ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 811846 全員に公開 ハイキング金剛山・岩湧山

岩湧山アプローチァ弊磴發覆い里棒禹碍盈供

日程 2016年02月12日(金) [日帰り]
メンバー cics
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
夕月橋付近に駐車しました
下山場所から車のところまで車道歩きの距離が長くて・・・です
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち64%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間19分
休憩
6分
合計
5時間25分
Sスタート地点11:1411:51梨ノ木峠15:01扇山・夕月橋分岐15:0215:08扇山16:02カキザコ16:0616:23岩湧山登山口16:2416:29滝畑ダム バス停16:39ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■ネバシ谷、サルバカ谷と山頂へ続く尾根は一般道ではありません。
急登急坂です、ロープ等はありません。
■梅の木林道から岩湧山カヤトへの尾根直登にはテープは皆無です。
■腕ほどの樹木であっても不用意に掴んで体重をかけると枯れた樹木は根元から折れます。数回怖い目に合いましたので注意してください。
■扇山付近からカキザコへの下山ルートは、最初は緩やかですが後半は激しい坂が延々と続きます。尾根をキープすればテープは見失うことはないですが細心の注意が必要です。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

今日は、ここから梨の木トンネルの上に向かいます
2016年02月12日 11:23撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は、ここから梨の木トンネルの上に向かいます
4
トンネル方向へは左折が正解

右折しましたが道ありませんでした(汗)
2016年02月12日 11:42撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トンネル方向へは左折が正解

右折しましたが道ありませんでした(汗)
トンネルの北側から見降ろす林道
2016年02月12日 11:54撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トンネルの北側から見降ろす林道
梨の木トンネル側からネバシ谷の西尾根に上がってきました。
ここ チェックポイント です
2016年02月12日 12:08撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梨の木トンネル側からネバシ谷の西尾根に上がってきました。
ここ チェックポイント です
1
前回は、このポイントを北方面へ進んでネバシ谷取り付き林道に下山でした。
今回、分かりました。逆(西方向)なら梨の木トンネル方面でしたネ!!
2016年02月12日 12:10撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回は、このポイントを北方面へ進んでネバシ谷取り付き林道に下山でした。
今回、分かりました。逆(西方向)なら梨の木トンネル方面でしたネ!!
7
<分岐チェックポイント>
そうかぁ〜 今回分かりました
向かって左はネバシ谷へ
右はサルバカ谷へ
2016年02月12日 12:19撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
<分岐チェックポイント>
そうかぁ〜 今回分かりました
向かって左はネバシ谷へ
右はサルバカ谷へ
4
サルバカ谷の沢付近に降りてきて
2016年02月12日 12:26撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サルバカ谷の沢付近に降りてきて
1
サルバカ谷の沢
2016年02月12日 12:29撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サルバカ谷の沢
1
沢をちょっと上流へ歩きました
2016年02月12日 12:33撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢をちょっと上流へ歩きました
1
UFOか?!
目玉焼きか?!
2016年02月12日 12:33撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
UFOか?!
目玉焼きか?!
10
サルバカ谷の上流へはアプローチは難しそうなのでこれ以上進まず林道を下ることにしました。
2016年02月12日 12:34撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サルバカ谷の上流へはアプローチは難しそうなのでこれ以上進まず林道を下ることにしました。
3
梅の木林道
車も通れる広い道です
2016年02月12日 12:37撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梅の木林道
車も通れる広い道です
2
ここにも・・・ 
2016年02月12日 12:38撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにも・・・ 
1
あそこにも・・・
ゴミ投棄 気になりますね(。。
2016年02月12日 12:40撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あそこにも・・・
ゴミ投棄 気になりますね(。。
1
古い橋の残骸でしょうか
鉄筋の曲がり具合が美術大学生の作品にも見えますね
2016年02月12日 12:41撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古い橋の残骸でしょうか
鉄筋の曲がり具合が美術大学生の作品にも見えますね
5
梅の木林道入り口に出ました。

そうか、ここに出るんですか
2016年02月12日 12:43撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梅の木林道入り口に出ました。

そうか、ここに出るんですか
2
この林道は、国定公園内にあります。
ゴミ等投棄は違法・悪いこと・してはいけません!
・・・と記載されています
2016年02月12日 12:43撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この林道は、国定公園内にあります。
ゴミ等投棄は違法・悪いこと・してはいけません!
・・・と記載されています
2
Uターンして、岩湧山鉄塔75へ直登を試みることにします。 尾根をガチ登るのはパワーいるね。
先日のakiras親狸子狸集団のレコで触発されました!!!
2016年02月12日 12:46撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Uターンして、岩湧山鉄塔75へ直登を試みることにします。 尾根をガチ登るのはパワーいるね。
先日のakiras親狸子狸集団のレコで触発されました!!!
4
森の主がこちらを睨んでいるみたい・・・
『ム〜 何か〜?』
2016年02月12日 12:58撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森の主がこちらを睨んでいるみたい・・・
『ム〜 何か〜?』
5
あれは・・
海苔おにぎり岩?
ここで行動食とします。
2016年02月12日 13:04撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれは・・
海苔おにぎり岩?
ここで行動食とします。
2
山頂のカヤトが遠くに見えました
2016年02月12日 13:22撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂のカヤトが遠くに見えました
1
P528付近を通過して振り返り
フラットな場所で小休止
このあたりから植生が変わります
2016年02月12日 13:27撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P528付近を通過して振り返り
フラットな場所で小休止
このあたりから植生が変わります
尾根をはずさずに直登・直登
ここまでは なんとかokでしたが・・・
2016年02月12日 13:27撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根をはずさずに直登・直登
ここまでは なんとかokでしたが・・・
踏み跡発見
トラバース気味に右方向にルートらしきものが
2016年02月12日 13:35撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡発見
トラバース気味に右方向にルートらしきものが
1
踏み跡見つけては
左方面へトラバースしたり・・・
2016年02月12日 13:41撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡見つけては
左方面へトラバースしたり・・・
こんなところ超えるのか???
踏み跡ないところは直登するしかないです
2016年02月12日 13:45撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなところ超えるのか???
踏み跡ないところは直登するしかないです
3
尾根を外したようなので戻ります
2016年02月12日 13:53撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根を外したようなので戻ります
標高が700m過ぎてからやっと明確な踏み跡を発見
2016年02月12日 14:10撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高が700m過ぎてからやっと明確な踏み跡を発見
3
あれは鉄塔75
もうすぐです
2016年02月12日 14:16撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれは鉄塔75
もうすぐです
1
鉄塔75に到着
振り返ると赤リボンありました〜
2016年02月12日 14:19撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔75に到着
振り返ると赤リボンありました〜
セルフで1枚
さすがにこのルート疲れました。
登りはもうご遠慮したいですね。
2016年02月12日 14:21撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
セルフで1枚
さすがにこのルート疲れました。
登りはもうご遠慮したいですね。
7
2時半
遅いランチは ちゃんぽ〜ん! です
2016年02月12日 14:32撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2時半
遅いランチは ちゃんぽ〜ん! です
7
ヒコの後姿
赤いちゃんちゃんこ着ているが
今日は 暑い らしい 
2016年02月12日 14:43撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒコの後姿
赤いちゃんちゃんこ着ているが
今日は 暑い らしい 
4
下りは、扇山を越えたところからカキサゴへ降ります。
ここも初めて歩きます。
2016年02月12日 15:01撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは、扇山を越えたところからカキサゴへ降ります。
ここも初めて歩きます。
1
このあたりが扇山(762m)かな。
山の標識は見当たりませんでした。
2016年02月12日 15:15撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりが扇山(762m)かな。
山の標識は見当たりませんでした。
2
ゆるやかな坂はここまで。
右は夕月橋へ超激坂のルート
今日は、左のカキサゴへ降ります。
2016年02月12日 15:20撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゆるやかな坂はここまで。
右は夕月橋へ超激坂のルート
今日は、左のカキサゴへ降ります。
3
尾根を外さないようにゆっくり降りて行きます。
テープはあります。最初は緩やかでしたが・・・
2016年02月12日 15:30撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根を外さないようにゆっくり降りて行きます。
テープはあります。最初は緩やかでしたが・・・
1
これでもか、これでもか、という急な坂の連続。
尾根を外してしまい、テープ見失いました。
GPSで現在地確認、尾根の中央に戻ります。
2016年02月12日 15:51撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これでもか、これでもか、という急な坂の連続。
尾根を外してしまい、テープ見失いました。
GPSで現在地確認、尾根の中央に戻ります。
4
やっとテープ発見
ほっとしました。
2016年02月12日 15:58撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとテープ発見
ほっとしました。
3
やれやれ
カキザコのダイトレがみえました
2016年02月12日 16:05撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やれやれ
カキザコのダイトレがみえました
2
振り返って
直進は気楽なダイトレ岩湧山へのルート
左が(><尾根ルートです
2016年02月12日 16:06撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って
直進は気楽なダイトレ岩湧山へのルート
左が(><尾根ルートです
3
カキザコ
もう下山したもおんなじやな〜
2016年02月12日 16:06撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カキザコ
もう下山したもおんなじやな〜
2
標識がフェードアウトしてます。
『公園内の植物採取は厳禁!』

ぜひ、ハッキリ読めるように手直しして欲しい〜です。
お願いします。
2016年02月12日 16:19撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識がフェードアウトしてます。
『公園内の植物採取は厳禁!』

ぜひ、ハッキリ読めるように手直しして欲しい〜です。
お願いします。
4
今日も暖かくてお昼は16℃
下山したら10℃ でした
もう春です
2016年02月12日 16:24撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も暖かくてお昼は16℃
下山したら10℃ でした
もう春です
3
2月21日(日)は
シティマラソン
道路規制があるようです。
2016年02月12日 16:28撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2月21日(日)は
シティマラソン
道路規制があるようです。
4
撮影機材:

感想/記録
by cics

昨日は、今シーズン最後かも・・と、霧氷バスで観音峰⇒法力峠の予定で早く寝たのですが、朝寝坊してしまい、最高の天気を逃して残念百倍。
今日は、その反動もあって ネバシ谷・サルバカ谷周辺の未踏ルートを一気に歩いてみました。

サルバカ谷の西尾根→鉄塔75の尾根直登ルートは、テープはありません。
わずかに踏み跡が見えますがすぐ途切れ、倒木・ヤブに阻まれます。
尾根を外さなければ、鉄塔75へ辿り着けると判っていてもあの急登は直登できませんでした。 今の季節だから登れたのでしょうが、まだヤブが多くて足場も悪くて「まるで雪山のラッセル」をしているようでした。
このルートはもうコリゴリ。 (><

久々の 充実した ちょっと緊張の 山行 でした!!(^^
訪問者数:212人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/2/11
投稿数: 513
2016/2/12 23:37
 サルバカ谷階段からのアプローチ
cicsさん、こんばんは。
次の日曜日、雨が降らなければ歩いてみようと思っているのですが、やはり藪漕ぎは避けられないようですね。足場の悪さはほとんど歩く人がいてない証ですね。どうなることやら。
登録日: 2013/4/20
投稿数: 934
2016/2/13 0:55
 Re: サルバカ谷階段からのアプローチ
kuroonnさん こんばんわです〜
今日は、久々 ガッツ でした
あのルートは急登に加えてヤブ・枝がひっかかって苦労しました。
ザックは小さめに
ストックは枝に引っかかるので不要
チェーンスパイクあればベター
あとは、標高600m越えからは直登は無理です、適当にトラバースで左右に逃げながらの体力勝負ですネ!
やるなら枝葉の少ない今の季節かな〜
今日は結構暑くてヘトヘトでしたよ
登録日: 2013/10/16
投稿数: 2015
2016/2/13 5:26
 お疲れさまでした!
cicsさん、こんばんは。

またまたガッツ溢れるルートを探検?されましたね
自撮り写真が凛々しいですよ
登録日: 2013/4/20
投稿数: 934
2016/2/13 13:04
 Re: お疲れさまでした!
yamaotocoさん こんにちわ
歳の割に頑張ってしまい、お恥ずかしい
(また故障したら笑われますね〜
2月なのにあっという間に春が来たみたいで気温の変化についていけません。
登録日: 2013/9/1
投稿数: 1300
2016/2/13 23:49
 直登はきついよ〜!
cicsさん こんばんは〜
ガッツありの山行きお疲れ様でした
御身体はかなり回復された見たいですね、かなりの回復力ですね!
すばらしいですね!無理しすぎないよう無理してくださいね!
登録日: 2013/4/20
投稿数: 934
2016/2/14 11:17
 Re: 直登はきついよ〜!
chasseご夫妻さま こんにちわ〜
はい〜!歳なりに適当な無理していきますネ
お蔭さまでかなり戻ってきたのでほっとしています。
こうしてまた山歩きを楽しめるのはありがたいことです。
・・・と言いつつ次の岩湧山アプローチを検討中
ほぼ病気かも
登録日: 2013/2/26
投稿数: 1575
2016/2/14 17:44
 cicsさん こんばんは!
◎ 面白い道を歩かれてますね! コヤブ山過ぎからサルバカ谷へ下りられて鉄塔75へ復帰、そして扇山から下山で色々と楽しまれてるみたいですね! 私も未踏で一度時間が出来たら歩いてみたくなりました!
◎ サルバカ谷からの登り返しは大変だったでしょうね!?
◎ これから暖かくなったら岩湧山が多く成るかも知れません。 奇麗なポーズを決めた写真を脳みそにインプットしたので、お顔を忘れてなければ(記憶細胞が人より少なし、、)シッカリと大きな声を掛けますので宜しくお願いします!
登録日: 2013/4/20
投稿数: 934
2016/2/14 18:10
 Re: cicsさん こんばんは!
mypaceさん こんばんわ
昨年の岩湧山7ツ道に参加して7ツ道以外にも岩湧山の面白いアプローチがあることを知ってハマってしまいました、ひととおり歩いてみたいなぁと思ってます(けっこう急登でヒーヒーですが)。
今年は春になって落ち着いたら大峰とか台高とかゆっくり歩き回ってみたいと思ってます。
ちなみに私も負けないくらい忘れっぽい天然ですのでよろしくお願いします(^^
登録日: 2015/2/11
投稿数: 1100
2016/2/14 20:17
 ジャングル?
cicsさん、こんばんは!
ジャングル探検おつかれさまでした。先日行ったとき、もうちょっと山が深かったら遭難できそうやな〜って思いました。あの辺りはテープも無いですしね。尾根の杭あるじゃないですか、白と赤の。とりあえずあいつを目印にしておりました(あまり当てにはできないけど)。もうちょっと展望が良ければ良いんですけどね!このレコ見てまたまた岩湧探検に行きたくなりました!
登録日: 2013/4/20
投稿数: 934
2016/2/14 23:08
 Re: ジャングル?
こんばんわ akirasさん
あそこはテープないですね、今は枝葉が少なくて尾根筋が見えたからトラバースで尾根に戻れましたが、これから茂みが深くなるとテープも見えにくくてまさにジャングルやねぇ。
尾根の赤・白の杭は気が付きませんでした、たぶん尾根を外れたところだったんでしょうか。 お互いに無理しないで安全山行で行きましょう、あっ!これは年寄りが若い人に云うことではないですねぇ・・・

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ