ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 811402 全員に公開 雪山ハイキング近畿

鈴鹿「日本コバ東尾根から山頂周回」

日程 2016年02月11日(木) [日帰り]
メンバー kousan8181
天候快晴無風
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間34分
休憩
1時間16分
合計
7時間50分
S藤川谷登山口08:5009:30P52109:4011:10・83811:2512:16日本コバ12:5013:30P910永源寺尾根分岐13:3513:50・89713:5514:30政所道藤川谷道分岐(北)14:53衣掛山15:0015:07大山谷林道⇔政所道出合16:20藤川谷登山口16:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
滋賀県側の永源寺周辺で藪山バリエーション「東尾根ルート」を三カ所選ぶなら… 崢源劵姥東峰の東尾根」シダ原峠からシャクナゲ+岩場ルート◆嵒越山東尾根」神崎川林道から下部岩稜帯から上部の藪「日本コバ東尾根」急登だが藪は無く快適です。
コース状況/
危険箇所等
藤川谷登山口より東尾根に取付〜新雪が10cmから20cm有りましたがアイゼンやワカンは不使用でした。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ロープ22m
備考 山頂周回付近は積雪30cmでワカン使用〜

写真

藤川谷登山口よりスタート。
2016年02月11日 08:47撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤川谷登山口よりスタート。
2
尾根末端の送電線鉄塔広場。
2016年02月11日 08:54撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根末端の送電線鉄塔広場。
2
登山靴で急斜面を登る!
2016年02月11日 09:23撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山靴で急斜面を登る!
2
油断すると頭上から雪団子が落ちてきます。
2016年02月11日 09:23撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
油断すると頭上から雪団子が落ちてきます。
1
P521の小ピークで休憩。
2016年02月11日 09:31撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P521の小ピークで休憩。
1
前方奥は藤川谷上部。
2016年02月11日 09:31撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前方奥は藤川谷上部。
松の大木です。
2016年02月11日 09:46撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松の大木です。
1
赤松の大木が美しい。
2016年02月11日 09:59撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤松の大木が美しい。
姿は見えないが獣の足跡が続く。
2016年02月11日 09:59撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姿は見えないが獣の足跡が続く。
左側が植林地と右側が樹林帯に変わる。
2016年02月11日 10:23撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左側が植林地と右側が樹林帯に変わる。
杉の大木が散在。
2016年02月11日 10:55撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉の大木が散在。
杉に共存する蔦など
2016年02月11日 11:00撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉に共存する蔦など
広い尾根です。
2016年02月11日 11:00撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い尾根です。
1
食べられない茸。
2016年02月11日 11:07撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
食べられない茸。
2
・838の台地と巨木
2016年02月11日 11:08撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
・838の台地と巨木
晴天で眩しいほどの陽射しです!
2016年02月11日 11:10撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴天で眩しいほどの陽射しです!
1
標高850の大ガレから永源寺ダム湖を眺める。
2016年02月11日 11:32撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高850の大ガレから永源寺ダム湖を眺める。
1
痩せ尾根から落ちたら止まりません。
2016年02月11日 11:32撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
痩せ尾根から落ちたら止まりません。
2
山頂は無垢の積雪です。
2016年02月11日 12:15撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は無垢の積雪です。
4
貸し切りのピーク
2016年02月11日 12:15撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
貸し切りのピーク
3
左側は霊仙山〜右側は御池岳
2016年02月11日 12:15撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左側は霊仙山〜右側は御池岳
2
鈴ケ岳から御池岳をアップで撮る。
2016年02月11日 12:35撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鈴ケ岳から御池岳をアップで撮る。
3
北端ピーク〜スマホの電池切れ(最後の撮影)あとはデジカメです。
2016年02月11日 13:51撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北端ピーク〜スマホの電池切れ(最後の撮影)あとはデジカメです。
1

感想/記録

「今回の目的は膝対策です。」前回の山行は体調不良と膝痛で散々となり、山屋生命の危機を感じる。残り少ない人生をかけて、W+Sの共同開発されたサポーターを購入する!…もちろんタイツやサポーター類は沢山使用済みでした。〜結果は効果てきめん!今回の山行中に膝痛や着用ストレスも感じませんでした。(値段が高く片方だけ〜)…日本コバは藤川谷コースと、政所の南側尾根〜P828へ抜ける(藪山ルート)など数回の入山経験です。今回も会友を募集するも問い合わせだけで単独行です。…早起きするも、気が緩み途中のコンビニで仮眠すると寝てしまい計画より一時間遅れてスタート。おかげで体調万全となり藤川谷登山口階段上から東尾根に取り付く。植林地の中は歩き易いので南側斜面に向かうと送電線鉄塔広場に着く。積雪は薄く積もる程度だが厄介なのは頭上からの雪爆弾です。(急斜面で汗を掻くが雨具は脱げません。)…P521にて休憩タイム〜もうサングラスは外せません。陽射しが暑い〜気に入った場所や珍しい樹木を見つけて立ち止まる。〜心配していた標高700〜850m間の急斜面も積雪のおかげで登り易いと感じる。標高838mは広く、ここまで里山なので藪はありません。尾根筋に点在する松の木を観ると嬉しい気分になるのは私だけでしょうか?日本的風土を残して欲しいです。広場から先は永源寺ダム湖へ落ちる大ガレ場で滑り台のようです。眺めは良いが足元注意です!上部の笠松尾根分岐迄上がると積雪は30cmとつぼ足では難しい!ルートにはテープや紐の案内が多数見受けられ読図要らずです!山頂にたどり着くが新雪にトレースは無い?今回はゆっくり食べるつもりで休憩する。御池岳方面を眺め腰を降ろすと風も無く陽だまりにくつろぐ!スマホの電池切れに気づいたが早い消費に驚く。(今日は里山なので電源を入れたままでした。)…雪は30cmとなりワカンを履き周回尾根へ進みます。やはり浮力向上で歩き易い〜永源寺分岐までは南側の尾根を意識して進む。P910で方向転換(10分前に「日本コバ1km」標識あり)…P897を確認後は衣掛山を目指し帰路に入る。ルートは尾根筋を歩き通して衣掛山へ進む。北側の植林地からは解け出した雪の滴が降り注ぐ。政所ルートからもトレースはありません。〜P870のトラバースは積雪が薄く斜面が泥濘み厄介でした。政所まで滑り台のような登山道でゆっくりと下山する。…「追記」雪山は、やはり尾根筋が安全と思います。しかし日本コバの東尾根の記録が見当たらず手探りでした。気分的には「皆子山東尾根」と似ている〜西尾根周回から県境尾根筋からツボクリ谷経由です。
訪問者数:356人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ