ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 809723 全員に公開 山滑走朝日・出羽三山

大高根山

日程 2016年02月08日(月) [日帰り]
メンバー Phoebus
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間20分
休憩
1時間0分
合計
4時間20分
S山の内・大石 09:4010:30棚田の大地(300m)11:00南峰11:2012:00大高根山12:4014:00山の内・大石G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
たかが500mの里山ではあるが、2〜3か所急な部分があり、しかもブッシュや雪庇、段差などが邪魔をして、けっこう大変な山だった。
コース状況/
危険箇所等
スキーにはあまり向いていない急斜面が多かった。
その他周辺情報大石田温泉
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

大石田から、最上川越しに見た葉山(左)と大高根山
2016年02月08日 09:06撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大石田から、最上川越しに見た葉山(左)と大高根山
1
山の内集落から、路肩の雪壁を乗越して取り付く。
スコップを忘れたので、けっこうめんどうだった。
2016年02月08日 09:35撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の内集落から、路肩の雪壁を乗越して取り付く。
スコップを忘れたので、けっこうめんどうだった。
雪に埋まる林道は野兎の足跡が点在
2016年02月08日 09:45撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪に埋まる林道は野兎の足跡が点在
ここで野兎は方向転換したようだ
2016年02月08日 09:45撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで野兎は方向転換したようだ
1
朝の光で樹影が延びて、美しい模様を描く
2016年02月08日 10:01撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝の光で樹影が延びて、美しい模様を描く
2
地図上にも記されている広い棚田の大地。
距離的にはここらで約半分。
2016年02月08日 10:10撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地図上にも記されている広い棚田の大地。
距離的にはここらで約半分。
棚田を抜けると急な登りになる。
振り返れば葉山が全容を見せ始める。
2016年02月08日 10:26撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
棚田を抜けると急な登りになる。
振り返れば葉山が全容を見せ始める。
3
狭く急な斜面はブッシュもあって乗越しがかなり大変。
しかたなく、階段登高するが、きつい。
2016年02月08日 10:48撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狭く急な斜面はブッシュもあって乗越しがかなり大変。
しかたなく、階段登高するが、きつい。
1
源頭付近の樹影は究極の自然の匠
2016年02月08日 10:52撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
源頭付近の樹影は究極の自然の匠
2
稜線に出ると、葉山の全景が見渡せる。
2016年02月08日 10:59撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に出ると、葉山の全景が見渡せる。
3
南峰からは30mほどを下るが、かなり急峻で雪庇とブッシュの隙間には段差もあって、スキーでは無理。やむなくツボ足に変更。
2016年02月08日 11:46撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南峰からは30mほどを下るが、かなり急峻で雪庇とブッシュの隙間には段差もあって、スキーでは無理。やむなくツボ足に変更。
ここに来てまともなラッセルをするとは思わなかった。
距離はそれほどでもないが、深いところでは膝上。
いやー、やっと山頂着きました。
2016年02月08日 12:01撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここに来てまともなラッセルをするとは思わなかった。
距離はそれほどでもないが、深いところでは膝上。
いやー、やっと山頂着きました。
1
山頂は小広い雪原で、特に東面の展望がいい。
2016年02月08日 12:01撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は小広い雪原で、特に東面の展望がいい。
1
はるかに翁山
2016年02月08日 12:00撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はるかに翁山
1
大石田、尾花沢の街並みの奥に、翁山、黒倉山、二ッ森などの眺めが最高。
2016年02月08日 12:07撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大石田、尾花沢の街並みの奥に、翁山、黒倉山、二ッ森などの眺めが最高。
4
こちらは御所山、荒神山など。
2016年02月08日 12:00撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは御所山、荒神山など。
1
南峰まで戻り、振り返り見た大高根山。
右手後方の白い山は神室・小又山
2016年02月08日 12:37撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南峰まで戻り、振り返り見た大高根山。
右手後方の白い山は神室・小又山
2
撮影機材:

感想/記録

今日は久方ぶりに天気がいい。さて、どこに行くかと考えてみた。
そういえば、東北の主な冬山はだいたい登っているが、大石田町の最高峰である大高根山には、冬はまだ登ってない。これは町民としていかがなものであろうか?
ということで、大高根山に決定。
実は先週も計画し、友人も我が家に泊まって準備していたのだったが、あいにくの天気であっさりと山は却下され、温泉へと日和見してしまったのだった。

今日は酒浸りの自堕落な友人はいないので、天気もいい、これ幸いに(?)、一人で行くことにした。いかめしい言い方が好きなら、「厳冬期単独初登頂」とかになるのかいな?
訪問者数:207人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

乗越 林道 雪庇
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ