ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 810165 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

山伏道からシラケ谷

日程 2016年02月10日(水) [日帰り]
メンバー hanamaru123
天候くもり
アクセス
利用交通機関
電車バス

表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間25分
休憩
0分
合計
4時間25分
S神鉄唐櫃台駅11:5013:10鍋谷ノ滝15:30心経岩15:35雲ヶ岩15:45六甲ガーデンテラス16:15六甲ケーブル山上駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

神鉄唐櫃駅よりスタート。さむいっす。
2016年02月10日 11:52撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神鉄唐櫃駅よりスタート。さむいっす。
2
東山橋手前すが、今日は逢山峡西側を進んで、道探しをします。
2016年02月10日 12:08撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東山橋手前すが、今日は逢山峡西側を進んで、道探しをします。
1
山側は立入禁止の札があり、沢筋近くを進むしかありません。
2016年02月10日 12:10撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山側は立入禁止の札があり、沢筋近くを進むしかありません。
1
早速通れそうにない箇所あり。行けなくもないですが、この寒い日にドボンするのは嫌なので、巻き道を探します。
2016年02月10日 12:13撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早速通れそうにない箇所あり。行けなくもないですが、この寒い日にドボンするのは嫌なので、巻き道を探します。
2
不明瞭ながら、巻き道を進みます。
2016年02月10日 12:14撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不明瞭ながら、巻き道を進みます。
2
苦戦しながらここまで進みましたが、これ以上は大変なので断念。反対側に行けそうな箇所も探すがこれも難しい。結局引き返すことに。
2016年02月10日 12:31撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苦戦しながらここまで進みましたが、これ以上は大変なので断念。反対側に行けそうな箇所も探すがこれも難しい。結局引き返すことに。
2
道らしきものはあるんですが、荒れ荒れで枝によく引っかかる。ほとんど通られてないんでしょう。
2016年02月10日 12:48撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道らしきものはあるんですが、荒れ荒れで枝によく引っかかる。ほとんど通られてないんでしょう。
東山橋まで戻り、東側の舗装道を進みます。ポンプ場より沢に下ります。
2016年02月10日 13:02撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東山橋まで戻り、東側の舗装道を進みます。ポンプ場より沢に下ります。
1
今度は鍋谷ノ滝すぐ下を目指します。手前のソーメン上の滝を越えようとしましたが、ヌルヌルで滑りそうなので断念。
2016年02月10日 13:06撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度は鍋谷ノ滝すぐ下を目指します。手前のソーメン上の滝を越えようとしましたが、ヌルヌルで滑りそうなので断念。
3
結局、山伏道をちょっと進んでからソーメン上の滝の落ち口あたりを目指し、藪の中をちょっと進みます。これが一番無難な行き方だった。
2016年02月10日 13:12撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結局、山伏道をちょっと進んでからソーメン上の滝の落ち口あたりを目指し、藪の中をちょっと進みます。これが一番無難な行き方だった。
相変わらず豪快な、鍋谷の滝。これだけすごい滝なのに、六甲の中では存在感がいまいち。
2016年02月10日 13:16撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相変わらず豪快な、鍋谷の滝。これだけすごい滝なのに、六甲の中では存在感がいまいち。
3
山伏道を進みますが、落差少ないものの水量は多く、見応えのある小滝が多い。
2016年02月10日 13:21撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山伏道を進みますが、落差少ないものの水量は多く、見応えのある小滝が多い。
3
日も結構入ってきます。
2016年02月10日 13:25撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日も結構入ってきます。
1
明るく広い岩場を選び、昼食に。夏ならここ、最高かも。
2016年02月10日 13:43撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るく広い岩場を選び、昼食に。夏ならここ、最高かも。
2
三条の滝が現れた。右に巻き道ありますが、注意が必要。
2016年02月10日 14:01撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三条の滝が現れた。右に巻き道ありますが、注意が必要。
三条の滝すぐ上にある二段の滝。反対側から見たいなあ。
2016年02月10日 14:06撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三条の滝すぐ上にある二段の滝。反対側から見たいなあ。
3
ここから上流は、なだらかな滑床が多くなります。
2016年02月10日 14:07撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから上流は、なだらかな滑床が多くなります。
上流でも、結構な水量。
2016年02月10日 14:08撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上流でも、結構な水量。
1
堰堤が泡られたので、沢から離れ右の道に進みます。
2016年02月10日 14:11撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤が泡られたので、沢から離れ右の道に進みます。
直進すると古寺山。左へ行きます。
2016年02月10日 14:13撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直進すると古寺山。左へ行きます。
道はやや不明瞭で崩れたような場所もありますが、何とか分かります。
2016年02月10日 14:14撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道はやや不明瞭で崩れたような場所もありますが、何とか分かります。
堰堤を右から越えます。
2016年02月10日 14:15撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤を右から越えます。
また日が射してきた。
2016年02月10日 14:22撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また日が射してきた。
丸太橋を越えます。
2016年02月10日 14:23撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸太橋を越えます。
やっと舗装道に出ました。
2016年02月10日 14:27撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと舗装道に出ました。
今日はシラケ谷へ進みます。
2016年02月10日 14:46撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はシラケ谷へ進みます。
夏に壊れていた箇所は、治ってます。
2016年02月10日 14:55撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏に壊れていた箇所は、治ってます。
1
通行止めだった水道施設前は、通れるようになってます。
2016年02月10日 14:56撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
通行止めだった水道施設前は、通れるようになってます。
土嚢袋の数がすごい。結構崩れたんですね。
2016年02月10日 14:59撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土嚢袋の数がすごい。結構崩れたんですね。
3
こっから尾根道?急すぎないか?雪で滑りそうになり、大変でした。
2016年02月10日 15:01撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっから尾根道?急すぎないか?雪で滑りそうになり、大変でした。
1
急登をやっと越えました。
2016年02月10日 15:12撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登をやっと越えました。
2
こんなとこ出てきました。別荘エリア?
2016年02月10日 15:19撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなとこ出てきました。別荘エリア?
道路でも、日陰はかなり積もってます。
2016年02月10日 15:22撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道路でも、日陰はかなり積もってます。
1
これが心経岩。結構な存在感。
2016年02月10日 15:28撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが心経岩。結構な存在感。
3
かなり急な登りです。
2016年02月10日 15:32撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり急な登りです。
1
そして雲ケ岩。実物を見ると、心経岩よりかなり小さく、見逃しそうなくらい。
2016年02月10日 15:33撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして雲ケ岩。実物を見ると、心経岩よりかなり小さく、見逃しそうなくらい。
3
六甲山スノーパーク前。
2016年02月10日 15:40撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六甲山スノーパーク前。
やっとガーデンテラスへ到着。
2016年02月10日 15:45撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとガーデンテラスへ到着。
1
縦走路を西へ進み、六甲ケーブルで下山しました。
2016年02月10日 15:59撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路を西へ進み、六甲ケーブルで下山しました。
2

感想/記録

今回はGPSロガー忘れたので、ログなしです。登山頻度が減っているせいか、忘れ物をすることが増えてます。お箸も忘れたし・・
逢山峡ですが、沢に入らずに沢を近くに感じれる道はないかと、沢の西側を探検しました。おそらく道はあるんですが、荒れ荒れのため藪かき状態。しかも、沢から少し離れており、沢を感じれそうにないので途中で引き返しました。
山伏道は相変わらず見応えのある滝が連続しており、しかもこの時期でも結構な水量です。これだけの滝がある登山道ですが、知名度が低いのが残念です。
山伏道を越えた跡はシラケ谷を登りました。途中からの急登はハンパなく、雪がうっすら積もっていたので、滑らないかヒヤヒヤしました。
訪問者数:174人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ