ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 809014 全員に公開 アイスクライミング八ヶ岳・蓼科

赤岳鉱泉、2度目のアイスキャンデー

日程 2016年02月07日(日) [日帰り]
メンバー dopaminetia, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
八ヶ岳山荘に駐車しましたが、スタットレス、チェーンあれば美濃戸まで行けそうでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち48%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間3分
休憩
4時間23分
合計
8時間26分
S八ヶ岳山荘07:5508:15八ヶ岳山荘08:1609:06やまのこ村09:11美濃戸山荘09:2109:59堰堤広場10:0410:47赤岳鉱泉14:4915:13堰堤広場15:1415:35美濃戸山荘15:3915:42赤岳山荘16:21ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
美濃戸より奥は積雪、凍結もあり。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

すたーと!したのですが、道を間違えてタイムロスww
2016年02月07日 08:01撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すたーと!したのですが、道を間違えてタイムロスww
ショートカットコースをすすみます。
2016年02月07日 08:32撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ショートカットコースをすすみます。
1時間ほどで美濃戸にとうちゃく〜
2016年02月07日 09:24撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1時間ほどで美濃戸にとうちゃく〜
さくっと進みます。
2016年02月07日 09:24撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さくっと進みます。
30分で堰堤へ。
2016年02月07日 10:02撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
30分で堰堤へ。
アイスへは1045に到着。

2016年02月07日 14:45撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイスへは1045に到着。

1
おつかれさまでした。下山します
2016年02月07日 14:52撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おつかれさまでした。下山します
1
下山はさくっと。鉱泉からここまで1時間
2016年02月07日 15:38撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山はさくっと。鉱泉からここまで1時間
最後の下りも30分。かなりの速度でおりましたww
2016年02月07日 16:22撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の下りも30分。かなりの速度でおりましたww
撮影機材:

感想/記録

前に一緒にアイスをやった方と2人で、アイスキャンデーへいってきました〜

ホントは3人の予定だったんですが、日付を間違えてDNS。2人の山行になりました。

今回は、美濃戸までの路面状況と、駐車スペースの問題から八ヶ岳山荘に駐車し、赤岳鉱泉を目指しました。

赤岳鉱泉へは1045到着。
お昼を食べて1130からクライミング開始。

今回はフィールドを意識してトップロープをエイトノットで直接ハーネスに括り付けたり、ATCを使わず半マストでビレイをしてみたり。

家でロープワークをしているときは半マストも問題なくできていました。
しかし、実際にビレイで使う際、
ハーネス+カラビナ+ザイルとなると半マストがうまく結べず混乱しました。
特に、ビレイする際に利き手側にザイルが来るように半マストをしなければいけないので、そのあたりが次回までの課題かな〜と感じました。

あとは、前回登った氷壁の隣の垂直壁に挑戦しました。垂直壁のほうが、身体が後ろに引っ張られるので、アックスとアイゼンの先に体重が乗ってる感じがわかって楽しいですね!


つぎは実際の氷瀑を登ってみたい!
訪問者数:232人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ