ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 810109 全員に公開 雪山ハイキング氷ノ山

雪の用瀬アルプス(因幡のご当地アルプスは結構シビア)

日程 2016年02月11日(木) [日帰り]
メンバー nanfutsu
天候快晴 -2℃〜6℃
アクセス
利用交通機関
電車
行き:JR因美線「用瀬(もちがせ)駅」
帰り:JR因美線「鷹狩駅(たかがり)駅」
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間4分
休憩
33分
合計
7時間37分
S用瀬(もちがせ)駅08:4608:59女人堂09:18影石城跡分岐09:1909:55三角(みすみ)山10:1110:56P59211:20おおなる山11:2111:42鬼ケ𡴭13:00洗足(せんぞく)山三角点13:11洗足山最高点13:1713:59鳥居野/板井原峠14:0014:14林道出会14:30板井原14:3214:55洗足山湧水15:07赤波川甌穴群16:17鷹狩駅16:2316:23ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■三角山へのピストンは急坂のため雪があるとやや困難
■鬼ヶ𡴭から洗足山への岩場はかなりシビア。雪が貼り付いていて露岩もベルグラ状態になっている。アイゼンをしっかり使い、立ち木など掴めるものがあるルートを選んで登る。トラロープが張ってあるが滑るし頼りきるには心もとない。
ここを下るのはかなり難しいと思われる。
■板井原への下りは下山ルートが地図に無い林道に遮られている。谷は急で倒木だらけなので少し林道を南進してから降りれそうなところを選んで降りる。林道を進み続けても最終的には板井原集落に到達すると思われるが、膝ラッセルを延々することになり得策ではない。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ストーブ・ライター(1) ダウンジャケット(1) ハードシェル(1) アルパインパンツ バラクラバ(1) アイゼン(1) ヘッドライト(1) スマホ(1) 地図(1) シェルター(1) カイロ(3) サングラス(1) グローブ(2) 携行食(1) 熊鈴 笛(1) 救急セット(1) ストック(1)

写真

鳥取市のウェブサイトから用瀬アルプスのハイキングマップをダウンロードする。
やや荒っぽく、ところどころ間違えているがこういう地図があると助かる。
ここ数年でいろんなルートを整備したようだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥取市のウェブサイトから用瀬アルプスのハイキングマップをダウンロードする。
やや荒っぽく、ところどころ間違えているがこういう地図があると助かる。
ここ数年でいろんなルートを整備したようだ。
3
駅員さんに智頭急行のフリー切符を勧められて購入。
通常運賃の半額以下で乗れる。
2016年02月11日 07:24撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駅員さんに智頭急行のフリー切符を勧められて購入。
通常運賃の半額以下で乗れる。
3
ザックには纏リスの缶バッチを装着。
2016年02月11日 07:23撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザックには纏リスの缶バッチを装着。
19
後にも・・・
2016年02月11日 06:04撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後にも・・・
9
智頭駅で特急から普通に乗り換えJR用瀬(もちがせ)駅で下車。
2016年02月11日 08:43撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
智頭駅で特急から普通に乗り換えJR用瀬(もちがせ)駅で下車。
8
用瀬の商店街を通り抜け三角(みすみ)山方向にアスファルトの参詣道を登る。
しばらく登ると三角山道の道標に出会う。
2016年02月11日 08:50撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
用瀬の商店街を通り抜け三角(みすみ)山方向にアスファルトの参詣道を登る。
しばらく登ると三角山道の道標に出会う。
6
三角山のトンガリが目に入る。
2016年02月11日 08:56撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角山のトンガリが目に入る。
4
参詣道なので祠や石仏などがあり飽きない。
脇には清流も流れていて心地よい。
2016年02月11日 09:01撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
参詣道なので祠や石仏などがあり飽きない。
脇には清流も流れていて心地よい。
2
レトロな街灯も健在のようだ。
2016年02月11日 09:01撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レトロな街灯も健在のようだ。
1
歩き出しから20分ほどで女人堂に到着。
2016年02月11日 09:03撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き出しから20分ほどで女人堂に到着。
3
女人堂の裏からいよいよ本格的な山道になる。
2016年02月11日 09:04撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
女人堂の裏からいよいよ本格的な山道になる。
3
倒木もアチコチでそのままなので冬場はあまり歩かれてないようだ。
2016年02月11日 09:22撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木もアチコチでそのままなので冬場はあまり歩かれてないようだ。
2
急坂をあえぎながら登って行く。
2016年02月11日 09:24撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急坂をあえぎながら登って行く。
3
女人堂から40分ほどで用瀬縦走路と三角山への分岐に出会う。
2016年02月11日 09:42撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
女人堂から40分ほどで用瀬縦走路と三角山への分岐に出会う。
1
三角山の山頂には立派なお社が建っている。
2016年02月11日 09:56撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角山の山頂には立派なお社が建っている。
11
いい天気で眺めもいい。
西側は用瀬の街並と遠くには角ケ山などが真っ白な頂を見せている。
2016年02月11日 09:56撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい天気で眺めもいい。
西側は用瀬の街並と遠くには角ケ山などが真っ白な頂を見せている。
13
南側はこれから進む用瀬アルプスの縦走路。
2016年02月11日 09:56撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南側はこれから進む用瀬アルプスの縦走路。
5
一旦分岐まで戻り東側から岩塊を回り込む。
2016年02月11日 10:04撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦分岐まで戻り東側から岩塊を回り込む。
4
なかなか立派な岩塊だ。ロープを持ってくりゃ良かった・・・・って御神体なので登攀しちゃダメね。
2016年02月11日 10:11撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか立派な岩塊だ。ロープを持ってくりゃ良かった・・・・って御神体なので登攀しちゃダメね。
6
このくらいの斜度なので登ったら楽しそう・・・ってダメだって。
2016年02月11日 10:12撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このくらいの斜度なので登ったら楽しそう・・・ってダメだって。
11
雪が無ければなんてことない岩のステップも慎重に進む。
2016年02月11日 10:16撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が無ければなんてことない岩のステップも慎重に進む。
1
雪が乗った痩せ尾根を行く。
2016年02月11日 10:18撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が乗った痩せ尾根を行く。
10
足元は心もとないが眺めは絶景だ。
2016年02月11日 10:18撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元は心もとないが眺めは絶景だ。
11
手作り感満載のはしごが現れる。
はしごに身を委ねるとヤバそうなので横の馬酔木を掴んで降りる。
2016年02月11日 10:19撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手作り感満載のはしごが現れる。
はしごに身を委ねるとヤバそうなので横の馬酔木を掴んで降りる。
7
アップダウンがかなりきつい。
2016年02月11日 10:26撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップダウンがかなりきつい。
3
やせ尾根は続く。
2016年02月11日 10:29撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やせ尾根は続く。
5
三角山を振り返る。
ここを登れたらアルパインのいい練習になるだろうな・・・ってクドい。
2016年02月11日 10:38撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角山を振り返る。
ここを登れたらアルパインのいい練習になるだろうな・・・ってクドい。
13
雪と格闘しながらツボ足で進む。
2016年02月11日 10:38撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪と格闘しながらツボ足で進む。
2
たまに穏やかな尾根もある。
2016年02月11日 10:49撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たまに穏やかな尾根もある。
5
歩き出しから2時間半で「おおなる山」。
2016年02月11日 11:18撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き出しから2時間半で「おおなる山」。
7
緩やかな下りは軽快に下れる。
2016年02月11日 11:21撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩やかな下りは軽快に下れる。
1
標高差で200m下って「鬼ヶ𡴭」
2016年02月11日 11:37撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高差で200m下って「鬼ヶ𡴭」
2
ここからしばらくヤバイ岩の登りが続く。
2016年02月11日 11:45撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからしばらくヤバイ岩の登りが続く。
3
踏み抜いたら遥か下まで落っこちそうなところをトラバースする。
2016年02月11日 11:46撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み抜いたら遥か下まで落っこちそうなところをトラバースする。
7
露岩はベルグラ状態で気が抜けない。
アイゼンをよく噛まして登る。
2016年02月11日 11:47撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
露岩はベルグラ状態で気が抜けない。
アイゼンをよく噛まして登る。
4
トラロープが張ってあるのだが、つるつる滑るので立ち木や露岩を掴んで体を引き上げる。
2016年02月11日 11:47撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラロープが張ってあるのだが、つるつる滑るので立ち木や露岩を掴んで体を引き上げる。
5
ヤバイところはまだまだ続く。
2016年02月11日 11:50撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤバイところはまだまだ続く。
9
ふ〜、やっと尾根に到達した。
雪があるとシビアな岩場だ。
2016年02月11日 11:52撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふ〜、やっと尾根に到達した。
雪があるとシビアな岩場だ。
6
でも尾根に上がるといい眺めが待っている。
奥に氷ノ山や扇ノ山が白く浮かんでいる。
2016年02月11日 11:52撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも尾根に上がるといい眺めが待っている。
奥に氷ノ山や扇ノ山が白く浮かんでいる。
10
進んで来た痩せ尾根を振り返る。
2016年02月11日 11:54撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
進んで来た痩せ尾根を振り返る。
4
だんだん雪が深くなってきた。
2016年02月11日 12:07撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだん雪が深くなってきた。
あれ、なんか変な方向に進んでる。
プチ道迷い
2016年02月11日 12:24撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれ、なんか変な方向に進んでる。
プチ道迷い
1
ほどなく尾根に復帰
2016年02月11日 12:27撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほどなく尾根に復帰
2
膝ラッセルになってきた。
一歩一歩がツライ。
2016年02月11日 12:53撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
膝ラッセルになってきた。
一歩一歩がツライ。
13
おっ、真っ白なピークが迫ってきた。
2016年02月11日 12:54撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おっ、真っ白なピークが迫ってきた。
9
晴れた空に白いピーク。
いい雰囲気。
2016年02月11日 12:55撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れた空に白いピーク。
いい雰囲気。
16
洗足山の三角点。736.2m
2016年02月11日 12:56撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
洗足山の三角点。736.2m
23
ヴァージンスノーを踏みちゃんこにする。
2016年02月11日 12:57撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヴァージンスノーを踏みちゃんこにする。
11
10分ほど南進すると洗足山の最高点だ。
2016年02月11日 13:09撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10分ほど南進すると洗足山の最高点だ。
4
尾根なのにやたら積雪が多く足が重い。
2016年02月11日 13:10撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根なのにやたら積雪が多く足が重い。
じわじわとコルを目指して尾根線を下っていく。
2016年02月11日 13:10撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
じわじわとコルを目指して尾根線を下っていく。
3
鳥居野に降りるルートとの分岐。
智頭方面の縦走路を直進する。
2016年02月11日 13:22撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥居野に降りるルートとの分岐。
智頭方面の縦走路を直進する。
テン泊したら気持良さそうな台地もある。
2016年02月11日 13:26撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン泊したら気持良さそうな台地もある。
1
冬枯れの広葉樹の林が目にやさしい。
2016年02月11日 13:42撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬枯れの広葉樹の林が目にやさしい。
2
なだらかな尾根を下る。
2016年02月11日 13:50撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なだらかな尾根を下る。
板井原の集落に降りる峠に到達する。
板井原に降りてみる。
2016年02月11日 13:57撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
板井原の集落に降りる峠に到達する。
板井原に降りてみる。
3
植林帯のジグザグを探しながらトレースし下る。
2016年02月11日 13:59撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植林帯のジグザグを探しながらトレースし下る。
1
80mほど標高を下げたところで突然地図に無い林道に出くわす。
林道は山腹を大きく回り込んでいてどこに続いているのかよくわからない。
2016年02月11日 14:07撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
80mほど標高を下げたところで突然地図に無い林道に出くわす。
林道は山腹を大きく回り込んでいてどこに続いているのかよくわからない。
2
北側に少し進んでみたが登り気配だったので、引き返して強引に谷に降りて下る。なかなかの急斜面だ。
2016年02月11日 14:15撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側に少し進んでみたが登り気配だったので、引き返して強引に谷に降りて下る。なかなかの急斜面だ。
1
すぐにまた別の作業道に出会う。
谷と平行に下っているのでこれで降りてみる。
2016年02月11日 14:17撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐにまた別の作業道に出会う。
谷と平行に下っているのでこれで降りてみる。
2
想定していた場所よりやや北に出てしまったが、無事に板井原の集落に辿り着いた。
おや、なんだか画面左に違和感が・・・。
2016年02月11日 14:30撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
想定していた場所よりやや北に出てしまったが、無事に板井原の集落に辿り着いた。
おや、なんだか画面左に違和感が・・・。
2
お〜、飯盒炊爨バージョンの纏リスじゃないですか。
関西では見かけない絵柄だ。
2016年02月11日 14:31撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お〜、飯盒炊爨バージョンの纏リスじゃないですか。
関西では見かけない絵柄だ。
17
さて、鷹狩駅を目指して渓流沿いを北進する。
赤波川の甌穴が、いい雰囲気を醸し出している。
2016年02月11日 14:56撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、鷹狩駅を目指して渓流沿いを北進する。
赤波川の甌穴が、いい雰囲気を醸し出している。
4
おや、また飯盒炊爨バージョンの纏リスが。
苔むした木によく似合う。
2016年02月11日 14:57撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おや、また飯盒炊爨バージョンの纏リスが。
苔むした木によく似合う。
7
場所は渓流のほとり。
2016年02月11日 14:57撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
場所は渓流のほとり。
2
洗足山からの湧水をゴックンゴックン飲む。
冬の湧水なので暖かく感じる。
2016年02月11日 14:57撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
洗足山からの湧水をゴックンゴックン飲む。
冬の湧水なので暖かく感じる。
9
あやや、またまた飯盒炊爨バージョンの纏リス!
渓谷の滝をバックにいい感じ。
取り付け金具の様子などから比較的新しいモノのようだ。
2016年02月11日 14:59撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あやや、またまた飯盒炊爨バージョンの纏リス!
渓谷の滝をバックにいい感じ。
取り付け金具の様子などから比較的新しいモノのようだ。
8
あららら、また纏リス。
鳥取県は飯盒炊爨バージョンの宝石箱だね。
2016年02月11日 15:10撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あららら、また纏リス。
鳥取県は飯盒炊爨バージョンの宝石箱だね。
5
ふ〜、やっとJR鷹狩駅についた。
なかなか面白い雪山ハイクだったなあ。
本日はここを終了点とする。
2016年02月11日 16:53撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふ〜、やっとJR鷹狩駅についた。
なかなか面白い雪山ハイクだったなあ。
本日はここを終了点とする。
13

感想/記録

■ネットでウロウロしていたら鳥取県のウェブサイトにご当地アルプス「用瀬アルプス」の地図が。これは面白そうと思い色々調べてみたが積雪期に縦走した記録が見当たらず、それじゃあ、と思い行ってみた。
■無雪期でもそれなりのアップダウンと岩場や痩せ尾根でスリリングそうだったが、雪があると一層シビアなルートに変貌する。特に鬼ヶ𡴭から洗足山への岩場の登りは危険。計画時点では智頭側から北進するつもりをしていたが、これだと洗足山からの下りで進退窮まっていたかもしれない。今回、南進で正解だった。
■また、南に行けば積雪は少なくなると考えていたが全くの逆で、どんどん雪は深くなり重く湿った雪の膝ラッセルが続く。つぼ足だと一歩一歩がかなり堪えた。しかしルート全体を考えるとスノーシューは使えるところはほとんど無く、ワカンも付けたり外したりでたいへんだろう。
■今回あえて板井原集落に降りてみた。帰りの駅までは相当大回りになるが、集落のひなびた雰囲気を味わったり、甌穴を携えた渓流を楽しみながら歩けるので苦にならない。
■今回の山行にあたっての基本ルートはADVさんのレコを参考にさせて頂きました。


P.S.
リス君クラブのみなさんへ。
今回、飯盒炊爨纏リスを4匹ゲットしました〜。
鳥取県は纏リス大放出かもしれません。

訪問者数:593人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/1
投稿数: 856
2016/2/12 11:49
 ご当地アルプス
nanfutsuさん、お疲れ様です。

ご当地、といっても本場アルプスに見劣りしないレコをじっくり堪能させていただきました。 ありがとうございます。
私は素人なので、雪山は怖くて行けないのですが憧れはいっぱいあります。
雪深い道、凍った岩場の斜面の様子はハラハラドキドキしながらかっこいいなあと感心して見てしまいます。
44番の膝まで雪に埋まっている状況、こりゃあ脚力がものを言いそうですね!!

追伸:オレンジザックに黄色いリス君バッジ、とってもいいですね
ザックの前後につけるのは、常識!!になると思います。
登録日: 2013/10/16
投稿数: 2212
2016/2/12 17:33
 こんにちはnanfutsuさん
相変わらず、健脚振り発揮ですね。
膝ラッセルはマネ出来んがや
その馬力は普段の鍛え方なんだろうな
鳥取の雪山ハイクは楽しかったようですね。
次回が楽しみです。
寅より
登録日: 2011/8/25
投稿数: 626
2016/2/12 20:47
 Re: ご当地アルプス
takatukimakiさん、こんばんは。

なかなか面白い山域でした。
雪が有ると普段は簡単な縦走路も別物に変わりますが、
天気が良ければ独特の輝きと静けさを味わえるので好きです

バッジいいでしょう
さらに、ウエストベルトにさりげなく付けるのもいいかも
登録日: 2011/8/25
投稿数: 626
2016/2/12 21:04
 Re: こんにちはnanfutsuさん
寅さん、こんばんは。

なかなかシビアな縦走路で、膝ラッセルはきつかったですね〜
山陰の湿った雪に加え、気温が高くて重〜い雪でした。
ツボ足で一歩ずつ進みました。
ヘタにワカンなどを履くと埋もれたら抜け出せない感じの雪質でした。
登録日: 2013/12/8
投稿数: 26
2016/2/20 16:04
 ちょっと感想
nanfutsuさん こんにちは

播磨アルプスに雪が積もったようなものだろうか
と思って、見ましたけれど、だいぶ違うようですね
標高はそれほどでもないようですが、
得体が知れず、少し怪しげな雰囲気が漂った山のように
感じましたが、気のせいでしょうか

冬の冷たい水を流しているせせらぎが
よい風情です
雪の山を下ってきて、やさしい眺めに会うと
ほっとしますね
リス君もやさしく出迎えてくれたようですね
登録日: 2011/8/25
投稿数: 626
2016/2/20 16:41
 Re: ちょっと感想
tebukuroさん、こんにちは。
感想コメントありがとうございます。

標高はたいしたことのない山でしたが、
やせ尾根や急峻な岩場に雪が貼り付いているのと、
山陰の重く湿った雪に随分やられました

板井原の集落に降りたときにはホッとしました。
シビアな山行のあと、辿って来た雪山のことを反芻しながら、
駅までのんびり歩くのが心地いいです

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ