ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 808407 全員に公開 山滑走槍・穂高・乗鞍

十石山

日程 2016年02月07日(日) [日帰り]
メンバー wakou
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
林道の入り口にゲートがあり、開放されていた。ゲートの先200mほどだけ除雪されていた。
ゲート付近の駐車場に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間4分
休憩
54分
合計
5時間58分
S十石山登山口04:5105:12十石山方面分岐05:2207:43十石東尾根08:57十石山09:3509:51十石東尾根10:20湯沢ノ平10:2610:43スーパー林道方面道標10:49ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
積雪少ないが藪は大して問題にならない。
おおむね快適な滑走。
下部はガリガリの上にうっすら新雪
高度あがるにつれ雪が深く
森林限界はクラスト
その他周辺情報白骨温泉
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ハンニバル94 170cm TLT6 ionLT 12 クトー

写真

朝日がさす
2016年02月07日 07:02撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日がさす
思っていたより広く快適な尾根
2016年02月07日 07:25撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
思っていたより広く快適な尾根
快適なツリーランが待ってる
2016年02月07日 07:49撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快適なツリーランが待ってる
地形図上の夏道を外して尾根を行く
2016年02月07日 08:30撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地形図上の夏道を外して尾根を行く
森林限界はすぐそこ
2016年02月07日 08:34撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界はすぐそこ
1
視界が開けると乗鞍岳がどーん
2016年02月07日 08:38撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界が開けると乗鞍岳がどーん
3
快適な斜面
2016年02月07日 08:40撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快適な斜面
1
森林限界は強風でクラスト
2016年02月07日 08:56撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界は強風でクラスト
1
貸切の山頂より
2016年02月07日 09:00撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
貸切の山頂より
1
山頂より
2016年02月07日 09:03撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂より
1
山頂標識を探して少し歩き回ってみたがわからなかった。
寒いので記念撮影して下山
2016年02月07日 09:22撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂標識を探して少し歩き回ってみたがわからなかった。
寒いので記念撮影して下山
2
貸切の斜面、最高でした
2016年02月07日 09:46撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
貸切の斜面、最高でした
2

感想/記録
by wakou

(山スキー初心者 4度目の山スキー)

取り付きからトレースがあったので使ったら明らかにルートミスしていた。
暗い中の出発だったのでルートファインディングを横着したのが失敗だった。

一旦下り、ルートを修正してからガリガリに凍った斜面をシールとクトーで登り上げる。1750m付近から勾配はゆるくなりホッとするも、またもや他人のトレースを使い、巻こうと思っていた1835mのピークを踏んでしまう。
スキーのトレースだったので巻くと思い込んでいたのが間違いだった。

その後尾根に取り付くが、1900m付近から尾根がはっきりしてくる。
思っていたより広くて登りやすい尾根だった。
標高を上げるほど新雪が多くなりトレースも無い。若干のラッセルをしながらも快適に高度を上げる。

2250m付近から夏道の上をはずして尾根上を行く。
次第に樹木の間隔が広くなり森林限界が見えてきた。
視界が開けると乗鞍岳が見えて景色に癒される。

山頂が近くなるとカリカリのクラスト斜面で強風だった。
景色がいいのでしばらく山頂付近をうろうろするが体が冷えてきて下山開始。
今日も貸切でした。

滑走は今まで山スキーで登った山の中でもっとも快適でした。
ルートは明瞭で藪に悩まされることも無く、ターンする場所に悩むことも無い。
山スキーってこんなに楽しかったのかと思った。
あっという間の下山だった。
訪問者数:455人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

森林限界 山スキー
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ