ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 808980 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

今熊山〜金剛の滝

日程 2016年02月07日(日) [日帰り]
メンバー takasanpo
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
ちょっとの積雪でも、バイクには無理。
雪に近づかず、小峰トンネル出口から歩きました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間52分
休憩
38分
合計
2時間30分
Sスタート地点12:5713:12今熊神社(下社)13:1413:38今熊山(呼バワリ山・今熊神社本殿)14:1014:44金剛の滝14:4815:27ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
今熊山から金剛の滝上に出る道は、落石のため通行止めになっていました。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

今回のスタート地点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回のスタート地点
路面が凍結しています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
路面が凍結しています。
新多摩変電所への分岐。「今熊野山道」の古い道標には「弘化三(1846)年」の文字。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新多摩変電所への分岐。「今熊野山道」の古い道標には「弘化三(1846)年」の文字。
日なたでは、雪解け水から湯気が上がっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日なたでは、雪解け水から湯気が上がっています。
1
ここはしっかり雪道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここはしっかり雪道。
今熊神社も、雪の階段。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今熊神社も、雪の階段。
ちょっと登ると、雪山の景色も。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと登ると、雪山の景色も。
途中の展望台。ベンチは雪で座れません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の展望台。ベンチは雪で座れません。
雪深いところも出てきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪深いところも出てきます。
山頂直下のトイレ。いつもお世話になります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下のトイレ。いつもお世話になります。
山頂への分岐。今回は右へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂への分岐。今回は右へ。
今熊開運稲荷神社。鳥居をくぐった人と、くぐらない人の足跡。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今熊開運稲荷神社。鳥居をくぐった人と、くぐらない人の足跡。
山頂のベンチも、こちらは座れません。(乾いて座れるベンチもありました。)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂のベンチも、こちらは座れません。(乾いて座れるベンチもありました。)
山頂の今熊神社。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の今熊神社。
歴史を感じる石碑群。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歴史を感じる石碑群。
東京方面の眺望。スカイツリーもくっきり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東京方面の眺望。スカイツリーもくっきり。
2
向こうの山の採石場。「武甲山」に似てきたような・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向こうの山の採石場。「武甲山」に似てきたような・・・。
義足の狛犬にも、歴史を感じます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
義足の狛犬にも、歴史を感じます。
北側の木々の間から、大岳山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側の木々の間から、大岳山。
1
御岳山も近くに見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御岳山も近くに見えます。
2
神社脇の道標に従い、裏側へと降りていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社脇の道標に従い、裏側へと降りていきます。
結構雪が積もっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構雪が積もっています。
山頂近くの鉄塔脇から。北東側の展望。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂近くの鉄塔脇から。北東側の展望。
いやあ、すごい雪。通るとき上から落ちてこないでね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いやあ、すごい雪。通るとき上から落ちてこないでね。
2
金剛の滝上に続く道は、落石のため通行止めになっていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金剛の滝上に続く道は、落石のため通行止めになっていました。
そのすぐ先の、雪の橋。犬の足跡もありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのすぐ先の、雪の橋。犬の足跡もありました。
ここから滝方面へと下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから滝方面へと下ります。
滝に向かう分かれ道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝に向かう分かれ道。
なんだかすごい雪の堰堤です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんだかすごい雪の堰堤です。
金剛の滝下。道は、右側の岩へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金剛の滝下。道は、右側の岩へ。
1
岩をくりぬいた道。足下には水も流れ、暗いので注意!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩をくりぬいた道。足下には水も流れ、暗いので注意!
滝から上に続く道は、ここから通行止め。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝から上に続く道は、ここから通行止め。
戻る途中の雪。積もる場所にはしっかり積もる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戻る途中の雪。積もる場所にはしっかり積もる。
反対側の尾根へと、登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反対側の尾根へと、登ります。
いつも登り慣れた、尾根道と合流。このあたりハセツネでは、激しい渋滞。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつも登り慣れた、尾根道と合流。このあたりハセツネでは、激しい渋滞。
新多摩変電所に出ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新多摩変電所に出ました。
場所によっては、この積雪。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
場所によっては、この積雪。
スタート地点に戻りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタート地点に戻りました。

感想/記録

前回に引き続き、衝動的な山登りです。
夜明け前の小雪もやみ、好天の日曜日。
洗濯物を干しながら見た山々。・・・行こうかな。
本当は、梅の木峠から日の出山を考えていたのですが、
白岩の滝入口手前の積雪(路面凍結)で、バイクには無理。
そこで五日市に戻り、ハセツネ最初の山「今熊山」に登りました。

このあたりの雪は、「無い所には無い。有る所には積もっている。」という状態。
登り慣れた道の雪景色は、なかなか楽しいものでした。
ハセツネでは黙々と登る山も、のんびり歩くと新たに見つける物もありました。
特に今熊山は、頂上をスルーして進んでしまう山。
山頂には、歴史を感じる神社がありました。
また、東側に開けた展望で、スカイツリーまでしっかり見えました。
お弁当を食べていると、木々に残った雪がさっと散ったりして、なかなかいい感じ。

そしてもう一つ。コース上の道標で、常々気になっていた「金剛の滝」。
頂上まで犬を連れ、スニーカーで来ていた方に、雪はあるものの道が通れることを聞き、行ってみることにしました。
細い雪道を慎重に下り、沢道を少し登ると小さな滝がありました。
でもこの滝の横にある大きな岩をくりぬいた道を抜けたところが、金剛の滝。
さらに、そのくぐった岩の上から滝を眺められるようになっていました。

あとは、新多摩変電所への尾根道に登り、スタート地点へ。
わずか2時間半でしたが、楽しい山歩きでした。
訪問者数:231人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

堰堤 道標 落石 ハセツネ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ