ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 808404 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走御在所・鎌ヶ岳

霧氷の釈迦ヶ岳から展望の県境稜線を三池岳へ【岩ヶ峰〜東尾根で周回】

日程 2016年02月07日(日) [日帰り]
メンバー onetotani
天候快晴  
【気温】駐車地出発時:2℃  釈迦ヶ岳:−1℃  仙香池:2℃
    東尾根登山口へ下山時:3℃
アクセス
利用交通機関
車・バイク
桑名IC〜R421石榑北からR306で四日市方面へ〜田光(たびか)で右折〜
八風(はっぷ)キャンプ場〜栃谷橋を渡り路肩スペースへ駐車
《5台ほどのスペース有り》
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間10分
休憩
1時間30分
合計
7時間40分
S栃谷橋を渡った駐車地07:1008:15北山09:05岩ヶ峰09:1009:40稜線に上がる10:05釈迦ヶ岳最高点10:1510:50大平尾根分岐11:0011:10段木尾根分岐11:30仙香池12:1012:30北仙香山12:3512:45八風峠12:5513:20三池岳三角点13:3014:40東尾根登山口14:50駐車地G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【岩ヶ峰】
単独と思われる下りの踏み跡有り。積雪20〜30cmほど。

【県境稜線】
岩ヶ峰下降点〜釈迦ヶ岳の間はノートレース、段木分岐〜三池岳の間は
数人のトレース有り。積雪20〜40cmほど。
釈迦ヶ岳東尾根には薄いトレース有り。

【三池岳東尾根(城の尾)】
しっかりしたトレース有り。積雪20〜30cmほど。
福王山分岐から陽当りが良いのかすっかり雪が消え、乾いた道に。
急な下りが続くので助かりました。

【岩ヶ峰も県境稜線もしっかり雪は締まっており、登りも下りも
キックステップで充分でしたが、岩ヶ峰下降点〜釈迦ヶ岳の間は
一部凍結しており、アイゼンを着けたほうが安心でしょう。】
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

大きな倒木が目印の徒渉点入口。
2016年02月07日 07:07撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きな倒木が目印の徒渉点入口。
3
ザレ場で初めて展望が開け、竜ヶ岳を眺める。それにしても雪が無い!。
2016年02月07日 07:41撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザレ場で初めて展望が開け、竜ヶ岳を眺める。それにしても雪が無い!。
2
展望のザレ場を振り返る。
2016年02月07日 07:42撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望のザレ場を振り返る。
3
岩の尾根を登る。
2016年02月07日 07:55撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の尾根を登る。
4
岩の尾根から大平尾根と県境稜線を望む。
2016年02月07日 07:58撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の尾根から大平尾根と県境稜線を望む。
3
岩の尾根から望む釈迦ヶ岳と岩ヶ峰。今日は霧氷が見られそうだ!
2016年02月07日 08:00撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の尾根から望む釈迦ヶ岳と岩ヶ峰。今日は霧氷が見られそうだ!
3
北山のピークで一休み。
2016年02月07日 08:06撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北山のピークで一休み。
2
霧氷に埋め尽くされた釈迦ヶ岳。
2016年02月07日 08:12撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷に埋め尽くされた釈迦ヶ岳。
8
切れ落ちた斜面のヘリを慎重に。
2016年02月07日 08:19撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
切れ落ちた斜面のヘリを慎重に。
2
再び岩尾根を登る。
2016年02月07日 08:26撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び岩尾根を登る。
1
定番:巨大な嘴=鏡岩
2016年02月07日 08:33撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
定番:巨大な嘴=鏡岩
6
雪の無い岩の砦に取り付く。
2016年02月07日 08:37撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の無い岩の砦に取り付く。
岩の庇から氷柱が。
2016年02月07日 08:40撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の庇から氷柱が。
6
狭い岩のテラスをトラバース。
2016年02月07日 08:41撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狭い岩のテラスをトラバース。
1
危険地帯を通過して。
2016年02月07日 08:44撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
危険地帯を通過して。
4
砦のテラスを過ぎると今度はピークを目指して急登だ。
2016年02月07日 08:48撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砦のテラスを過ぎると今度はピークを目指して急登だ。
1
石楠花に囲まれた岩ヶ峰に到着。
2016年02月07日 08:59撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石楠花に囲まれた岩ヶ峰に到着。
1
ピーク下にはこんなプレートも。
2016年02月07日 09:00撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピーク下にはこんなプレートも。
3
岩ヶ峰の展望地から御池岳、竜ヶ岳、三池岳を眺める。
2016年02月07日 09:01撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩ヶ峰の展望地から御池岳、竜ヶ岳、三池岳を眺める。
4
鞍部のヌタ場も氷結している。
2016年02月07日 09:07撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部のヌタ場も氷結している。
6
稜線までもう少しだ。
2016年02月07日 09:31撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線までもう少しだ。
3
稜線の霧氷を仰いで固定ロープで攀じる。
2016年02月07日 09:32撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線の霧氷を仰いで固定ロープで攀じる。
6
雪庇を避けて稜線に這い上がる。
2016年02月07日 09:33撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪庇を避けて稜線に這い上がる。
2
登り切って振り返る。
2016年02月07日 09:34撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り切って振り返る。
2
霧氷の欠片を浴びながら稜線を南下する。
2016年02月07日 09:43撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷の欠片を浴びながら稜線を南下する。
6
霧氷のトンネル。
2016年02月07日 09:45撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷のトンネル。
8
素敵な眺めだ。
2016年02月07日 09:46撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素敵な眺めだ。
7
まだ続く霧氷のトンネル。
2016年02月07日 09:49撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ続く霧氷のトンネル。
7
霧氷から樹氷エリアに。
2016年02月07日 09:58撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷から樹氷エリアに。
11
足元の雪庇にも注意しながら。
2016年02月07日 09:58撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元の雪庇にも注意しながら。
5
今度は樹氷のトンネルへ。
2016年02月07日 09:59撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度は樹氷のトンネルへ。
6
無人の釈迦ヶ岳最高点に到着。
2016年02月07日 10:02撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無人の釈迦ヶ岳最高点に到着。
12
御在所岳〜雨乞岳方面。
2016年02月07日 10:02撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所岳〜雨乞岳方面。
7
雨乞岳〜イブネ〜銚子ヶ口方面。
2016年02月07日 10:05撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨乞岳〜イブネ〜銚子ヶ口方面。
8
最高点を後にして、
2016年02月07日 10:08撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高点を後にして、
3
稜線を北上し、三角点へ戻る。
2016年02月07日 10:08撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線を北上し、三角点へ戻る。
4
君が一番立派だよ。
2016年02月07日 10:09撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
君が一番立派だよ。
7
羽鳥峰方面へ向けてトレースが延びる。
2016年02月07日 10:11撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
羽鳥峰方面へ向けてトレースが延びる。
1
釈迦ヶ岳三角点。
2016年02月07日 10:15撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳三角点。
4
辿ってきた岩ヶ峰の尾根を見下ろして。
2016年02月07日 10:28撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
辿ってきた岩ヶ峰の尾根を見下ろして。
3
大平尾根から釈迦ヶ岳へ続く県境稜線を。
2016年02月07日 10:47撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大平尾根から釈迦ヶ岳へ続く県境稜線を。
2
今日は大平尾根をパスして小休止のみ。
2016年02月07日 10:48撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は大平尾根をパスして小休止のみ。
1
樹氷を纏った釈迦ヶ岳をズーム。
2016年02月07日 10:50撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹氷を纏った釈迦ヶ岳をズーム。
6
岩ヶ峰の尾根と対峙して。
2016年02月07日 10:54撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩ヶ峰の尾根と対峙して。
2
竜ヶ岳・藤原岳・御池岳まで県境稜線が一望だ。右下に段木も。
2016年02月07日 10:56撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜ヶ岳・藤原岳・御池岳まで県境稜線が一望だ。右下に段木も。
3
雪も締まって快適な稜線歩き。
2016年02月07日 10:58撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪も締まって快適な稜線歩き。
2
段木は分岐の確認のみでパス。
2016年02月07日 11:05撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
段木は分岐の確認のみでパス。
1
県境稜線のトレースもバッチリ。
2016年02月07日 11:08撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県境稜線のトレースもバッチリ。
1
なだらかな稜線が仙香山から北仙香山へと延びる。
2016年02月07日 11:13撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なだらかな稜線が仙香山から北仙香山へと延びる。
3
稜線の三重県側は急峻な谷だ。
2016年02月07日 11:15撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線の三重県側は急峻な谷だ。
2
冬の仙香池。
2016年02月07日 11:23撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬の仙香池。
5
仙香池もすっかり雪の下だ。
2016年02月07日 11:26撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙香池もすっかり雪の下だ。
7
ツリーホール。
2016年02月07日 11:29撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツリーホール。
2
風を避けて食事にしよう。
2016年02月07日 11:36撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風を避けて食事にしよう。
4
仙香池は穏やかな窪地に囲まれて。
2016年02月07日 11:48撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙香池は穏やかな窪地に囲まれて。
3
仙香山には標識が三つも。
2016年02月07日 12:07撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙香山には標識が三つも。
1
仙香山からの眺望
2016年02月07日 12:08撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙香山からの眺望
1
The resut rock
2016年02月07日 12:16撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
The resut rock
5
眼下に眺める四日市コンビナート・伊勢湾方面。
2016年02月07日 12:18撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下に眺める四日市コンビナート・伊勢湾方面。
1
北仙香山は何もないが展望は1級だ。
2016年02月07日 12:22撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北仙香山は何もないが展望は1級だ。
5
鈴北岳と御池岳。手前の大きな尾根は藤原岳西尾根だろうか?。yさんはテーブルランドのどの辺りかな。(北仙香山にて)
2016年02月07日 12:24撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鈴北岳と御池岳。手前の大きな尾根は藤原岳西尾根だろうか?。yさんはテーブルランドのどの辺りかな。(北仙香山にて)
9
三池岳と中央アルプス(北仙香山にて)
2016年02月07日 12:25撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三池岳と中央アルプス(北仙香山にて)
2
八風大明神が祀られる八風峠。
2016年02月07日 12:42撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八風大明神が祀られる八風峠。
2
三池岳中峰。こちらの方が三池岳山頂に相応しいのにな。
2016年02月07日 13:04撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三池岳中峰。こちらの方が三池岳山頂に相応しいのにな。
2
中峰より展望する県境稜線。
2016年02月07日 13:06撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中峰より展望する県境稜線。
2
噴煙上がる御嶽(中峰より)
2016年02月07日 13:10撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
噴煙上がる御嶽(中峰より)
8
乗鞍岳・御嶽(中峰より)
2016年02月07日 13:10撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗鞍岳・御嶽(中峰より)
6
中央アルプス(中峰より)
2016年02月07日 13:10撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプス(中峰より)
4
南アルプス(中峰より)
2016年02月07日 13:11撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプス(中峰より)
5
三池岳三角点から御池岳方面を。
2016年02月07日 13:26撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三池岳三角点から御池岳方面を。
1
影を自撮り。
2016年02月07日 13:27撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
影を自撮り。
2
東尾根(城の尾)を下る。
2016年02月07日 13:31撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東尾根(城の尾)を下る。
4
お菊池も雪の下。
2016年02月07日 13:40撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お菊池も雪の下。
3
池を過ぎるとすっかり雪が消え、乾いた道を下る。
2016年02月07日 13:44撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池を過ぎるとすっかり雪が消え、乾いた道を下る。
1
後は駐車地まで戻るだけだ。
2016年02月07日 14:36撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後は駐車地まで戻るだけだ。
2
撮影機材:

感想/記録

日曜日は中部地方の天気は良さそうで、遠望も期待できそうだ。
爽快な稜線歩きが出来そうなコースとなると、やはり釈迦〜三池と続く
県境稜線が良いだろう。
昨年は深雪のラッセルで苦しめられたが今年は大丈夫だろう。
念のため仙香池往復〜大平尾根下山も視野に入れて出かけよう。

いつものように栃谷橋を渡った空き地に駐車して岩ヶ峰へ向かう。
作業道が僅かに右へ曲った先、栃谷に懸る二つ目?の堰堤上部で
道が開け、倒木の先に赤ペンキが目に入る。

氷結した岩に注意して右岸へ渡り、小谷に沿った急斜面から枝尾根に
取り付き犬尾山との鞍部に出て、主尾根に合流する。
右折して明瞭だが急な尾根筋を登る。
頭上には強い風音が唸っている。
なかなか緩む事の無い急登にペースが上がらない。
春にはコイワカガミやシロヤシオが疲れを癒してくれるが、今日は
足元に残る雪を踏んで黙々と登る。

岩を捲いたり、展望が広がるザレの鞍部を登り返したりと
変化の有る尾根が続く。
尾根筋が僅かに広がり、右から併せた尾根を左折すると岩の尾根に出て
展望が大きく開けドームの様な岩ヶ峰、そして釈迦ヶ岳〜県境稜線が
目に飛び込んで来る。まだ距離は有るが山肌は霧氷で白一色だ。
展望に加えて霧氷の稜線を歩けるなんてテンションが上がるな

尾根上のピークに過ぎない北山は展望に欠けるが一息入れよう。

奇岩:鏡岩を右に見ながら、痩せ尾根、岩の尾根を越えると核心部の
岩の砦に突き当たる。
去年は雪に覆われてスタンスやホールドを求めて一苦労したが、
今日は剥き出し状態なので一安心だ。

岩壁の狭いテラスに上がると今度は岩の庇から下がる氷柱が邪魔する。
傷つけないように慎重にやり過ごし危険地帯を抜けると今度は、
ドーム状のピークに向けた急登だ。
しばらく直登した後、概ね右から廻り込むようにして石楠花の密生する岩ヶ峰に到着する。
春になるとアカヤシオ、石楠花、バイカオーレンなどを求めて
リピータが訪れるピークだが、今日はひっそりとしたものだ。

鞍部へ下り氷結したヌタ場からコバ地を左へ向かい、稜線へ突き上げる
尾根で最後の頑張りだ。
いよいよ稜線が近づくと、一段と傾斜が増した稜線直下で尾根を
右へ外れ固定ロープを掘り出し強引に稜線に這い上がる。

頭上を仰ぐと霧氷を透かしてまぶしい青空が広がっている。
さあー、霧氷に飾られた緩やかな県境稜線で釈迦ヶ岳へ向かおう。

霧氷の欠片を浴びながら素晴らしい眺めの中を南下する。
霧氷・樹氷のトンネルを抜けて釈迦ヶ岳の最高点に立つ。

霧氷越しに眺める御在所岳〜雨乞岳〜イブネ〜銚子ヶ口の山並み。
素晴らしい景色を一人占めしていたいが、今日は飽きるほどこの展望と
道連れだ、安心して戻ろう。
釈迦の三角点から岩ヶ峰を見下ろしながら稜線を北上する。

展望に気を取られて雪庇に近づかないように注意しよう。

緩やかに延びる県境稜線越しに北部の御池岳〜藤原岳〜竜ヶ岳、
更に青空に浮かび上がるのは乗鞍・御嶽・中央アルプス、更に遠くの
南アルプスとまさに展望稜線だ。

贅沢な展望に酔って危うく仙香池を通過するところだった。
縦走路を外れて窪地へ降りると池は姿を消して、雪原が広がっていた。
厚い氷に覆われて雪の下にひっそりとしているのだろう。

今日も風が遮られた窪地で昼食にしよう。
青空、ブナの木、ツリーホールのできた雪面、ひっそりした窪地は
何度来ても飽きない場所だ。 くつろいだので腰を上げよう。

北仙香山に上がって360度の展望を楽しみ、三池岳からアルプスの
眺めを堪能して東尾根を下る。

雪の下に隠れたお菊池を過ぎ一気の下りにかかると、陽当りのせいか
雪が消え乾いた登山道に一変する。
泥濘の急降下を覚悟していたので正直助かった思いだ。
日暮れも少し遅くなってきたのでゆっくりと下ることにしよう。


【素晴らしい天気に恵まれ、期待以上の展望とそのうえ霧氷にまで
歓迎されて、思う存分県境稜線を楽しめた。
いつ来ても満足させてくれるこの稜線がますます好きになった。
今度はアカヤシオや石楠花の咲く頃に訪れたいな。】
訪問者数:510人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/5/27
投稿数: 2933
2016/2/8 21:10
 霧氷の森
こんばんは。
釈迦ヶ岳は素晴らしい霧氷だったんですね
釈迦ヶ岳北尾根は、本当に素敵な稜線で、onetotaniさんが何度も歩かれるのが良く分かります。
雪の仙香池に北仙香山からの展望と、何度来ても飽きませんね。
白い鈴鹿もいいものです
登録日: 2010/12/28
投稿数: 1743
2016/2/8 21:53
 Re: 霧氷の森
totokさん 今晩は。
土曜日から変更して正解でした。
雪の量は少し物足りませんでしたが、素晴らしい霧氷に出会えました。
稜線から見るアルプスも、雪に隠れた仙香池も見られて楽しい一日でした。

このエリアは何度歩いても飽きない魅力を感じます。
登録日: 2011/6/29
投稿数: 4929
2016/2/8 22:02
 onetotaniさん、こんにちは。
真っ白なフカフカな雪と
輝く樹氷、そして青空と
はるか南アまでの大展望、
素晴らしい登山日和でしたね。
釈迦ヶ岳周辺の、魅力を
再認識させていただきました。
登録日: 2010/12/28
投稿数: 1743
2016/2/8 22:35
 Re: onetotaniさん、こんにちは。
komakiさん 今晩は。
好天に恵まれ、釈迦ヶ岳〜三池岳の稜線歩きを満喫できました。
岩尾根から霧氷に覆われた釈迦を見た時、思わずテンションが上がりました。

今回のルートはやはり春がお薦めです。見どころも多く比較的静かに
いろんな花を愛でながら爽快な稜線歩きを楽しめます。
一度歩いてすっかりお気に入りになりました。
登録日: 2012/12/25
投稿数: 3903
2016/2/9 15:29
 仙香池も雪の中
onetotaniさん、こんにちは

今年は雪が少なく登りやすそうな稜線のスノーハイクでしたね。
この日は、展望も抜群で何よりでしたね。
登録日: 2010/12/28
投稿数: 1743
2016/2/9 19:05
 Re: 仙香池も雪の中
higurasiさん 今晩は。

昨年は深雪に苦しめられた岩ヶ峰も、今回はよく締まった雪をサクサクと
踏んで気持ち良く登る事が出来ました。
予想外の霧氷にも歓迎されて、展望が広がる爽快な稜線歩きを楽しめました。

今回のように素晴らしい展望が忘れられず何度も足を運ぶのでしょうね。
登録日: 2012/9/30
投稿数: 1148
2016/2/10 15:46
 仙香池の上に乗りたい⁉
私は御池岳に登っていました。
一冬に多分何度も無い絶好の日でしたね。そちらも霧氷、霧氷、霧氷、家に帰って撮った写真を見たらまぁ同じような写真ばかりでした。(笑)
仙香池の写真を見ました。思わず乗ってみたいと思いましたが、無理ですね。
明日木曜日も楽しみです。
登録日: 2010/12/28
投稿数: 1743
2016/2/10 18:56
 Re: 仙香池の上に乗りたい⁉
yoshikun1さん 今晩は。
お互い最高の天気に恵まれ、霧氷三昧の山歩きでしたね。
御池の計画を拝見していたので、どの辺りを歩かれているのかなと
思いながら眺めていましたよ。
そういえば昨年も同じように雨乞岳辺りを眺めていましたね。

すっかり雪に覆われた仙香池は、流石に踏み込む勇気は有りませんでしたが、
動物の足跡が見られました。

明日も御池でしたね。私は鈴鹿の上高地へ行ってきます。
晴れ予報で楽しみですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ