ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 807835 全員に公開 雪山ハイキング奥武蔵

兵ノ沢右岸尾根から横瀬二子山&三十槌の氷柱

日程 2016年02月05日(金) [日帰り]
メンバー noronoro
天候
気温・・出発時−3℃、山頂7℃、氷柱会場3℃
無風
日差しもあって、この時期にしては暖かい日でした
アクセス
利用交通機関
車・バイク
二子山
道の駅「あしがくぼ」の駐車場を利用

氷柱会場
ウッドルーフ奥秩父キャンプ場の駐車場を利用(500円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間40分
休憩
1時間0分
合計
5時間40分
S芦ヶ久保第2駐車場09:0011:20二子山雌岳11:30二子山 雄岳12:3012:40二子山雌岳14:40芦ヶ久保第2駐車場14:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
道の状況
兵ノ沢右岸尾根は、正式な登山ルートではないので、道標などはありません
ただ、尾根の一本道で赤テープも多く、比較的易しいバリエーションルートです
危険個所は、特にありません

登山ポスト
線路をくぐる、ガードの手前にありました

トイレ
道の駅「あしがくぼ」以外、この行程中にトイレはありません
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

今日は、道の駅「あしがくぼ」からスタート
線路の上に見える尾根を登り、二子山を目指します
2016年02月05日 08:44撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は、道の駅「あしがくぼ」からスタート
線路の上に見える尾根を登り、二子山を目指します
あしがくぼの氷柱会場へ向かう道ができていました
ここを左に曲がり、ガードをくぐります
2016年02月05日 08:57撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あしがくぼの氷柱会場へ向かう道ができていました
ここを左に曲がり、ガードをくぐります
最初の尾根を乗越さず、このまま尾根へ
2016年02月05日 09:10撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の尾根を乗越さず、このまま尾根へ
1
出だしの積雪は20cmくらいで予想より少なめ
急坂が多いのでチェーンスパイクではなく、グリベルのアイゼンとしました
2016年02月05日 09:12撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出だしの積雪は20cmくらいで予想より少なめ
急坂が多いのでチェーンスパイクではなく、グリベルのアイゼンとしました
6
ようやく朝日が顔を出します
2016年02月05日 09:26撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく朝日が顔を出します
明るい雑木林が続きます
二子山と浅間尾根が見えますが、まだまだ遠い
2016年02月05日 09:54撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るい雑木林が続きます
二子山と浅間尾根が見えますが、まだまだ遠い
1
1時間ほどで、目印の大岩に着きました
左に巻きます
2016年02月05日 09:57撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1時間ほどで、目印の大岩に着きました
左に巻きます
1
クラストした雪で踏み抜き多数
体力は消耗し、ペースも上がりません
2016年02月05日 10:02撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クラストした雪で踏み抜き多数
体力は消耗し、ペースも上がりません
10
平坦地で休憩
チェーンソーの音や電車の汽笛がわずかに聞こえるだけ・・
静寂の空間です
2016年02月05日 10:07撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平坦地で休憩
チェーンソーの音や電車の汽笛がわずかに聞こえるだけ・・
静寂の空間です
1
ノートレースの美しい世界
2016年02月05日 10:05撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ノートレースの美しい世界
5
この日、初めて顔を出した武甲山
2016年02月05日 10:26撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日、初めて顔を出した武甲山
1
岩菅山手前、一気に視界が開けました
積雪は最も深かったですが、疲れも吹き飛びます
2016年02月05日 10:40撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩菅山手前、一気に視界が開けました
積雪は最も深かったですが、疲れも吹き飛びます
1
秩父市街と、彼方に浅間山
2016年02月05日 10:47撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秩父市街と、彼方に浅間山
3
一登りで岩菅山到着
処花沢の尾根と合流
2016年02月05日 10:54撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一登りで岩菅山到着
処花沢の尾根と合流
5
少し下ればさらに一般道と合流
ここからは綺麗なトレースがあります
2016年02月05日 10:57撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し下ればさらに一般道と合流
ここからは綺麗なトレースがあります
二子山雌岳手前の急坂
2016年02月05日 11:09撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二子山雌岳手前の急坂
3
雌岳を通過し、そのまま雄岳へ
途中雲が出たりしましたが、快晴のまま展望が待っていてくれました
2016年02月05日 11:34撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雌岳を通過し、そのまま雄岳へ
途中雲が出たりしましたが、快晴のまま展望が待っていてくれました
4
八ヶ岳
2016年02月05日 11:32撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳
8
両神山
百名山の堂々たる風格
2016年02月05日 11:35撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両神山
百名山の堂々たる風格
8
秩父市街が見渡せる場所は日影で寒いので移動
少し離れた展望岩へ
2016年02月05日 11:40撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秩父市街が見渡せる場所は日影で寒いので移動
少し離れた展望岩へ
ここでランチ
快晴無風
強い日差しが春を感じさせます
2016年02月05日 11:45撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでランチ
快晴無風
強い日差しが春を感じさせます
6
東側は伊豆ヶ岳
正丸峠へ延びる稜線と、古御岳を従えた姿が美しい
2016年02月05日 12:10撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側は伊豆ヶ岳
正丸峠へ延びる稜線と、古御岳を従えた姿が美しい
食後のコーヒーとデザート
2016年02月05日 12:14撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
食後のコーヒーとデザート
6
ずいぶんゆっくりできました
12:30の武甲山の発破を合図に下山開始
2016年02月05日 12:34撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずいぶんゆっくりできました
12:30の武甲山の発破を合図に下山開始
4
唯一の南斜面
雌岳への登り返し
帰りは岩場を直登しました
2016年02月05日 12:41撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唯一の南斜面
雌岳への登り返し
帰りは岩場を直登しました
兵ノ沢コースの急坂を下山
雪に色濃く映る影が綺麗です
2016年02月05日 13:06撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
兵ノ沢コースの急坂を下山
雪に色濃く映る影が綺麗です
3
沢沿いは日が当たらないこともあって寒いですね
2016年02月05日 13:31撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いは日が当たらないこともあって寒いですね
「水場」に到着
この付近が一番冷え込んでいます
2016年02月05日 13:41撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「水場」に到着
この付近が一番冷え込んでいます
氷のオブジェもできていました
2016年02月05日 13:42撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷のオブジェもできていました
6
途中、あしがくぼの氷柱会場に直接向かう道がありました
通行禁止の表示がありますので、このまま道の駅へ戻ります
2016年02月05日 14:02撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、あしがくぼの氷柱会場に直接向かう道がありました
通行禁止の表示がありますので、このまま道の駅へ戻ります
朝、登り始めた尾根
ぐるっと一周してきたことになります
2016年02月05日 14:06撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝、登り始めた尾根
ぐるっと一周してきたことになります
1
西武線の線路が見えてくれば今日の日程は終了・・
2016年02月05日 14:12撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西武線の線路が見えてくれば今日の日程は終了・・
ではなく、今度は三十槌の氷柱会場にやってきました
2016年02月05日 16:58撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ではなく、今度は三十槌の氷柱会場にやってきました
9
17時からライトアップ開始
2016年02月05日 17:31撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
17時からライトアップ開始
7
何分かおきにライトの色が変わりますが、やはり青が一番映えます
2016年02月05日 17:33撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何分かおきにライトの色が変わりますが、やはり青が一番映えます
17
河原に映りこむ氷柱
2016年02月05日 17:44撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河原に映りこむ氷柱
7
会場の全景
2か所あって、上流が人工の氷柱、手前が天然の氷柱です
2016年02月05日 17:45撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
会場の全景
2か所あって、上流が人工の氷柱、手前が天然の氷柱です
4
今年はあまりウロウロせず、天然の氷柱だけを鑑賞してきました
2016年02月05日 18:04撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年はあまりウロウロせず、天然の氷柱だけを鑑賞してきました
8
暖色系は、あまり氷柱に似合いませんが、明るくて映り込みは綺麗です
2016年02月05日 18:05撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暖色系は、あまり氷柱に似合いませんが、明るくて映り込みは綺麗です
4
最後にお気に入りの場所から一枚
帰りに温泉に寄って、今日の日程は終了です
2016年02月05日 18:31撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後にお気に入りの場所から一枚
帰りに温泉に寄って、今日の日程は終了です
11
撮影機材:

感想/記録

前置き
この日5日は当初、南岸低気圧が通過の予報。
しかし、低気圧が南に下がって晴の予報に変わりました。
多少の曇天でも行こうと思ってはいたのですが、晴の予報で計画実行確定です。

この日の目的は、
・積雪期の兵ノ沢右岸尾根を踏破
・三十槌の氷柱ライトアップ
です。

登山道詳細
兵ノ沢右岸尾根の積雪はスタート時20cmくらい、多い所で40cmくらいです。
ガチガチに凍ってくれればよかったのですが、踏み抜きが多く、上部に至ってからの通過に難儀しました。
最悪、4時間くらいかかることを想定していったので、お昼前に到着できたのは上出来でした。
ワカンは持参しましたが、使用していません。
試しに使ってもよかったのですが、装着に時間がかかるので、面倒で使いませんでした。
兵ノ沢のハイキングコースはトレースありますが、全面雪道であることに変わりはありません。
いずれのコースもアイゼン、チェーンスパイク必携です。

三十槌の氷柱ライトアップ
この日は平日だったので、ライトアップの時間は17:00〜19:00でした。
期間は氷の出来具合で変わるので、ホームページなどで確認してください。
1月前半の暖冬もあってか、氷柱の大きさは小さめです。

まとめ
あしがくぼでも氷柱まつりをやっているのですが、三十槌の天然の氷柱は、やはり迫力があります。
無事、二子山登山を終えて、本当は余裕をもって氷柱鑑賞するはずでした。
ところが、少し横になるつもりが道の駅に止めた車の中で寝過ごしてしまい、明るい時間の氷柱の鑑賞ができませんでした。
やはり、雪山は普段より体力を使ってしまうのだなと実感しました。

天気予報が良い方向に変わり、目的もほぼ達成でき、帰り道は疲れましたが充実した初春の一日でした。
訪問者数:495人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/8/28
投稿数: 1241
2016/2/10 11:42
 二子山登山と氷柱鑑賞
noronoroさん こんにちは。

奥武蔵の山はだいぶ雪が残っているみたいですね。
快晴無風の中、真っ白な八ヶ岳や両神山を眺めながらの雪山ハイクはとても楽しそうです   G3X、大活躍ですね!

昨年も確か今頃に氷柱のライトアップのきれいな写真を拝見しましたが、水面に写る光が素晴らしくきれいな描写ですね。

最近私は鳥ばかり追いかけていますが、足もなんとか回復したのでそろそろ山に出かけてみようとおもいます。

きれいな写真を見せていただきありがとうございました。
登録日: 2014/8/3
投稿数: 1546
2016/2/10 12:31
 noronoroさん こんにちは。
今回も、素敵な写真楽しませていただきました。

三十槌の氷柱は、一昨年の2月に行った事があります♪
やはり天然の方が綺麗ですよね
また行きたいけど・・ちょっと遠くて
去年同様、noronoroさんの写真で堪能させて頂きます。

二子山の上りで使ったルートは、まだ誰も歩いていなかったんですね。
写真を見ていると、静けさが伝わってくるようです

うちも奥武蔵詳細地図、買いましたよ
いろいろ見ていると楽しいですね
次のレコも楽しみにしてます!お疲れ様でした
登録日: 2011/4/7
投稿数: 603
2016/2/10 14:39
 kazuto645さん、こんにちは。
いつもコメントありがとうございます

奥武蔵の中でも二子山は登山道が北斜面、雑木林、ということもあって、一回ドカ雪が降ると当分雪山を楽しめるのです
降雪直後だとラッセル地獄なのですが ・・
とにかく山は登頂が目的だったのでコンデジです。
それでも上部は踏み抜きに苦しめられ、あまり面白い写真は撮れませんでした

三十槌の氷柱につきましては、おっしゃる通り昨年も行きました。
昨年は浮足立ってしまい、集中力を欠いたり微ブレの写真も多く、ある意味今年はリベンジでした
今年はあまり動かず、三脚を新調したこともあって、満足できたと思います

kazutoさんも足が治ってこられたということで、何よりです。
少し遠いかも知れませんが、氷柱鑑賞もいかがでしょうか?
登録日: 2011/4/7
投稿数: 603
2016/2/10 14:52
 Coo-sanさん、こんにちは。
いつもコメントありがとうございます

二子山、「猛ラッセル」も覚悟したのですが、思ったほどではなく一安心でした
右岸尾根は雑木林が多く、見通しも良いので楽しいですよ。
今度武川の方へ縦走するときにも使おうかと思っています
赤テープも豊富で迷うこともないので、是非足を運ばれてみてはどうでしょうか?

氷柱、遠いですよね
自宅からは「比較的」近いので毎年行くのですが、それでも疲れます
「あしがくぼ」や「尾ノ内沢」でも、地元の方の尽力で氷柱祭やってますが、やはり石清水が凍った天然氷柱は迫力です
やはり行った甲斐があります。
この日は比較的暖かく、人も少なくてゆっくり鑑賞できたのもラッキーでした

おっ、coo-sanさんも地図、買われましたか?
なんだか無限の扉が開いたようですよね
登録日: 2011/10/19
投稿数: 246
2016/2/11 16:39
 こんばんは〜
初めましてhikeです。
兵ノ沢右岸尾根のアイゼンの踏跡は、noronoroさんだったのですね。
上部では、結構踏み抜いてない跡が目立ったので、随分前のものかと思いました。一日違いだったとは〜。私は体重が軽い方なのですが、アイゼンの跡をなぞって踏抜きでした。
雪道で初ルートでしたが、noronoroさんの踏跡に助けられました。
登録日: 2011/4/7
投稿数: 603
2016/2/11 19:40
 hikeさん、こんばんは。
はじめまして、コメントありがとうございます

1日違いでしたね
グリベルのアイゼンの踏み跡、間違いなく、私かと思います。

全然踏み抜いてもいないように見えますが、半分くらいの確率でハマって、逆にストレスでした
3週間くらいたってもあの雪の量なので、降雪直後は、とても登れる状況ではなかったと思いますね。
それにしても、動物はともかく、私の前にも踏み跡が突然現れたり、消えたり・・
少し謎でした

hikeさんは正丸まで縦走されたのですね
このコースは雑木林が多いので、新緑の春や紅葉の時期に縦走しても楽しそうです
おつかれさまでした。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ