ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 808701 全員に公開 雪山ハイキング支笏・洞爺

振丁・フレ岳・丹鳴岳ピストン

日程 2016年02月07日(日) [日帰り]
メンバー ku-ta
天候晴れ/雪 強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間35分
休憩
13分
合計
8時間48分
Sオコタン分岐点06:2406:55オコタンペ湖展望台07:16オコタンペ湖10:15フレ岳10:1711:15丹鳴岳11:2412:25フレ岳12:2614:14オコタンペ湖14:37オコタンペ湖展望台14:3815:12オコタン分岐点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
振丁〜フレ岳間、雪庇多い

装備

個人装備 ハードシェル グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター ネックウォーマー スノーシュー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) レジャーシート 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 携帯 タオル カメラ

写真

今日もオコタン分岐スタート。モタモタしているうちに薄明るくなってきたのでヘッドランプ要らず。
2016年02月07日 06:24撮影 by TG-4, OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日もオコタン分岐スタート。モタモタしているうちに薄明るくなってきたのでヘッドランプ要らず。
1
オコタンペ山分岐。人気ですね。
2016年02月07日 06:41撮影 by TG-4, OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オコタンペ山分岐。人気ですね。
1
オコタンペ湖分岐。
2016年02月07日 06:53撮影 by TG-4, OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オコタンペ湖分岐。
朝陽に染まる小漁〜漁
2016年02月07日 06:58撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝陽に染まる小漁〜漁
6
小漁。かっこいいピークは山頂ではない。
2016年02月07日 06:58撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小漁。かっこいいピークは山頂ではない。
8
漁と1175。
2016年02月07日 07:06撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
漁と1175。
4
恵庭の猫耳もクッキリ。
2016年02月07日 07:10撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
恵庭の猫耳もクッキリ。
3
恵庭岳の山頂岩頭。
2016年02月07日 07:10撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
恵庭岳の山頂岩頭。
3
写真ばかり撮っていて全く先に進めない。
2016年02月07日 07:23撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真ばかり撮っていて全く先に進めない。
3
やっと陽が当たった。
2016年02月07日 07:44撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと陽が当たった。
4
尾根取り付きにはスキーのトレースが!すぐ消失(^_^;)
2016年02月07日 07:50撮影 by TG-4, OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根取り付きにはスキーのトレースが!すぐ消失(^_^;)
1
この角度からの漁は新鮮。
2016年02月07日 07:55撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この角度からの漁は新鮮。
7
まぁまぁ急登です。
2016年02月07日 08:20撮影 by TG-4, OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まぁまぁ急登です。
2
木々の隙間からオコタンペ湖。オコタンペ山も。
2016年02月07日 08:26撮影 by TG-4, OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々の隙間からオコタンペ湖。オコタンペ山も。
1
湖上に人。私のトレースを追ってきた?
2016年02月07日 08:43撮影 by TG-4, OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湖上に人。私のトレースを追ってきた?
1
急登を登りきると、左手に「三等三角点:振丁」。
2016年02月07日 08:53撮影 by TG-4, OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登を登りきると、左手に「三等三角点:振丁」。
3
沢の源頭を巻いて近づく。
2016年02月07日 09:02撮影 by TG-4, OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢の源頭を巻いて近づく。
1
稜線から、丹鳴岳・フレ岳。
2016年02月07日 09:04撮影 by TG-4, OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線から、丹鳴岳・フレ岳。
3
三等三角点:振丁(地形図上のP1015.6)のピークの様子。
2016年02月07日 09:06撮影 by TG-4, OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三等三角点:振丁(地形図上のP1015.6)のピークの様子。
6
振丁、登頂。こんな風景。
2016年02月07日 09:09撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振丁、登頂。こんな風景。
5
景色良いのに、マイナーで勿体無いピーク。
2016年02月07日 09:08撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景色良いのに、マイナーで勿体無いピーク。
4
フレ岳へ向かう。雪庇の下をトラバースするという愚行(^_^;)
2016年02月07日 09:32撮影 by TG-4, OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フレ岳へ向かう。雪庇の下をトラバースするという愚行(^_^;)
1
近いっちゃ近い。
2016年02月07日 09:37撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近いっちゃ近い。
2
遠いっちゃ遠い。
2016年02月07日 09:45撮影 by TG-4, OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠いっちゃ遠い。
3
小漁。予報通り天気悪くなってきた。
2016年02月07日 09:54撮影 by TG-4, OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小漁。予報通り天気悪くなってきた。
2
フレ岳の山頂はもうすぐ。立派な雪庇が続く。
2016年02月07日 10:01撮影 by TG-4, OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フレ岳の山頂はもうすぐ。立派な雪庇が続く。
3
恵庭岳〜支笏湖の向こうに樽前山〜丹鳴岳〜フレの山頂。
2016年02月07日 10:04撮影 by TG-4, OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
恵庭岳〜支笏湖の向こうに樽前山〜丹鳴岳〜フレの山頂。
6
山頂看板、思ったよりデカイ。強風の為三脚は出さず。
2016年02月07日 10:15撮影 by TG-4, OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂看板、思ったよりデカイ。強風の為三脚は出さず。
10
山頂看板裏手にはモービルの跡が。
2016年02月07日 10:15撮影 by TG-4, OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂看板裏手にはモービルの跡が。
山頂からフレ沼を望む。
2016年02月07日 10:19撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からフレ沼を望む。
3
この角度、新鮮。
2016年02月07日 10:20撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この角度、新鮮。
2
フレ岳の西側は緩やか&殺風景。
2016年02月07日 10:22撮影 by TG-4, OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フレ岳の西側は緩やか&殺風景。
2
丹鳴岳へ向かう。近い。
2016年02月07日 10:24撮影 by TG-4, OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹鳴岳へ向かう。近い。
4
急斜面を下る。これを登り返すと思うと憂鬱。
2016年02月07日 10:25撮影 by TG-4, OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面を下る。これを登り返すと思うと憂鬱。
2
丹鳴の山頂手前から振り返ると・・・フレ岳方面は霞んできた。
2016年02月07日 11:12撮影 by TG-4, OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹鳴の山頂手前から振り返ると・・・フレ岳方面は霞んできた。
丹鳴山頂からの展望(^_^;)
2016年02月07日 11:16撮影 by TG-4, OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹鳴山頂からの展望(^_^;)
2
山頂看板見つからず、彷徨う。
2016年02月07日 11:22撮影 by TG-4, OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂看板見つからず、彷徨う。
2
・・彷徨う。
2016年02月07日 11:22撮影 by TG-4, OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
・・彷徨う。
1
・・無い!看板は諦める。
2016年02月07日 11:23撮影 by TG-4, OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
・・無い!看板は諦める。
4
強風でほんの30分前の自分のトレースが消失。
2016年02月07日 11:39撮影 by TG-4, OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
強風でほんの30分前の自分のトレースが消失。
1
急登もすっかりノートレース。なんてこった。以降ほぼ全区間トレースは消えていた。
2016年02月07日 12:14撮影 by TG-4, OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登もすっかりノートレース。なんてこった。以降ほぼ全区間トレースは消えていた。
2
雪庇にクラック。
2016年02月07日 12:39撮影 by TG-4, OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪庇にクラック。
2
まさかの復路もフルラッセルで嫌気が差したので、音楽を聴きながら。
2016年02月07日 14:05撮影 by TG-4, OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まさかの復路もフルラッセルで嫌気が差したので、音楽を聴きながら。
3
オコタンペ湖の畔まで戻り、今日のご褒美の雪苺娘。雪が降りしきる中食べるが、どこまでが粉砂糖でどこからが雪なのかわからなかった。
2016年02月07日 14:01撮影 by TG-4, OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オコタンペ湖の畔まで戻り、今日のご褒美の雪苺娘。雪が降りしきる中食べるが、どこまでが粉砂糖でどこからが雪なのかわからなかった。
6
降雪・強風・ラッセルと疲れたので、なんとなくポールの上にコンデジ載せて本日初の自撮り。中途半端なポーズ&目は死んでいた。
2016年02月07日 14:17撮影 by TG-4, OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降雪・強風・ラッセルと疲れたので、なんとなくポールの上にコンデジ載せて本日初の自撮り。中途半端なポーズ&目は死んでいた。
11

感想/記録
by ku-ta

朝のうちは快晴だったが、予報通り午後には悪天候に。
オコタンペ湖上から先はフルラッセル。
復路も強風のため自分のトレースは消えており、フルラッセルする羽目になった。
あまりにトレースが見当たらないのでルートを間違えたかと何度もGPSを確認してしまうほどだった。
振丁への取り付き尾根はそこそこの急登。フレ岳の南面と丹鳴岳の北面もそこそこの急登。スノーシューで登れないほどではないが滑ります。

以前から地形図上の三角点1015.6mが気になっていたので踏んでみました。
「三等三角点:振丁」という名称ですが、読み方がわかりません。
道内の地名はだいたいアイヌ語の当て字なので、恐らくこれもフル◯とかフレ◯なのでしょうが・・・。
オコタンペ湖からも分かるピークであり、展望も悪くないのに名前が無いのもかわいそうな山ですね。

ブログにも記載しています。
http://blogs.yahoo.co.jp/makkurokuroneko5656/36820745.html
訪問者数:321人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ピストン
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ