ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 811808 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走白山

【縦走とイグルーと】大日ヶ岳〜芦倉山

日程 2016年02月11日(木) 〜 2016年02月12日(金)
メンバー samoa
天候11日:高気圧圏内 快晴
12日:気圧の谷? 曇り
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク、 ケーブルカー等
ウィングヒルズ白鳥に駐車(休日1000円)
ウィングヒルズ白鳥ゴンドラ利用 1000円
上在所〜ウィングヒルズ白鳥 バス石徹白線利用
平日のみ運行110円

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間27分
休憩
25分
合計
4時間52分
Sウイングヒルズゴンドラ終点09:3810:31水後山10:3211:42鎌ヶ峰11:4312:47大日ヶ岳13:1014:02天狗山14:30宿泊地
2日目
山行
5時間27分
休憩
13分
合計
5時間40分
宿泊地06:3007:301350コル07:4008:49芦倉山08:5111:10林道合流点11:1112:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
水後山手前〜大日ヶ岳までそこそこの雪庇が出ている。
天狗岳から先と芦倉山南東尾根は尾根間違いしないようしっかりとした地図読みを
その他周辺情報満点の湯(800円)
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

ウィングヒルズ白鳥スキー場から出発
2016年02月11日 09:40撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウィングヒルズ白鳥スキー場から出発
2
アニマルトレースを辿って
2016年02月11日 09:46撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アニマルトレースを辿って
1
最高の青空の下
2016年02月11日 10:14撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高の青空の下
まずは水後山を目指します
2016年02月11日 10:33撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは水後山を目指します
3
山頂付近
2016年02月11日 11:13撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂付近
3
眩しい白い峰
2016年02月11日 11:22撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眩しい白い峰
1
大日ヶ岳への稜線
2016年02月11日 11:25撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日ヶ岳への稜線
3
お次は鎌ヶ岳 なかなかアップダウンが続く
2016年02月11日 11:45撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お次は鎌ヶ岳 なかなかアップダウンが続く
2
鎌ヶ岳をふり返る
2016年02月11日 12:14撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳をふり返る
2
ようやく大日ヶ岳
2016年02月11日 12:28撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく大日ヶ岳
2
槍穂のあたり
2016年02月11日 12:49撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍穂のあたり
3
黒部五郎〜薬師 劔も見える
2016年02月11日 12:49撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎〜薬師 劔も見える
5
御嶽山 霊仙山のときから大分近づいた
2016年02月11日 12:49撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽山 霊仙山のときから大分近づいた
4
ピークは人で賑わう
2016年02月11日 12:49撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピークは人で賑わう
そして白山!白くてでかい
2016年02月11日 12:59撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして白山!白くてでかい
3
野伏や願教寺、経ヶ岳が見える
2016年02月11日 12:59撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野伏や願教寺、経ヶ岳が見える
能郷白山
2016年02月11日 13:00撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
能郷白山
伊吹まで パーフェクトな眺望
2016年02月11日 13:00撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊吹まで パーフェクトな眺望
1
ピーク写真!
2016年02月11日 13:05撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピーク写真!
2
白山をバックにピークからのルートを進む
2016年02月11日 13:15撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白山をバックにピークからのルートを進む
1
気持ちいい!
2016年02月11日 13:25撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちいい!
大日ヶ岳をふり返る
2016年02月11日 13:31撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日ヶ岳をふり返る
天狗岳の稜線
2016年02月11日 13:54撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳の稜線
輝く天狗岳
2016年02月11日 14:08撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
輝く天狗岳
先行者を追う
2016年02月11日 14:17撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先行者を追う
天狗岳をふり返る
2016年02月11日 14:19撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳をふり返る
景色のいいところでイグルーを作って泊まることにする
2016年02月11日 15:04撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景色のいいところでイグルーを作って泊まることにする
3
あと一息
2016年02月11日 16:22撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと一息
1
ふさがりました!
2016年02月11日 16:27撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふさがりました!
4
出来上がったイグルーはこんな感じ
1人だったので2時間かかりました・・・
2016年02月11日 16:41撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出来上がったイグルーはこんな感じ
1人だったので2時間かかりました・・・
5
暮れなずむ白山
2016年02月11日 17:06撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暮れなずむ白山
3
沈む太陽
2016年02月11日 17:15撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沈む太陽
3
白山から北アルプス
2016年02月11日 17:16撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白山から北アルプス
1
夕陽を中心に
2016年02月11日 17:19撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕陽を中心に
4
最後の一滴
2016年02月11日 17:31撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の一滴
7
イグルーの中はこんな感じです
2016年02月11日 19:35撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イグルーの中はこんな感じです
6
イグルーを後にする
2016年02月12日 06:25撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イグルーを後にする
2
白山が見えたのは朝だけ 
この後ガスってしまった・・・
2016年02月12日 06:25撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白山が見えたのは朝だけ 
この後ガスってしまった・・・
1
芦倉山の登り ガスガス
2016年02月12日 08:22撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芦倉山の登り ガスガス
山頂付近 真っ白
2016年02月12日 08:42撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂付近 真っ白
芦倉山山頂
2016年02月12日 08:48撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芦倉山山頂
1
悶絶スキーでした・・・
雪質悪すぎ・・・
2016年02月12日 09:54撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
悶絶スキーでした・・・
雪質悪すぎ・・・
やっとこさ林道へ
2016年02月12日 11:12撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとこさ林道へ
下部はトレースがあってごっつぁん
ジェットでした
2016年02月12日 11:34撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下部はトレースがあってごっつぁん
ジェットでした
1
イノシシ用の箱罠? 子ギツネが中から逃げていきました
2016年02月12日 11:52撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イノシシ用の箱罠? 子ギツネが中から逃げていきました
上在所に下山
2016年02月12日 12:11撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上在所に下山
1

感想/記録
by samoa

さて今回は飛び石連休を埋めて、石徹白のあたりへ。
本当はもう少し長く歩くつもりでしたが、週末の天気が悪過ぎるので、今回のルートへ。
実は冬山一泊二日の単独ははじめて。天気やルート的には問題無いのですが、一つミスだけでも(忘れものとか)致命的になのでいつもと違った緊張感がありました。

10日 ボウリング大会からのアプローチ
散々な結果を叩きだした職場のボウリング大会とその打ち上げを終えて、郡上を目指す。
途中の菩提寺PAまで、この近くに住んでいる上司を送り届ける。まさかこんなことになるとは・・・
そんなこんなで東海北陸道を快走し、高鷲IC近くのコンビニで沈。

11日 ド圏内 最高の1日
朝起きると雲一つない快晴。やったね。
朝ごはん食べたりモタモタしていたら、ウィングヒルズについたのが8時半前。
リフト券行列に巻き込まれ、結局ゴンドラ終点についたのは9時半過ぎ・・・

賑わうスキー場を横目に、尾根を登っていく。
がっつり雪が積もっていて素晴らしい!先行するアニマルとレースを辿っていくと、ほどなく人のトレースも見つかった。

それにしても暑い!ヤッケを脱ぎ、オーバーズボンのベンチレーターは前回、袖を捲って丁度いい。結局テンバまでこのスタイルだった。

ウィングヒルズ白鳥からアプローチすると2つ小ピークを越えなければならない。
まず一つ目は水後山。スキー場からひと登りするとさっそく見えてくる。
いいかんじで尾根が続いていて目指すのが楽しい。
すでに右手には御嶽山がよく見える。3日前に霊仙で見たばかりだが、今度は大分近づいた。

1時間ほど歩いて木々がまばらになったピークへたどり着く。
大日ヶ岳まで続く稜線の東斜面は急なためか真っ白になっていて素晴らしい。
そして左手には白くて大きい白山が。知床の山に少し似ていてノスタルジーを感じる。

続く鎌ヶ岳へは少し下って登り返していく。右手には50cm〜2mほどの雪庇が出てるので注意が必要。
コルのあたりの岩の巻きで一瞬スキーを外す。ズボズボはまって尾根上の復帰が大変だった。

鎌ヶ岳の上に出ると東斜面がスパっと落ちていて迫力がある。その急斜面にシカトレースがついていてびっくり。
名古屋から来たという人と少し歓談して先を目指す。
振り返った鎌ヶ岳はなかなかの迫力だ。

大日ヶ岳までも100mくらい降ろしてからの登り返し。
なかなか歩き甲斐のあるルートといえるだろう。結局、この日このルートで出会ったのは2人。奇しくも3人の単独行がいた事になる。高鷲からより、静かでいいかもしれない。
途中、段差でいっかいツボにした。微妙に硬い雪のところもあったのでシーアイゼンを付けて進んでいく。

そんなこんなでえっちらおっちら登ってようやく大日ヶ岳のピークへ。
ここまで登ってようやく御嶽山、乗鞍の北に広がる北アルプスが望める。
槍穂はもちろん、黒部五郎岳から薬師まで丸見え。ピラミタルで一際目を引くのは劔だ。

もちろん中央アルプスも丸見え。野伏から銚子ヶ峰といった石徹白の山々、その後ろにどっしりと構える白山、荒島岳、能郷白山はては伊吹までパーフェクトな眺望。
野伏の向こう側には日本海まで見える。本当に最高だ。
思い思いに山座同定をして写真をとってのんびりする。

存分にピークを満喫して、先を目指す。
ピークからしばらくは、BCスキーやのシュプールがこれでもかというくらいついていたが、ほどなく見られなくなり、あるのはアニマルトレースだけ。
白山をバックに白い稜線を進んでいく。右手を見れば北アルプス。本当に気持ちがいいが、雪が腐ってきてスキーが下駄になりなかなか足が重たい。

白い稜線上にはいくつかポコがあるが、天狗岳はさすが名がつくだけあってキリッとしている。

太陽のもと白く輝く天狗岳へほどなくたどり着き。まだまだ続く稜線。
今日は、芦倉山の手前のコルで宿泊する予定だったが、こんなに景色がいいのにわざわざ樹林内に下りてしまうのももったいないので、天狗岳から少し進んだポコで泊まることに。
時刻にして2時半過ぎ。このままテントを貼ってしまうと暇なことこの上ないので、久々にイグルー作りに挑戦。

今回導入したゴム太郎(ノコギリ)を駆使してブロックを切り出しつつ、底を広げる形で掘り進む。
久しぶなのと1人だったこと、硬い雪の層があったりと少し苦戦しつつも、後半は効率よくブロックを切り出し、積み重ねていきなんとか2時間位で完成させることができた。
かれこれ2年位作っていなかったのでいい勘戻しができた。

気が付けば、周りは夕焼けモード。
野伏の向こう側に太陽が沈みゆくなか、白山が淡いオレンジに染まっていく。遠くの北アルプスも同様。
自分以外は周りにだれもおらず、風もなく耳鳴りがするくらい静か。
なんか1人で山に来たことを改めて実感し、得も言えない気持ちになった。
少し寒さもあったが、夕陽が沈みきるまで眺めてしまった。

その後はイグルーに転がり込み、晩ごはん。
今回は1人ということでレトルト。美味しいが、ことご飯に限っては1人で食べるのは寂しい。
ちょろっと持ってきていた酒を飲みつつラジオを聞きながら、シュラフに潜り込み、眠りに落ちていった。

12日 ガスガスと悶絶スキー
4時起床。棒ラーメンを2人分を平らげて、トイレがてら外にでると白山が見えている。
今日もいい感じでいけるかと思いながらパッキングして再び外に出ると今度はガスガス。あれま・・・。
準備をしていると、周りのガスが飛んで赤く染まる空と芦倉山、白山の頭が見えるがこれも一瞬。
1500mから上はガスの中。最後まで取れることはなかった。

気を取り直して、出発。
のっぺりとした地形が多いので、コルに下ろす尾根を間違えないよう慎重に地図読みしていく。
コルの標高は1350m、芦倉山が1716mなので、標高差自体は昨日と変わりない。

今日は天気も悪いし寒かろうと思い、帽子、首あったか、アウター手袋とフルで出発したが、上りの途中で汗だく。
帽子、首あったかはしまいこみ、インナー手袋、アウターチャック全開で登っていく。

芦倉山の登りはいいペースでガンガン登るが、いかんせん視界がないので修行感が強い。
あっという間にガスの中に入っていく。しかしながら、大日ヶ岳と標高は変わらないはずなのに、樹林の感じが違うのは不思議だ。芦倉山は頂上直下までがっつり木が生えている。
最後のひと登りはまっ白で斜度も分からないくらい。こんなのは去年の氷ノ山いらいだ。

しかし、ピークにたどり着くと向こう側には木が生えていた。
何にもないピークだが、今回の山行の最高点。ここから近づいた白山や銚子ヶ峰などを見たかったので残念だ。

さぁ、あとは下るだけとシールを外して、ここからも慎重に地図で現在地を確認して南東尾根を下ろしていく。
が、ここから大変。ガリガリと湿雪がランダム出現する細めの尾根でスキーが思ったように進まない。
滑ったと思ったら引っかかり、引っかかると思ってたら急に滑り出し完全に悶絶スキー。

もう途中で面倒くさくなって、斜度があるところはツボにして下ろしていく。
なんだかんだで2時間ほどかかって下の林道に出る。

林道に出てからはそんなにラッセルもなく、川沿いにでてからはトレースを使ってのジェットスキー。ここまで苦しめられただけに気持ちのいいくらい進む。
途中、微沢が横切るところが開いていたりするところを慎重にかわしていく。
林道を終え車道にでてからが、雪もとぎれとぎれ。なんとか繋いでいって上在所の集落へたどり着く。

なかなかの消耗っぷりだが、1人でここまで歩いてこれた充実感は気持ちいいものだ。
バスまで1時間ほど時間があったので、白山中居神社に、無事山行を遂行できたお礼参りをする。
ほどなくバスがやってきて、愛車の待つスキー場へ帰還。スキー場付近では小雨がふっていた。

昨年、野伏ヶ岳に行ってからまた訪れてみたいと思っていた山域をスキーをがっつり使って歩くことができ、イグルーの復習もできて盛り沢山で満足行く山行となった。


訪問者数:517人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ