ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 807063 全員に公開 ハイキング東海

聖山→遠望峰山→桑谷山、勝善寺を訪ねて坂神峠(仮称)越え

日程 2016年02月05日(金) [日帰り]
メンバー subchas8, その他メンバー1人
アクセス
利用交通機関
車・バイク
 神ノ郷部落の上の方の地区(農業試験場へ行く辺り)が起点。ただ、この部落には駐車スペースがなく、一番安心して置くことのできる場所がここでしょう。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間14分
休憩
46分
合計
6時間0分
Sスタート地点08:3809:34聖山09:4010:19遠望峰山10:2911:44桑谷山12:0712:24桑谷展望園地(展望台)12:3114:38ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
 遠望峰山(トボネヤマ)へ、聖山(ヒジリヤマ)を経て麓から登りました(この道はおなじみ)。あと桑谷山(クワガイヤマ)へ山脈伝いに行き、そのあと坂本部落へ下山のコース。
 途中「左・竹千代の道」との標識がありましたが、利用せずに林道を歩き、勝善寺を訪ね、市の史跡たる急階段を下って坂本部落まで降りました。
 そのあと、坂本から神ノ郷へは峠越え。(この峠は坂神峠 = 仮称でスミマセン) 神ノ郷部落へ出る谷へバーッと直接降りて車が置いてある場所まで戻りました。
 結構面白いコースだよ。
 桑谷山から蒲郡へ抜けるのは、ちょっと道がややこしくて、何度も地図とガーミンをにらめっこ。一部迷って。三河湾スカイラインとつなぐ林道がグルグルクニャクニャ。そうしているうちに意外な場所に新しい立派な広大な駐車場が(どこへ来るための駐車場だろうか。仕事をサボっているらしき車が1台利用あり)。そうしているうち、蒲郡へ行く林道へ入ることができて、あとは目をつむっていても分かりました。
その他周辺情報 トイレは、意外な場所の駐車場に新しい立派なものがあります。使いたいのだが、残念ながら尿意全くなしでした。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

今回の駐車スペース。安心して置くことのできる場所だろう。この辺りは他には難しい。
2016年02月05日 08:41撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の駐車スペース。安心して置くことのできる場所だろう。この辺りは他には難しい。
道の角には「是より弘法大師道」の碑。弘法大師はどこに????
2016年02月05日 08:49撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道の角には「是より弘法大師道」の碑。弘法大師はどこに????
毘沙門堂。地図には出ていて、登り口の目印。
2016年02月05日 08:50撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毘沙門堂。地図には出ていて、登り口の目印。
毘沙門堂の右隣に、このように山道登り口があります。さあ行くぞ。
2016年02月05日 08:50撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毘沙門堂の右隣に、このように山道登り口があります。さあ行くぞ。
ミカン園の横を登り、竹林を抜けます。
2016年02月05日 08:57撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミカン園の横を登り、竹林を抜けます。
一旦林道と出合いますが、これはもうすぐ林道という場所。壊れかけた納屋があります。
2016年02月05日 09:04撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦林道と出合いますが、これはもうすぐ林道という場所。壊れかけた納屋があります。
林道と出合って、またすぐに山道に入ります。ここに車2〜3台を置くことができ、ここから登る人もいます。
2016年02月05日 09:05撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道と出合って、またすぐに山道に入ります。ここに車2〜3台を置くことができ、ここから登る人もいます。
聖山目指してエッチラオッチラ。
2016年02月05日 09:14撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖山目指してエッチラオッチラ。
聖山の頂上近くです。岩の神様が祀ってあります。南を向いています。いまだ蒲郡のどこかの人たちでしょう、しめ縄を変えたりして祭事が行なわれているようです。
2016年02月05日 09:39撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖山の頂上近くです。岩の神様が祀ってあります。南を向いています。いまだ蒲郡のどこかの人たちでしょう、しめ縄を変えたりして祭事が行なわれているようです。
聖山頂上。展望はありません。
2016年02月05日 09:42撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖山頂上。展望はありません。
聖山から遠望峰山へ。ここは、いいかなと思わせるようなヤセ尾根。崩さないで通って下さい。
2016年02月05日 09:53撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖山から遠望峰山へ。ここは、いいかなと思わせるようなヤセ尾根。崩さないで通って下さい。
もうすぐ三河湾スカイラインに達します。
2016年02月05日 10:06撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐ三河湾スカイラインに達します。
スカイラインへ出ました。正面に近道の登り口がありますが今日は行かず、スカイラインを左に伝わって、柏原⇔遠望峰ルートに合流します。
2016年02月05日 10:06撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スカイラインへ出ました。正面に近道の登り口がありますが今日は行かず、スカイラインを左に伝わって、柏原⇔遠望峰ルートに合流します。
歩道橋。この上を通ります。古くから、三河ハイツひいては天の丸へ車で走るときに、こんな所になんで歩道橋があるのかと思っていました。なぜかは分かりました。これからは、俺は通る橋だぞ、と言ってやれます。
2016年02月05日 10:12撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩道橋。この上を通ります。古くから、三河ハイツひいては天の丸へ車で走るときに、こんな所になんで歩道橋があるのかと思っていました。なぜかは分かりました。これからは、俺は通る橋だぞ、と言ってやれます。
遠望峰山頂上の少し下の急な坂。このルートで一番しんどい場所だと思います。皆さんハーハー。
2016年02月05日 10:15撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠望峰山頂上の少し下の急な坂。このルートで一番しんどい場所だと思います。皆さんハーハー。
遠望峰山の頂上へ来ました。登山者とたま〜に、行き逢います。ご夫婦がいてインターネットに載せるからどうぞ入って、と言ったら、やはり遠慮されました。結果、無人の頂上で写っています。
2016年02月05日 10:27撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠望峰山の頂上へ来ました。登山者とたま〜に、行き逢います。ご夫婦がいてインターネットに載せるからどうぞ入って、と言ったら、やはり遠慮されました。結果、無人の頂上で写っています。
廃展望台裏から岡崎方面。
2016年02月05日 10:33撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
廃展望台裏から岡崎方面。
三河湾展望の丘へ。広いプロムナードとなっています。
2016年02月05日 10:36撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三河湾展望の丘へ。広いプロムナードとなっています。
三河湾展望の丘。廃墟と形容する人もいるようですが、そこまで言ってはかわいそう。ベンチがあるし、草も刈ってあります。天の丸の看板も見受けるので、そこがある程度整備しているのかな?
2016年02月05日 10:38撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三河湾展望の丘。廃墟と形容する人もいるようですが、そこまで言ってはかわいそう。ベンチがあるし、草も刈ってあります。天の丸の看板も見受けるので、そこがある程度整備しているのかな?
展望の丘から北へ歩くと、廃駐車場。まあ、廃墟ではあります。昔は一時マラソン大会もここ周辺で開かれ、賑わっていた時が懐かしいです。
2016年02月05日 10:41撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望の丘から北へ歩くと、廃駐車場。まあ、廃墟ではあります。昔は一時マラソン大会もここ周辺で開かれ、賑わっていた時が懐かしいです。
駐車場出入り口からスカイラインへ、近道を取りました。
2016年02月05日 10:46撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場出入り口からスカイラインへ、近道を取りました。
三河湾スカイラインの天の丸分岐点から少し北の地点。幸田方面が見渡せます。本日はカスミに満ちて少し残念。
2016年02月05日 10:53撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三河湾スカイラインの天の丸分岐点から少し北の地点。幸田方面が見渡せます。本日はカスミに満ちて少し残念。
この場所で、スカイラインから左側の尾根伝いの踏み跡へ上がりました。
2016年02月05日 10:57撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この場所で、スカイラインから左側の尾根伝いの踏み跡へ上がりました。
尾根伝いの踏み跡。
2016年02月05日 11:18撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根伝いの踏み跡。
尾根伝いの道は終わり、スカイラインを歩いて少し来ると再び左側が高くなっていて、そこに同じように尾根伝いの踏み跡があります。
2016年02月05日 11:24撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根伝いの道は終わり、スカイラインを歩いて少し来ると再び左側が高くなっていて、そこに同じように尾根伝いの踏み跡があります。
ここは左へ。うっかり右へ行ってしまって戻りました。後進の方ご注意を。迷った部分は軌跡チャートは削除してあります。
2016年02月05日 11:28撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは左へ。うっかり右へ行ってしまって戻りました。後進の方ご注意を。迷った部分は軌跡チャートは削除してあります。
鉄塔でもない、展望台でもない得体の知れない施設。そのフェンスの左を道が行っています。
2016年02月05日 11:47撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔でもない、展望台でもない得体の知れない施設。そのフェンスの左を道が行っています。
あ、ここが桑谷山の頂上だったのか。三角点があります。小じんまりして、「頂上だよ」の標識が倒木に斜めにからげてあります。何気ない。何気ない。いろいろなのがあって面白いネ。
2016年02月05日 11:48撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あ、ここが桑谷山の頂上だったのか。三角点があります。小じんまりして、「頂上だよ」の標識が倒木に斜めにからげてあります。何気ない。何気ない。いろいろなのがあって面白いネ。
先の写真の裏へ回って撮影するとこれ。なんじゃこれは。南が見えない。陽が差さない。取っ払ってしまえ。ご近所最悪の頂上だと言われそう、不幸な山頂。
2016年02月05日 11:49撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先の写真の裏へ回って撮影するとこれ。なんじゃこれは。南が見えない。陽が差さない。取っ払ってしまえ。ご近所最悪の頂上だと言われそう、不幸な山頂。
山頂よりさらに東へ歩くと、立派な展望台に出くわしました。
2016年02月05日 12:36撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂よりさらに東へ歩くと、立派な展望台に出くわしました。
展望台からは三河湾が展望できます。やはりカスミちゃん、もう少し薄着でお願い。
2016年02月05日 12:30撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台からは三河湾が展望できます。やはりカスミちゃん、もう少し薄着でお願い。
さらに行くと、新しい立派な広い駐車場が。どこへ来るための駐車場??? これは、そこにある新しい立派なトイレ。残念ながらこのいざというときに尿意なし。 
2016年02月05日 12:43撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに行くと、新しい立派な広い駐車場が。どこへ来るための駐車場??? これは、そこにある新しい立派なトイレ。残念ながらこのいざというときに尿意なし。 
林道とスカイラインがクルクル道。方向を失って地図とガーミンをにらめっこ。一部迷って、ようやくこの蒲郡へ降りる林道へ入ることができました。
2016年02月05日 12:59撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道とスカイラインがクルクル道。方向を失って地図とガーミンをにらめっこ。一部迷って、ようやくこの蒲郡へ降りる林道へ入ることができました。
下って間もなく「竹千代の道」(標識によると)への分かれ道がありました。何の由緒でいきなりここに竹千代の君が。私も、パートナーも、薄学で分からず。お寺へ行くので竹千代へは入らずに行きました。
2016年02月05日 13:02撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下って間もなく「竹千代の道」(標識によると)への分かれ道がありました。何の由緒でいきなりここに竹千代の君が。私も、パートナーも、薄学で分からず。お寺へ行くので竹千代へは入らずに行きました。
途中ここに大きな碑が。碑文には戒名が書いてあります。「お墓に違いない」「お墓は自分の地所でも勝手に作ってはいけないと聞いているが...」「じゃあ...」 同行者とお墓の議論となり、さらに葬式の論議と発展してお寺まで続きました。
2016年02月05日 13:05撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中ここに大きな碑が。碑文には戒名が書いてあります。「お墓に違いない」「お墓は自分の地所でも勝手に作ってはいけないと聞いているが...」「じゃあ...」 同行者とお墓の議論となり、さらに葬式の論議と発展してお寺まで続きました。
勝善寺に到着。これが本堂。
2016年02月05日 13:27撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
勝善寺に到着。これが本堂。
勝善寺の本堂には千手観音立像があり、市の文化財とのこと。本堂は閉まっていて見ることはできません。
2016年02月05日 13:31撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
勝善寺の本堂には千手観音立像があり、市の文化財とのこと。本堂は閉まっていて見ることはできません。
勝善寺の左脇にある鐘楼。
2016年02月05日 13:30撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
勝善寺の左脇にある鐘楼。
その梵鐘は国の重要文化財とのことです。由緒が書いてありますので読んで下さい。
2016年02月05日 13:30撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その梵鐘は国の重要文化財とのことです。由緒が書いてありますので読んで下さい。
勝善寺から長い石段を下ります。市の指定史跡ということであり、説明書きがあります。
2016年02月05日 13:26撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
勝善寺から長い石段を下ります。市の指定史跡ということであり、説明書きがあります。
長い急な階段です。石が浮いていて蹴り落としそうで、転んだらかなり下まで落ちそうで、危険。この部分だけは登山でいえば上級コース。でも、面白い。
2016年02月05日 13:34撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い急な階段です。石が浮いていて蹴り落としそうで、転んだらかなり下まで落ちそうで、危険。この部分だけは登山でいえば上級コース。でも、面白い。
もうじき下の林道まで下がり付きます。我々が通って久しぶりに人の利用があったかも。参るために通る人はきょうひ誰もいないと思われるし、登山コースではないし。
2016年02月05日 13:37撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうじき下の林道まで下がり付きます。我々が通って久しぶりに人の利用があったかも。参るために通る人はきょうひ誰もいないと思われるし、登山コースではないし。
下がり付いて下から急階段を仰ぐとこうです。昔はもっと下から階段が続いていたとのことですが、砂防ダムができて、それを巻く林道ができて、なくなってしまったそうです。その林道もここからしばらく逆の登り坂で、はあ〜、歩く人は〜。
2016年02月05日 13:39撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下がり付いて下から急階段を仰ぐとこうです。昔はもっと下から階段が続いていたとのことですが、砂防ダムができて、それを巻く林道ができて、なくなってしまったそうです。その林道もここからしばらく逆の登り坂で、はあ〜、歩く人は〜。
坂本部落に降りて行きます。
2016年02月05日 13:44撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坂本部落に降りて行きます。
坂本部落に降りました。
2016年02月05日 13:51撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坂本部落に降りました。
ここは右に行きます。
2016年02月05日 14:00撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは右に行きます。
ここも右に行きます。これからは再びの登り坂。坂神峠(仮称、スミマセン)へ向かいます。
2016年02月05日 14:02撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも右に行きます。これからは再びの登り坂。坂神峠(仮称、スミマセン)へ向かいます。
登り坂をかなり上がって、坂本部落を一望。
2016年02月05日 14:12撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り坂をかなり上がって、坂本部落を一望。
坂神峠(仮称、スミマセン)への、林道から山道への取り付き点。
2016年02月05日 14:13撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坂神峠(仮称、スミマセン)への、林道から山道への取り付き点。
道なき踏み跡を行く(1)
2016年02月05日 14:16撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道なき踏み跡を行く(1)
道なき踏み跡を行く(2)
2016年02月05日 14:17撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道なき踏み跡を行く(2)
坂神峠(仮称、スミマセン)へ着きました。尾根です。ここから左へ曲がって少しまた登り、テープ場所から右へ入って一直線の下り道に入ります。
2016年02月05日 14:20撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坂神峠(仮称、スミマセン)へ着きました。尾根です。ここから左へ曲がって少しまた登り、テープ場所から右へ入って一直線の下り道に入ります。
廃園の間の一直線の下り道。
2016年02月05日 14:24撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
廃園の間の一直線の下り道。
下るとミカン園に入ります。その前に防獣柵が。紐をほどいて扉を開け、また閉じておきます。
2016年02月05日 14:27撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下るとミカン園に入ります。その前に防獣柵が。紐をほどいて扉を開け、また閉じておきます。
ミカン園の間の下り坂。
2016年02月05日 14:29撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミカン園の間の下り坂。
入口にも防獣柵。イノシシが煩わしいですね、お互いに。ここも紐をほどいて扉を開け、また閉じて元通りにしておきます。神ノ郷部落へ通じる道へ降りました。
2016年02月05日 14:31撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入口にも防獣柵。イノシシが煩わしいですね、お互いに。ここも紐をほどいて扉を開け、また閉じて元通りにしておきます。神ノ郷部落へ通じる道へ降りました。
もうじきに出発点に戻ります。右に、いつもは水を満々とためている池ですが、今は浚渫工事中。
2016年02月05日 14:33撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうじきに出発点に戻ります。右に、いつもは水を満々とためている池ですが、今は浚渫工事中。
ゴールする直前、左側に安加比古焼きの窯場があります。名も知れていて、焼き物を買いに訪れる人がちらほらあるようです。
2016年02月05日 14:42撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴールする直前、左側に安加比古焼きの窯場があります。名も知れていて、焼き物を買いに訪れる人がちらほらあるようです。
撮影機材:

感想/記録

 昨年11月以来久しぶりの山行記録のアップとなります。
 山へ行っていなかったわけではありません。12月に豊川の観音山へ登りました。頂上から下山を始めて少し来た所で、岩に両足つまずいて下り斜面をもんどり打って転倒。頭を岩に打ち付けてメガネのガラスが割れ、右眉の上を切って出血がしばらく止まりませんでした。他にも各所打ちましたが幸い骨折はなし。左指は突き指でいまだ痛みがある状態です。
 医者に行ったら手遅れであの世行きだと言われました(冗談)。弱ったな、まだあの世へは行きたくないのにと言いました(本音)
 転倒して出血したとき、ちょうど下からご夫婦が登ってこられました。(その日は他に誰とも行き会いませんでしたが) 私の顔を見て奥さんが救急セットから消毒剤を出して塗ってくれ、ガーゼと絆創膏で患部を押さえて応急手当をしていただきました。
 どこの誰かはお聞きしませんでしたが、たいへんありがとうございました。
 私もパートナーも救急セットを持っていませんでした。どこへ登山するにも、リュックの中に入れておきたいですね。

 意外な場所の立派な広大な駐車場。どこへ来るためなのかの駐車場。そういえば、昔桑谷山荘が???
訪問者数:445人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ