ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 811832 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

高尾山・小仏城山

日程 2016年02月11日(木) [日帰り]
メンバー akuji
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車
高尾山口から
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間30分
休憩
37分
合計
5時間7分
S高尾山口駅09:5309:58高尾山・清滝駅09:5910:27稲荷山10:3011:02高尾山11:0411:08もみじ台11:1111:56大垂水峠11:5812:47城山13:0713:524号路入口14:20浄心門14:2314:26霞台園地14:40琵琶滝14:4314:55高尾山・清滝駅15:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
6号路は倒木のため琵琶滝以遠通行禁止
高尾山から小仏城山へのメインルートはぬかるんだり滑りやすかったり。
4号路は残雪凍結で、滑りやすいところ多数。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

下りたことはあるけれど登ったことのない6号路を登る予定だったのだけれど、この立て札。仕方ないので、前回も登った稲荷山コースへ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りたことはあるけれど登ったことのない6号路を登る予定だったのだけれど、この立て札。仕方ないので、前回も登った稲荷山コースへ。
1
稲荷山までは意識してゆっくり。休日の10時過ぎということで人が沢山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲荷山までは意識してゆっくり。休日の10時過ぎということで人が沢山。
1
所々雪は残るけれど、歩くのには何の問題もない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々雪は残るけれど、歩くのには何の問題もない。
1
5号路との合流点。正面の階段を上れば山頂だけれど、渋滞中の模様。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5号路との合流点。正面の階段を上れば山頂だけれど、渋滞中の模様。
1
高尾山山頂からは、よく晴れていて富士山はくっきり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高尾山山頂からは、よく晴れていて富士山はくっきり。
1
階段をどんどん下りて、もみじ台。人は多いし、道はぬかるみ。靴に泥がくっついて歩きにくい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段をどんどん下りて、もみじ台。人は多いし、道はぬかるみ。靴に泥がくっついて歩きにくい。
1
さらに階段。階段は滑るところもあって、慎重に下りないと。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに階段。階段は滑るところもあって、慎重に下りないと。
1
大垂水峠への分岐点。ここで、大垂水のバス停標識を見て、下りていこうかと相談しているご夫婦がいた。バスの本数が1日に数本で時間を確認しないと大変なことになる、とアドバイス。実際悪児が大垂水峠に着いたのはバスが来る5分前。ご夫婦では間に合わなかっただろう。その次は4時間後だから、止めて良かった。バス停のマークだけではなく時刻表も表示して欲しいなぁ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大垂水峠への分岐点。ここで、大垂水のバス停標識を見て、下りていこうかと相談しているご夫婦がいた。バスの本数が1日に数本で時間を確認しないと大変なことになる、とアドバイス。実際悪児が大垂水峠に着いたのはバスが来る5分前。ご夫婦では間に合わなかっただろう。その次は4時間後だから、止めて良かった。バス停のマークだけではなく時刻表も表示して欲しいなぁ。
1
大垂水峠への道はちょっとこんな所もあったけれど、非常に快適。誰にも会わない、と思ったとたん対向者。やはり外れても高尾山。人が多い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大垂水峠への道はちょっとこんな所もあったけれど、非常に快適。誰にも会わない、と思ったとたん対向者。やはり外れても高尾山。人が多い。
1
日が当たるとぽかぽかで非常に良い気分。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日が当たるとぽかぽかで非常に良い気分。
1
さあ、到着。城山への登り口は車道沿いをちょっと相模湖方面に進んだところ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、到着。城山への登り口は車道沿いをちょっと相模湖方面に進んだところ。
1
ここを歩いて行くけれど、ちょっと雪が残って滑る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを歩いて行くけれど、ちょっと雪が残って滑る。
1
この階段が、城山への登り口。この後は急登になる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この階段が、城山への登り口。この後は急登になる。
1
右下から奥に進み引っ返した真ん中を撮影場所へ、そして左を上に登っていく。斜面を九十九折りでどんどん登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右下から奥に進み引っ返した真ん中を撮影場所へ、そして左を上に登っていく。斜面を九十九折りでどんどん登る。
1
九十九折りが終わると今度は階段。前回橋本から南高尾山稜を縦走してきてここを登った時は、ハンガーノックもあり、バテバテになった。今回は快調。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
九十九折りが終わると今度は階段。前回橋本から南高尾山稜を縦走してきてここを登った時は、ハンガーノックもあり、バテバテになった。今回は快調。
1
一旦勾配は緩む。雪が残っているところもあったが凍結はなく、踏み荒らされてはいないので、問題なく歩ける。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦勾配は緩む。雪が残っているところもあったが凍結はなく、踏み荒らされてはいないので、問題なく歩ける。
1
最後にもう一度急な登り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後にもう一度急な登り。
1
ゴール(高尾山からのルートへの合流点)が見えてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴール(高尾山からのルートへの合流点)が見えてきた。
1
登ってきた斜面を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきた斜面を振り返る。
1
もう小仏城山は目の前だけれど、登山道はぐじゃぐじゃ又はつるつる。とてもまともには歩けない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう小仏城山は目の前だけれど、登山道はぐじゃぐじゃ又はつるつる。とてもまともには歩けない。
1
小仏城山到着。人で一杯。大垂水峠11:58発、小仏城山12:47着。49分か・・・。まだ本調子には遠いなぁ・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小仏城山到着。人で一杯。大垂水峠11:58発、小仏城山12:47着。49分か・・・。まだ本調子には遠いなぁ・・・。
1
天狗の前は・・・ひどいぬかるみ。多くの人の足で耕されたんだなぁ・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗の前は・・・ひどいぬかるみ。多くの人の足で耕されたんだなぁ・・・。
1
城山茶屋のナメコ汁とおにぎりの昼食。さぁ、さっさと帰ろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
城山茶屋のナメコ汁とおにぎりの昼食。さぁ、さっさと帰ろう。
2
帰りは雪で歩きにくい階段を避け、もみじ台はパスして巻道を行く。ここもちょっと滑るけれど。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは雪で歩きにくい階段を避け、もみじ台はパスして巻道を行く。ここもちょっと滑るけれど。
1
高尾山山頂もパスして5号路。ここは雪もなく快適。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高尾山山頂もパスして5号路。ここは雪もなく快適。
1
4号路入口。ここは北側だから、雪が残って歩きにくそうだと思うけれど、あえて進入。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4号路入口。ここは北側だから、雪が残って歩きにくそうだと思うけれど、あえて進入。
1
いやはや、つるつる。気をつけていたのに、最後のところで滑って、尻餅。で、チェーンスパイクを装着。始めから着ければ良かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いやはや、つるつる。気をつけていたのに、最後のところで滑って、尻餅。で、チェーンスパイクを装着。始めから着ければ良かった。
1
チェーンスパイクを履いた後は全く問題なく気分良く歩ける。渡った後で「みやま橋」を撮影。この辺りも滑りそうだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チェーンスパイクを履いた後は全く問題なく気分良く歩ける。渡った後で「みやま橋」を撮影。この辺りも滑りそうだ。
1
4号路終点。ここでチェーンスパイクを外す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4号路終点。ここでチェーンスパイクを外す。
1
浄心門。ここから十一丁目茶屋まで1号路を歩き、そこから琵琶滝への急降下を進む。雪は全くなく、あまりスイスイ歩けたので写真撮影も忘れてしまった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浄心門。ここから十一丁目茶屋まで1号路を歩き、そこから琵琶滝への急降下を進む。雪は全くなく、あまりスイスイ歩けたので写真撮影も忘れてしまった。
1
琵琶滝の先の倒木、はこれか。すぐに開通するかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
琵琶滝の先の倒木、はこれか。すぐに開通するかな?
1
琵琶滝から先は、通行禁止。ここまで来れば、後はもうすぐ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
琵琶滝から先は、通行禁止。ここまで来れば、後はもうすぐ。
1

感想/記録
by akuji

 2月11日。天気も良く風も穏やかという予報なので、いつもは避けている休日だけど高尾山・小仏城山に登ることにした。でも、ただのピストンでは面白くないので、高尾山から一旦大垂水峠に下り、そこから城山に登り返すルートにした。祝日なのでこの季節でもメインルートは人で一杯だろうと思うが、大垂水峠へのルートはさすがに人も少ないだろうと思う。もみじ台の先から大垂水峠に下りるルートは始めて歩くが、大垂水峠から小仏城山への登山道は、昨年、橋本から、南高尾山稜を縦走して最後に登ったことがある。その時は・・・大洞山からの下りをすっ飛ばしての登り返しで、ハンガーノックも加わって(朝から何も食べていなかった)、途中ですっかりバテて座り込んでしまったところ。途中休憩も入れて、62分かかっている。今回は45分で登りたいなぁ・・・。
 朝9時の特急に乗って京王新宿を出発。北野で各停に乗り換えた後、意外と登山者少ないな、直通じゃないからかな、と思っていたら、高尾でかなり乗ってきました。JRからの乗り換えですね。駅を出る時はもう人だらけ。いつもは平日の朝一で登るので、まだ人はまばらなんですが。ケーブルカー駅の前も、待ち合わせなどの人で一杯。やはり、観光地、なんですね。これだと、6号路は渋滞しちゃうかな、と思いながらケーブルカー駅横まで行ったら、6号路は倒木のため通行禁止という貼り紙。6号路で登り、帰りは霞台から琵琶滝に下りるつもりでいたのにどうしようか、と思ったら、琵琶滝までは行けるとのこと。なら、登りだけ変えればよいので、前回も登った稲荷山コースで行くことにした。前回の山行きは12月始め。2ヶ月もご無沙汰でもちろんその間全然鍛えてもいないので足はなまっているだろうけれど、このコースなら問題ないはず。ただペースは控えめにしてゆっくり登ろう、と心がけることにして出発した。
訪問者数:157人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ