ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 809173 全員に公開 雪山ハイキング氷ノ山

氷ノ山

日程 2016年02月06日(土) 〜 2016年02月07日(日)
メンバー mikimiki, その他メンバー7人
天候曇り時々雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・駐車場-氷ノ山国際スキー場
・セントラルロッジまでは2回リフトに乗り換え
所要時間約20分 料金片道500円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 2.2〜2.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち43%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間10分
休憩
0分
合計
4時間10分
Sスタート地点09:3013:40ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
9:30セントラルロッジ-9:40東尾根登山口-10:30東尾根避難小屋10:40-11:40一の谷休憩所11:45-12:10〈1200m地点〉12:30-12:40一の谷休憩所-13:10東尾根避難小屋13:15-13:35東尾根登山口-13:40セントラルロッジ
コース状況/
危険箇所等
・新雪の深い雪でラッセル
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

早朝6時民宿前にて
一晩で40cm以上の雪が車上に積もる
2016年02月07日 07:16撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早朝6時民宿前にて
一晩で40cm以上の雪が車上に積もる
3
早朝6時民宿前にて
民宿の裏山は一晩で雪山に、余りの豹変に驚く
2016年02月07日 07:17撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早朝6時民宿前にて
民宿の裏山は一晩で雪山に、余りの豹変に驚く
1
氷ノ山国際スキー場駐車場にて
山は雪に覆われ冬景色に
2016年02月07日 08:48撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷ノ山国際スキー場駐車場にて
山は雪に覆われ冬景色に
氷ノ山東尾根登山口にて
標高800m、積雪は60cmを越える
2016年02月07日 09:42撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷ノ山東尾根登山口にて
標高800m、積雪は60cmを越える
氷ノ山東尾根登山口にて
ワカン、寒さ対策を万全に出発
2016年02月07日 09:42撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷ノ山東尾根登山口にて
ワカン、寒さ対策を万全に出発
1
登山口から少し歩くと、氷ノ山国際スキー場のゲレンデが眼下に
2016年02月07日 09:42撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から少し歩くと、氷ノ山国際スキー場のゲレンデが眼下に
東尾根避難小屋に到着、青空が覗く
2016年02月07日 10:38撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東尾根避難小屋に到着、青空が覗く
東尾根避難小屋で休息、水分補給
2016年02月07日 10:37撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東尾根避難小屋で休息、水分補給
1
東尾根避難小屋から伸びるトレース
2016年02月07日 10:38撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東尾根避難小屋から伸びるトレース
1
東尾根避難小屋にて
青空と樹氷
2016年02月07日 10:38撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東尾根避難小屋にて
青空と樹氷
5
新雪は更に深く
2016年02月07日 10:47撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新雪は更に深く
2
深雪と雪の樹林
2016年02月07日 10:48撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
深雪と雪の樹林
1
ラッセルしながら急坂を登る
2016年02月07日 10:48撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラッセルしながら急坂を登る
3
深雪の尾根を行く
2016年02月07日 10:53撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
深雪の尾根を行く
2
一の谷休憩所に到着
この先、更に深い雪と急坂の尾根道が始まる
2016年02月07日 11:44撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の谷休憩所に到着
この先、更に深い雪と急坂の尾根道が始まる
2
一の谷休憩所付近の雪景色
2016年02月07日 11:44撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の谷休憩所付近の雪景色
4
一の谷休憩所付近の雪景色
2016年02月07日 11:44撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の谷休憩所付近の雪景色
2
一の谷休憩所付近の雪景色
2016年02月07日 11:44撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の谷休憩所付近の雪景色
2
樹林と笹尾根の冬道へ
2016年02月07日 11:56撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林と笹尾根の冬道へ
4
交替しながらラッセルを
2016年02月07日 11:56撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
交替しながらラッセルを
3
冬道を直登、振り返ると
まさに厳冬期の冬山が

2016年02月07日 11:57撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬道を直登、振り返ると
まさに厳冬期の冬山が

2
視界が開け、鉢伏山を遠望
2016年02月07日 12:00撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界が開け、鉢伏山を遠望
4
鉢伏山から続く真っ白な山脈
2016年02月07日 12:00撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉢伏山から続く真っ白な山脈
4
雪は益々深く、足は重く喘ぐ息
2016年02月07日 12:00撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪は益々深く、足は重く喘ぐ息
1
標高1200m付近に到達
雪は腰まで、これ以上は進めない時間もない
ここから引き返すと判断
2016年02月07日 12:11撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1200m付近に到達
雪は腰まで、これ以上は進めない時間もない
ここから引き返すと判断
8
今日の最高点で再び青空が
青い空に樹氷が美しい
2016年02月07日 12:12撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の最高点で再び青空が
青い空に樹氷が美しい
11
深い新雪の氷ノ山、ラッセルは大変だが楽しい
冬山バンザーイ
2016年02月07日 12:28撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
深い新雪の氷ノ山、ラッセルは大変だが楽しい
冬山バンザーイ
7

感想/記録

2/6前泊のため午後、大阪を出発する
車は中国自動車道、舞鶴自動車道そして北近畿自動車道と繋ぎ八鹿氷ノ山ICで降りる
更に氷ノ山国際スキー場を目指し、八木川に沿いながらR9からR87を走る
流れゆく風景は長閑で田園や山々は力強い緑で春の息吹さえ感じられる。
本当に雪はあるのか思いながら進むと突然、目的地直前で雪が降り始め視界がきかない状態になる
それも一時のことで、淡雪のように消え民宿のあたりはほとんど雪が積もっていない。
その夜は楽しい宴会で盛り上がり寝付いたのは深夜、まだ雪は降っていない

2/7早朝6時頃目覚めると一帯は銀世界、積雪は40cmを超えている。
一夜で車は雪に埋もれ、裏山は真っ白な雪山に豹変している
これが2月の極寒の氷ノ山だと思い知らされる
突然の大雪で車が動かず、登山開始が予定より1時間遅れる
昼頃までに山頂に着かないと途中で引き返すことになる
何処まで行けるのか?新雪はどのくらい積もっているのか?少し不安が募る

9:30氷ノ山セントラルロッジに到着、東尾根登山口に向かう
登山口に佇むと積雪は50cm以上あるが、先行者のアイゼンのトレースがある
それでも東尾根避難小屋までの急坂に1時間近く費やし、ここで一旦休憩をとる
先行者の青年が引き返してくる
少し先まで行ったが雪が腰近くあり、諦めて戻ってきたとのこと
ここからが本格的なラッセルが始まる、少し行っては交替しながら進む
避難小屋から約1時間で一ノ谷休憩所に到着する
昨晩に降り積もった新雪は柔らかくサラサラで深い
そして樹氷は見事に美しく、時々見せる青空にキラキラと輝いている
また鉢伏山や周辺の真っ白な雪山が遠望できる
冬道の急坂の尾根を登り、12時過ぎ標高1200m地点に到着する
一ノ谷休憩所と千本杉の中間地点です
風もなく青空が拡がり長閑な空間に包まれる
時間が12時を過ぎたので、リーダーがここで昼食をして引き返す判断をする
下山はトレースがあるのであっという間に終わった感じです
13:40 4時間ほどの短い登山でしたが無事下山する

今年初めての本格的な冬山のラッセルが体験でき満足する
逆に山頂を踏まない空虚感があり、またリベンジしたいと痛感する
訪問者数:457人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/12/22
投稿数: 309
2016/2/9 22:09
 一日で
こんばんは
はじめまして
前日に氷ノ山に登ったときにはこんなに雪はありませんでした。
日曜日の朝六甲山でも雪化粧状態だったので氷ノ山でも降っているとは
思いましたがこんなに降っているとは驚きでした
今年は本当に雪が少なくて、ちょっとラッセルが羨ましく思ってしまいました

みなさんお疲れ様でした
登録日: 2010/9/25
投稿数: 22
2016/2/11 0:18
 Re: 一日で
こんばんわ
前泊で行きましたので、一晩での豹変に驚きました。
でも新雪をラッセルできラッキーでした。
これが2月の本来の氷ノ山だと思います。

またリベンジしたいと思います。
ありがとうございました。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン 避難小屋 直登 前泊 ロッヂ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ