ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 810366 全員に公開 雪山ハイキング近畿

赤谷山 深雪のノーマルルートでラッセル三昧〔宍粟50名山05〕(兵庫県宍粟市)

日程 2016年02月10日(水) [日帰り]
メンバー yamaya(CL), mo-san, その他メンバー10人
天候晴れ 無風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
●乗用車
 ・国道29号の新戸倉トンネルを目指します。
  戸倉峠付近の道路は、シャーベット状になっていました。
◎駐車場
 ・トンネル東側の駐車場に車を置きましたが、除雪は不完全でした。
  トンネル東入口の北側にも狭い駐車帯があります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち69%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

◆所要時間 5時間20分 ●歩行距離 8.5Km ▲総上昇量 546m

 10:30 新戸倉トンネル東Ⓟ
 11:40 戸倉峠登山口
 12:20 (休憩地:昼食)〜12:45
 13:50 赤谷山(あかたにやま)「凝戚勝落折(おちおれ)△1216.57m」~14:10
 15:05 戸倉峠登山口
 15:50 新戸倉トンネル東Ⓟ
コース状況/
危険箇所等
▲山行概要
 々濱磴続き、深くなった雪面を交代でラッセルしながら戸倉峠へ向かう。
 峠の登山口から急坂の難路が続くが、登山道整備を共にしているK氏
  の的確なルート工作でようやく稜線に出る。
 4砲笋な県境尾根に乗り、新雪のラッセルに耐えて標識に従うと、
  やがて遮るものの無い大パノラマの山頂に飛び出す。
  背後には白く輝く氷ノ山の雄大な山容が姿を現し、頑張ってきた我々を
  迎えてくれた。
 2嫉海榔路を下り、深雪のバリエーションルートを見送ってノーマル
  ルートで駐車場へ帰着。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

ルート詳細図(クリック→元サイズ→拡大)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルート詳細図(クリック→元サイズ→拡大)
3
新戸倉トンネル東側の駐車場を出発
2016年02月10日 10:31撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新戸倉トンネル東側の駐車場を出発
2
R29新戸倉トンネル東側(標高731m)の路側帯でスノーシューを装着
2016年02月11日 11:53撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
R29新戸倉トンネル東側(標高731m)の路側帯でスノーシューを装着
1
旧国道を進み矢印標識から少しショートカットする
2016年02月11日 11:39撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧国道を進み矢印標識から少しショートカットする
3
旧戸倉隧道(旧国道29号)の前を通過
2016年02月11日 11:40撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧戸倉隧道(旧国道29号)の前を通過
2
戸倉峠の登山口です
2016年02月11日 11:41撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸倉峠の登山口です
2
登山口標柱
2016年02月11日 12:13撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口標柱
4
深雪の急坂を頑張ります
2016年02月11日 11:41撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
深雪の急坂を頑張ります
1
先行のワカンが沈みます
2016年02月11日 11:42撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先行のワカンが沈みます
2
黙々と坂を上がって行きます
2016年02月11日 11:43撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黙々と坂を上がって行きます
2
幻想的な霧氷の世界に入ります
2016年02月10日 13:22撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幻想的な霧氷の世界に入ります
5
稜線の風雪に耐えるブナの巨樹にご挨拶
2016年02月11日 11:44撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線の風雪に耐えるブナの巨樹にご挨拶
1
眼前に「赤谷の頭」が現れる
2016年02月10日 13:41撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼前に「赤谷の頭」が現れる
2
着雪の情景
2016年02月11日 11:56撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
着雪の情景
5
やはり来て良かったと思う光景
2016年02月11日 12:39撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはり来て良かったと思う光景
6
青空に映える樹氷に心が躍る
2016年02月11日 11:46撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空に映える樹氷に心が躍る
3
赤谷山山頂の山名標柱
2016年02月10日 13:57撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤谷山山頂の山名標柱
6
ラッセルで少し疲れましたが、赤谷山に無事到着〜♪
2016年02月10日 14:03撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラッセルで少し疲れましたが、赤谷山に無事到着〜♪
7
北に広がる氷ノ山の山容
2016年02月11日 11:46撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北に広がる氷ノ山の山容
7
いつもお世話になる赤い屋根の三の丸避難小屋をとらえる
2016年02月11日 11:46撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもお世話になる赤い屋根の三の丸避難小屋をとらえる
3
南に茅場が白く光る「一山」を遠望
2016年02月11日 11:52撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南に茅場が白く光る「一山」を遠望
4
東の但馬の妙見と蘇武岳
2016年02月10日 13:55撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東の但馬の妙見と蘇武岳
3
西の最奥に「沖ノ山」が見えています
2016年02月11日 12:27撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西の最奥に「沖ノ山」が見えています
3
南に続く霧氷の稜線
2016年02月11日 11:52撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南に続く霧氷の稜線
3
素晴らしい光景に名残を惜しみながら下山を開始
2016年02月10日 14:16撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素晴らしい光景に名残を惜しみながら下山を開始
5
白銀の霧氷に囲まれて足取りは軽い
2016年02月10日 14:18撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白銀の霧氷に囲まれて足取りは軽い
6
峠への下りの坂に手こずっています
2016年02月11日 11:49撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峠への下りの坂に手こずっています
1
深〜いトレースを残してしまいました!
2016年02月10日 15:32撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
深〜いトレースを残してしまいました!
3
全員無事にトンネル脇から下山しました
2016年02月11日 11:50撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
全員無事にトンネル脇から下山しました
3
撮影機材:

感想/記録
by yamaya

【感想・コメント】
・今回も絶好の雪山日和に恵まれ、県境尾根の豪雪に耐えるブナ巨木に
 対面し、新たに積もった60儖幣紊凌契磴鮓鯊紊妊薀奪札襪靴覆ら
 霧氷の輝く爽快な尾根歩きを楽しむことができました。
・山頂の素晴らしい雪山のパノラマ展望には、思わず歓声があがりました。
・下山は、新雪が深いので、予定していたバリエーション尾根の下りを
 回避し、ノーマルルートを1時間40分で快調に下りました。
・我々の深いトレースを山頂まで残しているので、後続パーティの楽しみ
 を半減させるかも知れません。

▲山名メモ:【赤谷山(あかたにやま)】
 ‖称【赤谷の頭(あかたにのかしら)】は戸倉スキー場の北側にある
  赤谷の頂部を示しており、今も山域を熟知した杣人や猟師が畏敬の
  念を抱きながら使っています。これからも残しておきたい呼び名です。
 戸倉山(古くからの一般的な呼び名)
 F鹽三角点名:落折(おちおり)・挟霆狹製蟶瀉蓮波賀町戸倉
  字赤谷:鳥取県側に落折(おちおれ)集落が残る。
訪問者数:301人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ