ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 807754 全員に公開 雪山ハイキング札幌近郊

ミッドナイトハイク「砥石山」

日程 2016年02月06日(土) 〜 2016年02月07日(日)
メンバー Ei-taro
天候快晴、オリオン座もくっきり!
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間22分
休憩
3分
合計
3時間25分
Sスタート地点22:4923:51T4分岐点00:37三角山00:3801:15砥石山01:1701:41三角山02:05T4分岐点02:59小林峠登山口03:00ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
《勤務の間隙に少し運動を》
土曜の夜10時、日曜の勤務について電話があり・・・

今日の日中は所要などであちこちへ。
一方、体調を整えるため、週に一度は身体を動かしておきたい。
しかしながら、もう時間が時間だけに・・・
でも、さくっと歩けるルートを決めて、さくっと歩きましょう!
そう云った訳で歩いてきました、ナイトハイク!
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

小林峠からスノーシューにてスタート。この時間から登るのは始めての様な気がします。
2016年02月06日 22:40撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小林峠からスノーシューにてスタート。この時間から登るのは始めての様な気がします。
5
快晴です。風も穏やか(^^)
2016年02月06日 22:41撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快晴です。風も穏やか(^^)
4
予期した通り、当初トレースあり。が、しかし・・・途中で消失、そしてまた現れたりしました。
2016年02月06日 22:48撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予期した通り、当初トレースあり。が、しかし・・・途中で消失、そしてまた現れたりしました。
6
尾根に登ると視界が良くなり、藻岩山が街灯りに浮かび上がります。
2016年02月06日 22:54撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に登ると視界が良くなり、藻岩山が街灯りに浮かび上がります。
5
どんどん進みます。
2016年02月06日 22:54撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん進みます。
3
上に上がって行くと、更に光量がアップ!
2016年02月06日 22:59撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上に上がって行くと、更に光量がアップ!
10
途中、トレースが消え、変わりにウサギのアニマルトラッキングが。
2016年02月06日 23:06撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、トレースが消え、変わりにウサギのアニマルトラッキングが。
4
その後、消えたトレース跡が現れたり。降雪や風の影響ですね。
2016年02月06日 23:09撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後、消えたトレース跡が現れたり。降雪や風の影響ですね。
2
街灯りを感じつつ進みます。ナイトハイクの醍醐味。
2016年02月06日 23:21撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
街灯りを感じつつ進みます。ナイトハイクの醍醐味。
2
三角山の標識を通過し・・・
2016年02月07日 00:29撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角山の標識を通過し・・・
4
【三角山の山頂より】良い景色(^^)v
2016年02月07日 00:34撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【三角山の山頂より】良い景色(^^)v
10
登りも後半、もうすぐ砥石山
2016年02月07日 01:02撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りも後半、もうすぐ砥石山
3
山頂手前です。夜景、良い感じです!
2016年02月07日 01:06撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂手前です。夜景、良い感じです!
12
そして山頂!
2016年02月07日 01:12撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして山頂!
19
滞在1分!ではっ!
2016年02月07日 01:13撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滞在1分!ではっ!
6
帰りは夜景に向かって進む形になります(^^)v
2016年02月07日 01:13撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは夜景に向かって進む形になります(^^)v
10
ミッドナイトハイク(^^)v
2016年02月07日 01:15撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミッドナイトハイク(^^)v
12
忘れられない山行になりそうです(^^)ゞ
2016年02月07日 01:17撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
忘れられない山行になりそうです(^^)ゞ
8
小林峠手前まで戻り、間もなく終了
2016年02月07日 02:55撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小林峠手前まで戻り、間もなく終了
6
小林峠に到着!無事に終了です。それではまた!
2016年02月07日 02:55撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小林峠に到着!無事に終了です。それではまた!
11

感想/記録

《今週はどこを歩こうかと・・・》
などと考えたりする中、狭薄山・大二股山のダブルも良さそうと考えたり。
でも今週末は自分の時間の確保がやや困難な様相

勤務が入り、今週の山は諦めようか・・・
いや、今なら行ける!・・・それしかない!
藻岩山・・・それとも砥石山にしよう!
未明には下山完了予定!

と、言うわけで「夜のハイク」と相成りました!


《小林峠から砥石山往復》
快晴!オリオン座がくっきり見えます。
赤いベテルギュウスに青いリゲル。そして三つ星
の他にやたら明るい星。恒星ではなさそうです。細部不明(^^;)
とにかく快晴です。風も穏やか。

スノーシューにて小林峠をスタート、当初はトレースがありラッセル無用です。
尾根に登ると札幌の街灯りがパノラマ!良い感じです。

そしてトレースは、長いスパン毎で消えていたりします。
降雪と風があった様です。

GPSで位置を確認しつつ、尾根を辿って行くと、またトレース跡と出合ったり。
それを何度か繰り返します。

そういった状況で緩いアップダウンを何度か繰り返し、三角山への登りでは斜度がそれなりに。
幾度かズルズルと滑りおろされる場面もありつつ、順調に三角山山頂へ。

振り返るといつでも燃える様な夜景が見える。そんな尾根です。

三角山から一旦下り、砥石山へ。
雪庇が少し出来ています。それなりに注意しつつ、歩きやすいところを選びつつ前進

そして2度目の山頂は、真夜中に到着!
砥石山まで来ると、今まで見えなかった藤野や簾舞の街灯り(街灯)も見え、輝くパノラマ夜景の景色!

長居無用でUターン、来た道のトレースをほぼ忠実にたどり、小林峠に復帰しました。

ジオラインのバラクラバを仕様し、ライトはPIXA3を活用。
無事に終了です。

最近は少し忙しいものの、充実感もあり。
それではまた!
訪問者数:357人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ