ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 808218 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

展望いまいちでもGOODな赤岳★【地蔵尾根→文三郎尾根】

日程 2016年02月06日(土) [日帰り]
メンバー mt12
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
車(FF・スタットレスタイヤ)は美濃戸口の八ヶ岳山荘駐車。
路面凍結はあるものの、積雪はほぼ無し。

やまのこ村・赤岳山荘の駐車場はほぼ100%4駆車で30%位はチェーン装着でした。
土曜の午後の段階でも駐車場は余裕がありそうでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間13分
休憩
1時間11分
合計
8時間24分
Sスタート地点06:2907:08やまのこ村07:10やまのこ村07:11赤岳山荘07:13赤岳山荘07:17美濃戸山荘08:23中ノ行者小屋跡08:2609:17行者小屋09:4210:38地蔵の頭10:4010:43赤岳天望荘11:16赤岳頂上山荘11:28赤岳頂上山荘11:33赤岳11:35竜頭峰12:03文三郎尾根分岐12:1013:00行者小屋13:3114:01中ノ行者小屋跡14:0314:49美濃戸山荘14:5014:53赤岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
南  沢 :川の凍結箇所は脆くなっている部分があり踏み抜き注意です。
地蔵尾根 :キックステップは十分効きますが、
      急登でラットフッティングを適当にやると若干ズルッといくかも知れません。
      鎖や手摺が埋まっている箇所があります。     
      ナイフリッジは発達していません。
文三郎尾根:雪質は地蔵尾根と大体変わりありませんでした。
その他周辺情報もみの湯(湯底に湯の花が溜まっていて嬉しい…)

装備

備考 南沢の川の凍結部分では転倒防止に頭が行ってしまい、不注意で膝下まで踏み抜いてしまいました。
幸いハードシェルのオーバーパンツ・ゲイター装着だったので問題なかったものの、ソフトシェルパンツやゲイター無しであれば水が染みて撤退するところでした…反省…。

写真

赤岳山荘。阿弥陀岳見えず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳山荘。阿弥陀岳見えず。
スライムがあらわれた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スライムがあらわれた。
南沢。始めから全体的に凍結しています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南沢。始めから全体的に凍結しています。
ここのスケートリンクは踏み抜き注意です。
不注意でやってしまいました…幸い染みることなく撤退は免れました。
注意していれば大丈夫だと思います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここのスケートリンクは踏み抜き注意です。
不注意でやってしまいました…幸い染みることなく撤退は免れました。
注意していれば大丈夫だと思います。
もう少しで行者小屋。
横岳も見えません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少しで行者小屋。
横岳も見えません。
行者小屋でアイゼン・ピッケル・アウター・厚手手袋・オーバー手袋・目出帽・ヘル装着。
地蔵尾根下部で一瞬空が見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋でアイゼン・ピッケル・アウター・厚手手袋・オーバー手袋・目出帽・ヘル装着。
地蔵尾根下部で一瞬空が見えました。
森林限界手前の階段。
たぶん一番急な所。
所々階段や鎖が埋まっている所もあるけど手摺は出ています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界手前の階段。
たぶん一番急な所。
所々階段や鎖が埋まっている所もあるけど手摺は出ています。
1
上から見た様子
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上から見た様子
登り始めからずっと急登。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めからずっと急登。
ここは階段・手摺が埋まっています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは階段・手摺が埋まっています
ここの階段は大分埋まってきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここの階段は大分埋まってきました
例年ではナイフリッジの所の手前。
大分雪は増えたけれど、ナイフリッジとはいきません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
例年ではナイフリッジの所の手前。
大分雪は増えたけれど、ナイフリッジとはいきません。
1時間登り続けて地蔵の頭。
ここから風が強く(予報では18〜20m位)なりますが気温は高め(−12、3℃)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1時間登り続けて地蔵の頭。
ここから風が強く(予報では18〜20m位)なりますが気温は高め(−12、3℃)
2
地蔵尾根から山頂までは2名とすれ違いました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵尾根から山頂までは2名とすれ違いました
赤岳頂上山荘。
北峰まであと少し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳頂上山荘。
北峰まであと少し。
南峰到着。
展望は無いけれど、無いなら無いで気持ちが良いです^^
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南峰到着。
展望は無いけれど、無いなら無いで気持ちが良いです^^
1
ガスってますがそれはそれで^^
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスってますがそれはそれで^^
1
文三郎の下り方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文三郎の下り方面
下山道の視界は良好でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山道の視界は良好でした
雪がついてきて下り易くなりました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪がついてきて下り易くなりました
1
同じルートを辿り、頂上で一緒になった岐阜のH氏。
霞む太陽をバックに下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じルートを辿り、頂上で一緒になった岐阜のH氏。
霞む太陽をバックに下ります。
1
晴れそうな気がしても晴れない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れそうな気がしても晴れない
すれ違う登山者
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すれ違う登山者
文三郎の下り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文三郎の下り
中岳は何とか…先月登った阿弥陀は見えず
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳は何とか…先月登った阿弥陀は見えず
尾根は下部まで綺麗に見えていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根は下部まで綺麗に見えていました
1
行者小屋まで来ると青空が…こんなもんです^^
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋まで来ると青空が…こんなもんです^^
H氏に赤岳をバックに撮ってもらいました^^
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
H氏に赤岳をバックに撮ってもらいました^^
1
地蔵尾根を登る人5人、下る人2人。
どちらもあと少し!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵尾根を登る人5人、下る人2人。
どちらもあと少し!
1
美濃戸山荘到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸山荘到着
赤岳山荘到着。
帰りは何とか阿弥陀が見えました。
この後、美濃戸まではH氏の車に乗せてもらいました。
楽しかったです、ありがとうございました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳山荘到着。
帰りは何とか阿弥陀が見えました。
この後、美濃戸まではH氏の車に乗せてもらいました。
楽しかったです、ありがとうございました。

感想/記録
by mt12

12月、1月と久しぶりに赤岳・阿弥陀岳に登りましたが雪が少なく、それ以降何度か降雪があったので冬の気分に浸りたく再訪しました。
日帰りで地蔵尾根から登る人は少なく、文三郎尾根より疲れは倍増するものの、朝は静かな山行が期待できます。
午後は展望荘に泊まる人が登るので増えているようでした。
天気は事前の予報と違って午前中はガスってましたが、風は若干強いものの気温は−12〜14℃と少し高めで寒さでどうのということはありませんでした。
山頂も展望は望めませんでしたが、それはそれでなかなかの雰囲気でした。

今回は前回chataro7さんと一緒になったように偶然岐阜のH氏と下山路を同行することになり、楽しい山行になりました。
おまけに美濃戸口まで4駆で運んでいただきありがとうございました^^
訪問者数:408人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/1/22
投稿数: 362
2016/2/9 13:16
 1日違いでした
mt12さん、週末やはり行かれていたのですね〜
天気予報に反して展望がいまいちだったようですね・・・
実は私、7日に同じコースに行っておりました^^
今回は美濃戸口スタートで、南沢から地蔵〜赤岳〜文三郎〜中岳〜中山展望台〜赤岳鉱泉でラーメン食べて、北沢から戻りました。10時間半と結構時間がかかりましたが、前回ご一緒した経験が効いたのか、ダメージは少なめでした(笑)
帰りは樅の湯には寄らずに直行にしたのと土曜日に睡眠十分だったこともあり、帰りの運転では何とか仮眠をとらずに大阪に着きましたよ
レコにもアップ予定ですが、いつになることやら
2〜3月中に天狗、唐松(山頂まで)、西穂独標に行きたいと思ってます!
登録日: 2015/4/5
投稿数: 66
2016/2/9 22:13
 Re: 1日違いでした
chataro7さん。
いや〜またお会いしたかったですね〜。
甲斐駒を狙っていたのですが、時間の関係で諦めてまた赤岳に行ってしまいました。
土曜は下山したら雲が切れてきましたよ。
日曜は快晴だったようで、今回はカメラの設定大丈夫でしたか!?
記録楽しみにしています^^
私は甲斐駒、唐松、西穂を狙っていますがどうなることやら…
結局、天気や時間の関係で阿弥陀には行ってしまうのかなとも思っています…
唐松行きたいですね!
登録日: 2015/1/22
投稿数: 362
2016/2/12 13:38
 Re[2]: 1日違いでした
mt12さん、こんにちは
遅ればせながらレコに初アップしました^^ よかったらご覧ください!
甲斐駒というと、黒戸尾根ですね?夏道も行ったことありませんが、冬期は体力も含めて難しそうですね・・・
唐松、西穂(私は独標までかな?)もタイミングが合いましたらぜひご一緒願いますm_ _m
また、八ヶ岳も阿弥陀と横岳縦走もしてみたいです!
ところで、アップのときGPSデータがなかったらルートは手書きになるんですよね?
今回、ハンディGPSを忘れたので、手書きになりましたが、ルートの引き方がざっくり過ぎましたわ。。。
登録日: 2015/4/5
投稿数: 66
2016/2/19 23:28
 Re[3]: 1日違いでした
しばらくログインしておらず、遅くなりましたが先程コメントさせていただきました。
1日違いで快晴、綺麗な写真を見させていただきました!
馬力のあるchataro7さんなので唐松あたり、もしご一緒できたらいいですね!
ルートは手書きをしたことがありませんが、違和感無かったですよ。
登録日: 2015/1/22
投稿数: 362
2016/2/21 16:33
 Re[4]: 1日違いでした
私のレコで返信させていただきましたが、明日22日唐松に行こうかと思いますが、いかがでしょうか?もしご都合よければ、以降はユーザーメニューのメッセージでやり取りしましょう^^

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ