ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 811769 全員に公開 雪山ハイキング中央アルプス

南木曽岳・スノーハイク

日程 2016年02月10日(水) [日帰り]
メンバー tos-M
天候曇りのち快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道19号線より、妻籠宿がある国道256号線に入る。
あららぎキャンプ場・南木曽岳登山口の標識あり、
川沿いに入り、キャンプ場をさらに道幅が狭く
舗装されていない道路を登っていくとあららぎ登山口の
無料駐車場があり、トイレと避難小屋があります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間44分
休憩
1時間1分
合計
6時間45分
S南木曽岳登山口(蘭)08:5109:39下山道分岐09:4112:01南木曽岳12:0312:15南木曽岳避難小屋13:1113:29南木曽岳13:3015:04下山道分岐15:36南木曽岳登山口(蘭)15:36ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全面積雪あり。(登山道5〜10cm程度)
ここの登山道は、急登で木の階段が多く見られるのと
雪がそれほど深くない為、隠れた岩や木の根があり、
思わず斜めに踏むと共に滑り易いです。
登山靴のみでも登れますが、下りは特に滑り易く
私はアイゼンを着用しました。
ただ、爪が引っかかる為、逆に危険な場合もあります。
下りは慎重に!
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ネックウォーマー 毛帽子 ザック アイゼン スノーシュー 昼ご飯 行動食 飲料 水筒(保温性) レジャーシート 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト ストック カメラ

写真

登山口にある避難小屋とトイレ
2016年02月10日 08:44撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口にある避難小屋とトイレ
1
ゲートの先、林道を進みます。新雪で15cm程度か?
2016年02月10日 08:48撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートの先、林道を進みます。新雪で15cm程度か?
2
林道と別れここから本格登山道です。
2016年02月10日 09:11撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道と別れここから本格登山道です。
斜面に架かる桟道。
2016年02月10日 09:19撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜面に架かる桟道。
橋を渡ります。
2016年02月10日 09:23撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡ります。
下山道との分岐点
2016年02月10日 09:37撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山道との分岐点
階段が多いです。
2016年02月10日 09:41撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段が多いです。
ここも階段ですが、雪に半分埋まっています。
2016年02月10日 09:50撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも階段ですが、雪に半分埋まっています。
1
高野槇の葉もご覧のとおり
2016年02月10日 10:20撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高野槇の葉もご覧のとおり
2
急斜面に丸太の階段。上りづらいです。
2016年02月10日 10:29撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面に丸太の階段。上りづらいです。
2
しばし休憩
2016年02月10日 10:38撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばし休憩
1
右が階段、左が鎖場の岩登りコース
2016年02月10日 10:45撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右が階段、左が鎖場の岩登りコース
かぶと岩を眺めるポイント
2016年02月10日 11:25撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かぶと岩を眺めるポイント
1
満開です。
2016年02月10日 11:27撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
満開です。
1
木立の中にある展望のない山頂です。
2016年02月10日 11:42撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木立の中にある展望のない山頂です。
1
立派な山標
2016年02月10日 11:42撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派な山標
1
避難小屋方面に向かいます。ここからスノーポンを装着。
2016年02月10日 11:42撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋方面に向かいます。ここからスノーポンを装着。
小屋のうしろに中央アルプスがどーん!
2016年02月10日 12:11撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋のうしろに中央アルプスがどーん!
4
展望広場に到着
2016年02月10日 12:15撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望広場に到着
4
風もあまり強くなく、気持ちがいい!
2016年02月10日 12:15撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風もあまり強くなく、気持ちがいい!
3
中央の大きな2つの峰は、南駒ヶ岳と空木岳でしょうか?
2016年02月10日 12:21撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央の大きな2つの峰は、南駒ヶ岳と空木岳でしょうか?
8
展望広場から避難小屋をのぞむ
2016年02月10日 12:24撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望広場から避難小屋をのぞむ
4
青空に樹氷が映える
2016年02月10日 12:24撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空に樹氷が映える
2
御嶽山頂は風が強そう
2016年02月10日 13:04撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽山頂は風が強そう
4
南アルプスも見えますよ!
2016年02月10日 13:05撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプスも見えますよ!
4
木曽駒ヶ岳方面も風強そう
2016年02月10日 13:07撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木曽駒ヶ岳方面も風強そう
4
再び御嶽山
2016年02月10日 13:08撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び御嶽山
2
木曽駒ヶ岳、宝剣岳も顔を出してくれました。
2016年02月10日 13:19撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木曽駒ヶ岳、宝剣岳も顔を出してくれました。
6
名残惜しいですね
2016年02月10日 13:19撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名残惜しいですね
2
newギア、スノーポンとアルバインクルーザー2800
2016年02月10日 13:21撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
newギア、スノーポンとアルバインクルーザー2800
2
恵那山は雲の中
2016年02月10日 13:22撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
恵那山は雲の中
2
見晴らしの良い場所から南アルプスが見えた。
2016年02月10日 13:37撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴らしの良い場所から南アルプスが見えた。
1
聖岳・赤石岳・荒川三山でしょうか?
2016年02月10日 13:37撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖岳・赤石岳・荒川三山でしょうか?
3
見上げてもきれいでした。
2016年02月10日 13:42撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見上げてもきれいでした。
5
橋まで戻りました。
2016年02月10日 15:08撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋まで戻りました。
1
林道に出ました。
2016年02月10日 15:15撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に出ました。
1
登山口の避難小屋。まだ大きなつららが残っていました。
2016年02月10日 15:33撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口の避難小屋。まだ大きなつららが残っていました。
3
登山者は、私ひとりでした。
2016年02月10日 15:33撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山者は、私ひとりでした。
1
撮影機材:

感想/記録
by tos-M

スノーハイクがしたくて南木曽岳に行きました。
実は、最初の目的地は松川町の中央アルプスの前衛峰・烏帽子岳。
ところが、登山口まで約1kmの場所でスリップして進めず、
1時間以上、南へ下って南木曽岳へ。
気温は、氷点下7℃。途中の国道256号線も雪道で期待が募る。
天気は曇り空で小雪が途中で舞い、山頂は大丈夫かな?と
思っていましたが、山頂に近づくにつれて天候が回復。
青空が広がった中で大きな中央アルプスが目の前に。
風もさほど強くなく、気持ちの良い景色が広がりました。
昼食は、避難小屋の中でいただき満腹感いっぱいで下山開始。
ところが、登りでも歩きにくいと思っていましたが、ともかく滑り易い。
雪の下に岩や木の根が隠れている。
木の階段が多いのですが、幅が狭く棒状のため登山靴では
つるっと滑り、仕方なくアイゼンを装着。
一番長い急な階段へ来た時、やっちまった!
横にくさりも準備されていた急坂なのに前向きに降り始めて
アイゼンの爪が木に引っ掛かったと思った瞬間、前のめりに転落!
なすがままに転がり落ち、体が横向きになり左足が大きくはみ出して
大きな木に左大腿部を激しく当ててようやく止まりました。
痛みはありましたが、何とか歩けそう。
登山者はどうやら私のみ。自力で下山出来たから良かったものの
歩けなかったらどうしよう?スマホも圏外になることしばしば。
単独行動の恐ろしさ、比較的低山であっても雪山のハイリスク。
そして、登山道の状況にあったKYをしなければいけなかった事を
反省しております。あの状況であれば、後ろ向きに階段または、鎖を
持って降りるべきだった。
下山し、帰宅してから近くの外科に行って調べていただきました。
幸い、骨には異常はなく、大きく腫れあがった打撲と内出血で済みました。
痛みはまだあります。歩きにくく、少なからず家族や職場にもご迷惑を
掛けてしまいました。
安全登山!まだまだ判っていない自分がいました。



訪問者数:381人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/9/9
投稿数: 582
2016/2/13 3:49
 まずは、お帰りなさい!
こんにちは!
休みを有効に使い冬の南木曽を満喫されたようですね!
前日からの雪で、新雪のスノーハイクは楽しめたんでしょうね!
おニューのシューズにおニューのスノーシューとは・・・!
うらやましい限りです。

転落によるけがも大事なさそうで何よりですが、
冬山のリスクは、年を重ねるにつれて高くなります。
体力、筋力、反射神経 少しづつ落ちてきます。
お互いに安全登山に気を配りながら楽しみましょう。

ちなみに、この突然の休日は、新穂高ロープウェイで穂高・槍を眺めた後は
温泉と酒におぼれてました。
登録日: 2011/9/30
投稿数: 304
2016/2/13 11:21
 Re: まずは、お帰りなさい!
hrms-kさん、こんにちは。
腫れがひくまで少々かかるようです。
歩きづらいです。
情けないです。
リフレッシュ出来たようですね。
天候が目まぐるしく変わるようです。
風邪などひかぬように。
登録日: 2010/1/21
投稿数: 106
2016/2/16 21:21
 怪我なくてよかったです
南木曽岳の丸太階段・・・雪が積もると厄介そうですね。
3月20日頃に登りましたが山頂手前から雪があったのみで
階段部分では無かったので、そこまで怖い思いはしなかったですが、
同行者は丸太階段の薄らと湿ったところに足を乗せてしまい
ゴロンゴロンと1回転して転がり止まったので、ヒヤリハットでした。
南木曽はけっこう急登ですよね。
登録日: 2011/9/30
投稿数: 304
2016/2/18 2:25
 Re: 怪我なくてよかったです
komachi さん、こんにちは。

自分の不注意で危うくたいへんな事になるところでした。
確かに南木曽岳は、距離は短いですが、急登ですね。
良い景色に酔っちゃったかな?
しばらく腫れが引くまでおとなしくしています。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン 急登 鎖場 林道 避難小屋
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ