ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 806984 全員に公開 ハイキング伊豆・愛鷹

河津踊子歩道&天城三筋山遊歩道

日程 2016年02月04日(木) [日帰り]
メンバー Lagopus1406
天候晴れ時々曇り一時小雪
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間5分
休憩
35分
合計
6時間40分
S東海バス川合野バス停07:1007:30河津七滝07:5008:25宗太郎園地10:05八丁池口バス停10:35青スズ台10:4511:20東猿山11:2512:35稲取細野高原桃野湿原13:50片瀬白田駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
<踊子歩道>
踊子歩道は、河津町・河津七滝と旧天城湯ヶ島町・浄蓮の滝を結ぶ遊歩道で、道はしっかりと整備されており快適に山歩きを楽しむことが出来る歩道です。
今回は河津七滝〜二階滝の区間を歩きました。部分的に車道区間もありますが、交通量は少なく、実際この日は一台の車にも出会わなかった。

<天城三筋山遊歩道>
天城三筋山遊歩道は、寒天林道終点の八丁池口〜稲取細野高原の三筋山、さらに稲取や河津の海岸にまで繋がる長大な遊歩道です。
こちらも良く整備されており、また標識も随所にあるため道に迷う心配はありません。
ただし、新しく作られた風力発電用施設の関係で、その区間の遊歩道はズタズタに分断され、固いアスファルトの上を歩かなければならないなど、今までとは印象が大きく変わってしまったことが残念でなりません…。

また、今回のルートのうち、青スズ台〜東猿山にかけてと、細野高原桃野湿原〜稲取GCにかけての区間については、地図上に歩道記号はないため、もし参考にされる方は十分に注意して下さい。
危険な場所はありませんが、踏み跡や目印テープなどはほとんどないため、慎重に地図や方角を確かめながら進んでください。

過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ライト GPS 筆記用具 日焼け止め 保険証 時計 カメラ

写真

東海バスの川合野バス停から「踊子歩道」に入る。少し歩くとすぐに巨大な「河津七滝ループ橋」が現れる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東海バスの川合野バス停から「踊子歩道」に入る。少し歩くとすぐに巨大な「河津七滝ループ橋」が現れる。
下から見上げる河津七滝ループ橋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下から見上げる河津七滝ループ橋。
河津七滝ループ橋周辺のカワヅザクラはまだ咲き始め〜2分咲といったところ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河津七滝ループ橋周辺のカワヅザクラはまだ咲き始め〜2分咲といったところ。
1
さらに踊子歩道を北上し現れたのは「初景滝」。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに踊子歩道を北上し現れたのは「初景滝」。
初景滝からは階段上り。はるか昔訪れたときにはこのような階段はなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初景滝からは階段上り。はるか昔訪れたときにはこのような階段はなかった。
「蛇滝」とその周辺の柱状節理の様子。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「蛇滝」とその周辺の柱状節理の様子。
1
そして立派なつり橋「河津踊子滝見橋」。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして立派なつり橋「河津踊子滝見橋」。
つり橋が階段状になっているが一つ一つの段差が小さいため、まるで止まっているエスカレーターを歩いているようでなにか歩きにくい…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つり橋が階段状になっているが一つ一つの段差が小さいため、まるで止まっているエスカレーターを歩いているようでなにか歩きにくい…
河津七滝の中で一番好きな「釜滝」。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河津七滝の中で一番好きな「釜滝」。
3
釜滝から上にはさらにものすごい階段が付けられている。以前来た時にはなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釜滝から上にはさらにものすごい階段が付けられている。以前来た時にはなかった。
その一番上にあるのが「だるだるだんだんばし」。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その一番上にあるのが「だるだるだんだんばし」。
1
いったん「猿田淵」に降りた後最後にスギ林の中に付けられた長い階段を登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いったん「猿田淵」に降りた後最後にスギ林の中に付けられた長い階段を登ります。
「宗太郎杉林道」に出ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「宗太郎杉林道」に出ました。
スギ林の中の林道歩き。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スギ林の中の林道歩き。
1
宗太郎園地を過ぎると道は細くなって歩道らしくなる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宗太郎園地を過ぎると道は細くなって歩道らしくなる。
1
このような橋もある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このような橋もある。
国道を横切り少し登ると、踊子歩道は旧天城トンネルへの道路に合流する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国道を横切り少し登ると、踊子歩道は旧天城トンネルへの道路に合流する。
そして二階滝の先の寒天橋で踊子歩道とは別れ、寒天林道に入る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして二階滝の先の寒天橋で踊子歩道とは別れ、寒天林道に入る。
寒天園地。風が冷たく人の気配はまったくナシ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寒天園地。風が冷たく人の気配はまったくナシ。
ここから「天城三筋山遊歩道」に入るが、ちょっと寄り道して青スズ台へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから「天城三筋山遊歩道」に入るが、ちょっと寄り道して青スズ台へ。
静まり返った「コルリ歩道」入口。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
静まり返った「コルリ歩道」入口。
青スズ台の稜線間近。とても良い雰囲気だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青スズ台の稜線間近。とても良い雰囲気だ。
1
標高1200mを超えると、木々は霧氷で覆われ地面もカチカチに凍っている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1200mを超えると、木々は霧氷で覆われ地面もカチカチに凍っている。
2
小さなつぼみを付けたアセビも白い衣で覆われている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さなつぼみを付けたアセビも白い衣で覆われている。
1
アセビを覆う霧氷。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アセビを覆う霧氷。
3
青スズ台〜東猿山にかけてはアセビの森が卓越するが、ブナやヒメシャラも見られる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青スズ台〜東猿山にかけてはアセビの森が卓越するが、ブナやヒメシャラも見られる。
ここから地図に記されている「天城三筋山遊歩道」に合流。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから地図に記されている「天城三筋山遊歩道」に合流。
東猿山山頂。やはり人の気配はまったくナシ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東猿山山頂。やはり人の気配はまったくナシ。
東猿山南麓のヒメシャラの森。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東猿山南麓のヒメシャラの森。
東猿山南麓の天城三筋山遊歩道はこのような階段状の歩道が続く。見た目には良いが、実際にはとても歩きづらい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東猿山南麓の天城三筋山遊歩道はこのような階段状の歩道が続く。見た目には良いが、実際にはとても歩きづらい。
風車建設によって遊歩道はズタズタに分断されてしまったが、この休憩所は生き残った。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風車建設によって遊歩道はズタズタに分断されてしまったが、この休憩所は生き残った。
天城三筋山遊歩道とは三筋山の手前で別れ、稲取細野高原へ。
手前の枯れ野原が桃野湿原で、奥の山が細野高原628m峰。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天城三筋山遊歩道とは三筋山の手前で別れ、稲取細野高原へ。
手前の枯れ野原が桃野湿原で、奥の山が細野高原628m峰。
2
桃野湿原から見る三筋山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桃野湿原から見る三筋山。
1
霧氷に覆われた天城山の主峰・万三郎岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷に覆われた天城山の主峰・万三郎岳。
2
片瀬白田の集落から天城山を振り返り、今回の山歩きは終了。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
片瀬白田の集落から天城山を振り返り、今回の山歩きは終了。
1

感想/記録

温暖な伊豆もさすがに厳冬季だけあって標高1200m以上は木々も地面も凍り付いていた。 
河津七滝を訪れたのは久しぶりになるが、つり橋や階段などが新たに付けられていて、とても新鮮な印象を受けた。

訪問者数:247人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 コル 節理 高原 スギ ブナ アセビ 霧氷
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ