ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 809494 全員に公開 雪山ハイキング奥多摩・高尾

雪の大岳山 千足から滝本へ

日程 2016年02月07日(日) [日帰り]
メンバー masaki123
天候午前中は日が差すも、午後は曇り。御岳山付近は雪が降っていた。
アクセス
利用交通機関
電車バス
御岳登山鉄道は、設備交換のため3月末まで運休。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.3〜1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち57%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間8分
休憩
2時間23分
合計
9時間31分
S払沢の滝入口バス停07:3807:47茅倉の滝07:4807:51千足バス停07:5208:57綾滝09:0910:04つづら岩10:3611:21富士見台12:0313:18大岳山荘13:2113:40大岳山14:2314:36大岳山荘14:3715:08鍋割山分岐15:12芥場峠15:28綾広の滝15:3616:00御岳山17:09滝本駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
綾滝から御岳集落付近までは、ほとんどの場所に雪があった。馬頭刈尾根が最も積もっていて、深いところでは膝まで踏み抜く。凍結箇所はなかった。
その他周辺情報御岳集落の店も、かなり休んでいる模様。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

武蔵五日市駅にて。陽が昇ってきた。
2016年02月07日 07:00撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武蔵五日市駅にて。陽が昇ってきた。
2
バスを降りたら一面の銀世界。
2016年02月07日 07:45撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスを降りたら一面の銀世界。
2
檜原村診療所など。
2016年02月07日 07:48撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
檜原村診療所など。
1
綾滝も雪化粧。
2016年02月07日 09:02撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綾滝も雪化粧。
3
馬頭刈尾根への道。
2016年02月07日 09:41撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬頭刈尾根への道。
つづら岩から。ガスっているので遠くは見えない。
2016年02月07日 10:23撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つづら岩から。ガスっているので遠くは見えない。
4
つづら岩からの全天球写真。(写真をクリックして「360度パノラマ」を選択すると動かせる。)
2016年02月07日 10:18撮影 by RICOH THETA S , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す | ▶ 360度パノラマ
つづら岩からの全天球写真。(写真をクリックして「360度パノラマ」を選択すると動かせる。)
2
これは犬か?
2016年02月07日 11:03撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは犬か?
大岳山。ここからはその堂々たる山体を拝める。大岳山のベストビューポイントだと思う。
2016年02月07日 11:17撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岳山。ここからはその堂々たる山体を拝める。大岳山のベストビューポイントだと思う。
4
富士見台。
2016年02月07日 11:24撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見台。
1
富士見台にて昼食。
2016年02月07日 11:41撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見台にて昼食。
1
白倉への分岐。
2016年02月07日 12:36撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白倉への分岐。
ベンチが埋もれている。
2016年02月07日 12:40撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ベンチが埋もれている。
この辺りが一番雪が多かった。膝まで踏み抜く。
2016年02月07日 12:53撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りが一番雪が多かった。膝まで踏み抜く。
2
鋸山方面との分岐。
2016年02月07日 13:01撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋸山方面との分岐。
旧大岳山荘付近。
2016年02月07日 13:19撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧大岳山荘付近。
大岳山頂付近の岩場はこんな感じ。
2016年02月07日 13:38撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岳山頂付近の岩場はこんな感じ。
1
大岳山頂。
2016年02月07日 13:48撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岳山頂。
5
三角点は雪に埋もれている。
2016年02月07日 13:50撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点は雪に埋もれている。
1
大岳山頂からの全天球写真。(写真をクリックして「360度パノラマ」を選択すると動かせる。)
2016年02月07日 13:55撮影 by RICOH THETA S , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す | ▶ 360度パノラマ
大岳山頂からの全天球写真。(写真をクリックして「360度パノラマ」を選択すると動かせる。)
3
御前山
2016年02月07日 13:55撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御前山
1
仏果山・高取山・経ヶ岳。
2016年02月07日 13:55撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仏果山・高取山・経ヶ岳。
浅間嶺。奥は笹尾根。一番奥には丹沢がうっすらと見えている。
2016年02月07日 13:55撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間嶺。奥は笹尾根。一番奥には丹沢がうっすらと見えている。
3
一番奥が雲取山。その手前は鷹ノ巣山。右側に石尾根が伸びている。
2016年02月07日 13:56撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番奥が雲取山。その手前は鷹ノ巣山。右側に石尾根が伸びている。
2
犬が勝手に歩いていた。御岳集落で飼われているらしい。
2016年02月07日 14:04撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
犬が勝手に歩いていた。御岳集落で飼われているらしい。
3
大岳神社への下り道。いつも凍結している箇所だが、今回は歩きやすかった。
2016年02月07日 14:31撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岳神社への下り道。いつも凍結している箇所だが、今回は歩きやすかった。
2
大岳神社。
2016年02月07日 14:35撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岳神社。
1
御岳山に下りる途中の岩場。
2016年02月07日 14:44撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御岳山に下りる途中の岩場。
2
この辺りもしっかりと積もっている。
2016年02月07日 14:49撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りもしっかりと積もっている。
2
綾広の滝付近の橋。
2016年02月07日 15:26撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綾広の滝付近の橋。
1
天狗の腰掛け杉。
2016年02月07日 15:57撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗の腰掛け杉。
長尾平。
2016年02月07日 16:03撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長尾平。
御岳神社参道。
2016年02月07日 16:09撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御岳神社参道。
ケーブルカー運休と雪のため、御岳のメインストリートもこんな感じ。
2016年02月07日 16:11撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ケーブルカー運休と雪のため、御岳のメインストリートもこんな感じ。
3
屋根にビニールシートを置いておくと雪かきしなくても良いということだろうか?
2016年02月07日 16:19撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
屋根にビニールシートを置いておくと雪かきしなくても良いということだろうか?
2
左はケーブルカー、右は自力で下りるための道。
2016年02月07日 16:21撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左はケーブルカー、右は自力で下りるための道。
2
道の線形がすごい。ここに道を通すのは大変だっただろう。
2016年02月07日 16:23撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道の線形がすごい。ここに道を通すのは大変だっただろう。
1
この光景はやはりすごい。林の中をケーブルカーの軌道が突っ切っている。パノラマ撮影。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この光景はやはりすごい。林の中をケーブルカーの軌道が突っ切っている。パノラマ撮影。
5
御嶽駅から。
2016年02月07日 17:27撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽駅から。
2

感想/記録

御岳登山鉄道のケーブルカーが設備交換で止まっているため、人が少ないであろう大岳山に行くことにした。まだ雪は残っているだろうかと心配していたが、残っているどころではなかった。これは当分消えそうにない。

今日は少し寝坊したため、藤原行きのバスに間に合わず、数馬行きバスに乗り払沢の滝で下車し、そこから千足まで歩く羽目になった。バスにはちょうど座席が埋まるぐらいは乗っていた。雪好きが多いものだ。

払沢の滝で下りたのは3人。千足に向かったのは私だけだった。この時間はまだ霧氷が美しい。天狗の滝は飛ばして、綾滝を見て馬頭刈尾根に登る。雪はあるが、アイゼンはまだ不要。登り詰めてつづら岩へ。

やはり雪があると岩場は登りにくい。つづら岩の頂上からは360度の絶景が拝めるが、今日はガスが出ている。面白い景色だが眺望は良くない。大岳山方面は雲が覆っているように見えるが、大丈夫だろうか。

馬頭刈尾根を歩いていると、何かの足跡を見つけた。しばらくすると犬が4頭歩いてきた。こいつらか。どうも猟犬のようだが、飼い主は見当たらない。

富士見台までは完全に一人で、今日のトレースはまったく無かった。ここで昼食を食べていると、犬連れの人がやってきた。先ほどの4頭の犬と鉢合わせして、かなり吠えられたらしい。

富士見台から大岳山に向かう辺りが、最も雪が多い。トレースを外れると膝ぐらいまで踏み抜くことがあった。

大岳神社を過ぎて大岳山頂へ。山頂は数人程度。いつも山頂は意外に雪が少ないのだが、今日はそんなことはない。完全な銀世界だ。眺望はまあまあ。富士山は見えないが、雪を被った付近の山々を見物できる。そしてなんと、ここにも犬がいた。先ほどの4頭とは多分別の犬で、GPSを付けている。これがまたなれなれしく、餌をねだってくる。この犬は後で御岳集落の店の人が連れているのを見かけたから、あそこで飼われているのだろう。

下山時には念のためにアイゼンを着けた。一部を除いて、御岳集落まで雪道が続いている。こんなに積もった時期に来たのは初めてだ。集落内はさすがに除雪されている。しかし、やはりケーブルカーが動いていないので、閑散としている。

当然、ケーブルカー沿いの舗装道を自力で下りなくてはならない。しかし実は、この道は嫌いではない。周囲の巨大な杉の木は見物だし、そして何より、ケーブルカーの軌道が杉林を横切っているのが見られる。これがものすごい迫力で、最初に来たときにかなり驚いた記憶がある。構造物マニアには、たまらない場所だろうと思う。

こんな時でもケーブルカーの麓の駅の売店は営業していたが、ちょうど閉まるところだった。バスはそれからすぐにやってきた。
訪問者数:246人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ