ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 808992 全員に公開 山滑走谷川・武尊

谷川岳 熊穴沢避難小屋で雪洞訓練 〜 熊穴沢滑走(動画あり)

日程 2016年02月07日(日) [日帰り]
メンバー naosuke55
天候雪 しんしんと降ってました
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間50分
休憩
2時間0分
合計
4時間50分
S天神峠10:0011:00熊穴沢避難小屋13:0014:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
昨夜からの降雪は10〜15センチくらいでしょうか。下地がしっかり踏み固められているので、ルートを外さなければツボ足でも普通に歩けます。

避難小屋の手前、急登が一か所あり、とてもシールで登れるような傾斜ではなかったのでアイゼン歩行に切り替えました。※寒さでデジカメバッテリーがダメになってしまったのでこの辺りの写真はありません。。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

備考 デジカメはザックのショルダーハーネスにケースを付けて入れてますが、寒さでバッテリーが給電できなくなってしまいました。
ただウェアの内ポケットに入れて温めると復活。厳冬期の悪天候時、外付けはNGですね。

写真

朝のベースプラザ。雪です。
2016年02月07日 09:03撮影 by Canon PowerShot S110, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝のベースプラザ。雪です。
峠リフト \350。
2016年02月07日 09:32撮影 by Canon PowerShot S110, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峠リフト \350。
登山道のゲート。微妙に登り返しです。
2016年02月07日 09:42撮影 by Canon PowerShot S110, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道のゲート。微妙に登り返しです。
1
コルまで軽く滑って、ここからシール装着。ハイクスタートです。
2016年02月07日 09:58撮影 by Canon PowerShot S110, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コルまで軽く滑って、ここからシール装着。ハイクスタートです。
この後、尾根上を行かずトラバース気味にルートを取ったら大失敗でした。
2016年02月07日 11:22撮影 by Canon PowerShot S110, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この後、尾根上を行かずトラバース気味にルートを取ったら大失敗でした。
避難小屋到着。やっと屋根が見えなくなりました。デジカメも内ポケットで温めて復活。
2016年02月07日 11:22撮影 by Canon PowerShot S110, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋到着。やっと屋根が見えなくなりました。デジカメも内ポケットで温めて復活。
2
すでに山頂は諦めました。さてどうしよう。せっかくなので避難小屋から少し下った斜面に雪洞を掘ってみました。で、掘ってみると突然空洞。どうやら以前掘られて埋もれてたものを掘り当てたようです。
2016年02月07日 12:04撮影 by Canon PowerShot S110, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すでに山頂は諦めました。さてどうしよう。せっかくなので避難小屋から少し下った斜面に雪洞を掘ってみました。で、掘ってみると突然空洞。どうやら以前掘られて埋もれてたものを掘り当てたようです。
3
ちょっと狭かったので内部を拡張工事。座ってみると思いのほか暖かいです。これでダウンを着て、エマージェンシーシートをかぶればある程度寒さはしのげるかな。ただ足先だけは、時間とともにどんどん冷えてきました。
2016年02月07日 12:08撮影 by Canon PowerShot S110, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと狭かったので内部を拡張工事。座ってみると思いのほか暖かいです。これでダウンを着て、エマージェンシーシートをかぶればある程度寒さはしのげるかな。ただ足先だけは、時間とともにどんどん冷えてきました。
4
テーブルを作ってみました。雪洞というか、かまくらで遊んでる感覚です。
2016年02月07日 12:20撮影 by Canon PowerShot S110, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テーブルを作ってみました。雪洞というか、かまくらで遊んでる感覚です。
4
雪洞でカップラーメン。
2016年02月07日 12:27撮影 by Canon PowerShot S110, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪洞でカップラーメン。
1
お次はバウムクーヘン。
2016年02月07日 12:30撮影 by Canon PowerShot S110, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お次はバウムクーヘン。
携帯電波もGPSも良好。妄想で遭難救助要請をしてみます(笑)
2016年02月07日 12:36撮影 by Canon PowerShot S110, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
携帯電波もGPSも良好。妄想で遭難救助要請をしてみます(笑)
1
雪洞を掘るような事態は絶対に避けたいところですが、これも経験。楽しかったです。
2016年02月07日 12:43撮影 by Canon PowerShot S110, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪洞を掘るような事態は絶対に避けたいところですが、これも経験。楽しかったです。
4
一瞬だけ太陽が見えたりもしました。
2016年02月07日 12:58撮影 by Canon PowerShot S110, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一瞬だけ太陽が見えたりもしました。
雪洞遊びもひと段落。悩みましたが熊穴沢に滑り込むことにします。
2016年02月07日 13:04撮影 by Canon PowerShot S110, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪洞遊びもひと段落。悩みましたが熊穴沢に滑り込むことにします。
日帰りの登山者さんが続々と下山。小屋の周りで2時間近く滞在してしまいました
2016年02月07日 13:09撮影 by Canon PowerShot S110, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日帰りの登山者さんが続々と下山。小屋の周りで2時間近く滞在してしまいました
ドキドキのドロップ
2016年02月07日 13:10撮影 by Canon PowerShot S110, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドキドキのドロップ
2
パウダーでした。
2016年02月07日 13:27撮影 by Canon PowerShot S110, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パウダーでした。
1
曇っていると地形が見難いです。
2016年02月07日 13:27撮影 by Canon PowerShot S110, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曇っていると地形が見難いです。
西黒尾根もちらっと見えました。
2016年02月07日 13:29撮影 by Canon PowerShot S110, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西黒尾根もちらっと見えました。
地形を見極めながら慎重に下ります。
2016年02月07日 13:29撮影 by Canon PowerShot S110, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地形を見極めながら慎重に下ります。
だいぶ下って傾斜も緩やかになってきました。この頃から先行シュプールは右岸をトラバース気味に滑走してます。
2016年02月07日 13:36撮影 by Canon PowerShot S110, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ下って傾斜も緩やかになってきました。この頃から先行シュプールは右岸をトラバース気味に滑走してます。
最初の落とし穴。スピード出してると気づくの遅れてドボンの恐れも…
2016年02月07日 13:40撮影 by Canon PowerShot S110, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の落とし穴。スピード出してると気づくの遅れてドボンの恐れも…
一応埋まってますが、地形がまんま出てる感じです。ツボ足で乗ったら沢に転落しそう
2016年02月07日 13:40撮影 by Canon PowerShot S110, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一応埋まってますが、地形がまんま出てる感じです。ツボ足で乗ったら沢に転落しそう
1
しっかり水面が出てきました
2016年02月07日 13:41撮影 by Canon PowerShot S110, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しっかり水面が出てきました
1
ここでくぼみにハマって転倒。前方不注意でした。そして板が外れてスキートレーサーが始動。板が外れて足から離れるとスルスルと赤いテープが引き出されます。雪崩紐てきな役割も担ってくれるんじゃないかと、お守り代わりに使ってみました。
2016年02月07日 13:42撮影 by Canon PowerShot S110, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでくぼみにハマって転倒。前方不注意でした。そして板が外れてスキートレーサーが始動。板が外れて足から離れるとスルスルと赤いテープが引き出されます。雪崩紐てきな役割も担ってくれるんじゃないかと、お守り代わりに使ってみました。
3
ハマったくぼみ。幸いなことに雪はしっかりしていたので、埋もれることはありませんでした。雪が薄かったら沢に落ちていたかも。。反省。気を付けます。
2016年02月07日 13:46撮影 by Canon PowerShot S110, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハマったくぼみ。幸いなことに雪はしっかりしていたので、埋もれることはありませんでした。雪が薄かったら沢に落ちていたかも。。反省。気を付けます。
1
先行トレースにならって右岸をトラバース気味に進みます。
2016年02月07日 13:50撮影 by Canon PowerShot S110, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先行トレースにならって右岸をトラバース気味に進みます。
1
藪スキー。微妙な登り返しもあり難易度高し。先行ボーダーさんはすでにシューに切り替えているようです
2016年02月07日 14:03撮影 by Canon PowerShot S110, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藪スキー。微妙な登り返しもあり難易度高し。先行ボーダーさんはすでにシューに切り替えているようです
1
藪をぬって
2016年02月07日 14:28撮影 by Canon PowerShot S110, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藪をぬって
1
田尻沢コースに合流。
2016年02月07日 14:44撮影 by Canon PowerShot S110, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
田尻沢コースに合流。
2
無事にゴール。結構時間かかりました。一安心です。
2016年02月07日 14:53撮影 by Canon PowerShot S110, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事にゴール。結構時間かかりました。一安心です。
最後まで雪でした。
2016年02月07日 14:58撮影 by Canon PowerShot S110, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後まで雪でした。
下山カードを提出して本日の山行はコンプリート
2016年02月07日 15:02撮影 by Canon PowerShot S110, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山カードを提出して本日の山行はコンプリート
水上IC付近はぴーかん
2016年02月07日 15:53撮影 by Canon PowerShot S110, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水上IC付近はぴーかん
関越道下牧PAより。谷川連峰は分厚い雲に覆われてました。新潟側も終日雪でチェーン規制だったようです。谷川連峰で天候が綺麗に分かれる。標高はさほど高くないですが、これだけ雪雲をがっちりブロックするってすごいですね。

嘘かホントか、かつて田中角栄が谷川岳をダイナマイトでふっ飛ばして、新潟の雪を減らそうとしたとかしないとか…。すごい発想ですね。
2016年02月07日 16:03撮影 by Canon PowerShot S110, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
関越道下牧PAより。谷川連峰は分厚い雲に覆われてました。新潟側も終日雪でチェーン規制だったようです。谷川連峰で天候が綺麗に分かれる。標高はさほど高くないですが、これだけ雪雲をがっちりブロックするってすごいですね。

嘘かホントか、かつて田中角栄が谷川岳をダイナマイトでふっ飛ばして、新潟の雪を減らそうとしたとかしないとか…。すごい発想ですね。
2
撮影機材:

感想/記録



▲ハイク
天神峠から少し滑ったコルからハイクスタート。冬道の尾根通しルートではなく、あえて夏道ルートの巻きにチャレンジしてみました。夏道のトレースは全くなしでした。

前日までは晴れていたようで雪面はがっちりクラスト。その上に前夜から降った新雪が10〜15センチくらい乗っている状態。当然の如くズルズル滑ります。結局、急斜面でトラバースできずに3メートルほど滑落。クトーつけてればもう少しマシだったかもしれませんが、さすがに危険を感じました。このままトラバースは無理と判断。板を外してツボ足で支尾根に這い上がり、正規の冬道ルートにもどりました。ここでかなり時間と体力をロスし、雪の状態・天候を考慮してこの時点で山頂は諦めました。まだまだ修行が足りませんね。


▼滑走
避難小屋から熊穴沢を落としました。

クラストした上に新雪。当方、弱層とかピットチェックとかの知識技術はありませんが、雪崩やすい条件ということはわかります。当初はビビッて、今日は滑走なしで歩いて戻ろうかとも考えてました。

同じタイミングでハイクしていたベテランボーダーさん2名とお話ししたところ、ピットチェックの結果はまぁ大丈夫だろうとのこと。お二人は先に熊穴沢に滑り込んでいきました。昨夜からの降雪量がさほどでもないため、スラフが多少出る程度で何とかなるだろう判断し、自分も熊穴沢へgo!

沢の上部は脛から膝くらいのパウダーでした。ただ視界が悪く、地形が見難いので快適滑走とまでは言えませんでした。まぁ自分の滑走技術が未熟なだけですね…。パウダー滑走は難しいです。

沢を下って傾斜が緩くなってくると、水面が出始めます。後半は沢の右岸の藪をトラバース気味に進みます。先行ボーダーさんのトレースのおかげでだいぶ楽させてもらいましたが、それでもやはり藪の中の滑走は疲れます。時々微妙な登り返しもありましたし。

ロープウェイが見えて田尻沢との合流直前、きわどいスノーブリッジがあり、自分はビビッて安全なところまで引き返してルートを取り直しましたが、後から来た外人さん2人組ははしゃぎながら勢いでブリッジをクリア。ん〜さすが。

↑の引き返しでシールをつけたので、最後はシール歩行で下山コースに合流。藪滑走は疲れましたが、とても良い経験になりました。
訪問者数:426人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ