ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 811026 全員に公開 ハイキング丹沢

辺室山南東尾根から周回

日程 2016年02月11日(木) [日帰り]
メンバー zuppy1519, その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
道の駅清川駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間7分
休憩
47分
合計
5時間54分
S道の駅清川08:5009:01坂尻バス停10:26唐沢林道横断10:58辺室山11:3512:26物見峠12:3212:57八丁径路上端14:19平成の森14:2314:44道の駅清川地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
一部を除きバリエーションルートです。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 スマホGPS チェーンスパイク

写真

坂尻バス停付近から西に向けて舗装された道を入る。標高150m。
2016年02月11日 09:01撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坂尻バス停付近から西に向けて舗装された道を入る。標高150m。
1
ここは正面の林業会社の門柱の方へ。何か入りづらい感じですが、昔からある古い林道だそうです。標高200m。
2016年02月11日 09:08撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは正面の林業会社の門柱の方へ。何か入りづらい感じですが、昔からある古い林道だそうです。標高200m。
1
林道とはいっても今は使われておらず、進むにしたがって次第に荒れてきます。枝や倒木を掻き分けながら進む。標高280m。
2016年02月11日 09:30撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道とはいっても今は使われておらず、進むにしたがって次第に荒れてきます。枝や倒木を掻き分けながら進む。標高280m。
2
ほとんど崩壊して斜面になっているところもありますが、踏み跡は続いています。
2016年02月11日 09:36撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほとんど崩壊して斜面になっているところもありますが、踏み跡は続いています。
2
古い石の堰堤を越えています。写真ではよく判りませんね。
2016年02月11日 09:49撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古い石の堰堤を越えています。写真ではよく判りませんね。
1
狙いの場所から尾根に登ります。一応、古い仕事道がついていました。標高350m。
2016年02月11日 10:11撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狙いの場所から尾根に登ります。一応、古い仕事道がついていました。標高350m。
1
中腹で唐沢林道を横断します。標高450m。
2016年02月11日 10:27撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中腹で唐沢林道を横断します。標高450m。
2
唐沢林道の上は、辺室山南南東尾根を登ります。ここは傾斜もゆるやかで見晴しもよく、快適な尾根道です。
2016年02月11日 10:39撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐沢林道の上は、辺室山南南東尾根を登ります。ここは傾斜もゆるやかで見晴しもよく、快適な尾根道です。
2
山頂付近で少し植林帯を抜けると山頂に到着。山頂付近は雪が残っています。三角点の標高は644m。
2016年02月11日 10:59撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂付近で少し植林帯を抜けると山頂に到着。山頂付近は雪が残っています。三角点の標高は644m。
2
山頂の標高点は653m。快晴無風の静寂で、先々週、となりの宮ヶ瀬尾根で雹に降られて悲惨だった時と大違いです。
2016年02月11日 11:01撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の標高点は653m。快晴無風の静寂で、先々週、となりの宮ヶ瀬尾根で雹に降られて悲惨だった時と大違いです。
2
辺室山より宮ヶ瀬尾根を望む。今日の宮ヶ瀬尾根は気持ちよさそうです。
2016年02月11日 11:51撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
辺室山より宮ヶ瀬尾根を望む。今日の宮ヶ瀬尾根は気持ちよさそうです。
2
物見峠への登山道。雪に踏み跡も多くなく、ざくざくと進めます。(所々に残雪)
2016年02月11日 12:13撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
物見峠への登山道。雪に踏み跡も多くなく、ざくざくと進めます。(所々に残雪)
2
物見峠到着。ここは日陰なので残雪も多い。標高630m。
2016年02月11日 12:27撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
物見峠到着。ここは日陰なので残雪も多い。標高630m。
1
物見峠から三峰方向に登り返します。チェーンスパイクをつけていましたが、凍っていないので必須ではありません。
2016年02月11日 12:37撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
物見峠から三峰方向に登り返します。チェーンスパイクをつけていましたが、凍っていないので必須ではありません。
2
途中、煤ヶ谷への分岐を通過し、この標柱の場所から八丁径路を下降します。標高760m。
2016年02月11日 12:57撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、煤ヶ谷への分岐を通過し、この標柱の場所から八丁径路を下降します。標高760m。
1
八丁径路の上部、雪が残っていましたが少しだけです。
2016年02月11日 12:58撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丁径路の上部、雪が残っていましたが少しだけです。
2
上の方はモミの木が多い美しい尾根だけど、中腹より下は荒れた仕事道になり判りにくい場所もあります。(東丹沢詳細図では最後まで尾根道を下る)
2016年02月11日 13:15撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上の方はモミの木が多い美しい尾根だけど、中腹より下は荒れた仕事道になり判りにくい場所もあります。(東丹沢詳細図では最後まで尾根道を下る)
1
平成の森の石碑に下りて来ました。この石碑に至る最後の下り部分が最も判りにくいところです。倒木も多くて少し迷いそうになりました。標高200m。
2016年02月11日 14:18撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平成の森の石碑に下りて来ました。この石碑に至る最後の下り部分が最も判りにくいところです。倒木も多くて少し迷いそうになりました。標高200m。
1

感想/記録

3週続けて清川村周辺の山歩きです。今日は清川村出身の仲間と辺室山バリルートを周回してきました。登りは辺室沢の上にある古い林道から辺室山南南東尾根を登りました。古い林道は先週偵察した区間の先は、さらに崩壊していて、何とか踏み跡を辿れる程度でしたが、古い石垣とかもあり、探検気分満点です。辺室山山頂は残雪、青空、無風で別天地でした。下りは物見峠を経由して東丹沢詳細図にある八丁径路を下りました。3回目なので慣れていましたが上部は急坂、下部の仕事道は荒れていて判りにくい場所があります。
訪問者数:213人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 三角点 倒木 堰堤 モミ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ