ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 809636 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走奥秩父

金峰・国師・奥千丈

日程 2016年02月06日(土) 〜 2016年02月07日(日)
メンバー iridiumm, その他メンバー1人
天候晴れ、夜小雪
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー、 車・バイク
横浜〜甲斐大和道の駅まで車。甲斐大和駅〜韮崎駅まで電車
韮崎駅から増富温泉までバス\1230
下山後徳和部落から塩山までタクシー。塩山〜甲斐大和まで電車。甲斐大和から車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間38分
休憩
1時間22分
合計
9時間0分
Sスタート地点08:5610:54魔子の山登山口11:01みずがき山荘11:2012:09富士見平小屋12:2112:58鷹見岩分岐13:06大日小屋13:1813:42大日岩13:4614:53砂払の頭15:1215:21千代の吹上15:27金峰山小屋分岐15:3215:54五丈石16:0316:06金峰山16:0817:56朝日岳
2日目
山行
13時間47分
休憩
4分
合計
13時間51分
朝日岳04:5405:15おおなぎ06:18大弛峠08:17前国師岳10:05奥千丈岳12:16白檜平13:28ゴトメキ15:33オオダオ15:3717:33堰堤18:45徳和バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大ダオから徳和まで沢どうし。えん堤までは夜はテープが見えないので行動不可
その他周辺情報冬季は、バスは増富温泉まで。瑞垣山荘まで行かない
乾徳山登山口〜山梨市バス最終16:51。それ以降はタクシー
タクシーは、牧丘タクシーが10分で来た。¥4060塩山駅まで
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

備考 ロープ不要、危険箇所なし、ラッセル力必要

写真

金峰 五丈岩手前
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金峰 五丈岩手前
頂上までもうすこし
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上までもうすこし
朝日岳から金峰 夕闇がせまります。ここで幕営
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳から金峰 夕闇がせまります。ここで幕営
富士山がきれいです。
金峰からはわかんが離せない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山がきれいです。
金峰からはわかんが離せない
1
前国師岳
ここで主脈縦走路と分かれて徳和へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前国師岳
ここで主脈縦走路と分かれて徳和へ
下に下りてきても積雪は増すばかり
つぼ足状態で距離がはかどりません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下に下りてきても積雪は増すばかり
つぼ足状態で距離がはかどりません。
乾徳山への縦走をあきらめて沢を下る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乾徳山への縦走をあきらめて沢を下る
沢の上部
暗くなる前にえん堤についてセーフ
沢の中は何回も沢を渡る所があった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢の上部
暗くなる前にえん堤についてセーフ
沢の中は何回も沢を渡る所があった。

感想/記録

黒部横断ほどではないけれど、ある意味未知の山域に入るのは、とてもわくわくして
面白い。大弛峠から先に進むか戻るか決断が入ります。ラッセルに体力が持つか?
今日中に下山できるかなど。
公共交通機関だけを使いましたので1泊2日ではちょっときつくて乾徳山までいけませんでしたが、厳冬期の奥秩父はとてもやさしくて癒される山でした。
 厳冬期の国師岳から甲武信ヶ岳のルートはさらにラッセルが大変らしいそうで次回挑戦してみたいと思います。
訪問者数:390人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

つぼ足
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ