ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 806438 全員に公開 ハイキング金剛山・岩湧山

金剛山 もみじ谷〜ガンドカコバ林道(寒波よ来い!!)

日程 2016年02月03日(水) [日帰り]
メンバー abek3, その他メンバー1人
天候曇り、時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
水越峠公共駐車場、バス停横の駐車場(いずれも無料)があります。
本日はバス停横の駐車場に停めました。
平日なので空いてました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間58分
休憩
40分
合計
4時間38分
S水越峠バス停10:2110:26水越峠11:04もみじ谷入り口11:51第6堰堤12:00本流ルート分岐12:23山頂広場13:0313:16大日岳13:27六道の辻13:42太尾塞跡14:17カヤンボ14:53水越峠14:59水越峠バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・もみじ谷
もみじ谷入口が判りにくいので注意して下さい。
(以前に有った黄色の標識は無くなっています)
もみじ谷は途中の分岐が多いので、初めての方はテープの多い「もみじ谷本流」を歩かれるのが無難です。
第5堰堤上部で谷が大きく二つに分かれます。左が昭文社の登山地図に登山道として記載されているルート。右のV字谷が「もみじ谷本流」ルート。その後、第6堰堤上部で再び分岐が来ますが、右が本流ルートです。
道は沢を何度か渡渉しますが、いずれも水量わずかで石伝いに渡れます。ただ、滑り易いので注意は必要です。崖状の細い道もあり通行時は注意して下さい。

・ガンドカコバ道
危険なところはありません。道は整備されています。山頂から途中までは太尾道を歩きます。太尾塞跡で太尾道と別れ、右に下るのがガンドカコバ道です。途中から林道になって、カヤンボでダイトレ道に合流します。

登りはアイゼン不要でした。下りは太尾道ではアイゼン使用、ガンドカコバ道はアイゼン不要でした。この時期はアイゼン持参したほうが安心です。
その他周辺情報水越峠にはトイレ、登山ポストはありません。
水場は歩いて30分ほどの所に「金剛の水」があります。
トイレは水越トンネル傍の「さわんど」にあります。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

水越峠からスタート。
2016年02月03日 10:26撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水越峠からスタート。
2
大阪方面は晴れ。風も無く煙突の煙が真っ直ぐ上がっていた。
2016年02月03日 10:30撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大阪方面は晴れ。風も無く煙突の煙が真っ直ぐ上がっていた。
2
杉は一杯の花粉を付けている。青空には下弦の月。
2016年02月03日 10:30撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉は一杯の花粉を付けている。青空には下弦の月。
1
カヤンボの橋を左手に見て、直進。
2016年02月03日 11:02撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カヤンボの橋を左手に見て、直進。
1
もみじ谷へ入渓。
2016年02月03日 11:04撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もみじ谷へ入渓。
1
雪も無く、おだやかな沢路。
2016年02月03日 11:15撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪も無く、おだやかな沢路。
霜柱はあちこちに。
2016年02月03日 11:27撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霜柱はあちこちに。
第5堰堤。
2016年02月03日 11:36撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第5堰堤。
第5堰堤上部の分岐点。右のV字谷へ行きます。

2016年02月03日 11:45撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第5堰堤上部の分岐点。右のV字谷へ行きます。

V字谷。少しづつ雪が増えてくる。
2016年02月03日 11:46撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
V字谷。少しづつ雪が増えてくる。
1
ツララがあちこちに。
2016年02月03日 11:46撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツララがあちこちに。
2
重たく、垂れ下がっています。
2016年02月03日 11:47撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
重たく、垂れ下がっています。
2
第6堰堤。一週間前の氷瀑は、かなり融けていました。
2016年02月03日 11:51撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第6堰堤。一週間前の氷瀑は、かなり融けていました。
1
アップ。これから、もう一度成長するでしょうか。
2016年02月03日 11:51撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップ。これから、もう一度成長するでしょうか。
7
滝壺の丸氷。
2016年02月03日 11:52撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝壺の丸氷。
7
上部堰堤部分も、水が音を立てて流れています。
2016年02月03日 11:52撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上部堰堤部分も、水が音を立てて流れています。
1
第6堰堤から進んだ先にある分岐点。右がメインルート。右に行きます。
2016年02月03日 12:00撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第6堰堤から進んだ先にある分岐点。右がメインルート。右に行きます。
2
尾根に取付くと、少し雪が増えてきた。 アイゼン無しで登れました。
2016年02月03日 12:15撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に取付くと、少し雪が増えてきた。 アイゼン無しで登れました。
1
転法輪寺の境内は、薄っすらと雪。
2016年02月03日 12:23撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
転法輪寺の境内は、薄っすらと雪。
1
山頂のカマクラも頑張っています。
2016年02月03日 12:24撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂のカマクラも頑張っています。
5
山頂標識。ー2℃だが、陽の当たる部分はぬかるみ。他は地面も凍ってました。風が無く、寒くはなかった。
2016年02月03日 12:28撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂標識。ー2℃だが、陽の当たる部分はぬかるみ。他は地面も凍ってました。風が無く、寒くはなかった。
5
大阪方面は、所どころ陽が当たっている。
2016年02月03日 12:29撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大阪方面は、所どころ陽が当たっている。
1
13時のライブカメラ。標識の右端でストック振ってます。
2016年02月03日 13:00撮影 by ver.1DB101066.1, HRE Inc.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13時のライブカメラ。標識の右端でストック振ってます。
8
六道の辻。下りは太尾からガンドカコバ道へ。風があって寒い。
2016年02月03日 13:27撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六道の辻。下りは太尾からガンドカコバ道へ。風があって寒い。
2
途中で見える葛城山。
2016年02月03日 13:37撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で見える葛城山。
1
太尾塞跡。ガンドカコバ林道は右へ行きます。
2016年02月03日 13:42撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太尾塞跡。ガンドカコバ林道は右へ行きます。
ガンドカコバ道からの葛城山。山頂は太陽が当たっているようだ、
2016年02月03日 14:11撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガンドカコバ道からの葛城山。山頂は太陽が当たっているようだ、
2
もうすぐ終点。大阪方面。六甲山も見えた。
2016年02月03日 14:49撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐ終点。大阪方面。六甲山も見えた。
無事、水越峠へ下山。
2016年02月03日 14:53撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事、水越峠へ下山。
2
撮影機材:

感想/記録
by abek3

 夫婦でもみじ谷へ。先週の雨で雪も氷瀑も期待できないが、いつものコースを歩く。気温が低く、道は凍っているようで、ぬかるみにはなっていない。もみじ谷上部では少し残雪はあったが、アイゼン必要なほどでは無かった。
 第6堰堤の氷瀑は一週間前と比べて、すっかり変貌していた。これからの寒波に期待したいが、さてどうなるか。
 山頂はー2℃だったが、風が無いので気温ほど寒さは感じなかった。山頂広場で昼食の後、太尾道〜ガンドカコバ道で下山。北斜面で陽があたらず、雪も少し残っていたので、アイゼンを付けて降りた。
途中の尾根筋では風が通り過ぎて、寒さを感じた。
太尾道を外れると、雪は無くアイゼンを外して歩いた。
 明日は立春。春の前に、もう一度、霧氷や氷瀑を見てみたい。
訪問者数:302人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ