ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 811231 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走北陸

荒島岳 〜 勝原ルート 〜

日程 2016年02月11日(木) [日帰り]
メンバー usofuyukitainotori
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
◇元カドハラスキー場駐車場に駐車。
・朝6:30の時点で20台ほど駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち66%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間51分
休憩
51分
合計
7時間42分
S勝原スキー場07:0308:15トトロの木08:1608:45深谷ノ頭08:4610:09もちが壁10:1010:34前荒島10:3511:02荒島岳11:0811:37前荒島11:3911:51もちが壁12:07しゃくなげ平12:39小荒島岳13:1613:42しゃくなげ平13:59深谷ノ頭14:0014:14トトロの木14:1514:45勝原スキー場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◆特別な危険箇所はありませんでした。
▼トレースを辿れば、ラッセル不要の状態でした。踏み跡のない所の積雪は膝丈程度。
その他周辺情報◇「美人の湯しろとり」で入浴&食事。
・大人750円。
・スキー、スノボ客で賑わっていましたが、広々とした浴場のため、窮屈な感じはしませんでした。
・ぬるっとした無色透明のお湯。消毒済みの循環湯のため、カルキ臭い。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

まずはスキー場の跡地を登っていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずはスキー場の跡地を登っていきます。
6
トレースばっちりです。
スノーシューを履いていたため、圧雪された部分は歩きづらく、圧雪されていない部分を登っていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレースばっちりです。
スノーシューを履いていたため、圧雪された部分は歩きづらく、圧雪されていない部分を登っていきます。
5
後方を見やると、真っ白な山が見えてきました。
この時「白山かな?」と一瞬思いましたが、経ヶ岳だったようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後方を見やると、真っ白な山が見えてきました。
この時「白山かな?」と一瞬思いましたが、経ヶ岳だったようです。
6
夏に訪れた様子。
素晴らしいブナの森でした(k)。
2015年06月11日 07:24撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏に訪れた様子。
素晴らしいブナの森でした(k)。
6
モフモフを楽しみたくて
あえてトレースを外して登っています(k)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モフモフを楽しみたくて
あえてトレースを外して登っています(k)。
14
ついに白山が見えました!
その名前の通り真っ白です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついに白山が見えました!
その名前の通り真っ白です。
35
冬木立の中を思いのまま歩いていきます。
スノーシューを履いていると好きな所が歩ける点が楽しいですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬木立の中を思いのまま歩いていきます。
スノーシューを履いていると好きな所が歩ける点が楽しいですね。
6
真っ新な雪原
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ新な雪原
21
霧氷。
気温が高く、氷がパラパラと落ち始めていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷。
気温が高く、氷がパラパラと落ち始めていました。
25
シャクナゲ平をトラバースし終えた地点です。
ここで、スノーシューを外して、アイゼンを装着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲ平をトラバースし終えた地点です。
ここで、スノーシューを外して、アイゼンを装着。
4
急斜面を登っていきます。
北斜面のため気温が低く、この辺りを歩いていたときは指先がかじかんで少し痛かったです(u)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面を登っていきます。
北斜面のため気温が低く、この辺りを歩いていたときは指先がかじかんで少し痛かったです(u)。
1
白山連峰。美しい!
標高1,300m付近以上からは、ほぼずっと北北東方面に白山を望むことができるようになります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白山連峰。美しい!
標高1,300m付近以上からは、ほぼずっと北北東方面に白山を望むことができるようになります。
24
小荒島岳とシャクナゲ平を見下ろす。
画像左1/4付近にあるピークが小荒島岳、中央部分のなだらかな丘がシャクナゲ平です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小荒島岳とシャクナゲ平を見下ろす。
画像左1/4付近にあるピークが小荒島岳、中央部分のなだらかな丘がシャクナゲ平です。
6
逆光の中、急斜面を登っていく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
逆光の中、急斜面を登っていく。
5
トレースがある上、程よくクッションが効く雪質のため、非常に歩きやすい。
雪山の絶景を楽しみながら歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレースがある上、程よくクッションが効く雪質のため、非常に歩きやすい。
雪山の絶景を楽しみながら歩きます。
33
中荒島岳への登り。
雰囲気が全然違いますね(k)。
2015年06月11日 05:50撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中荒島岳への登り。
雰囲気が全然違いますね(k)。
2
東側の雪庇は、それほど発達していません(k)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側の雪庇は、それほど発達していません(k)。
9
歩いている途中から見えた乗鞍岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いている途中から見えた乗鞍岳。
12
御嶽山も見えた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽山も見えた。
12
この辺りから上は風が強く、少し寒かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りから上は風が強く、少し寒かった。
10
山頂到着!
60座目の百名山Get!(u)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂到着!
60座目の百名山Get!(u)
28
こうして見ると結構積もっています(k)。
2015年06月11日 06:02撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こうして見ると結構積もっています(k)。
3
山頂から見た白山連峰。
絶景です (≧▽≦)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から見た白山連峰。
絶景です (≧▽≦)
22
憧れの冬景色、ほぼ一緒です(k)。
2015年06月11日 06:24撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
憧れの冬景色、ほぼ一緒です(k)。
夏には、こんな立派な標識がありました。
今はもちろん埋まっていました(k)。
2015年06月11日 06:28撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏には、こんな立派な標識がありました。
今はもちろん埋まっていました(k)。
3
東側を一望。雲一つない青空です!
南アルプスの一部も見えていたのですが、遠すぎて霞んでしまい、写真には上手く写せませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側を一望。雲一つない青空です!
南アルプスの一部も見えていたのですが、遠すぎて霞んでしまい、写真には上手く写せませんでした。
8
北アルプス。
笠ヶ岳や槍ヶ岳、穂高連峰が確認できます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北アルプス。
笠ヶ岳や槍ヶ岳、穂高連峰が確認できます。
20
中央アルプス。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプス。
4
能郷白山方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
能郷白山方面
6
部子山、銀杏峯。
存在感があったので、山頂までの道すがら、ここが能郷白山だと思っていました(u)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
部子山、銀杏峯。
存在感があったので、山頂までの道すがら、ここが能郷白山だと思っていました(u)。
13
大野盆地方面。
画像では分かりにくいのですが、日本海を確認することができました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大野盆地方面。
画像では分かりにくいのですが、日本海を確認することができました。
1
もう一度白山方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一度白山方面
9
白山核心部を拡大
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白山核心部を拡大
13
絶景を思う存分堪能できたので、下山します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絶景を思う存分堪能できたので、下山します。
7
白山を見ながら楽しく下っていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白山を見ながら楽しく下っていきます。
4
この辺りまで来ると風がやみました。
この画像で人が何人か確認できる辺りで休憩しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りまで来ると風がやみました。
この画像で人が何人か確認できる辺りで休憩しました。
4
ポカポカ陽気の中、白山を見ながら、ゆっくり休憩した後、下山します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ポカポカ陽気の中、白山を見ながら、ゆっくり休憩した後、下山します。
4
シャクナゲ平を経由して、小荒島岳に向かいます。
「スノーシューを履けば、きっと楽しめますよ。」と三人組のパーティーの方からご指摘いただきましたが、装備変更するのがめんどくさかったので、そのままアイゼンで歩行しました。
トレースを外れても膝まで沈み込む程度でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲ平を経由して、小荒島岳に向かいます。
「スノーシューを履けば、きっと楽しめますよ。」と三人組のパーティーの方からご指摘いただきましたが、装備変更するのがめんどくさかったので、そのままアイゼンで歩行しました。
トレースを外れても膝まで沈み込む程度でした。
2
小荒島岳から見た荒島岳本峰。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小荒島岳から見た荒島岳本峰。
18
本峰拡大。
勝原ルートには荒島岳を一望できる展望スポットがないので、小荒島岳に寄り道することをお勧めします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本峰拡大。
勝原ルートには荒島岳を一望できる展望スポットがないので、小荒島岳に寄り道することをお勧めします。
12
風もほとんどなく温かかったので、展望を楽しみながら、ゆっくり休憩しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風もほとんどなく温かかったので、展望を楽しみながら、ゆっくり休憩しました。
2
白山方面。
眼下には国道158号線が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白山方面。
眼下には国道158号線が見えます。
4
白と青のグラデーション
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白と青のグラデーション
9
シャクナゲ平まで戻ってきました。
下山します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲ平まで戻ってきました。
下山します。
途中、ヒップソリを使用。
長い距離を滑り降りることができないので、歩いて下った方が早く下山できるような状況でした。時間がないわけではないので、思う存分楽しみました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、ヒップソリを使用。
長い距離を滑り降りることができないので、歩いて下った方が早く下山できるような状況でした。時間がないわけではないので、思う存分楽しみました。
10
駐車場まで無事に戻ってきました。
楽しかった!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場まで無事に戻ってきました。
楽しかった!
2
【番外編】九頭竜ダムから見た荒島岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【番外編】九頭竜ダムから見た荒島岳
9
撮影機材:

感想/記録

この日の気圧配置の予報を見ると、流れてきた移動性高気圧に中部地方全域が広く覆われる気圧配置。曇りがちな北陸方面もスッキリ晴れそうなので、荒島岳に登ることにしました。

今回はバッチリ予報も当たり、一日中、雲一つない快晴の青空の下、雪山を楽しむことができました。
気温も暖かく、風も山頂付近以外ではほとんど吹いていない状態で、雪山を楽しむには最適な条件でした。
例年に比べると雪の量は少ないようで、トレースを外しても膝丈程度。雪は固くしまり過ぎていることもなく、適度にクッションが効いた歩きやすい雪質でした。

この日の荒島岳は、多くの登山者で賑わっていました。百人以上は登っていたはずです。
手頃に雪山を楽しめ、眺望も抜群の山なので、大勢の登山者が訪れるのにも納得です。
雪を被った荒島岳の山容もなかなかのもので、百名山であることにも納得です。

感想/記録

昨年の6月に初めて訪れた荒島岳。
深田久弥さんの郷土枠と言われ、恵那山と並んでガッカリ百名山に名が上がります。
たしかに低山にしては展望とブナ林は素晴らしいけど、何かが違うと思いました。
リベンジというわけではないですが、冬の荒島岳は評価が鰻登りです。
積雪が多いわりに手ごろに登れて、それほどの危険はないのでオススメです。
最高の天候にめぐまれ、展望のきく厳冬期に再登頂できたことに感謝です。
訪問者数:727人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ