ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 807760 全員に公開 雪山ハイキング奥多摩・高尾

三ツ森北峰 - 大寺山、西原峠の周回。トレース(壺だけど)付けたから、みんな歩こうよ。

日程 2016年02月06日(土) [日帰り]
メンバー kinoe
天候だいたい晴れ。
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車
松姫旅館の駐車場をお借りしました。
(留守だったため、電話番号を書いた紙を車内に置きました。)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間49分
休憩
1時間39分
合計
8時間28分
Sスタート地点08:0008:03佐野峠入口08:13自転車デポ08:1510:38カワツバタ窪ノ頭10:3911:41三ツ森北峰(ランチ)13:1013:33大ダルミ13:3514:03大寺山14:30小寺山15:06西原峠15:0716:20佐野峠入口16:2416:28ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
西原峠までは、人間の足跡はありませんでした。
西原峠からの下山路には足跡があり、佐野峠方面に続いていました。
雪質は、高度と斜面の向きによってコロコロ変わりましたが、最も多いのは表面が固くその下がザラメ状のタイプで、登りはもちろん下りでも体力を消耗します。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

勝手ながら、旅館駐車場の端をお借りしました。
お会いできませんでしたが「ありがとうございました。」
2016年02月06日 08:02撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
勝手ながら、旅館駐車場の端をお借りしました。
お会いできませんでしたが「ありがとうございました。」
4
写真の方向から自転車で来た。
正面のカーブまで少し戻って橋を渡る。
2016年02月06日 08:14撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真の方向から自転車で来た。
正面のカーブまで少し戻って橋を渡る。
2
六ツ原橋。
渡ったらすぐ右の「え?ココ?」という感じの筋を川沿いに進む。
2016年02月06日 08:16撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六ツ原橋。
渡ったらすぐ右の「え?ココ?」という感じの筋を川沿いに進む。
2
不安を抱えたまま進んで行くと、いつの間にか道になっていた。
2016年02月06日 08:28撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不安を抱えたまま進んで行くと、いつの間にか道になっていた。
2
車道に出る。左へ。
2016年02月06日 08:32撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道に出る。左へ。
1
ここから登山道のようだ。
2016年02月06日 08:38撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから登山道のようだ。
2
植林帯じゃない上、南向きなので、しばらく雪は無い。
2016年02月06日 08:52撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植林帯じゃない上、南向きなので、しばらく雪は無い。
斜面の向きで、雪の融け具合が全然違う。
2016年02月06日 09:12撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜面の向きで、雪の融け具合が全然違う。
2
1000m手前から雪が出てきた。
この辺で、スパッツとチェーンスパイクを装着する。
2016年02月06日 09:57撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1000m手前から雪が出てきた。
この辺で、スパッツとチェーンスパイクを装着する。
1
きれいだなぁ。
でも、心配した通り踏み跡なし。
2016年02月06日 10:39撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きれいだなぁ。
でも、心配した通り踏み跡なし。
5
この辺は表面までザラメ状だったので、まだ歩きやすい。
2016年02月06日 10:39撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺は表面までザラメ状だったので、まだ歩きやすい。
5
後で知ったが、この辺が「カワツバタ窪ノ頭」という場所らしい。
2016年02月06日 10:40撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後で知ったが、この辺が「カワツバタ窪ノ頭」という場所らしい。
2
P1129。ルートは巻くようだが登ってしまった。
向こうに見える右のピークが三ツ森北峰。
2016年02月06日 10:53撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P1129。ルートは巻くようだが登ってしまった。
向こうに見える右のピークが三ツ森北峰。
1
手前(左)のピーク(標高約1155m)も存在感あるね。
2016年02月06日 11:09撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前(左)のピーク(標高約1155m)も存在感あるね。
4
え?このピーク登るの?
2016年02月06日 11:10撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
え?このピーク登るの?
3
途中から巻くようです。
2016年02月06日 11:15撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中から巻くようです。
1
巻き終えて、小ピークを振り返る。
らしくないけど、今日はパス。(無念!)
2016年02月06日 11:17撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻き終えて、小ピークを振り返る。
らしくないけど、今日はパス。(無念!)
3
壺。私のではありません。
2016年02月06日 11:30撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
壺。私のではありません。
3
尾根筋に続いている。
2016年02月06日 11:32撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根筋に続いている。
あと数十mなんだけど、ここがチョット大変だった。
2016年02月06日 11:36撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと数十mなんだけど、ここがチョット大変だった。
5
雪は20cmくらいだけど、表面が固い。
2016年02月06日 11:39撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪は20cmくらいだけど、表面が固い。
2
表面が固いと言うより、凍っている。
(氷の層が見えるでしょ。)
2016年02月06日 11:42撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表面が固いと言うより、凍っている。
(氷の層が見えるでしょ。)
3
登って来た斜面には、いろんな足跡が。
2016年02月06日 11:46撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登って来た斜面には、いろんな足跡が。
1
おぉ、ついに着いたか!
2016年02月06日 11:50撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おぉ、ついに着いたか!
4
北側から登頂したわけだが、南側にはまったく雪が無い。
2016年02月06日 11:52撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側から登頂したわけだが、南側にはまったく雪が無い。
5
北峰到着。
晴れてはいるが景色は霞んでいる。気温が高いようだ。
2016年02月06日 11:55撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北峰到着。
晴れてはいるが景色は霞んでいる。気温が高いようだ。
10
菩薩様方面かな。
2016年02月06日 11:58撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
菩薩様方面かな。
1
少ししか見えないのは残念だったけど、やはり富士山は別格だな。
2016年02月06日 12:51撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少ししか見えないのは残念だったけど、やはり富士山は別格だな。
3
登ってきたのは左から。
今からは西原峠目指して直進する。
2016年02月06日 13:11撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきたのは左から。
今からは西原峠目指して直進する。
1
直下の下りは凍結箇所もあり要注意。
しかし、見事な動物達のトレースだ。
2016年02月06日 13:14撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直下の下りは凍結箇所もあり要注意。
しかし、見事な動物達のトレースだ。
2
P1200。
2016年02月06日 13:26撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P1200。
1
ヤセはこんな感じ。
2016年02月06日 13:37撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤセはこんな感じ。
2
大寺山。
2016年02月06日 13:55撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大寺山。
4
ずーっと、ザクザク。
2016年02月06日 14:11撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずーっと、ザクザク。
1
こういうのが時々、バラバラと音を立てて落ちてくる。
2016年02月06日 14:13撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こういうのが時々、バラバラと音を立てて落ちてくる。
ここから林道になった。
2016年02月06日 14:20撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから林道になった。
1
林道だからと言って、歩きやすいわけではない。
2016年02月06日 14:31撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道だからと言って、歩きやすいわけではない。
4
一見人間の踏み跡かと思うけど、違うんだなぁ。
2016年02月06日 14:43撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一見人間の踏み跡かと思うけど、違うんだなぁ。
2
25.5cmの私の足と比べても小さい。
筋も途中から斜面に消えていくし。
2016年02月06日 14:43撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
25.5cmの私の足と比べても小さい。
筋も途中から斜面に消えていくし。
4
林道はここで右に折れて行った。
私は尾根筋を直進です。
2016年02月06日 14:59撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道はここで右に折れて行った。
私は尾根筋を直進です。
1
こんな所に何?
ポケットなどに所持品はなし。
2016年02月06日 15:03撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな所に何?
ポケットなどに所持品はなし。
5
鹿柵に出た。右です。
2016年02月06日 15:06撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿柵に出た。右です。
人間には辿れないトレースですね。
2016年02月06日 15:09撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人間には辿れないトレースですね。
3
西原峠に出たようだ。
右からは、さっき外した林道(と思われる)道が合流。
2016年02月06日 15:11撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西原峠に出たようだ。
右からは、さっき外した林道(と思われる)道が合流。
2
あわよくば佐野峠までと思っていたが、時間的にも体力的にも無理。ここから下山しよう。
2016年02月06日 15:13撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あわよくば佐野峠までと思っていたが、時間的にも体力的にも無理。ここから下山しよう。
2
こっちが佐野峠への道。
人間の足跡が延びていた。
2016年02月06日 15:13撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっちが佐野峠への道。
人間の足跡が延びていた。
1
せっかくの足跡だが、登り用なので足の短い私でも、合わせると逆に疲れるほどピッチが細かい。
2016年02月06日 15:14撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
せっかくの足跡だが、登り用なので足の短い私でも、合わせると逆に疲れるほどピッチが細かい。
樹林帯に入ると雪も柔らかくなり、足跡を気にせず歩けるようになった。
2016年02月06日 15:21撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯に入ると雪も柔らかくなり、足跡を気にせず歩けるようになった。
途中で見えた特徴的なピーク。
調べたら、大峰らしい。いつか。
2016年02月06日 15:35撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で見えた特徴的なピーク。
調べたら、大峰らしい。いつか。
2
もう雪は無くなるだろうと、スパッツとチェーンスパイクを外した。
2016年02月06日 15:37撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう雪は無くなるだろうと、スパッツとチェーンスパイクを外した。
2
雪は無くなったが、雪があったらあったでルートはわかりにくくなりそうだ。
2016年02月06日 15:40撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪は無くなったが、雪があったらあったでルートはわかりにくくなりそうだ。
2
下界が見えてきた。
2016年02月06日 16:14撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下界が見えてきた。
空家の裏手に出た。
2016年02月06日 16:18撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空家の裏手に出た。
庭先を通って左の道を降りてきた。
2016年02月06日 16:20撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
庭先を通って左の道を降りてきた。
1
割と新しい橋を渡って葛野川を越える。
2016年02月06日 16:21撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
割と新しい橋を渡って葛野川を越える。
1
R139のこの場所に出て、150mも歩けばゴール。
今日も大変だったけど、何となくうまい具合に、時間的にもちょうどいい山行になったみたいです。
2016年02月06日 16:23撮影 by COOLPIX S8000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
R139のこの場所に出て、150mも歩けばゴール。
今日も大変だったけど、何となくうまい具合に、時間的にもちょうどいい山行になったみたいです。
5
撮影機材:

感想/記録
by kinoe

三ツ森北峰から佐野峠間の赤線をいつか繋ごうと思っていたので、「何もこの時期に」と思いながらも行ってみることにした。
この辺の雪の状態はどうかな?
誰か一人くらいは歩いているかな?

標高900mくらいまでは陽当たりのせいもあって、まったく雪は無かったが、出始めると下山途中まで常時10〜20cmくらいの積雪量だった。
量はその程度だったけど、雪質はいやらしい。だいたい1000以下では表面までザラメ状で、それほど歩きにくさはないが、それより上では表面は固く高所では氷。バキバキ割りながら進まなければならない状況も少なくない。締まりつつあるのか、ゴクたまーに沈まないことがありリズムが狂う。人間の足跡は・・・西原峠までは残念ながら無かった。

三ツ森北峰に着くと富士山ドーンのはずが、あいにくの霞模様でかすかに見えた程度だったのは残念だった。でも他の山並みは十分見渡せ気分がスーッとするなかなかの景観だ。
着いたのがちょうどお昼時だったし、気温は高めで風も穏やか、しかも誰も来そうにない上南面には雪が無かったので、珍しく山頂でランチにした。

西原峠までは、ずっと表面だけ固い雪質のため踏み抜き腿上げ歩行で、深くはないけどすんごく疲れた。
西原峠からは佐野峠までピストンの予定だったが、もうその気力なし。下山を開始した。下山路には足跡があり佐野峠方向に延びていた。

当分雪は消えそうにないねぇ。
メジャールートなら踏み固められて歩きやすいんだろうけど、マイナールートとなると、今回のように一気にトレースなしの状況になり時間も体力も格段に必要になる可能性が大きい。
んー、考えようによっては、これは好機か?(なんだかんだ言っても、本人はけっこう楽しんでいるようです。笑)
訪問者数:233人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/4/20
投稿数: 576
2016/2/7 23:35
 なんでこんなに似ているの〜?
こんばんは

自分のレコのコメントのように自分も木曜日にミツ森北峰を考えていましたが、
杉平バス停の到着時間が遅いので断念しました。
何千というコースがある中、今倉山、熊倉宗屋敷尾根もそうでしたけど本当に同じルート考えますね〜
自分が車利用だったら、面白いことになっていたでしょうね?

三ッ森北峰の展望は少々残念でしたね。
ここの展望の良さを知っているだけに、自分は快晴時でないと登る気がしませんが、
この天候でも行ってしまう所がすごいです。

山頂の鏡、チョット苦手です。
誰もいないのに、誰かが映って・・・なんてすぐ考えてしまします。
kinoeさんなら自撮り前のいい道具ですよね〜
そういえば鏡、割れてませんでした?

ツボ足山行、お疲れ様でした〜
登録日: 2015/1/12
投稿数: 556
2016/2/8 14:25
 トレース
kinoeさん、こんにちは。
大寺山、三ツ森北峰等、知らない名前の山でした。山と高原地図では『高尾・陣馬』になりますが、この『高尾・陣馬』は持ってはいますが殆ど見ることがありませんでした。公共交通利用族であれば、コンディションが良ければ権現山の方まで縦走出来ますね。いやあ、まだまだ知らない山が沢山有り当面楽しめます。『高尾・陣馬』も良く見てみます。楽しそうな尾根も見つかるかも!

それにしても1月中旬の大雪は、関東地方の山ではどの山域でも相当な積雪量だったのですね。特に標高1000m以上では北斜面ではまだ40~50cm残っていますからね。今回歩かれた山域、大雪後は人が入っていませんね。トレースが有るか無いかは、肉体的な疲労度も違って来ますが、精神的な安心感も随分違うと思います。前回の鳴虫山もノートレースでしたよね。でも前回と違って重い(或いはクラストした)雪で疲労度は前回よりも高いのではないでしょうか。お疲れ様でした。
登録日: 2012/5/26
投稿数: 963
2016/2/8 23:19
 Re: なんでこんなに似ているの〜?
ワルさんが北峰に行くつもりだったというコメントを帰ってから見て、「あらら」と「やっぱりなぁ」の両方を思いました。以前北峰に行った時のレコに、お気に入りの山になったというような趣旨の言葉があったので、雪はともかく、視界の良いこの時期に行きそうに思っていたからです。
(バスは走っていましたが、8時は遅いですか?)

展望はあんな感じでしたが、まぁ私の場合は見れればラッキー程度なので、それほどの失望感はありません。
鏡は割れていたような気がしますね。マジマジと映してみたわけではないので断言はできませんが。それよりも鏡を吊ってある木の結構な太さの枝まで折れていて、雪って相当重いんだなぁと改めて思いました。

せっかく苦労して付けたトレースも、昨日の降雪で綺麗に消されてしまったんでしょうね。。。もう一度歩いてくるか。なーんてね。
でもホント、次はどこを歩きましょうか・・・
登録日: 2012/5/26
投稿数: 963
2016/2/8 23:49
 Re: トレース
表面が、ストックも容易に刺さらないほど凍っていたりもして、ジミーに疲れました。
実はレコには書かなかったのですが、最初の自転車が悪かったのか、歩き始めると腰がギックリ腰やって3日後くらいの痛みが突然やってきて、山行中ずーっと治らず参りました。丸めると痛むので、オペラ歌手のように背筋をピンと張った姿勢で歩いてました。今はだいぶ直りましたが、翌日は今までなったことの無いふくらはぎの下辺りが筋肉痛でした。下山路が穏やかでなかったら、けっこうヤバかったかもしれません。
権現山や大寺山、あと坪山から奈良倉山、松姫峠と、この辺りは普段から静かでいいですよ。(西原峠から松姫峠までが林道なのがチョットいただけませんが)更には、大マテイ山を経て大菩薩へと繋がりますね。おっと、松姫湖の南の尾根(長峰)も捨てがたいです。
しかし今年の雪は厄介ですね。残雪に層ができてますね。
この分では、当分VRはお預けでしょうか。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ