ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 810823 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

蓼科山

日程 2016年02月09日(火) [日帰り]
メンバー udachan, その他メンバー4人
天候曇り後雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
女神茶屋の蓼科山登山口に駐車。休日は駐車場に入りきれない程であるが、今日は平日なので先客は2台のみ。バイオトイレ(工事中)が新たに設置されていて、今春位に使用可能となる感じであった。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間12分
休憩
3分
合計
7時間15分
S女ノ神茶屋・蓼科山登山口09:2310:45標高2110m標識12:23蓼科山12:2616:38女ノ神茶屋・蓼科山登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

蓼科山登山口の駐車場。先客は2台のみ
2016年02月09日 09:23撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓼科山登山口の駐車場。先客は2台のみ
1
駐車場にバイオトイレが設置されていた(現在は使用不可、工事中?)
2016年02月09日 09:23撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場にバイオトイレが設置されていた(現在は使用不可、工事中?)
1
登山口より積雪、アイゼンを着け登る
2016年02月09日 09:51撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口より積雪、アイゼンを着け登る
1
登山道
2016年02月09日 09:52撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道
1
標高2110m
2016年02月09日 10:45撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高2110m
1
幸徳平の標識
2016年02月09日 11:01撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幸徳平の標識
雪が深くなって来る
2016年02月09日 11:01撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が深くなって来る
1
雪も降って来る。登山道を真っ直ぐに登って行く
2016年02月09日 11:38撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪も降って来る。登山道を真っ直ぐに登って行く
1
蓼科山山頂はガスっていて且つ風が強い
2016年02月09日 12:23撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓼科山山頂はガスっていて且つ風が強い
1
蓼科山山頂にて。下山時ホワイトアウトで道迷い(強風の中)
2016年02月09日 12:25撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓼科山山頂にて。下山時ホワイトアウトで道迷い(強風の中)
1
下山したら駐車場の車はこの通り。
2016年02月09日 16:37撮影 by SO-02E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山したら駐車場の車はこの通り。
1

感想/記録

白樺湖から2in1スキー場を車で走っている時、雪が強く降って来たので蓼科山に登るのは中止しようと思ったが、登山口まで行って見る事にした。
丁度登山口に着いた時には小雪になって来たので登る事にした。
アイゼンを着け、9時23分出発。トレースは付いていた。途中で奈良県から来た男性(一人)とすれ違い、山頂はガスと強風だから気を付けて登って下さいとアドバイスを貰う。
山頂少し手前の樹林帯を過ぎると風が強くなる。雪が降って来て視界も悪くなる。
蓼科山山頂には順調に着き(12時23分着、12時26分発)、記念写真を撮りすぐ下山する。しかしここでホワイトアウトで道が判らなくなってしまった。登って来た時にオレンジ色のポールが有ったのだが、それが全然見えない。1時間弱強風の中を彷徨い、再度蓼科山山頂に戻る。この時、オレンジ色のポールと山小屋が一瞬見えて来た。そのポールをたどり無事に下山出来たが、一つ間違えば遭難していたと思う。ホワイトアウトの経験は2度目であるが、本当に怖いと思った。
今度は天気の良い時に登りたいと思う。
訪問者数:146人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

白樺 遭難
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ