ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 806428 全員に公開 山滑走白馬・鹿島槍・五竜

天狗原 スキー滑走

日程 2016年02月03日(水) [日帰り]
メンバー furuhiro
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
栂池スキー場
栂の森より
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間30分
休憩
30分
合計
3時間0分
S栂の森スタート10:0012:00天狗原12:3013:00栂の森ゴールG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
<往路>
 7:20 安曇野穂高発
 8:40 栂池駐車場
      栂の森でゲレンデスキー
10:00 栂の森発
<復路>
13:00 栂の森着 
14:00 駐車場発
15:20 自宅着
コース状況/
危険箇所等
雪が少ないため 樹林 谷に注意
天狗原は風圧によるクラスト
斜面は20〜30cmの重い雪
その他周辺情報栂池温泉 栂の森荘
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

白馬乗鞍岳の中腹部
天狗原へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬乗鞍岳の中腹部
天狗原へ
4
白馬三山
栂の森より
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬三山
栂の森より
4
鹿島槍・五竜・唐松・白馬の山々
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿島槍・五竜・唐松・白馬の山々
3
シールを付けて
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シールを付けて
1
林道を歩き始める
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を歩き始める
1
成城小屋
曇り始める
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
成城小屋
曇り始める
1
登り
雪が深く歩きにくいところも
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り
雪が深く歩きにくいところも
1
深く重い感じが
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
深く重い感じが
1
外国人と一緒に登る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
外国人と一緒に登る
1
栂の森が美しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栂の森が美しい
3
白馬と一本のシュプール
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬と一本のシュプール
1
一瞬晴れ天狗原方面が見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一瞬晴れ天狗原方面が見える
3
白馬も時々顔を出す
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬も時々顔を出す
2
天狗原の岩が見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗原の岩が見える
1
クラストした雪が
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クラストした雪が
1
一緒に登ってきた外国の方と天狗原
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一緒に登ってきた外国の方と天狗原
2
彼は一気に滑り降りていった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
彼は一気に滑り降りていった
1
クラストのため慎重になる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クラストのため慎重になる
1
ガスがかかり視界がなくなる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスがかかり視界がなくなる
1
転倒はしたくないので慎重に滑る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
転倒はしたくないので慎重に滑る
1
中腹は気持ちよく深雪を楽しむ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中腹は気持ちよく深雪を楽しむ
1
あっという間に栂の森へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あっという間に栂の森へ
1

感想/記録

2016(平成28年)2月3日(水)

天狗原へ スキー滑走

「天狗原 クラストの雪 慎重に」

快晴の栂池・栂の森のゲレンデからは
白馬三山が正面に聳え立つ。

遠くには鹿島槍・五竜・唐松の白い峰が続く。
絶好の山スキー日和!
今シーズン初めての山スキーへと向かった。
青空の元 天狗原も目の前に広がる。

栂の森で2本 ゲレンデスキーをして
今シーズン初めて使うK2の板とスカルパの靴の調子を見た。

栂の森よりシールを付けて出発。
大勢の方が山へ向かった。
その中でいつも歩調が同じ外国人4人と歩くことになる。

出発時は天気も良く林道の木々の間からは白馬の山並みが見えた。
成城小屋に着くと日が陰りガスが出始めた。
雪は深く、軽い。
これは楽しい深雪を楽しめそうと思った!?

しかし雪が少ない。
栂の木がたくさん見える。
沢には雪が埋まらず底が見えているところもある。
間違って落ちると最悪。
と言うことで樹林に注意、沢に注意と考えて登った。

久しぶりのシールを使っての登りだったが、
ルート取りが良かったのか難なく急斜面も進めた。
途中わずかだが青空、白馬の山並みも見ることができた。

天狗原近くになるとガスがかかり視界が悪くなり
風圧により雪がクラストしてきていた。
雪も重みがあるように感じた。

白馬乗鞍方面にさらに登る人もいたが
天狗原にも何人かが集った。
一緒に登ってきた4人の外国人も白馬乗鞍は諦め
天狗原から滑るとのこと。

さて滑り始めるがクラストが気になる。
特に滑り始めの部分はクラストが強く
私の滑る技術では難しく
転倒は要注意で、慎重にゆっくり滑る。

徐々に斜面がきつくなり
最初のクラストの慎重さが緊張につながり
思ったようにスピードは出せなかった。
さらに下部の沢、木々を考え
ルートを登ってきたルート沿いに取るように気を使った。

それでも雪が軽くなり
深さは30cm。
まっさらな斜面にシュプールを付けた。
ゴムのような反発もあり最高の気分だ。

登りに比べると
下りはあっという間だ。
それでも慎重になり身体にも力が入っていたのか
かなりの疲労感が出た。
殊に太腿には痛みが出て
栂池のゲレンデを滑るときの痛みは最高潮となった。

今シーズン初めての山スキー
慎重に滑るクラフト面でもあったが
天気もまずまず、楽しく歩き、滑ることができた。

ふるちゃん
訪問者数:335人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 急登 林道 一本 山スキー
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ