ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 808084 全員に公開 山滑走札幌近郊

白井岳BC

日程 2016年02月06日(土) [日帰り]
メンバー buchineko
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間50分
休憩
8分
合計
4時間58分
Sスタート地点09:2813:05白井岳13:1314:26ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

最初のスノーブリッジまではしっかり除雪されている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初のスノーブリッジまではしっかり除雪されている。
1
最初のブリッジ。写真ではわかりにくいが、結構急な斜面を下る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初のブリッジ。写真ではわかりにくいが、結構急な斜面を下る。
1
渡りきった反対側からの写真。帰りが大変そう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡りきった反対側からの写真。帰りが大変そう。
1
先行トレースがあったので、任せる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先行トレースがあったので、任せる。
2
2つ目のスノーブリッジ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2つ目のスノーブリッジ。
1
こんなところも。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなところも。
トレースは沢伝いに続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレースは沢伝いに続く。
途中で沢から抜けて膝下ラッセル。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で沢から抜けて膝下ラッセル。
こんな感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じ。
2
へばってきたので、少し早いがここらで昼食。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
へばってきたので、少し早いがここらで昼食。
1
カップラーメンで一服。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カップラーメンで一服。
7
体力回復、再びピークを目指す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
体力回復、再びピークを目指す。
1
もう少しで稜線。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少しで稜線。
3
風が結構強い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風が結構強い。
2
頂上はもう少し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上はもう少し。
3
視界は悪くないが、とにかく風が強い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界は悪くないが、とにかく風が強い。
2
もうちょっと。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうちょっと。
2
山頂付近の謎の生物。このあとカメラの電池が切れる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂付近の謎の生物。このあとカメラの電池が切れる。
3
滑走前の斜面。iPhoneで撮影。
2016年02月06日 13:41撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑走前の斜面。iPhoneで撮影。
2
撮影機材:

感想/記録

今シーズン最初ということで、近場を選択。
はじめは沢伝いの先行トレースに従う。ここ数日で結構降ったようで、途中木から落ちた雪玉が沢を下ってルートをふさぐ。880でトラバースし、尾根へ出る。ここから膝下のラッセルが続く。一気に山頂までと思ったが、疲労と空腹に耐えかねて沼下1050付近で一服。シェルターに潜ってカップラーメンをすすっていると、後続に抜かれる。小一時間程休んで、再開。追い越されたトレースに従うも、途中1130から再びラッセル。ジグを切りつつ稜線へ出る。稜線から山頂までは推定15〜6mの風。地吹雪ぎみだが視界は悪くない。とりあえず頂上まで行き、すぐ切り返す。風を避けるため稜線1230から北側へ10m下り、シールを剥がし滑走開始。雪が深いため十分な浮力が得られず。緩斜面ではすぐ止まる。センター96では厳しいか。所々深雪を漕いでようやく沢に合流、駐車場へ。滑りはあまり楽しめず、雪と格闘した一日だった。
訪問者数:273人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

スノーブリッジ 吹雪
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ