ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 806285 全員に公開 雪山ハイキング北陸

思わぬ出遭いあり‥(能美市)七ツ滝〜三角点「猫山」

日程 2016年02月02日(火) [日帰り]
メンバー long01
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
能美市長滝町「瀧浪神社」近くの路側帯に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

(ルートは手書きです。参考程度に見てください。特に三角点猫山から猫山登山口までが自信ありません)
駐車地10:20-七の滝10:23-炭焼窯10:35-六の滝10:42-一の滝10:53-賽の河原10:55-三角点11:17-猫山登山口12:11-炭焼窯(昼食)12:28-稜線12:41-旭台12:54-(休憩)13:30-鉄塔13:47-瀧浪神社14:15-駐車地14:25
コース状況/
危険箇所等
特になし
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

能美市長滝町 瀧浪神社
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
能美市長滝町 瀧浪神社
1
神社前にある「七の滝」。(ご近所の方に確認した。水路を改修する前はもっと滝らしい滝だったようだ)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社前にある「七の滝」。(ご近所の方に確認した。水路を改修する前はもっと滝らしい滝だったようだ)
長滝町内を通らず、瀧谷川の右岸を行く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長滝町内を通らず、瀧谷川の右岸を行く
以前はこんな防御柵はなかった。イノシシ被害が深刻化している
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以前はこんな防御柵はなかった。イノシシ被害が深刻化している
さらにもう一つの防御柵を抜けて炭焼窯につく。柵の開け閉めが面倒だが車はここまで入れる。中央にあるトイレは使用可
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらにもう一つの防御柵を抜けて炭焼窯につく。柵の開け閉めが面倒だが車はここまで入れる。中央にあるトイレは使用可
回廊マップを見る。まず六の滝から上流へ向かおう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
回廊マップを見る。まず六の滝から上流へ向かおう
2
「六の滝」。水流に勢いがある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「六の滝」。水流に勢いがある
3
遊歩道をさらに上流へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遊歩道をさらに上流へ
2
「二の滝」。これが最大の滝。ゴウゴウと流れ落ちる音がすごい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「二の滝」。これが最大の滝。ゴウゴウと流れ落ちる音がすごい
8
最後に「一の滝」。瀧谷川の源流は高野山や揚原山あたりか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後に「一の滝」。瀧谷川の源流は高野山や揚原山あたりか
3
右の「賽の河原」へ行ってみよう。左は「ギフチョウの小道」へ上がる道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右の「賽の河原」へ行ってみよう。左は「ギフチョウの小道」へ上がる道
1
この橋を渡り山中へ入る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この橋を渡り山中へ入る
2
「賽の河原」。供養の石が積まれており「経塚」ともいう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「賽の河原」。供養の石が積まれており「経塚」ともいう
2
地形図にはここから東の方向に三角点があるので行ってみよう。小尾根を一つ越え、また次の尾根へ。なかなか見つからなかったが
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地形図にはここから東の方向に三角点があるので行ってみよう。小尾根を一つ越え、また次の尾根へ。なかなか見つからなかったが
白い杭があり発見。三等三角点「猫山」 標高149.3m
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白い杭があり発見。三等三角点「猫山」 標高149.3m
5
三角点から下りたら「加賀の里山逍遥」さんに出遭う。このあと、踏み跡を見失いコンパスで方角を定めウロウロ。なんとか別の踏み跡を発見
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点から下りたら「加賀の里山逍遥」さんに出遭う。このあと、踏み跡を見失いコンパスで方角を定めウロウロ。なんとか別の踏み跡を発見
1
下山したら「猫山」の標識あり、六の滝より100mほど下流だった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山したら「猫山」の標識あり、六の滝より100mほど下流だった
1
見るからにおっかない橋を渡り広場に戻る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見るからにおっかない橋を渡り広場に戻る
炭焼窯の真ん中を通り抜け、「シュンランの小道」へ上がってみよう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
炭焼窯の真ん中を通り抜け、「シュンランの小道」へ上がってみよう
ゆるやかな道を上っていく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゆるやかな道を上っていく
上がりきる直前に「滝谷寺跡」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上がりきる直前に「滝谷寺跡」
1
上がりきると分岐があり、まず右のサイエンスパーク方向へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上がりきると分岐があり、まず右のサイエンスパーク方向へ
道の左側が伐採してあり展望が効く。北陸先端科学技術大学院が見えてきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道の左側が伐採してあり展望が効く。北陸先端科学技術大学院が見えてきた
お天気が悪くかすんでいるが石川県庁を望む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お天気が悪くかすんでいるが石川県庁を望む
2
日本海も見えているはずだがー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本海も見えているはずだがー
右下へ下れば「ギフチョウの道」で先ほど歩いた七ツ滝まで行けるが、直進して「ヒノキの小道」を行く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右下へ下れば「ギフチョウの道」で先ほど歩いた七ツ滝まで行けるが、直進して「ヒノキの小道」を行く
旭台のレストラン「YUU YUU」さんの近くに出た。店に入り温かいカツ煮ウドンで腹ごしらえ。(数日前ここで道を教えてもらい、お世話になった)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭台のレストラン「YUU YUU」さんの近くに出た。店に入り温かいカツ煮ウドンで腹ごしらえ。(数日前ここで道を教えてもらい、お世話になった)
1
ふたたび来た道へ引き返し、稜線分岐を直進し、「オウレンの小道」を神社の方向へ進む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふたたび来た道へ引き返し、稜線分岐を直進し、「オウレンの小道」を神社の方向へ進む
1
やがて送電線鉄塔に出る。神社方向へ至る尾根道を探したがヤブ化してはっきりしない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて送電線鉄塔に出る。神社方向へ至る尾根道を探したがヤブ化してはっきりしない
無難に左の「ササの小道」を下ることにする
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無難に左の「ササの小道」を下ることにする
瀧谷川に下り、右の神社方向へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瀧谷川に下り、右の神社方向へ
この階段を上がると神社があり、その先に尾根道があることになっているが
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この階段を上がると神社があり、その先に尾根道があることになっているが
神社建物(ブルーシート)の先まで上がり尾根道は確認できたが、刈った枝を重ねた状態で通せんぼされていた。本日の歩きはここまでー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社建物(ブルーシート)の先まで上がり尾根道は確認できたが、刈った枝を重ねた状態で通せんぼされていた。本日の歩きはここまでー
2

感想/記録
by long01

先日、七ツ滝見学のついでに全くの思い付きで「里山回廊コース」を歩こうとして、行き過ぎて先端大のある旭台に出てしまった。レストランYUU YUUさんに道をおたずねしたりした。

今日は地形図等も準備してリベンジとした。地形図には七ツ滝近くに三角点(149.3m)もあるので、三角点探しもやってみよう。YUU YUUさんにも顔を出してこよう。

というわけで、レコの通りほぼ予定通り回ることができました。ここは季節を問わず回れるが、春の開花期や秋の紅葉の時期がベストだろう。

そして嬉しい出会いがありました。三角点をようやく見つけて下る途中、ヤブの中で「加賀の里山逍遥」さんにばったりお会いしたのです。初対面なのにすぐ分かりました。「ブログを参考にさせてもらってます」とお礼を言いました。お若い頃は北アなども駆け巡り、今も頻繁に山へ分け入るそうですが、今日も三角点を確かめに上がってこられたようで、大変お元気な様子と見受けました。
訪問者数:383人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ