ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 809061 全員に公開 雪山ハイキング奥多摩・高尾

雪の笹尾根: 西原峠〜日原峠

日程 2016年02月07日(日) [日帰り]
メンバー naochan17, その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
往:上野原駅8:30(富士急山梨バス)→9:20郷原
復:新山王橋16:49(富士急山梨バス)→17:15上野原駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち70%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間42分
休憩
1時間29分
合計
7時間11分
S郷原バス停09:2711:25西原峠11:29槇寄山12:0212:05西原峠12:0612:24田和峠12:2912:50数馬峠12:5413:17藤尾分岐13:36笛吹峠13:4014:03丸山14:4014:59小棡峠15:32土俵岳15:3415:46日原峠15:4916:38新山王橋バス停(旧:棡原中学校入口バス停)16:38ゴールG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所はありません。なにも考えずに踏み跡を追いかけると、とんでもない目に合うことがあります。要所要所で立ち止まって、現在地の確認をしましょう(反省)。アイゼンは不要でした。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

8時30分。無生野行、井戸行、飯尾行3台のバスがあの狭い駅前から順次発車する光景は壮観です。飯尾行のバスは途中十数人の団体客を、用竹、阿寺沢入口で各1人、郷原で最後の2人を降ろし去って行きました。
2016年02月07日 09:26撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8時30分。無生野行、井戸行、飯尾行3台のバスがあの狭い駅前から順次発車する光景は壮観です。飯尾行のバスは途中十数人の団体客を、用竹、阿寺沢入口で各1人、郷原で最後の2人を降ろし去って行きました。
バス停対面の車道を行きます。山肌に纏わりついていた霧がどんどん消えていきます! ヒャッホー!
2016年02月07日 09:26撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス停対面の車道を行きます。山肌に纏わりついていた霧がどんどん消えていきます! ヒャッホー!
登山道入り口。雪を除けると、三頭山・西原峠
2016年02月07日 09:31撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道入り口。雪を除けると、三頭山・西原峠
雪はまだこんな程度です。
2016年02月07日 09:53撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪はまだこんな程度です。
枝に張り付いた雪が青空にキラキラ輝いてきれいでした。
2016年02月07日 10:05撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枝に張り付いた雪が青空にキラキラ輝いてきれいでした。
樹間から見えるのは権現山でしょうか。
2016年02月07日 10:18撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹間から見えるのは権現山でしょうか。
雪が増えてきたので、チェーンスパイクを履きました。
2016年02月07日 10:31撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が増えてきたので、チェーンスパイクを履きました。
目に映る一コマ一コマに感嘆!これだから山はやめられません。
2016年02月07日 10:32撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目に映る一コマ一コマに感嘆!これだから山はやめられません。
富士山も見えてきました!
2016年02月07日 10:58撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山も見えてきました!
富士山アーップ
2016年02月07日 10:58撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山アーップ
三頭山分岐を右、西原峠に向かいます。南面なので雪はありません。
2016年02月07日 11:15撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三頭山分岐を右、西原峠に向かいます。南面なので雪はありません。
西原峠を左に、槇寄山に向かいます。
2016年02月07日 11:25撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西原峠を左に、槇寄山に向かいます。
槇寄山山頂。ベンチとテーブルにシートを広げ昼食。食後はショウガ入り甘酒を飲みながら景色を堪能しました。
2016年02月07日 11:29撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槇寄山山頂。ベンチとテーブルにシートを広げ昼食。食後はショウガ入り甘酒を飲みながら景色を堪能しました。
1
槇寄山頂から南西方面。
2016年02月07日 11:29撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槇寄山頂から南西方面。
再度、富士山アーップ
2016年02月07日 11:30撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再度、富士山アーップ
西原峠に戻り、笹尾根を東進します。尾根の北側の踏み跡を辿ります。
2016年02月07日 12:16撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西原峠に戻り、笹尾根を東進します。尾根の北側の踏み跡を辿ります。
標柱に峠とだけ記された田和分岐、というか、「田和」の2文字が消えたのかな。
2016年02月07日 12:29撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標柱に峠とだけ記された田和分岐、というか、「田和」の2文字が消えたのかな。
首元に雪が入り込まないよう注意します。
2016年02月07日 12:40撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
首元に雪が入り込まないよう注意します。
峠が見えてきました。
2016年02月07日 12:48撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峠が見えてきました。
数馬峠です。14時30分を過ぎていたら仲の平BSに下る設定にしてあります。超セーフです。
2016年02月07日 12:49撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
数馬峠です。14時30分を過ぎていたら仲の平BSに下る設定にしてあります。超セーフです。
数馬峠から
2016年02月07日 12:49撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
数馬峠から
大羽根山を越えて浅間尾根登山口に至る分岐です。
2016年02月07日 13:06撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大羽根山を越えて浅間尾根登山口に至る分岐です。
ほぼ水平の笹尾根を喜々として行きます。
2016年02月07日 13:13撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほぼ水平の笹尾根を喜々として行きます。
藤尾分岐
2016年02月07日 13:17撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤尾分岐
淡々と踏み跡を追います。
2016年02月07日 13:26撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
淡々と踏み跡を追います。
笛吹(うずしき)峠。とてもじゃないが読めません。
2016年02月07日 13:36撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笛吹(うずしき)峠。とてもじゃないが読めません。
予定より1時間ほど早くの到着。順調です。
2016年02月07日 13:36撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予定より1時間ほど早くの到着。順調です。
頼りの踏み跡に沿って、右足・左足・・・。この頼り切った姿勢の責任を、山旅後半に取らされてしまうとも知らずに・・・
2016年02月07日 13:52撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頼りの踏み跡に沿って、右足・左足・・・。この頼り切った姿勢の責任を、山旅後半に取らされてしまうとも知らずに・・・
なだらかな山頂が見えてきました。
2016年02月07日 14:02撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なだらかな山頂が見えてきました。
丸山です。ここからも少ない踏み跡を追います。踏み跡は登りのも下りのもあります。次第に急斜面の下降となり、斜面を回り込んでトラバースするところでハタと踏み跡が無くなっています。この登り下りの靴跡の先達にならい、我々も丸山まで引き返しました。丸山におけるコースタイム37分は大休止ではないのです。
2016年02月07日 14:03撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸山です。ここからも少ない踏み跡を追います。踏み跡は登りのも下りのもあります。次第に急斜面の下降となり、斜面を回り込んでトラバースするところでハタと踏み跡が無くなっています。この登り下りの靴跡の先達にならい、我々も丸山まで引き返しました。丸山におけるコースタイム37分は大休止ではないのです。
15時小棡峠に到着。15時を過ぎていたら笛吹入口BSに下る設定にしてありますが、一応セーフということで、土俵岳に向かいます。
2016年02月07日 14:59撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15時小棡峠に到着。15時を過ぎていたら笛吹入口BSに下る設定にしてありますが、一応セーフということで、土俵岳に向かいます。
えっ、ここ山頂?笹平とも呼ばれているそうです。納得!
2016年02月07日 15:31撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
えっ、ここ山頂?笹平とも呼ばれているそうです。納得!
土俵岳
2016年02月07日 15:31撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土俵岳
15時44分日原峠到着。新山王橋BSまで昭文社コースタイム1時間。バスは16時49分。大丈夫そうです。
2016年02月07日 15:44撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15時44分日原峠到着。新山王橋BSまで昭文社コースタイム1時間。バスは16時49分。大丈夫そうです。
お地蔵さんにご挨拶して下山開始
2016年02月07日 15:47撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お地蔵さんにご挨拶して下山開始
16時38分バス停到着。少し離れたところに、いつもこの時間になると灯が入る不思議なスナックがあります。この山奥にどんなお客が来るというのでしょう。今日は明かりがつきません。日曜日はお休みなのかな。
2016年02月07日 16:38撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16時38分バス停到着。少し離れたところに、いつもこの時間になると灯が入る不思議なスナックがあります。この山奥にどんなお客が来るというのでしょう。今日は明かりがつきません。日曜日はお休みなのかな。

感想/記録

またまた不注意ミスを犯してしまった。なにも考えずに踏み跡を追いかけ、急斜面を下り続けた先で急に途絶えた踏み跡に呆然。ガーミンを見ると小棡の方に向かっている。このまま右にトラバースすれば、日寄橋BSへのルートに合流できるかもしれないけれど。それにしても、事前のルート確認からして、こんな急降下おかしいと思わなかったのか。ガーミン持っているのに、なんで途中でチェックしなかったのか。登りと下りの靴跡があったので気が緩んでいたのだ。先達の登りと下りの靴跡は、我々に同じ行動を取らせた。丸山手前まで戻ろう。そして、小棡峠で行く末を考えよう。時間に余裕のあるのが救いだった。小棡峠でTさんと検討。予定通り、土俵岳・日原峠経由で新山王橋BSまで行こう!
反省しきりの山旅でしたが、信頼できるTさんと一緒、体力・時間ともに余裕があり、暖かく穏やかな天気にも恵まれ、慌てることなく、十分に雪の笹尾根を満喫することができました。お疲れ様でした。
訪問者数:400人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

アイゼン 地蔵
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ