ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 808727 全員に公開 雪山ハイキング東海

雪上訓練!小秀山

日程 2016年02月07日(日) [日帰り]
メンバー rupmo, その他メンバー1人
天候晴れのち強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
今日は乙女渓谷キャンプ場奥にある、駐車場に止めましたが
更に奥の林道ゲートまで乗入可能。
トイレは閉鎖中のため、注意して下さい。
道路には雪もなく、普通タイヤで行けます。
雪が少ない事で、アクセスは楽になるのは良いのですが・・・
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち70%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間5分
休憩
1時間10分
合計
8時間15分
Sスタート地点07:2007:43三の谷 登山口07:4707:50山の神07:5508:40休憩適地 08:4209:27休憩適地 09:46休憩適地 09:4710:21兜岩10:2310:28第一高原10:42第二高原11:22第三高原11:44小秀山12:3112:45第三高原13:08第二高原13:23第一高原13:26兜岩13:41休憩適地 13:54休憩適地 14:22休憩適地 14:2414:59山の神15:0315:07三の谷 登山口15:1015:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山口から一応雪はあります、この日は気温も低く、
アイゼンなしで二ノ谷分岐までは登れると思います。
私達は雪上訓練が目的のため、かなり下から装着して登りました。
第一高原からの稜線は、スノシュー、ワカンはあった方がいいかな?程度で、
ツボ足でも登山道は問題ありません。外れると踏み抜き多発で注意して下さい。
妻は行きはワカンを履きましたが、帰りは面倒だと、外していました。
私は帰りもスノシュー訓練をしました。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

本日は雪上訓練!
恵那山と迷いましたが、天気が良いので小秀山に登ります。ワンデイ冬山フル装備!13kオーバーを担ぎます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日は雪上訓練!
恵那山と迷いましたが、天気が良いので小秀山に登ります。ワンデイ冬山フル装備!13kオーバーを担ぎます。
9
この先、車で行けますが、今日は訓練なので、歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先、車で行けますが、今日は訓練なので、歩きます。
1
数分でゲートに到着します、ここまで車で入れますよ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
数分でゲートに到着します、ここまで車で入れますよ。
1
更に歩く事数分、登山口です!
それでは小秀山雪上訓練、行ってきま〜す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更に歩く事数分、登山口です!
それでは小秀山雪上訓練、行ってきま〜す。
3
天気が応援してくれます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気が応援してくれます。
最初の訓練はメンタル!
眺望も変化も無い、九十九折の登山道を無言で登ります。
たっ楽しいな・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の訓練はメンタル!
眺望も変化も無い、九十九折の登山道を無言で登ります。
たっ楽しいな・・・
1
ここででアイゼンを装着して歩行訓練に切り替えます。通常歩行と時折登山道を外れ直登訓練です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここででアイゼンを装着して歩行訓練に切り替えます。通常歩行と時折登山道を外れ直登訓練です。
3
妻は無駄な行動をする事なく登って行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
妻は無駄な行動をする事なく登って行きます。
3
訓練を忘れてしまう、素敵な青空が広がっていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
訓練を忘れてしまう、素敵な青空が広がっていました。
3
今日の妻は調子が出ません。
小秀山はハードルが高かったか?イヤ大丈夫でしょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の妻は調子が出ません。
小秀山はハードルが高かったか?イヤ大丈夫でしょう。
1
鶏岩です、イマイチどの辺りか分かりません?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鶏岩です、イマイチどの辺りか分かりません?
1
アイゼン歩行訓練も飽きてきた頃、
遥か先に見えるのは兜岩だ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイゼン歩行訓練も飽きてきた頃、
遥か先に見えるのは兜岩だ!
分岐です、現在二の谷は通行止めで登れません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐です、現在二の谷は通行止めで登れません。
この先急登で、ピッケル訓練を予定していましたが、
激寒で、手が凍り始めました。
ストックから持ち換える余裕もなく、帰りに持ち越しします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先急登で、ピッケル訓練を予定していましたが、
激寒で、手が凍り始めました。
ストックから持ち換える余裕もなく、帰りに持ち越しします。
2
兜岩直下は、クラストした斜面をアイゼンを利かせながら登ります。僅かですが訓練になります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
兜岩直下は、クラストした斜面をアイゼンを利かせながら登ります。僅かですが訓練になります。
5
おぉ〜御嶽が見えてきました!
辛い訓練を乗り越えたご褒美です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おぉ〜御嶽が見えてきました!
辛い訓練を乗り越えたご褒美です。
4
そして兜岩登頂です!
ガ〜ン。楽しみにしていた白山が見えません。
手前の白草山が見えたから、OKとしましょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして兜岩登頂です!
ガ〜ン。楽しみにしていた白山が見えません。
手前の白草山が見えたから、OKとしましょう。
3
何度見ても御嶽は迫力があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度見ても御嶽は迫力があります。
2
訓練バンザイ!!!
岩までが一番怖かったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
訓練バンザイ!!!
岩までが一番怖かったです。
16
恵那山には、やまさんが登っています。
お互い天気が良くラッキーです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
恵那山には、やまさんが登っています。
お互い天気が良くラッキーです。
3
この先は雪も深くなり、登山道から外れ、踏み抜き脱出訓練です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先は雪も深くなり、登山道から外れ、踏み抜き脱出訓練です。
2
妻は忠実に登山道を辿ります。
私は無駄な訓練でズボン破れました(涙
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
妻は忠実に登山道を辿ります。
私は無駄な訓練でズボン破れました(涙
5
第一高原までは、なんとかアイゼンだけで登れました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第一高原までは、なんとかアイゼンだけで登れました。
2
大好きな中アが見えてきました!
御嶽と同様に何度見ても飽きない景色です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大好きな中アが見えてきました!
御嶽と同様に何度見ても飽きない景色です。
3
どんどん行きましょう。
妻が行く!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん行きましょう。
妻が行く!
2
妻が越える!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
妻が越える!
3
そして、妻が登る!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、妻が登る!
6
振り返ると、そこには恵那山!
尖がってます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると、そこには恵那山!
尖がってます。
3
そろそろスノシュー訓練に切り替えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そろそろスノシュー訓練に切り替えます。
2
スノシューテクテク
最高!いや訓練です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スノシューテクテク
最高!いや訓練です。
4
ここからは登山道を外れ、パウダー訓練ですが、楽しくてもう訓練ではありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは登山道を外れ、パウダー訓練ですが、楽しくてもう訓練ではありません。
1
それにしても素晴らしい晴天に恵まれました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それにしても素晴らしい晴天に恵まれました。
中アに向かうパウダーロード?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中アに向かうパウダーロード?
3
中アバンザイ!!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中アバンザイ!!!
3
小屋が近くに見えてきました。
厳しい訓練も終わりの時間が近づいています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋が近くに見えてきました。
厳しい訓練も終わりの時間が近づいています。
小屋が目の前と言うことは、山頂も目の前です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋が目の前と言うことは、山頂も目の前です。
1
やったー頂上だ!
頑張った者だけが望める景色が広がっています!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やったー頂上だ!
頑張った者だけが望める景色が広がっています!
12
妻も登頂!頑張りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
妻も登頂!頑張りました。
18
中アの稜線!丸見えだー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中アの稜線!丸見えだー。
1
私の好きな恵那山!
ヤッホーやまさん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
私の好きな恵那山!
ヤッホーやまさん。
4
本日のメインは御嶽山!
白草山VS小秀山で、どちらが御嶽が大きく見えるかで、妻と意見が分かれましたが、私は大きさは小秀、美しさは白草山かな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日のメインは御嶽山!
白草山VS小秀山で、どちらが御嶽が大きく見えるかで、妻と意見が分かれましたが、私は大きさは小秀、美しさは白草山かな?
8
山頂に到着すると風も止み、御嶽を眺めながらの昼食です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に到着すると風も止み、御嶽を眺めながらの昼食です。
3
食後も温かいデザート付き。
美味しく頂きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
食後も温かいデザート付き。
美味しく頂きました。
3
誰も居なくなった山頂広場。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
誰も居なくなった山頂広場。
最後にもう一度御嶽を望んで下山します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後にもう一度御嶽を望んで下山します。
6
紺碧の空に浮かぶ小屋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紺碧の空に浮かぶ小屋。
1
全ての景色を美しく変えてくれる、紺碧の不思議な力
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
全ての景色を美しく変えてくれる、紺碧の不思議な力
3
気持ちのいい稜線をのんびり帰りましょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちのいい稜線をのんびり帰りましょう。
振り返ると、小屋がこんなに遠くなってしまいました。
下山が勿体無い晴天です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると、小屋がこんなに遠くなってしまいました。
下山が勿体無い晴天です。
1
午前中見えなかった白山も雲から出てきてくれました。
ラッキ−です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午前中見えなかった白山も雲から出てきてくれました。
ラッキ−です。
3
楽しい雪原から樹林帯へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楽しい雪原から樹林帯へ。
1
樹林帯から稜線歩き!
変化も多く、楽しいコースです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯から稜線歩き!
変化も多く、楽しいコースです。
兜岩へ続く道は、遥か峰々に吸い込まれるような気分です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
兜岩へ続く道は、遥か峰々に吸い込まれるような気分です。
兜岩まで戻ってきました。白草山が低く見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
兜岩まで戻ってきました。白草山が低く見えます。
御嶽が見えるのもここが最後です。
噴煙が何時もより多く見えるのは、気のせいでしょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽が見えるのもここが最後です。
噴煙が何時もより多く見えるのは、気のせいでしょうか?
4
かなり傾斜がありますが、時間が遅くなったので、結局下りもピッケル訓練は中止です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり傾斜がありますが、時間が遅くなったので、結局下りもピッケル訓練は中止です。
後は変化の無い、樹林帯をひたすら下って行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後は変化の無い、樹林帯をひたすら下って行きます。
ここで全ての装備がリターンされ13kに戻りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで全ての装備がリターンされ13kに戻りました。
2
やっと登山口です。
疲れました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと登山口です。
疲れました。
2
今日は下界も寒いままです。
トボトボ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は下界も寒いままです。
トボトボ。
1
どうやら足を痛めたようです。
妻にはキツイ工程だったかもしれませんが、次回も一緒に行ってくれると思います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どうやら足を痛めたようです。
妻にはキツイ工程だったかもしれませんが、次回も一緒に行ってくれると思います。
1
振り返ると朝と変わらない青空が広がっていました。
天気に感謝します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると朝と変わらない青空が広がっていました。
天気に感謝します。
1
寒い中、寂しく留守番中の山専WAKE号が見えました。
ただいま!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寒い中、寂しく留守番中の山専WAKE号が見えました。
ただいま!
4

感想/記録
by rupmo

今年は雪上をまともに歩けていません。
先週の伊吹山は既に春山モードで、7割以上は土の上を歩く破目になりました。
今週は何とか雪上を歩きたく、自宅からお手軽な雪山と言えば、恵那山or小秀山。
前日の夜に妻と飲みながら、天気を確認すると先週までの予報に反して、快晴ではないですか!ならば眺望のよい小秀山に雪上訓練も兼ねて行き先を決めました。
装備はアイゼン、ピッケル、スノシューの他、防寒装備など日帰りの雪山フル装を想定して総重量13Kを超えました。
基本UL仕様の登山がメインな私達は、今回の重量を頂上まで担げるのか?それが一番心配です、最悪途中デポもありえます。
登り始めから雪はあったものの、アイゼンなしで十分登れましたが、訓練と言うことで、もちろん装着して登ります。
兜岩直下ではピッケル訓練ができる場面もありましたが、今日は先週の春のような陽気が嘘のように、気温もマイナス7〜8度の強風で、まさにプチ厳冬期を体験できました。
当然手がかじかんだ状態で、ストックを片付けピッケルに持ち帰る作業が出来ません、ストックのままで登ります。本当に必要な場合は、そんなこと言っていられませんが、手の寒さ対策を早めに行う事と、ワンタッチストックは必要だなと改めて勉強になりました。
頂上稜線は天気も良く、訓練と言うよりはハイキングです、頂上からの眺めの最高で雪山を思いっきり満喫する事ができました。
雪が少ないことで、普通なら登れない山も登れてします暖冬、ありがたい様な?寂しい様な?どう考えればいいのやら。
訓練結果としては、一通りの装備も使え、不足している装備、レイヤリング、リュックに装着する配置など、いくつも改善点が見つかり、次に繋がる登山になりました。
ただ最後まで解決できない問題点が1点ありました、それは写真を撮りながらのスマホの充電方法がうまくできなかった事です、電池と本体がケーブルに繋がった状態で、どのポケットに、どのように入れるのがベストか?思案中です。
次回までには改善します。

雪山バンザイ!!!
訪問者数:489人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/9/9
投稿数: 483
2016/2/9 8:04
 雪上訓練お疲れさま!
有意義な訓練が出来たようですね
私も練習せねば…
暖冬で雪が少なく雪山初心者の私にはとても優しいシーズンになってます(笑)
私も先週と違い、今週はレイヤリングの勉強になりました。
登録日: 2014/2/23
投稿数: 288
2016/2/9 17:32
 三の谷・・・・
いつもいやになる三の谷を往復されるとは・・・・
それだけの忍耐力があれば
どこへでも行けそうですね。
登録日: 2014/2/4
投稿数: 375
2016/2/9 21:34
 Re: 雪上訓練お疲れさま!
やまさんこんばんは
今週は恵那山同様でかなり寒く、特に手がヤバかったです。
完全に冷える前に、厚手のグローブに換えるべきだなと思いましたが、
気が付いた時には遅かったような?
強風の時は、汗を掻かない様に登るのも重要ですね。
石徹白のレポ楽しみにしています。
登録日: 2014/2/4
投稿数: 375
2016/2/9 21:38
 Re: 三の谷・・・・
ベッカムさんコメントありがとう御座います。
二の谷の滝巡りと、三の谷の九十九折りはギャップがあり過ぎる事で
辛いイメージが倍増していると思います。
今回それなりの覚悟で、最初から三の谷を登ったので、登りは普通でしたが、
帰りは想像通りです・・・
ただその辛さをのり越える事ができる景色が山頂には待っていました!
今週の石徹白には激パウが待っています
羨ましいな。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ