ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 807672 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

雲取山(留浦から往復)

日程 2016年02月03日(水) [日帰り]
メンバー hina1048
天候曇時々晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・日の出ICから1時間で留浦の駐車場に着きました。
・早朝なので道路は比較的空いていましたが、大型ダンプが進行方向にいたので、途中で青梅線側の道路に移動しました。
・帰りはカーナビ任せで奥多摩温泉・もえぎの湯から八王子ICまで下道を行きました。夕方でしたが、1時間5分しかかかりませんでした。
・奥多摩湖岸沿いの道になって道端に残雪が見られるようになりましたが、走行面は雪はなし。スタッドレスなので問題ありませんが、ノーマルだったらちょっと不安だと思います。
・鴨沢の手前から小袖乗越まで車道があり、写真にもあるように朝は7台の車が駐車していました。登山道入口に駐車して往復した人が下山時にちょうど車で帰り仕度をしていたので車道の様子を聞いたら、路面の凍結とかなく普通に上がって来られたとのことでした。スタッドレス履いていて、車高もある車なら余程のことが無い限り、小袖乗越まで上がって来れるようです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち52%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間4分
休憩
50分
合計
8時間54分
Sスタート地点06:5206:56鴨沢バス停07:0307:32丹波山村村営駐車場07:36小袖緑道あがり07:3708:49堂所08:5310:15ブナ坂10:2510:55奥多摩小屋10:5611:45雲取山避難小屋11:50雲取山12:0012:06雲取山避難小屋12:1212:42奥多摩小屋13:17ブナ坂13:34七ツ石山13:3913:54七ツ石小屋14:21堂所14:2415:13小袖緑道あがり15:1615:21丹波山村村営駐車場15:35鴨沢バス停15:46ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・鴨沢〜小袖乗越の間は日陰に凍結した残雪があり、下山時は気を使いました。
・登山道入口から上部はほとんど残雪がありましたが、気温が常時氷点下なので凍結とかはありませんでした。滑って歩きにくいので軽アイゼンとか履いた方が歩きやすいです。
・頂上までしっかりしたトレースがあり、潜ることはありませんでした。
・登山道脇も雪が固く締まっていましたが、トレースない登山道を歩くのはかなり消耗する感じです。
・危険な所はなく、軽アイゼンとストック(ポール)だけで十分でした。
・積雪量の多い新雪の後はワカンとかが必要と思われます。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー バラクラバ 毛帽子 着替え サブザック アイゼン ピッケル 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ナイフ カメラ ポール

写真

撮影機材:

感想/記録

・周辺(特に富士山麓)も含めて天気予報を見て、絶対に富士山の展望があると信じて出かけたのに、山に入ると始めのうちは青空も広がり、太陽も燦々と照っていたのに、ブナ坂を過ぎて遠くの山が見える場所になると、どんよりと黒っぽい雲が遠くの山並の上空に棚引いており、その日はその雲がとれることはありませんでした。
・過去、何度か雲取山に登っていますが、富士山が見えずに終わったのは初めてではないでしょうか。がっかりでした。
・しかし、ちょくちょく小雪が降ったようで、真っ白い登山道が清々しいかったです。また、気温が低いため、樹木に霧氷がついていたり、融けた水滴が凍って氷は貼り付いた木の枝が太陽光に輝いてきれいでした。
訪問者数:208人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ