ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 807387 全員に公開 ハイキング中国

第42回50キロ夜間歩行ふくやま

日程 2016年01月31日(日) [日帰り]
メンバー kuwasan983
天候晴れ
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間3分
休憩
0分
合計
4時間3分
Sスタート地点19:5423:57宿泊地G
日帰り
山行
6時間15分
休憩
0分
合計
6時間15分
宿泊地00:0406:19ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
アスファルトの歩道(一部歩道が無く路側帯が狭い区間有)
※地図のログは夜間歩行のみ
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 ヘッドランプ 予備電池 ガイド地図(ブック) 保険証 携帯 時計
備考 アプローチのランニング、帰宅ラン時基本装備:
ウールランニングソックス、アクティブスキントランクス、前面防風ランニングタイツ、キャプリーン4、ゴアウインドストッパージャケット、ウインドシェルグローブ、薄手ビーニー

夜間歩行時基本装備:
ウールハイキングソックス、アクティブスキントランクス、前面防風ランニングタイツ、OMMカムレイカパンツ、キャプリーン4、ゴアウインドストッパージャケット、ナノパフプルオーバー、FTエバーブレスフォトンジャケット、モンベルウールグローブ、モンベルoutdryアウターグローブ、厚手ビーニー、ウールネックゲイター

靴はノースフェイスHAYASA2、ザックはグレゴリーワサッチ12

写真

開会式
実行委員長の南さん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開会式
実行委員長の南さん
MCと手話の人と応援に駆け付けた福山と府中のゆるキャラ(名前忘れた)

お前ら歩かねぇの?と参加者の全員が思ったはず
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
MCと手話の人と応援に駆け付けた福山と府中のゆるキャラ(名前忘れた)

お前ら歩かねぇの?と参加者の全員が思ったはず
このイベントにもキャラクターがいるらしい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このイベントにもキャラクターがいるらしい
ほどなくスタート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほどなくスタート
夜8時スタートなのでヘッドライトの明かりを頼りに延々と歩きました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜8時スタートなのでヘッドライトの明かりを頼りに延々と歩きました
芦田湖オートキャンプ場の豚汁サービス(と持ってきたお握り
午前3時。標高も高いはずなのにあんまり冷えてない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芦田湖オートキャンプ場の豚汁サービス(と持ってきたお握り
午前3時。標高も高いはずなのにあんまり冷えてない
ゴールしました。時刻は6時20分。
ゴール予想時刻は6時10分だったので、ちょいと予定より遅れ。ちなみに上下駅始発は6時33分
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴールしました。時刻は6時20分。
ゴール予想時刻は6時10分だったので、ちょいと予定より遅れ。ちなみに上下駅始発は6時33分
実行委員長の南さんの熱い表彰状の読み上げ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
実行委員長の南さんの熱い表彰状の読み上げ
帰宅ラン中
朝日が出てくると元気も出てきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰宅ラン中
朝日が出てくると元気も出てきます。
1
のんびり写真でも撮りながら帰宅ラン
この辺りはまだまだ沢山の夜間歩行参加者が歩いてました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
のんびり写真でも撮りながら帰宅ラン
この辺りはまだまだ沢山の夜間歩行参加者が歩いてました。
神社を見るとついつい気になって寄り道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社を見るとついつい気になって寄り道
備後三川駅
ここから少し進むと最終ウォーカーさんとスイーパーさんと出会いました。

ちなみに福塩線は1時間に一本どころか、次の電車まで3時間半とかになります。そんな便数です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
備後三川駅
ここから少し進むと最終ウォーカーさんとスイーパーさんと出会いました。

ちなみに福塩線は1時間に一本どころか、次の電車まで3時間半とかになります。そんな便数です。
八田原ダムのカーブミラー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八田原ダムのカーブミラー
無事の帰宅を願って帰りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事の帰宅を願って帰りました。

感想/記録

福山市から上下町(約53.5km)まで歩くイベントに参加してきました。
広島県民文化センターふくやまを夜8時にスタートして、府中市上下町民会館まで歩くというイベント。今年は740人参加だそうです。
このイベントのエントリーはインターネットも無ければ郵便振替すらない、イベント一月ほど前に二日間開催される受付会場に直接足を運ぶというもの・・・今時凄いシステムです。

今年で参加は四回目。去年は仕事の都合でエントリーはしたけど歩けなかったので今年は少し気合が入ってました。
以下順を追って感想。というか備忘録

当日は夜勤明け。時間ぎりぎりまで睡眠を取りましたが結局3時間ほどしか眠れず、睡眠不足に不安を感じて自宅をスタート。
自宅から会場まで約10辧4世鬚かないようにゆっくりスピードのジョグで会場入り。夜間歩行に備えた防寒具でザックが重いです。
予定通り開場の30分前の18時に到着したので吉野家で補給後会場入りしました。
開場の18時半には入場したのですが200番目ほど・・・
(このイベントのスタートは早く会場入りした人から順番に歩き始める実質ウェーブスタート。会場入りが遅いと列が延びて人がまばらになるまで混雑して大変です。)

20時。夜間歩行スタート。号令も何もなくゆっくりスタートです。人が多いので人のザック等装備チェックしながら市内を抜けます(道具好きーなんで癖なんです)。装備が登山メーカーの人やスポーツメーカーの人、はたまた完全に普段着の人。トレランザックの人、40lほどの大きなザックの人もいればメッセンジャーバッグの人など色々な人がいます。

スタートから7.2km幸千中学校でトイレ休憩。個人的な遊びならともかくイベント参加者としてそこらで立っしょんというわけにはいかないので、こまめにトイレに寄ってキジ撃ちいきます。(このイベントはコース上にある学校や駅にトイレを利用できるようにしてくれています。)
今年は比較的前方スタートでしたので、芦田川河川敷(約10卉賄澄砲鯣瓦韻襪海蹐砲録佑まばらになって歩きやすかったです。

23時50分。スタートして3時間50分。約23卉賄世良榁羯圓砲△襯魁璽江綺能コンビニ到着。トイレを済ませ、夜間の眠気に備えてモンスターエナジー購入。
ここで持ってきたお握り一つ食べてテルモスに入れた熱い土佐の生姜紅茶を飲む。やはり耐久系イベントにはお握りが最強です。そして寒い日の外遊びには蜂蜜をたっぷり溶かした土佐の生姜紅茶が最高。雪山に持って行くととても好評です。
ここから夜間の冷え込み、また寒風吹き荒れる川沿いコース。標高も徐々に増していくので、防風対策にレインジャケットを着こみ、ネックゲイターを装着。帽子と手袋も厚手に交換しました。約10分ほど滞在

ここからが本当の夜間歩行だ。

2時。スタートして6時間。河佐駅到着。33.3km地点。(以前はここで豚汁サービスでしたが今年は次の芦田湖キャンプ場に移動)トイレ休憩。
豚汁までもうすぐでしたが、他の方がお弁当を食べ始めたのを見てつられて軽く補給(ドライフルーツたっぷりのパン一欠けと生姜紅茶)
本来この辺にくるとかなり冷え込んでるのですが、今年はあまり寒くなく拍子抜け。ここから一気に高度を上げるので(寒さに)期待を込めてスタート。豚汁まであと4辧
ですが、ほどなく猛烈な眠気に襲われます。本来眠くなるのは4時5時台なのですが睡眠不足からか歩きながら寝てしまい右へ左へフラフラ。トンネルの壁に激突したりと・・・二度目の眠さの波が着た時に限界を感じてコンビニで調達したモンエナ注入。
するとどうでしょう、飲み終えた缶をザックにしまい込んだ時には眠気が吹き飛び完全に覚醒してしまいました。以降一度も眠さを感じず。モンエナには何かヤバい成分でも入っているのでしょうか?緑茶もコーヒーも毎日飲んでてカフェイン断ちしてないのにこの効き目。モンエナ飲んで強制的に動くのは本当に身体に悪いでしょうね・・・

2時50分。スタートして6時間50分。37km地点。芦田湖オートキャンプ場到着。
他の参加者と今年はあまり寒くないですね。とか先週の気候(記録的大寒波でした)だと最高でしたね。とか言いながら豚汁到着。
(実際夜間歩行にしては寒くない・・・まぁ先週の気候だと歩行者はともかくスタッフの方々が大変すぎるのでこれでも良いのかも)
口の中がまだモンエナでしたが、豚汁と持ってきたお握りを一つ食べる。
約15分ほど滞在

八田原ダム周辺道路。この辺は以前出た時は路面凍結してたり寒風吹き荒れてたりしたのですが風が無く路面凍結もなくあっさり通過。少し霧が出ていた程度で何もなく拍子抜け。道路標識では−1度でした。
僕はここらで便意に襲われピンチ。先を急ぎました。(夜勤明けというのはどうしてもこの辺りのリズムが狂ってしまします)

4時10分。スタートして8時間10分。43km地点。備後三川駅到着。
トイレに駆け込んで大キジ。思わぬタイムロスです。
生姜紅茶を飲み干しスタート。約10分滞在

備後三川駅を過ぎると帰宅ラン中の人とすれ違いました。この時間にここですれ違うのは夜間”歩行”では無く夜間”走行”の人でしょう。


5時25分。スタートして9時間25分。48.3km地点。上下南小学校到着。ゴールまで5.1km。
トイレ休憩。
他の参加者と、始発どうでしょうか?ギリギリかちょっと間に合わないか・・・微妙なところですね。なんて会話しながら。

そして矢野温泉通過。約51卉賄澄ここからアップダウンの続く山越えルート。ここまで来ると脚もクタクタでかなり疲労している参加者が多いです。あと3劼曚匹妊粥璽襪任△箸舛腓辰箸覆鵑任垢、最後にこれを持ってくるあたりに運営の悪意もとい愛を感じます。トレイルランニングの大会でいうと鏑木式というべきか・・・

この山越えルートは道路上に雪が積もってたり凍結してたりするで、ここまでぬるめの夜間歩行だったので少し期待して入ってのですが、何もなくあっさり通過。
(´・ω・`)アレ?終了?顔になりました。
この山越えルートで帰宅ランナー一人と帰宅ウォーカー一人とすれ違いました。果たしてどこまで自分の脚で帰るのでしょうか?

しかし、今年は気候的にぬるくて皆拍子抜けだったのでは・・・来年は吹雪の夜間歩行を期待します。

6時20分。スタートから10時間20分。約53劼諒〇海ら上下への夜間歩行終了しました。
始発にはなんとか間に合いました。

で、ここからが個人的本番。帰宅ランです。door to door
ゴール後、持ってきた最後のお握りを食べ、ボトルに水を補給。ウェアをウォーキング用からランニング用に防寒具を脱ぎ、靴下は交換。
足が蒸れて擦れたので違和感が出てましたので、よく見ると肉刺が出来てました(踵の側面という変な位置に。ここに出来るのは初体験)。原因は普段運動では履いたことの無いウールソックス。履き心地の良さと保温性で選んだのですが、慣れない道具は失敗の元ですね。歩行走行には支障のない位置だったのが幸いです。

7時帰宅ランスタート。人待ちをしていたのでスタートが遅くなりました。
歩行時に着ていた防寒具を詰めたザックが重い・・・
続々歩いてくる夜間歩行者に声をかけたり朝日の写真撮りながら走ります。
備後三川駅手前で帰宅ウォーカーの女性に追いつきました。聞けば12時までは歩くそうです。年配の方でしたが元気です。僕も歳とってもあんな風に元気に歩いていたいものです。
ほどなく最終歩行者とスイーパーの方とすれ違い、そこからは一人旅。適度に歩きや休憩を入れて走りました。
河佐駅で大休憩。時刻表を確認すると次の電車は3時間半後・・・脚の疲労度を見て途中から電車でもいいかなと逃げを作ってましたが、福塩線の便数を舐めてました。先を急ぎます。(かなり疲労しててスローペースですが)

府中市内まで帰ってきて平地になりました。ここで家から約100辧ここからは僕にとって未知の距離です。
家から110卉賄澄コンビニでお握り二個補給して、念のためモンエナ注入。かなりきつくなって歩きが増えてきました。100勹曚┐離Ε襯肇蕁頁覬還や土佐横断などに出る人はホントに凄いです)
116卉賄澄15時。雲がでて気温が下がり体温下がってきたのでコンビニでカップみそ汁を購入。
(帰宅ラン中は携行したジェル3つスポーツ羊羹2つドライフルーツ入りパン二欠けに上記のコンビニ補給でした)
後少しで帰宅・・・もうひと踏ん張りだ。と思い、休憩をとりましたがあまり復活せずジョグ→スロージョグ→歩きとなり最後の3劼魯肇椒肇槓發で帰宅。

約125劼22時間ほどかけて夜間歩行door to door完了。
10卅り、54卻發、59卅り(歩き)ました。

100勹曚┐琉榮阿禄蕕任靴燭、帰宅後の身体は右足首の違和感と脚の疲労程度、一番堪えたのは睡眠不足だったように思えます。(3時間睡眠で24時間行動。モンエナで強制的に動かしてた・・・)
次の日は足の疲労より長時間ザックを背負ったことによる腰の張りと肩の凝りが酷かった。

来年はどうするか・・・









訪問者数:210人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ