ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 809497 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

西穂高岳(独標)「−10℃のテント泊はびっくりぽんや」

日程 2016年02月07日(日) 〜 2016年02月08日(月)
メンバー kuroyuri2702
天候7日:晴れ
8日:快晴(風なし)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
朝、富山IC〜上大沢までの道路は積雪15cm、線路のような轍が出来ていて、昨年末に交換したブリザックが大活躍したが、神岡〜新穂高温泉間は雪が全くなく拍子抜け。
新穂高温泉登山者用無料駐車場は日曜日で満車。小型車1台分のスペースだけが残されていて超ラッキー。
いつものことながら、新穂高ロープウェイ乗継は重いザック背負っていると結構きつい。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
1時間7分
休憩
0分
合計
1時間7分
S西穂高口(千石平)11:1912:26西穂山荘
2日目
山行
3時間0分
休憩
1時間38分
合計
4時間38分
西穂山荘07:1107:21西穂丸山08:12西穂独標08:20西穂高10峰手前08:26西穂独標08:3009:05西穂丸山09:15西穂山荘10:4911:49ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
西穂高口〜西穂山荘:12本爪アイゼン+ダブルストック(無謀な中国人観光客は街歩き用ファッションブーツと街着のコートで四苦八苦してた)
西穂山荘〜独標(独標手前以降):12本爪アイゼン+ダブルアックス
今回、去年はなんともなかった独標下りで恐怖を感じ、10峰手前でUターン。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 GTXハードシェル上下 タイツ GTXグローブ アウター手袋 インナー手袋 ダウン上下 ダウンブーツ ゲイター バラクラバ 毛帽子 着替え 80Lザック 15Lサブザック 12本爪アイゼン ピッケル アイスパイル スコップ スノーソー 行動食 非常食 2Lプラティパス ナルゲンボトル 山専ボトル ガスカートリッジ コンロ コッヘル ダブルマグカップ 地図 コンパス ヘッドランプ2個 予備電池 GPS ファーストエイドキット 針金 常備薬 日焼け止め リップクリーム 保険証 携帯 時計 サングラス ゴーグル タオル テント一式 竹ペグ テントマット シュラフ♯1 ♯5 シュラフカバー ヘルメット
備考 予備のガスカートリッジ、防水マッチ、山専ボトルFFX-900、Xライズ2+外張り

写真

11:19新穂高ロープウェイ西穂高口デッパツ
2016年02月07日 11:19撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:19新穂高ロープウェイ西穂高口デッパツ
1
シラビソの森を22團競奪を背負ってあえぎながら歩く。
2016年02月07日 11:27撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラビソの森を22團競奪を背負ってあえぎながら歩く。
2
12:26西穂山荘着。早速テント泊の申し込みして、テント設営。
2016年02月07日 12:26撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:26西穂山荘着。早速テント泊の申し込みして、テント設営。
1
今回のシュラフは♯1に♯5を突っ込んでダブルで使用。マットは2mmの銀マットの上に厚さ10mmのSirax、その上にいつものサーマレストネオエアXサーモR。寝心地自体は温かくてよかったのだが、朝起きたら…!
2016年02月07日 15:28撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回のシュラフは♯1に♯5を突っ込んでダブルで使用。マットは2mmの銀マットの上に厚さ10mmのSirax、その上にいつものサーマレストネオエアXサーモR。寝心地自体は温かくてよかったのだが、朝起きたら…!
3
初日の天気はこんな感じ。徐々に良くなって夜は満天の星。
2016年02月07日 15:28撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初日の天気はこんな感じ。徐々に良くなって夜は満天の星。
5
テント張って、コーンクリームスープと尾西の白飯とアマノの玉子丼の素で遅い昼飯兼早い夕飯喰って、コーヒー飲んで、することなくなったので、山荘のレストハウスに移動し一人宴会開始。
2016年02月07日 15:42撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント張って、コーンクリームスープと尾西の白飯とアマノの玉子丼の素で遅い昼飯兼早い夕飯喰って、コーヒー飲んで、することなくなったので、山荘のレストハウスに移動し一人宴会開始。
4
二杯目は天恵の美酒大信州。
2016年02月07日 16:13撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二杯目は天恵の美酒大信州。
1
白山が雲海の上に浮かんでいる。
2016年02月07日 16:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白山が雲海の上に浮かんでいる。
1
七色に光る彩雲!あそこが極楽浄土?生まれて初めて見たけど写真ではイマイチ。
2016年02月07日 16:26撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七色に光る彩雲!あそこが極楽浄土?生まれて初めて見たけど写真ではイマイチ。
2
この日のテン場はヒルバーグソウロとエアライズ1の2張のみ。
2016年02月07日 17:14撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日のテン場はヒルバーグソウロとエアライズ1の2張のみ。
3
白山の横に日が沈む。
2016年02月07日 17:27撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白山の横に日が沈む。
2
朝5:30起床。なんと内張りからシュラフカバーまで霜が張り付いて真っ白。テント内気温ー10℃!去年は結露しなかったし、水も凍らなかったので油断してもた!テルモスのお湯で取り敢えず朝飯。
2016年02月08日 05:42撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝5:30起床。なんと内張りからシュラフカバーまで霜が張り付いて真っ白。テント内気温ー10℃!去年は結露しなかったし、水も凍らなかったので油断してもた!テルモスのお湯で取り敢えず朝飯。
3
アサー、またまた雲一つない快晴!
2016年02月08日 06:57撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アサー、またまた雲一つない快晴!
2
おはよう!
2016年02月08日 07:11撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おはよう!
4
去年の夏歩いた抜戸岳から笠ヶ岳に至る稜線。
2016年02月08日 07:16撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
去年の夏歩いた抜戸岳から笠ヶ岳に至る稜線。
1
海老の尻尾その1。
2016年02月08日 07:21撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
海老の尻尾その1。
3
ここが一番きついかも?
2016年02月08日 07:29撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが一番きついかも?
1
富士山GET。
2016年02月08日 07:44撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山GET。
2
独標とピラミッドピーク。
2016年02月08日 07:56撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標とピラミッドピーク。
2
紺碧の独標。
2016年02月08日 08:02撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紺碧の独標。
2
紺碧の独標。
2016年02月08日 08:05撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紺碧の独標。
2
08:12独標着。独り占めで〜す。
2016年02月08日 08:12撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
08:12独標着。独り占めで〜す。
2
笠をバックに。
2016年02月08日 08:12撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠をバックに。
独標から望むピラミッドピークと主峰。
2016年02月08日 08:12撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標から望むピラミッドピークと主峰。
8
焼岳と乗鞍岳。
2016年02月08日 08:13撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼岳と乗鞍岳。
彗星と流星。
2016年02月08日 08:13撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
彗星と流星。
1
誰もいない時のための自撮棒。
2016年02月08日 08:27撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
誰もいない時のための自撮棒。
6
吊尾根から前穂。
2016年02月08日 08:29撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊尾根から前穂。
2
富士山が雲に覆われ始めた。
2016年02月08日 08:29撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山が雲に覆われ始めた。
2
丸山まで戻ってきた。自分の影を入れて。
2016年02月08日 09:05撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸山まで戻ってきた。自分の影を入れて。
丸山から望む白山。
2016年02月08日 09:05撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸山から望む白山。
海老の尻尾その2。
2016年02月08日 09:08撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
海老の尻尾その2。
テント撤収して帰りまーす。
2016年02月08日 10:49撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント撤収して帰りまーす。
綺麗な景色をありがとう。
2016年02月08日 10:49撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗な景色をありがとう。

感想/記録

昨年に続いて厳冬期2回目となる西穂高岳挑戦です。
去年の秋以降、仕事の都合でなかなか山に登る機会がなくて、ようやく仕事が一段落した2月7日〜14日の週に冬山登山を計画。「てんきとくらす」の予報をずーっとチェックして8日のみ晴れマークが付いていたので7日〜8日に決行することに。雪の全くない金沢を07:30出発。富山ICから下りようとしたら、いきなりの轍(わだち)。国道41号線は積雪15cm〜20cm。先が思いやられるな〜と覚悟してたら神岡に入った途端に雪が消え、拍子抜け。
10:20には新穂高温泉登山者用無料駐車場に到着。丁度小型車1台分のスペースのみ空いていて駐車できた。運よく出発間際のロープウェイを乗り継いで標高2156mの西穂高口まで上がり、11:19出発。去年は西穂山荘の水が高かったので今年は水2.5Lを入れて22kgのパリセードを背負って登ったがやっぱりきつかった。
12:26西穂山荘着。直ぐにテント泊の受付をしてテント設営。ホントはXライズ2に外張りを持ってきたかったがXライズが間に合わなかったので、今回もヒルバーグソウロ。
今年は2月初旬の本当の厳冬期ということで、マットはフットプリント、厚さ2mmの銀マット、厚さ10mmのSirex、サーマレストネオエアXサーモLで完璧。
シュラフはマイナス20℃〜 30℃対応モデルでどこの買うか悩んでいる内にタイムアウト。結局、モンベル♯1に♯5を突っ込んで実験的に試してみることにしました。結論から言うと−10℃では全く寒さを感じず安眠できた。
05:30起床。目覚めたら、テントの内張りとシュラフカバーが真っ白な霜で覆われていてキラキラ輝いている。これは冷凍庫やないか!
おまけにシュラフカバーとシュラフの間から長さ4〜5cmの氷の破片がいくつも出てきて、びっくりぽんや!
取り敢えず朝飯喰って体の中から温めようとテント内に放置していたプラティパスを探し出したら、中の水1Lはカチカチの氷になってた。おまけにテルモスに入れていた0.5Lの熱湯もぬるま湯程度にまで冷めていて、プリムスで再沸騰させようとしたが、今度は火が付かない。何回か試して、やっと火は着いたが火力が灯火程度でいつまで待っても沸騰しない。完全アウト!これでは熱湯をプラティパスに入れて氷を溶かすことも出来ないので、仕方なく夕べ玉子丼に使って半分残しておいたカチカチに凍った尾西の白飯に鮭茶漬けの素とやっと湯気が立った40℃位のお湯を入れて取り敢えず朝食。余ったぬるま湯でお汁粉を作ってようやく人心地ついた。が、これで水は完全になくなってしまった。
今までヒルバーグソウロで結露したこともなかったし、去年3月の西穂でのテント泊ではセオリーどおり湯を沸騰させてテルモスとペットボトルに入れ、それをシュラフに入れて寝たら暑くて寝つけなかった経験から、今年はシュラフの中には衣類とカメラ、スマホ、電池類しか入れてなかった。完全に厳冬期の冬山を舐めてました。
せっかく早く起きたのに無駄に時間は過ぎていくし、往復5時間ならなんとかなるかもと、07:11水なしで西穂高岳向け出発。
雲ひとつない紺碧の快晴で、おまけに風も全くなく去年並みかそれ以上に絶好の登山日和。08:12独標着。写真を撮って、次に向かおうと正規のルートの下を見たら、今まで感じたことのない恐怖を感じた。えーっ、去年はここよりもっと怖い5m程飛騨側のところから平然と降りられたのになんでー!とにかく体というか心がビビったまま独標を10峰側に降りたが、これ以上先に進む気がしない。やっぱ水ないし、去年登ってるし、ここまででいいか〜って。この天気でこの景色を見れただけで十分。無理しなくていいよって、今まで出てきたことのない別の自分が現れちゃって。まあ、大満足で引き返したのでした。
訪問者数:746人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/2/18
投稿数: 597
2016/2/10 7:17
 行きたいなぁ〜(^O^)/
お久しぶりです。
お仕事忙しいんですね。。
久々のお山で西穂独標とは! 流石ですね
槍穂はまだ未踏の地なので、行ってみたいなぁ〜♪

冬もテン泊なのですね。。
寒がりな私は冬は小屋泊です。
ダブルアックス! 最強ですね。凄い!
登録日: 2013/9/24
投稿数: 46
2016/2/10 16:42
 Re: 行きたいなぁ〜(^O^)/
ni-shiさん、お久しぶりです。
雲ノ平から帰ってからは広島、11月は沖縄、1月はシンガポール出張でした。
ようやく3月までゆっくりできそうです。
こっちからは南アルプスや八ヶ岳が遠いので、今年こそ南アルプス行きたいな〜。
まずは白峰三山をテント泊で歩きたいと思ってます。
去年は西穂、アドレナリン出っ放しで超楽しく登れたのですが、
今回は−10℃で水は凍るわ、コンロは使えないわで出鼻を挫かれ参りました。
今年もよろしく!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ