ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 808606 全員に公開 雪山ハイキング日光・那須・筑波

社山・黒檜岳

日程 2016年02月07日(日) [日帰り]
メンバー abey
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
歌ヶ浜駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち52%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間12分
休憩
12分
合計
10時間24分
Sスタート地点06:2006:48狸窪06:4907:11阿世潟07:35阿世潟峠08:42社山08:4712:20黒檜岳12:2315:10社山15:42阿世潟峠15:4415:54阿世潟16:15狸窪16:1616:44ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
社山:
トレースばっちり
固く締まった急斜面もあるのでアイゼンがあった方がよい

黒檜岳:
トレースなし
ワカンかスノーシューが無いと厳しいはず
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

色が綺麗に出てないけどモルゲンロートの男体山
2016年02月07日 07:07撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色が綺麗に出てないけどモルゲンロートの男体山
7
社山
2016年02月07日 08:45撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
社山
5
社山から男体山と中禅寺湖
北方の見通しはあまり良くない
2016年02月07日 08:46撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
社山から男体山と中禅寺湖
北方の見通しはあまり良くない
8
南方はよく見える
富士山もはっきり
2016年02月07日 08:46撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南方はよく見える
富士山もはっきり
6
稜線の様子
2016年02月07日 09:26撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線の様子
7
稜線の様子
2016年02月07日 11:18撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線の様子
6
黒檜岳
2016年02月07日 12:15撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒檜岳
5
社山への登り返しの途中
歌ヶ浜駐車場が見えるがとても遠い
2016年02月07日 14:44撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
社山への登り返しの途中
歌ヶ浜駐車場が見えるがとても遠い
9
社山から黒檜岳へ続く稜線
ほぼ全部トレース無しだったが,よく歩いた
2016年02月07日 15:08撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
社山から黒檜岳へ続く稜線
ほぼ全部トレース無しだったが,よく歩いた
12
撮影機材:

感想/記録
by abey

いろいろあったが,ようやく今年の初登り。
雪があってお手軽に登れそうな社山へ向かう。調子が良ければ黒檜岳まで狙う目論見。

スタートからしばらくは中禅寺湖畔の遊歩道歩き。
最初は除雪区間だが,凍結している部分があるので気が抜けない。
除雪区間が終わると十分に歩かれたトレースに変わり,こちらの方が歩きやすい。
阿世潟峠経由で社山へ向かう人が多いようで,社山に至るまでトレースはずっと明瞭。
雪は締まっていたり凍っていたりするので,面倒そうな急斜面の手前でアイゼンを装着。

社山の次のピークまでは社山へ向かう方向へのトレースがあった。
おそらく遊歩道から長い尾根を登り詰めたのだと思うが,なかなか面白そうなルート。

トレースが無くなってからも,しばらくは尾根上の雪は少なく,歩くのに大きな支障を感じることはない。
ところが,黒檜岳への中間地点くらいで,これまで周囲に散乱していたシカのトレースがぱったり途絶え,
同時に積雪量が増してツボ足では厳しくなる。シカは分かっていて別の経路を歩いているのだろうか?
ワカンを付けてみるが,モナカ雪に対して思ったような効果は得られず,ずいぶんとペースが落ちてしまう。

大平山との分岐以降は植生が変わり踏み抜きが無くなったので,ようやくペースを取り戻し黒檜岳へ到着。
黒檜岳のピークは二つあるようなので,念のため両方をピークハント。
山頂票が多いのは手前のピークだが,地図はどっちつかず。

復路は,午後になって雪が緩んでくることが心配だったが,幸い杞憂に終わった。
下り基調で自分のトレースもあるので,若干疲労が出てきたがなんとか下り終えた。

昨年の春に鎖骨を骨折し,年末に埋め込まれたプレートの抜釘手術を終え,今回が術後初めての山登り。
本当は三ヵ月くらいおとなしくしていると万全らしいが,好天には抗えず。
プレートが入っている間は,ザックのベルトにタオルを巻かないとチクチクと痛かったが,
今回は多少の違和感が残るだけ。この調子ならテン泊装備を担いでもいけそうでよかった。
訪問者数:416人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ