ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 808791 全員に公開 雪山ハイキング日光・那須・筑波

雲竜渓谷

日程 2016年02月07日(日) [日帰り]
メンバー kanegon2
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車タクシー
往路
04:52 勝田発 → 06:14 小山着
06:25 小山発 → 06:51 宇都宮着
06:59 宇都宮発 → 07:45 日光着
日光駅から滝尾神社までタクシー
滝尾神社から林道ゲートまで徒歩40分
* タクシーは事前予約で林道ゲートまで行ってもらうようにお願いした方がよいと思います。今市駅で電話予約しようとしたところ、全部出払っていて対応できないといわれました。仕方ないので駅前のタクシーを利用しましたが、林道ゲートまで行っちゃうとUターン出来ないとかで滝尾神社までしか行ってくれませんでした。林道ゲートまで歩いて行く途中で何台のタクシーに抜かれたか…。林道ゲートまで入ってるタクシーもあったし…。林道ゲートまで40分くらいかかりましたが、時間的にも体力的にもロスが大きすぎます。

復路
林道ゲートから日光駅まで徒歩(80分)
16:00 日光発 → 16:45 宇都宮着
16:55 宇都宮発 → 17:24 小山着
17:38 小山発 → 19:09 勝田着
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間35分
休憩
40分
合計
7時間15分
S滝尾神社 駐車場08:0508:45雲竜渓谷登山口駐車場09:25稲荷川展望台09:3011:25雲龍瀑11:5513:15稲荷川展望台13:2013:55雲竜渓谷登山口駐車場15:20JR日光駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
スタートからゴールまでトータル約7時間ですが、このうち林道ゲートから雲竜渓谷の往復は休憩時間を含めて約5時間
コース状況/
危険箇所等
・道中に危険箇所は特にありませんが、途中アイゼンを付けた状態で川を渡るところが何箇所かあるのでそこだけは注意。
・洞門岩から氷瀑まではアイゼンとストックが必要。ただし12本爪は不要で軽アイゼンで十分。ピッケルは不要。
・氷瀑エリアでは時折氷柱が落ちて来ます。近づくときは上方に注意しましょう。ヘルメットもあった方がいいです。
・林道ゲートから滝尾神社付近魔までの道は車の行き来のせいか帰りにはガチガチに凍っていました。滑って転倒しないよう要注意。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 カイロ 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター ネックウォーマー ザック アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) レジャーシート 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ヘルメット

写真

稲荷川展望台より。この時点ではまだ曇っていました。
2016年02月07日 09:11撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲荷川展望台より。この時点ではまだ曇っていました。
洞門岩から。きれいに晴れ上がってくれたおかげで、青と白のコントラスタが美しい
2016年02月07日 10:37撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
洞門岩から。きれいに晴れ上がってくれたおかげで、青と白のコントラスタが美しい
1
友知らずではアイスクライミングを楽しむ姿も
2016年02月07日 10:49撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
友知らずではアイスクライミングを楽しむ姿も
1
友知らずで巨大な氷柱を発見。時折氷柱が落ちてくるので上方には要注意!
2016年02月07日 10:55撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
友知らずで巨大な氷柱を発見。時折氷柱が落ちてくるので上方には要注意!
3
せっかくなので撮ってもらいました。氷柱の巨大さがよくわかりますね。
2016年02月07日 10:59撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
せっかくなので撮ってもらいました。氷柱の巨大さがよくわかりますね。
4
氷柱と青空
2016年02月07日 11:00撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷柱と青空
2
雲竜渓谷に到着
2016年02月07日 11:27撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲竜渓谷に到着
2
せっかくなので撮ってもらいましたver.2
2016年02月07日 11:42撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
せっかくなので撮ってもらいましたver.2
5
復路の稲荷川展望台からパシャリ。天候に恵まれ今日も良い山行となりました。来年もこんな感じでヨロシク!
2016年02月07日 13:19撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
復路の稲荷川展望台からパシャリ。天候に恵まれ今日も良い山行となりました。来年もこんな感じでヨロシク!
最終ゴールのJR日光駅。タクシー代をけちるために歩いたけどマジで疲れた。次回は流石にタクシーかな?
2016年02月07日 15:21撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最終ゴールのJR日光駅。タクシー代をけちるために歩いたけどマジで疲れた。次回は流石にタクシーかな?
1
撮影機材:

感想/記録

1. アクセス
往路
04:52 勝田発 → 06:14 小山着
06:25 小山発 → 06:51 宇都宮着
06:59 宇都宮発 → 07:45 日光着
日光駅から滝尾神社までタクシー
滝尾神社から林道ゲートまで徒歩40分
* タクシーは事前予約で林道ゲートまで行ってもらうようにお願いした方がよいと思います。今市駅で電話予約しようとしたところ、全部出払っていて対応できないといわれました。仕方ないので駅前のタクシーを利用しましたが、林道ゲートまで行っちゃうとUターン出来ないとかで滝尾神社までしか行ってくれませんでした。林道ゲートまで歩いて行く途中で何台のタクシーに抜かれたか…。林道ゲートまで入ってるタクシーもあったし…。林道ゲートまで40分くらいかかりましたが、時間的にも体力的にもロスが大きすぎます。

復路
林道ゲートから日光駅まで徒歩(80分)
16:00 日光発 → 16:45 宇都宮着
16:55 宇都宮発 → 17:24 小山着
17:38 小山発 → 19:09 勝田着

2. コース状況など
・道中に危険箇所は特にありませんが、途中アイゼンを付けた状態で川を渡るところが何箇所かあるのでそこだけは注意。
・洞門岩から氷瀑まではアイゼンとストックが必要。ただし12本爪は不要で軽アイゼンで十分。ピッケルは不要。
・氷瀑エリアでは時折氷柱が落ちて来ます。近づくときは上方に注意しましょう。ヘルメットもあった方がいいです。
・林道ゲートから滝尾神社付近魔までの道は車の行き来のせいか帰りにはガチガチに凍っていました。滑って転倒しないよう要注意。

3. 参考書籍
秋から冬の山詳細ルートガイド

4. 感想
3か月前から今週末は雲竜渓谷と決めていました。土曜日も準備をして朝4時半に家のドアを開けたのですが、何と雨。徒歩で駅に行かないといけないが濡れるのは嫌だし、日光の方は雪も降ってるし、日曜の方が天気良さそうだし、ということで土曜日は土壇場でヤメ。日曜に日程変更しましたが、どうやら正解だったようです。

稲荷川展望台までは若干曇天気味でしたがそこからはどんどん晴れ上がり、雲竜渓谷に着くころには真っ青な青空に。氷の白と空の青のコントラストが実に見事で、明日の会社でぐだるのを覚悟でやって来た甲斐がありました。今年は暖冬の影響なのか、例年より氷瀑は少なめだったようですが、私にとっては来年も行く甲斐ができてむしろ願ったり叶ったり。1年後が今から楽しみです。
訪問者数:355人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ