ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 808456 全員に公開 ハイキング京都・北摂

よもやの雪中行・箕面奥山 (明ヶ田尾山・鉢伏山)

日程 2016年02月07日(日) [日帰り]
メンバー nack74_sg
天候曇りも時々雪 のち晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:阪急池田駅よりバス 高山口BS下車
帰り:勝尾寺BSからバス千里中央まで
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち45%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間32分
休憩
31分
合計
4時間3分
Sスタート地点07:1908:38明ヶ田尾山09:25鉢伏山09:2609:50エキスポ’90みのお記念の森10:2011:03東海自然歩道ぎふちょう橋11:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

高山口BS
降ってますね、雪
2016年02月07日 07:20撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高山口BS
降ってますね、雪
不安な面持ちで車道を登る
2016年02月07日 07:28撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不安な面持ちで車道を登る
2
まだ降ってますが
雲の流れも速く青い空も少し
2016年02月07日 07:34撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ降ってますが
雲の流れも速く青い空も少し
天台山・光明山方面を
ふりかえる
2016年02月07日 07:42撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天台山・光明山方面を
ふりかえる
4
一旦能勢町に入ります
2016年02月07日 07:43撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦能勢町に入ります
1
今から目指す明ヶ田尾山
2016年02月07日 07:50撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今から目指す明ヶ田尾山
1
高山の里に入り初の道標
折れると「マリアの墓」と
2016年02月07日 07:53撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高山の里に入り初の道標
折れると「マリアの墓」と
1
光明寺
2016年02月07日 07:54撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
光明寺
1
右近の郷
2016年02月07日 07:57撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右近の郷
信号で右折
2016年02月07日 07:59撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
信号で右折
高山右近生誕の地
ここで山道装備に切り替えます
2016年02月07日 08:08撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高山右近生誕の地
ここで山道装備に切り替えます
3
少し登って登山口
2016年02月07日 08:14撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し登って登山口
2
思ったほどの積雪もなく
むしろ快適な山行
2016年02月07日 08:21撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
思ったほどの積雪もなく
むしろ快適な山行
2
拭ってみる
2016年02月07日 08:26撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
拭ってみる
尾根道に突き当たる
一旦明ヶ田尾山の山頂目指して右折
2016年02月07日 08:32撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根道に突き当たる
一旦明ヶ田尾山の山頂目指して右折
1
標高600m付近の積雪
枯木が美しいと感じる余裕も漸く
2016年02月07日 08:39撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高600m付近の積雪
枯木が美しいと感じる余裕も漸く
2
明ヶ田尾山山頂、三角点
2016年02月07日 08:40撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明ヶ田尾山山頂、三角点
1
来た道を自分のトレースに沿って戻る
2016年02月07日 08:42撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来た道を自分のトレースに沿って戻る
先ほどの分岐
このまま直進で鉢伏山をめざす
2016年02月07日 08:45撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほどの分岐
このまま直進で鉢伏山をめざす
一旦下りてから登り返し
滑らないよう注意
2016年02月07日 08:54撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦下りてから登り返し
滑らないよう注意
鞍部の木々
2016年02月07日 08:55撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部の木々
2
漸く日差しが
2016年02月07日 09:14撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
漸く日差しが
1
道中、少し東方面が見えました
生駒の稜線がくっきり
奥の薄い稜線は台高かな
2016年02月07日 09:17撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道中、少し東方面が見えました
生駒の稜線がくっきり
奥の薄い稜線は台高かな
1
送電塔地点で切り開きが
2016年02月07日 09:21撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
送電塔地点で切り開きが
西南から西が見通せます
2016年02月07日 09:24撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西南から西が見通せます
西宮から大阪湾、
淡路島もよく見えます
2016年02月07日 09:31撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西宮から大阪湾、
淡路島もよく見えます
3
送電塔から少し行くと
鉢伏山三角点
2016年02月07日 09:27撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
送電塔から少し行くと
鉢伏山三角点
なだらかに下りつつ
みのお記念の森へ向かう
2016年02月07日 09:43撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なだらかに下りつつ
みのお記念の森へ向かう
展望台へは柵をあけて
階段を登ります
2016年02月07日 09:47撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台へは柵をあけて
階段を登ります
1
展望台上からのパノラマ
摂丹国境辺りの雪景色に
テンションが上がります
2016年02月07日 09:52撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台上からのパノラマ
摂丹国境辺りの雪景色に
テンションが上がります
4
剣尾山
2016年02月07日 10:04撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣尾山
6
大野山
2016年02月07日 10:12撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大野山
6
羽束山
手前では工事中の第二名神
2016年02月07日 10:00撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
羽束山
手前では工事中の第二名神
4
パウダーをかけた様な
六甲山頂
2016年02月07日 10:08撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パウダーをかけた様な
六甲山頂
4
谷にはさまれた部分から
大阪市内一部が見通せます
2016年02月07日 10:02撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷にはさまれた部分から
大阪市内一部が見通せます
4
いつの間にか
白く化粧した大船山
2016年02月07日 10:13撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつの間にか
白く化粧した大船山
6
堂屋敷・天上ヶ岳も寄っていくつもりでしたが
長居しすぎでバスの時間もあるので
今回は割愛
2016年02月07日 10:17撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堂屋敷・天上ヶ岳も寄っていくつもりでしたが
長居しすぎでバスの時間もあるので
今回は割愛
1
天気も良くなり
名残惜しいですが先に
2016年02月07日 10:18撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気も良くなり
名残惜しいですが先に
3
いい天気に
2016年02月07日 10:24撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい天気に
2
締切と勘違いして
少しルートをミスる
2016年02月07日 10:33撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
締切と勘違いして
少しルートをミスる
箕面川ダム方面へ
2016年02月07日 10:35撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
箕面川ダム方面へ
1
車道まで出て
その脇の遊歩道を行きます
途中で滑ってしまい
結構心折れたのでここから写真少なめw
2016年02月07日 10:37撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道まで出て
その脇の遊歩道を行きます
途中で滑ってしまい
結構心折れたのでここから写真少なめw
1
箕面川ダムの堰堤
奥に見えるのは鉢伏山かな
2016年02月07日 11:03撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
箕面川ダムの堰堤
奥に見えるのは鉢伏山かな
1
約2kmでバスの時間まで30分
車道を早歩きで勝尾寺に到着
2016年02月07日 11:23撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
約2kmでバスの時間まで30分
車道を早歩きで勝尾寺に到着
1
なんとか間に合いました
おつかれさまっ!
2016年02月07日 11:23撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとか間に合いました
おつかれさまっ!
2

感想/記録

天気概況では日本海側は雪も
箕面近辺は問題なかろうとタカをくくってましたが
奥山まで来ると結構な降雪・積雪。

アイゼンを持って行って無かったので
場合によっては引き返そうと考えてましたが
北から南、標高の高い方から低い方へというルートだったので
ある意味、最初を突破出来れば問題なかったです。

冬は油断禁物と学べたのも
結果的には良かったということでひとつ。
訪問者数:221人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ