ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 807979 全員に公開 ハイキング甲信越

陣馬形山(伊那山地)へスノーハイクのつもりが・・・

日程 2016年02月06日(土) [日帰り]
メンバー abukata, その他メンバー1人
天候曇り時々晴れ、南よりの風。気温5℃〜2.5℃
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中央道・松川IC利用。K59〜K18を経由して、上伊那郡中川村の役場を目指しました。その後は”アンフォルメル中川村美術館”を目指します。
http://www.informelmuseum.com/
同美術館への分岐(冬季閉鎖中で取付道路は閉鎖中)を過ぎると、Y字路があり、右が”車・バイク”、左が”登山道”の表示があります。下記PDFファイルのァ蛭里交差点”です。この先に”登山専用駐車場”もあるとありましたが、確認していません。
中川村のHPに”陣馬形山への道順”というPDFファイルが登録されています。
http://www.vill.nakagawa.nagano.jp/trol.php?f=pub&fl=tropo_nak-10540_3-10001
当初、私は”登山道”(美里集落)方面へ進みましたが、道は先細りとなり駐車スペースもなかったので引き返しました。この道の途中にも、左:登山道、右:車・バイクの表示があったので、”車・バイク”方向へ回りました。結局、最初のY字路を右(車・バイク)方向へ進んだところに合流しました。
ここからは、山方向へ進み”風三郎神社”(Δ琉銘屐砲鮑言泙靴椴啼擦鮨覆鵑世箸海蹐法◆瀕啼察黒牛折草峠線”(バリケード閉鎖中)への分岐があり、そこへ駐車させていただきました。黒牛折草峠線を200Mくらい進んだところに登山口(登山道と林道の交差点)がありました。
私が最初に辿ったのが”登山道(人道)”で、結局、この位置で合流するということだと思われます。
今回は雪がなくここまで辿り着けましたが、日陰のコーナーなどには凍結箇所や残雪があり、スタッドレスタイヤは必要です。積雪があればもっと下(登山専用駐車場?)から歩くことになると思います。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

スタート(林道・黒牛折草峠線分岐)9:55−登山道出合い9:59−丸尾のブナ10:59−陣馬形山山頂11:36
山頂スタート12:15−キャンプ場スタート12:30ー下山13:35
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは見当たりませんでした。
林道・黒牛折草峠線で陣馬形山まで5Kmの表示がありましたが、林道を縫うように登山道があるため、登山道では3.5Kmくらいです。
今回はスタート地点の標高が985M、標高1250M以上に残雪が凍結した箇所がありました。チェーンスパイクも持参しましたが、嫁はんも使用しませんでした。
全般的に登山道は道幅も広く、整備が行き届いていますので、危険箇所はありません。積雪があればスノーシューでの林道あるきが楽しめるルートとなると思います。
その他周辺情報日帰り入浴は、”望岳荘”(400円)
http://www.bougakusou.com/
を利用しました。
信州物味湯産手形で1回だけ無料で入浴できます。望岳荘でも販売してました。
人工温泉ですがリーズナブルな料金設定です。貴重品ロッカーが無料ですが10個くらいしかなく、入浴客が多い場合は注意が必要です。脱衣場には脱衣カゴしかありません。
休憩室の牛乳自販機は八ヶ岳牛乳期待でしたが、雪印メグミルクのみでした。成分未調整・特濃ともに120円です。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

スタート(駐車)地点の表示です。
2016年02月06日 09:44撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタート(駐車)地点の表示です。
4
この膨らみに駐車させて頂きました。
2016年02月06日 09:48撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この膨らみに駐車させて頂きました。
2
登山道が見えてきました。
2016年02月06日 09:58撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道が見えてきました。
1
これから進む方向です。
2016年02月06日 09:59撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから進む方向です。
2
林道を何度も横切ります。
2016年02月06日 10:29撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を何度も横切ります。
2
マウンテンバイクの青年が下りてきました。
この上の積雪状況を聞きましたが、「雪は少ない」との回答でしたが、彼はしきりに「寒い、寒い!」を云っていました。
2016年02月06日 10:38撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マウンテンバイクの青年が下りてきました。
この上の積雪状況を聞きましたが、「雪は少ない」との回答でしたが、彼はしきりに「寒い、寒い!」を云っていました。
2
”丸尾のブナ”到着です。
2016年02月06日 10:59撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
”丸尾のブナ”到着です。
4
”丸尾のブナ”の由緒書です。
2016年02月06日 10:59撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
”丸尾のブナ”の由緒書です。
2
魚眼でもう一枚。
2016年02月06日 11:01撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
魚眼でもう一枚。
5
マイクロウエーブの中継所でしょうか?
2016年02月06日 11:16撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マイクロウエーブの中継所でしょうか?
2
全体がこういう景色を期待してきました。
轍(わだち)部分は凍結箇所もありましたが、滑り止めは必要ありませんでした。
2016年02月06日 11:28撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
全体がこういう景色を期待してきました。
轍(わだち)部分は凍結箇所もありましたが、滑り止めは必要ありませんでした。
7
山頂から西方面です。
中央アルプスの上部分は雲の中でした。
2016年02月06日 11:36撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から西方面です。
中央アルプスの上部分は雲の中でした。
3
山頂から北方面です。
少し青空が見えました。
2016年02月06日 11:36撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から北方面です。
少し青空が見えました。
1
山頂から東方面です。
南アルプスは良く見えていました。
2016年02月06日 11:38撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から東方面です。
南アルプスは良く見えていました。
1
今回もスノーシューはウエイトと化しました。
2016年02月06日 11:38撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回もスノーシューはウエイトと化しました。
33
中央アルプスの山座同定ができる山頂標識です。
2016年02月06日 11:38撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプスの山座同定ができる山頂標識です。
6
仙丈ケ岳です。
2016年02月06日 11:41撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ケ岳です。
13
北岳です。
2016年02月06日 11:41撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳です。
7
間ノ岳です。
2016年02月06日 11:41撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間ノ岳です。
6
仙丈ケ岳のアップです。
2016年02月06日 11:41撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ケ岳のアップです。
22
間ノ岳のアップです。
2016年02月06日 11:41撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間ノ岳のアップです。
7
塩見岳です。
2016年02月06日 11:42撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩見岳です。
20
荒川三山でしょうか?
行ったことがないので自信ありません。
2016年02月06日 11:42撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒川三山でしょうか?
行ったことがないので自信ありません。
4
一番右に見えるのは”前岳”でしょうか?
2016年02月06日 11:42撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番右に見えるのは”前岳”でしょうか?
6
中央アルプス方面は、”烏帽子ヶ岳”には雲が掛かっていません。
2016年02月06日 11:43撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプス方面は、”烏帽子ヶ岳”には雲が掛かっていません。
1
千畳敷ホテルがチョイ見えです。
2016年02月06日 11:43撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千畳敷ホテルがチョイ見えです。
14
中央道です。
2016年02月06日 11:44撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央道です。
2
蛇行して流れる”天竜川”です。
2016年02月06日 12:11撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛇行して流れる”天竜川”です。
4
直下を流れる天竜川です。
2016年02月06日 12:12撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直下を流れる天竜川です。
11
さらば、陣馬形山。
キャンプ場トイレ前から山頂方向です。
2016年02月06日 12:29撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらば、陣馬形山。
キャンプ場トイレ前から山頂方向です。
5

感想/記録

雪を求めて訪れた伊那山地の陣馬形山(じんばがたやま)でしたが、雪はなく(少なく)・・・、用意した”チェーンスパイク”と”スノーシュー”は出番がなく、またもやウエイトと化しました。但し、嫁はんは雪がないのを歓迎している風でもありました。しかし、雪がないことはチョッと覚悟はしていましたので、冬靴と雪山用ザックは使用せず、無雪期の装備で望みました。

皆さんは良くご存知の様子で、途中でお会いしたのは二名だけ、お一方は、マウンテンバイクで下山中の青年、もう一方は、私たちが下山中にお会いしたご年配の男性で、この方はスノーシューをザックの横に着け、テン泊装備(と嫁はんは行っていました)で登っておられました。

従って、山頂は私たちの独占で他ルートからも誰一人登ってこられませんでした。

初めて訪れた陣馬形山ですが、同じ伊那山地に属する戸倉山(伊那富士)と比べると、遥かに俗化された雰囲気でした。山頂直下には芝で整備されたキャンプ場があり、林道もそこまで来ており、無雪期なら車でのアクセスも可能です。

山頂には無料で使える望遠鏡(双眼鏡)まで整備されています。山頂からの眺望は抜群で、西に中央アルプス、東に南アルプスを望むことが可能です。
「2人の北欧神話の巨人(第3番と第5番のこと)の間にはさまれたギリシアの乙女」とシューマンによって評されたベートーヴェンの第四交響曲を連想しました。

無雪期に高速を利用してまで登る山ではないような気はしますが、雪がある時はスノーシューハイクの入門コースとして、お勧めではないでしょうか!?

”ヘブンスそのはら”からの富士見台高原も林道をスノーシューで歩くルートですが、ゴンドラ&リフトを利用しますので3000円掛かります。対して陣馬形山は、その出費をせずにスノーシューハイクが楽しめそうです。

残念なのは、登山口までのアクセスが分かりにくいということ一点です。

無雪期なら次回から迷うことはないと思いますが、積雪期のアクセスは自信がありません。間違えたくても間違えられないような、案内表示がなされることを期待します。

中川村のHPにある”陣馬形山への道順”というPDFファイルは、登った後から見ると”ふむふむ”と納得できることが多いのですが、これだけを頼りにするにはチョッと貧弱かと思いました。(私だけかも知れませんが・・・)

最後に”望岳荘”ですが、人工温泉ですが入浴料400円は茅野市の施設と並んでお値打ちです。今回は”信州物味湯産手形”を使って無料で入浴させてもらいましたが、職員の対応もホスピタリティに溢れており、ついつい、地元産のリンゴ、お米、干しリンゴと干し柿を買ってしまいました。

次は是非、積雪時の好天の日に訪れたいものです。積雪状況が予め分かれば云うことないのですが、皆さんのレコに期待です。
訪問者数:663人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ