ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 808033 全員に公開 雪山ハイキング比良山系

武奈ヶ岳【坊村ピストン バス利用】

日程 2016年02月06日(土) [日帰り]
メンバー jurakusui(CL)
天候曇り時々晴れ のち 雪
アクセス
利用交通機関
電車バス
JR堅田駅⇔坊村(江若バス 片道1050円)
行き: 8:50分発(臨時バス1台出ました。臨時バスは「平」「坊村」のみ停車)
帰り: 15:46分発 **最終バスです
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間53分
休憩
38分
合計
4時間31分
S坊村09:5511:35御殿山11:4512:18武奈ヶ岳12:4213:11御殿山13:1514:26坊村14:26ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
*登山届:明王院に渡る橋の手前にポストがあります。
*トイレ:バス停近くにあります。

*危険箇所は特にありません。全体を通して雪は少ないです。

*坊村は午前10時で2℃でした。気温にもよるのでしょうが、
 行きは御殿山ルート650m付近でアイゼン装着しました。それより下部でも積雪があり、土が凍っていて滑りやすい所もありました。
 帰りは同550m付近でアイゼンを外しました。下りなので念のために少し引っ張りました。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

臨時バスで坊村到着。この時間で2℃でした。温かい。
2016年02月06日 09:37撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
臨時バスで坊村到着。この時間で2℃でした。温かい。
2
バス組が三々五々出発していきます。
こちらも準備を済ませてぼちぼち出発。
2016年02月06日 09:51撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス組が三々五々出発していきます。
こちらも準備を済ませてぼちぼち出発。
2
500mではもうルートに雪が着いていたような。
2016年02月06日 10:31撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
500mではもうルートに雪が着いていたような。
800〜900mの様子。
2016年02月06日 11:26撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
800〜900mの様子。
御殿山より武奈ヶ岳方面。
雪が少ないです。
2016年02月06日 11:35撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御殿山より武奈ヶ岳方面。
雪が少ないです。
1
蓬莱山方面。
2016年02月06日 11:44撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓬莱山方面。
1
ワサビ峠から登りついた好展望のピーク。
来し方振り返って。
2016年02月06日 11:57撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワサビ峠から登りついた好展望のピーク。
来し方振り返って。
2
琵琶湖が見えた。
2016年02月06日 11:58撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
琵琶湖が見えた。
1
行くぞ、西南稜!
2016年02月06日 11:58撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行くぞ、西南稜!
4
最後の登り。
2016年02月06日 12:06撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の登り。
2
また振り返って。この日は雲は垂れ込めていたけど、ルートの見通しはよく利きました。
2016年02月06日 12:07撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また振り返って。この日は雲は垂れ込めていたけど、ルートの見通しはよく利きました。
1
いよいよゴールへ。
2016年02月06日 12:17撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよゴールへ。
4
着いた〜。人がいっぱい。
2016年02月06日 12:20撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
着いた〜。人がいっぱい。
9
お地蔵さまはこんな感じ。
2016年02月06日 12:21撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お地蔵さまはこんな感じ。
3
だいたい北西の方。
2016年02月06日 12:21撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいたい北西の方。
1
三角点を入れて。
2016年02月06日 12:22撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点を入れて。
1
北陵方面。こちらはあまり人が通っていないようです。
2016年02月06日 12:22撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北陵方面。こちらはあまり人が通っていないようです。
2
霧氷?
2016年02月06日 12:23撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷?
1
雪を多く入れてみました。
2016年02月06日 12:24撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪を多く入れてみました。
1
北陵を少しだけ進んで。リトル比良の方かな?
2016年02月06日 12:27撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北陵を少しだけ進んで。リトル比良の方かな?
1
頂上を振り返る。天気悪くなりそうな雰囲気。
2016年02月06日 12:28撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上を振り返る。天気悪くなりそうな雰囲気。
2
少し位置を変えてみて。
2016年02月06日 12:33撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し位置を変えてみて。
1
釈迦岳方面。
2016年02月06日 12:33撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦岳方面。
遭難碑。40年以上も前。ここは比良山系最高峰にして四方を遮るものはありません。それこそ天から直接見下ろせそうですね。

バスの待ち時間調整で頂上で時間をつぶそうかと思ったのですが、寒くなってきたので帰ることにします。
2016年02月06日 12:40撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遭難碑。40年以上も前。ここは比良山系最高峰にして四方を遮るものはありません。それこそ天から直接見下ろせそうですね。

バスの待ち時間調整で頂上で時間をつぶそうかと思ったのですが、寒くなってきたので帰ることにします。
コヤマノ分岐。
バス組の大半はイン谷口方面に降りるようです。
2016年02月06日 12:43撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コヤマノ分岐。
バス組の大半はイン谷口方面に降りるようです。
1
私はもう一度西南稜。好きなものですから。
2016年02月06日 12:44撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
私はもう一度西南稜。好きなものですから。
1
御殿山に登り返して、蓬莱山をアップで。
2016年02月06日 13:12撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御殿山に登り返して、蓬莱山をアップで。
1
もうすぐ春ですね。
2016年02月06日 13:24撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐ春ですね。
ルートは面倒なので夏道ピストンにしましたが、帰りは自由に雪を下って冬道経由でした。

冬道に下る前、尻セードしている人に出会いました。相当楽しそうでした。
2016年02月06日 13:30撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルートは面倒なので夏道ピストンにしましたが、帰りは自由に雪を下って冬道経由でした。

冬道に下る前、尻セードしている人に出会いました。相当楽しそうでした。
1
下って下って明王院に到着。
2016年02月06日 14:26撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下って下って明王院に到着。
2
杖を貸してくれるとか。
2016年02月06日 14:27撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杖を貸してくれるとか。
はるばる富士山から。
2016年02月06日 14:27撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はるばる富士山から。
坊村バス停。立体地図のご案内。面白そうだけど、2500円か…
2016年02月06日 15:31撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坊村バス停。立体地図のご案内。面白そうだけど、2500円か…
1
奥の食事処で寛いでいる人もいました。バス待ちにうってつけですね。
2016年02月06日 15:45撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥の食事処で寛いでいる人もいました。バス待ちにうってつけですね。
撮影機材:

感想/記録

予報によると建国記念日の辺りから気温上昇とか。ただでさえ少ない雪が消えてしまう前に今年初の雪山に行ってきました。同じ思惑からか、というかアクセスがいいでしょうか、武奈ヶ岳にはたくさんの人がいました。改めて、雪は少なかったです。土肌が見えるのが残念でしたが、以前は吹雪でまるで展望がなかった西南稜の全貌を見ることが出来て良かったです。

山頂から少し外れたところで休んでいると、近くにおられた方に声をかけられました。その方はイン谷口に下りるとのこと。一瞬迷いましたが、青ガレの危険マークが気になってやめました。でも、イン谷口から比良駅に下ると、待ち時間なしに行動できるのは良いです(バスが浮くor 乗っても比良登山線は安い)。坊村から抜けると結構な距離になるので、足の様子を見て今後考えてみたいです。
訪問者数:328人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ