞭。
2016年02月02日 10:25撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右折して栗栖川平遊歩道に向かいます、道は明瞭。
天神山道標と何時ものザックの記念撮影。
2016年02月02日 10:38撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天神山道標と何時ものザックの記念撮影。
良く整備された登山道。
2016年02月02日 10:47撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良く整備された登山道。
木曽川俯瞰、左岸は断崖絶壁。
2016年02月02日 10:56撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木曽川俯瞰、左岸は断崖絶壁。
栗栖神社の前の橋を右折。
2016年02月02日 11:26撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗栖神社の前の橋を右折。
栗栖の集落、公民館・小学校を見ながら散策。
2016年02月02日 11:30撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗栖の集落、公民館・小学校を見ながら散策。
7栖川平遊歩道からГ擦擦蕕遊歩道に向かいます。
2016年02月02日 11:38撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7栖川平遊歩道からГ擦擦蕕遊歩道に向かいます。
せせらぎ遊歩道入口に左折。
2016年02月02日 11:41撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
せせらぎ遊歩道入口に左折。
円空仏の御利益で無事安全登山を祈願。
2016年02月02日 11:45撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
円空仏の御利益で無事安全登山を祈願。
うっかり直進し、崖で気が付いて撤退、沢を徒渉が正解。
2016年02月02日 11:53撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うっかり直進し、崖で気が付いて撤退、沢を徒渉が正解。
1
小さい沢だが10回ほど徒渉、道は明瞭。
2016年02月02日 12:11撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さい沢だが10回ほど徒渉、道は明瞭。
大変歩き易い良く整備された遊歩道。
2016年02月02日 12:15撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大変歩き易い良く整備された遊歩道。
石原道に合流、ここからは一般登山道なので一安心。
2016年02月02日 12:34撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石原道に合流、ここからは一般登山道なので一安心。

感想/記録

 鳩吹山から継鹿尾山までは今までの体験から低山の里山の印象があり、安易な山域と思っていましたが、以外でした。
 氷場からの尾根稜線経由、栗栖川平ルートで木曽川左岸は断崖絶壁でかなりデンジャラスな山域であることを知り、改めて興味が沸きました。
 また今回、木曽川の展望が抜群であきさせない、うれしい山行になりました。
 ※tomozopapaさんのレコを参考にさせていただきました、感謝します。 

訪問者数:269人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/12/4
投稿数: 75
2016/2/3 21:17
 西山休憩舎付近ですれ違ったかも?
こんにはmiya sekkeiさん
同日に同じ山域を歩いていました。
怖がりの私は川平ルートを途中からエスケープしてしまいましたが、レコの写真を拝見するともう少し強い気持ちで前に進めばよかったかなとも思いました。

氷場から鳩吹山のルートは立入禁止の看板が建てられる以前に登ったことがあります。
けっこうおもしろいルートだったんですが、事故があって禁止区域になったそうです。
登録日: 2013/11/18
投稿数: 34
2016/2/4 10:41
 Re: 西山休憩舎付近ですれ違ったかも?
luneacielさん こんにちは
 暖かい日差しにもかかわらず、青のジャケットですので記憶があるのでしょう。
 木曽川左岸はかなりデンジャラスな山域であることを知り病み付きにになりそうです。
 また、何れかでお会いしましょう。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ