ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 811156 全員に公開 雪山ハイキング蔵王・面白山・船形山

蔵王ライザからかんじきハイキング

日程 2016年02月11日(木) [日帰り]
メンバー cyder
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
蔵王ライザスキー場の駐車場(無料)を使わせて頂きました
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間45分
休憩
35分
合計
6時間20分
Sスタート地点08:4008:48蔵王坊平高原ペンションtooCotton13:35お田神ひなん小屋14:1014:51蔵王坊平高原ペンションtooCotton15:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
当たり前ですが、車道上を歩くので道迷いの心配はほぼありません
樹氷原は踏み抜き注意です、あまり樹氷に近過ぎないところを歩きましょう
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ズボン 靴下 グローブ 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 ザック 輪カンジキ アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 携帯 時計 サングラス タオル ストック

写真

エコーラインの冬季閉鎖ゲートから出発
ゲートは工事中との事で、重機が道を塞いでいました

積み上げられた雪を乗り越えてスタート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エコーラインの冬季閉鎖ゲートから出発
ゲートは工事中との事で、重機が道を塞いでいました

積み上げられた雪を乗り越えてスタート
1
トレースが二本
片方はスキーでもう一方がスノーシューかな?
期待していた通りなのでまずは安心しました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレースが二本
片方はスキーでもう一方がスノーシューかな?
期待していた通りなのでまずは安心しました
1
天気は晴れたり曇ったり、風も弱く天候に恵まれました
トレースから外れなければ楽々と歩けますが、ちょとでも外れるとかんじきを履いていても膝位まで沈みます
途中雪が吹き溜まっているところは、トレースは見えませんが雪は踏み固まっているので、足で探りながら進んで見たところもあります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気は晴れたり曇ったり、風も弱く天候に恵まれました
トレースから外れなければ楽々と歩けますが、ちょとでも外れるとかんじきを履いていても膝位まで沈みます
途中雪が吹き溜まっているところは、トレースは見えませんが雪は踏み固まっているので、足で探りながら進んで見たところもあります
1
朝日連峰方面、雲が邪魔で見えないですが…
時折パッと晴れますが、中々いいシャッターチャンスに恵まれません
息が上がらないように多少ゆっくり目に歩きましたが、ほぼ予定通りのペースでこの辺りまでは結構余裕だったんですがねー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日連峰方面、雲が邪魔で見えないですが…
時折パッと晴れますが、中々いいシャッターチャンスに恵まれません
息が上がらないように多少ゆっくり目に歩きましたが、ほぼ予定通りのペースでこの辺りまでは結構余裕だったんですがねー
1
しばらく登って、ゲレンデすぐそばのヘアピンカーブを過ぎたあたりで撮影されている方が何名かいて、そこがトレースの終点
予定では、ゲレンデの最上部までエコーライン上にトレースがあるはずだったのに…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく登って、ゲレンデすぐそばのヘアピンカーブを過ぎたあたりで撮影されている方が何名かいて、そこがトレースの終点
予定では、ゲレンデの最上部までエコーライン上にトレースがあるはずだったのに…
3
後はひたすらラッセル
ホムセンで買ってきた雪国かんじきでは厳しいのか、膝上辺りまで沈みます
スノーシューだとかんじきよりは沈まないと聞きますが、雪に沈んだ足を抜いて前に出す動きは軽いかんじきの方がしやすいと思うんですが、実際どっちが楽なんでしょうね?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後はひたすらラッセル
ホムセンで買ってきた雪国かんじきでは厳しいのか、膝上辺りまで沈みます
スノーシューだとかんじきよりは沈まないと聞きますが、雪に沈んだ足を抜いて前に出す動きは軽いかんじきの方がしやすいと思うんですが、実際どっちが楽なんでしょうね?
1
やっと樹氷の気配が感じられるようになってきました
写真ではわかりづらいですが、山の上の方は樹氷原です

この辺りで刈田岳まで行くのに時間切れ確定
しかし、本当に進まない…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと樹氷の気配が感じられるようになってきました
写真ではわかりづらいですが、山の上の方は樹氷原です

この辺りで刈田岳まで行くのに時間切れ確定
しかし、本当に進まない…
2
うさぎの足跡
ラッセルが足に堪えて、少し進んでは小休止の繰り返しです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うさぎの足跡
ラッセルが足に堪えて、少し進んでは小休止の繰り返しです
うさぎの足跡と同じ場所から、別の動物(人型)の足跡
お疲れなのか、随分よれています(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うさぎの足跡と同じ場所から、別の動物(人型)の足跡
お疲れなのか、随分よれています(笑)
4
やっと先が見えてきたあたり、でもやっぱり雪雪雪

このちょっと先でやっとスノーシューのツアー?の方や、散策中のご夫婦?の方に出会いました
この奥様、ひなん小屋綺麗にしておいたから休んでいきなさいと有り難いお言葉
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと先が見えてきたあたり、でもやっぱり雪雪雪

このちょっと先でやっとスノーシューのツアー?の方や、散策中のご夫婦?の方に出会いました
この奥様、ひなん小屋綺麗にしておいたから休んでいきなさいと有り難いお言葉
6
やっと着いた樹氷原!
暖冬の影響でしょうが、随分痩せたモンスター達です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと着いた樹氷原!
暖冬の影響でしょうが、随分痩せたモンスター達です
1
樹氷原の中を自由に散策
疲れて足が上がらない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹氷原の中を自由に散策
疲れて足が上がらない
ちょっと人っぽい感じませんか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと人っぽい感じませんか?
5
押し寄せるモンスター達
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
押し寄せるモンスター達
1
ちょっと晴れ間
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと晴れ間
2
ひなん小屋到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひなん小屋到着
1
ひなん小屋内部
ロフト形式になっていて、写真の天井の上にも空間があります
ヘルメット・非常用飲料水等本来の避難目的のものの他、どなたかのご厚意なんでしょうが紙コップ・割り箸・ドリップコーヒーもありました
先着されていた方がストーブを着けていたので、そのまま暖をとりつつ食事、後は帰るだけ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひなん小屋内部
ロフト形式になっていて、写真の天井の上にも空間があります
ヘルメット・非常用飲料水等本来の避難目的のものの他、どなたかのご厚意なんでしょうが紙コップ・割り箸・ドリップコーヒーもありました
先着されていた方がストーブを着けていたので、そのまま暖をとりつつ食事、後は帰るだけ!
2
今日行きたかった刈田岳方面
散策してきた辺りよりちょっと上の方だけあって、樹氷もわりとしっかりしています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日行きたかった刈田岳方面
散策してきた辺りよりちょっと上の方だけあって、樹氷もわりとしっかりしています
1
帰りはライザゲレンデを下りました
この景色を見ながら滑り降りるのは、さぞかし気持ちがいいだろうなぁ…
坊平スキー場時代に学校のスキー教室で滑って以来です

滑る人の邪魔にならないようにできるだけ端っこを歩いて下ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りはライザゲレンデを下りました
この景色を見ながら滑り降りるのは、さぞかし気持ちがいいだろうなぁ…
坊平スキー場時代に学校のスキー教室で滑って以来です

滑る人の邪魔にならないようにできるだけ端っこを歩いて下ります
1
最初の方に書いたトレースが消えたゲレンデ直ぐ側のヘアピンカーブをゲレンデ側から撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の方に書いたトレースが消えたゲレンデ直ぐ側のヘアピンカーブをゲレンデ側から撮影
1

感想/記録
by cyder

冬山に本格的に登るには装備も経験も足りていないので、とりあえず雪のたくさんあるところでハイキングと言う事でこのルート

事前に調べた所、エコーラインのこの区間は冬のクロスカントリーコースになっているとの事だったので、トレースと言うかある程度雪が固まっている状態なんだろうなと予想し、刈田岳をとりあえずの目標としました

最初は予想の通り順調でしたが、コースの半分ちょっと前ぐらいから膝上のラッセルとなり思わず時間を取られてしまいました

結局2時間程度予定よりオーバーしゲレンデ最上部まで到達
この先に行く体力も時間も残って無く、樹氷原を散策して帰路に着きました

このコースは天気が悪くなければ眺望も良いですし、ゲレンデが比較的近いので非常時にはわりと簡単に退避できるので、私のような初心者にはいいコースだと思いました(ラッセルが平気な人限定ですが…)
訪問者数:195人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ